FC2ブログ

GPスケートアメリカ2017 1日目 男子SP

GPスケートアメリカ2017 リザルト
アメリカのレイクプラシッドにて開催。男子SPは、現地時間2017年11月24日(金)に行われた。
ライストとテレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。テレ朝の解説は佐野稔さん、実況は大西洋平アナ。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Roman SADOVSKY ロマン・サドフスキー(カナダ)
■楽曲:The Vampire Masquerade by Peter Gundry
■プログラム:△
昨季、JGPタリン杯2位、国内選手権9位、世界ジュニア17位。
4Sは詰まった着氷に。3Lz+3T<と3A<はきれいに下りたように見えたのだが。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル3。
単調な音楽なので、演技も少し単調な印象を受ける。
70.85でSB更新。

2 Liam FIRUS リアム・フィルス(カナダ)
■楽曲:Happy Ending by Mika
■プログラム:○
昨季、GPカナダ9位、国内選手権7位。
4Tは両足着氷。3Aは尻もちはつかなかったものの、転倒扱い。3Lzは着氷が乱れた。連続ジャンプが入らず。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル3。
彼のぐいんぐい~んと伸びるスケーティングと歌声がマッチしていて、めっちゃ気持ちいい。あとはジャンプだジャンプ!! ジャンプさえ決まればなあぁぁぁ!! もう何年言い続けていることか…(泣)。
65.17。

3 Ross MINER ロス・マイナー(アメリカ)
■楽曲:Cosmic Superhero by Bart van Wissen
Magic Cure by Inkmash
Downtown by Macklemore, Ryan Lewis feat. Eric Nally
■プログラム:△
昨季、GP中国9位、全米5位。
3Lzはよかった。3Aの予定がシングルになり、ノーバリュー。3F+3TはOK。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル3。
おお~、彼がダンサブルなナンバーで踊りまくるプロを持ってくるとは。こんなロス、初めて見たぜ。クールでかっこいいプログラムなので、ぜひともモノにしてほしい。
71.59。

4 Takahito MURA 無良 崇人(日本)
■楽曲:Zapateado (Flamenco)
■プログラム:△
昨季、GPフランス5位、全日本3位。今季、GPカナダ12位。昨季から継続のプログラム。
4T<は着氷が乱れた。3Aは大きい。3Lz+3Tはオーバーターン。
スピンのレベルは3、3、3V。ステップはレベル2。レベルの取りこぼしが痛い。
う~ん、3Aはでっかくてよかったんだけど、他のジャンプが…(ため息)。スピンの回転のキレもイマイチだった。
75.05。

5 Kevin REYNOLDS ケヴィン・レイノルズ(カナダ)
■楽曲:Moanin' by Art Blakey
■プログラム:○
昨季、国内選手権2位、四大陸12位、ワールド9位。今季、GP中国8位。
4S<+3Tはファーストが両足着氷。3AはOK。4Tの予定がダブルになり、ノーバリュー。
スピンのレベルは4、2、4。CCSp2は回転がゆっくりで、GOEマイナス。ステップはレベル3。音をよくとらえている。音と戯れているみたい。
プログラムは文句なしにかっこいい。
69.10でSB更新。

6 Han YAN ハン・ヤン(中国)
■楽曲:A Thousand Years by Christina Perri
■プログラム:○
昨季、四大陸10位。ワールド直前に左肩を負傷し、手術を受けた。今季、GP中国5位。振付はローリー・ニコル。
3Aは飛距離がすごい。4Tは転倒。3Lz+3Tはセカンドが少し流れなかったが、GOEプラス
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル4。緩急を自在に表現している。
ここ数シーズン、「ローリーは彼をどうしたいんだ」と疑問に思い続けてきたが(苦笑)、きっと、こういうかっこいい大人プロを滑れるようになってほしかったんだな。オリンピックシーズンに、当たりプロに恵まれたんだから、あとはクリーンに滑るだけ! 頑張って!
85.97でSB更新。
---------------------------------------------------------------------
●第2グループ
7 Sergei VORONOV セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
■楽曲:Adios Nonino by Astor Piazzolla
■プログラム:△
昨季、GP中国3位、国内選手権7位。今季、NHK杯優勝。
…うん、何度見てもまぎれもなく変衣装だ(笑)。
4T+3Tはよかった。3Lzはステップから直ちに跳んでいないためか、GOEマイナス。3Aはよかった。
ジャンプに高さがある。NHK杯での安定感は本物だったことを証明した。ただ3Lzはこのままだと確実に減点されてしまうので、修正が必要だと思う。
87.51。

8 Daniel SAMOHIN ダニエル・サモヒン(イスラエル)
■楽曲:It's a Man's World performed by Seal
■プログラム:○
昨季、世界ジュニア6位、ユーロ33位。今季、GPロステレ12位。
奇抜な衣装から黒一色の衣装に変更。
4Sは転倒。3Aと3Lz+3Tはよかった。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
GPロステレでジャンプが絶不調だったので、非常に心配していたのだが、調子を取り戻しつつあるようで、ほっとした。
キスクラで、めっちゃ嬉しそう。転倒したけど、いい演技だったもんね。
82.28でSB更新。

9 Maxim KOVTUN マキシム・コフトゥン(ロシア)
■楽曲:Flamenco Selection
■プログラム:?
昨季、国内選手権3位、ユーロ2位、ワールド11位。
4Sと4T<は転倒。3A<はなんとか。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル3。
腰の怪我の影響を心配していたのだが、やはり本調子ではなさそう。ポージングやラインはきれいだが、スピードがないし、スピンの回転もゆっくり。だけど、今できることを一所懸命ていねいにやっていて、胸打たれた。
64.98。

10 Adam RIPPON アダム・リッポン(アメリカ)
■楽曲:Let Me Think About It (Eddie Thoneick Remix) performed by Ida Carr feat. Fedde Le Grand
■プログラム:○
今年1月に左足を骨折。昨季、GPファイナル6位。今季、NHK杯2位。昨季から継続のプログラム。
3F+3Tはよかった。3Aはフリーレッグがつくのが早かった。3Lzはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。スピンの質の高さが素晴らしい。ほれぼれする。
よくコントロールされた演技だった。力強く、美しく、かっこいい。
89.04でPB更新。

11 Nathan CHEN ネイサン・チェン(アメリカ)
■楽曲:Nemesis by Benjamin Clementine
■プログラム:◎
昨季、GPファイナル2位、全米優勝、四大陸優勝、ワールド6位。今季、GPロステレ優勝。シェイリーン・ボーン振付。
4Lz+3Tは素晴らしい。4Fもジャンプとしては素晴らしいのだが、直前のステップが少し足りないような。3Aは着氷が乱れた。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル4。
超絶かっこよかった!! 以上!!
104.12でPB更新。

12 Boyang JIN ボーヤン・ジン(中国)
■楽曲:Crouching Tