FC2ブログ

GPフランス国際2017 2日目 男子FS

GPフランス国際2017 リザルト
フランスのグルノーブルにて開催。男子FSは、現地時間2017年11月18日(土)に行われた。
テレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。テレ朝の解説は織田信成さん、実況は進藤潤耶アナ。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Vincent ZHOU ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)
■SP順位:10,得点:66.12
■楽曲:Moulin Rouge (soundtrack)
■プログラム:○
4Lz+3Tタノはよかった。4Fは転倒。4S+2Tはまずまず。4Lzの予定がシングルに。4Tの予定がダブルに。4Lz<は転倒。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
予定では、4Lz2本と4F、4S、4Tの5クワド跳ぶ構成。クリーンに下りられれば、かなりの高得点が叩き出せるだろう。
今回はジャンプのミスが多く出てしまったが、コレオやステップシークエンスでエモーショナルな表現を見せてくれた。
フリー156.09、総合222.21。

2 Romain PONSART ロマン・ポンサール(フランス)
■SP順位:11,得点:63.81
■楽曲:Your Song (from "Moulin Rouge" soundtrack) performed by Ewan McGregor
■プログラム:△
4T+2TはOK。3Aは着氷が乱れた。後半の4Tの予定がダブルに、3Aの予定がシングルに。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
ボディームーブメントで、ところどころ素敵に感じる部分がある。それが最初から最後までつながるといいのだが。
フリー134.31、総合198.12で、どちらもPB更新。

3 Denis TEN デニス・テン(カザフスタン)
■SP順位:7,得点:83.70
■楽曲:SOS d'un terrien en detresse by Michel Berger performed by Dimash Kudaibergen
■プログラム:△
4Sはお手つき。4Tと後半の3Aは転倒。他のジャンプに着氷の乱れや回転の抜けが見られた。連続ジャンプが1つも入らず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。少しバランスを崩しかけた。コレオにスタンブルがあった。
次に彼の演技が見られるのは平昌オリンピックか。それまでできるだけ痛みなく良いコンディションで練習できますように。
フリー144.87、総合228.57で、総合得点はSB更新。

4 Max AARON マックス・アーロン(アメリカ)
■SP順位:8,得点:78.64
■楽曲:The Phantom of the Opera by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:△
4T+2Tはよかった。4Sの予定がダブルに。4T<は手と足がついた。連続ジャンプのセカンドの2Tは、どちらかをトリプルにしたかったのではなかろうか。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル3。
ステップシークエンスとコレオでもそっと魅せてほしいなぁ。なんだかあっさり終わってしまった。
フリー158.56、総合237.20。

5 Kevin AYMOZ ケヴィン・エイモズ(フランス)
■SP順位:9,得点:70.00
■楽曲:O by Coldplay
Conquest of Space by Woodkid
Run Boy Run by Woodkid arr. by Maxime Rodriguez
■プログラム:△
3A+3T<はセカンドでバランスを崩した。3Aはステップアウト。3Lzはこらえた。3Fは!が。3S+2Lo+2Loはファーストでオーバーターン、サードですぐに足をついた。
スピンとステップは全てレベル4。
エイモズも「O」で滑るのか~と思ったが、組み合わせている曲がアダムと違うので、中盤からはまるっきり違うイメージ。
ステップシークエンスやコレオ、つなぎの動きが独創的で、曲想をよく表していた。
織田くん曰く、「ジャンプの空中での回転軸がもっとまっすぐになると、ジャンプも流れていくし、ステップアウトもなくなる」とのこと。
フリー150.43、総合220.43で、どちらもPB更新。

第1グループが終わった時点で、トップはマックス・アーロン(アメリカ)。


●第2グループ
6 Moris KVITELASHVILI モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
■SP順位:4,得点:86.98
■楽曲:Radioactive by Imagine Dragons
Dream by Imagine Dragons
Believer by Imagine Dragons
■プログラム:△
3Aはきれいに流れなかった。4Sは転倒。後半の4Tの予定がダブルに。3Loの予定がダブルに。2A+1Lo+3Sはサードで少しバランスを崩した。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
GPロステレでも同じような感想を書いているのだが、ほんと、何度見てもふしぎな衣装で、ふしぎなプログラムだわ(笑)。どういうコンセプトなんだろう。
フリー153.52、総合240.50。現時点で総合1位。

7 Alexei BYCHENKO アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
■SP順位:5,得点:86.79
■楽曲:Pagliacci by Ruggero Leoncavallo
■プログラム:△
4T+3Tと4Tはよかった。3Loの予定がダブルに。3A+2Tの予定がセカンドがシングルに。3Lzの予定がダブルに。3F+1Lo+3Sの予定が、サードがダブルに。
スピンは全てレベル3。1つはレベル4をとりたい。ステップはレベル3。
ジャンプの回転の抜けがいくつか出てしまった。やはり連戦の疲れが出たか。でも、NHK杯よりよく音をとらえているように感じた。
フリー160.65、総合247.44。現時点で総合1位。

8 Misha GE ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)
■SP順位:6,得点:85.41
■楽曲:Meditation (from "Thais") by Jules Massenet
■プログラム:○
3Fに!がついたが、GOEプラス。すべてのジャンプをきれいに下りた。
スピンは全てレベル3。レベルを取りこぼしたが、質は良かった。欲を言えば、もそっと速く回れるとなおよい。ステップはレベル4。
隅々まで神経が行き届いた、たいへん美しい演技だった。あらゆる動きが音楽に寄り添っていた。
フリー172.93、総合258.34で、どちらもPB更新。現時点で総合1位。

9 Alexander SAMARIN アレクサンドル・サマリン(ロシア)
■SP順位:3,得点:91.51
■楽曲:La Naissance de Yaha by Saint-Preux
The Unforgiven III by Metallica
House of the Rising Sun by Tim Hardin performed by Dave Evans
■プログラム:△
4Lzはお手つき。4Tは転倒。3Aは素晴らしい。3Loはすぐに足をついた。2Aはバランスを崩した。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル3。
終わった後、ゼイハァゼイハァな感じだったが、演技中は特に動きが鈍ることもなく、最後までよく動いていたと思う。
フリー161.62、総合253.13で、総合得点はPB更新。現時点で総合2位。

10 Javier FERNANDEZ ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
■SP順位:1,得点:107.86
■楽曲:Man of La Mancha
■プログラム:△
動画
4Tは足がチョンとついてしまったが、GOEプラス。4S+2Tはよかった。3Aは着氷が乱れた。4Sと後半の3Aは転倒。他にもジャンプにいくつか着氷の乱れがあった。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンとステップは全てレベル4。
音楽が彼の体から流れ出ているように感じられるときがあった。これが最初から最後までそうなったら、非常に素晴らしいプログラムになるのではなかろうか。
フリー175.85、総合283.71で、総合得点はSB更新。現時点で総合1位。

11 Shoma UNO 宇野 昌磨(日本)
■SP順位:2,得点:93.92
■楽曲:Turandot by Giacomo Puccini
Nessun Dorma (from "Turandot") by Giacomo Puccini, performed by Jose Carreras
■プログラム:○
4Loはクリーンに着氷。3Lzはオーバーターン。4F<は両足着氷。4T<は転倒。4Tはこらえた。3A+1Lo+3Fは転倒。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
万全のコンディションではない中、4クワド3種に挑んできた。攻めてきたな~。安易に構成を落とすと、モチベーションが落ちて、かえってミスすることもあるから、兼ね合いが難しいんだよね。
フリー179.40、総合273.32。総合2位に確定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Javier FERNANDEZ ESP 283.71 1 2
2 Shoma UNO JPN 273.32 2 1
3 Misha GE UZB 258.34 6 3
4 Alexander SAMARIN RUS 253.13 3 4
5 Alexei BYCHENKO ISR 247.44 5 5
6 Moris KVITELASHVILI GEO 240.50 4 8
7 Max AARON USA 237.20 8 6
8 Denis TEN KAZ 228.57 7 10
9 Vincent ZHOU USA 222.21 10 7
10 Kevin AYMOZ FRA 220.43 9 9
11 Romain PONSART FRA 198.12 11 11


◆総評
優勝はハビ。FSではジャンプにミスが出てしまったが、織田くんの話によると、練習では良いジャンプを跳んでいるようなので、彼の指摘通り、通し練習がまだ足りてないってことなんだろうな。残念ながらGPファイナル進出は無理そうだけど、ユーロ六連覇に向けて、練習がんばってほしい。

総合2位は昌磨くん。1位&2位でGPファイナル進出確定。地元、名古屋でのファイナルに出られることになってよかった~。結弦くんが出られないし、地元開催だし、プレッシャー半端なさそうだけど、昌磨くんのメンタルの強さも半端ないので大丈夫だと思う。

3位はミーシャ! GP初表彰台、本当におめでとう☆ 今回もまたPB更新したけど、スピンのレベルを取りこぼしているので、まだ伸びしろがあるんだよね。平昌オリンピックでもクリーンな演技&PB更新を期待したい。

4位はサマリン。クワドにミスがあったものの、80点近いPCSが出ているし、ジャッジの評価は上々なのではなかろうか。

10位のエイモズは、ジュニア時代から大のお気に入りの選手なので、織田くんが「昨季よりとても上手になった」とほめているのが、我がことのように嬉しかった。織田くんも「すごく好きな選手」だって! うん、わかるよ。わたしもそうだもん☆

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR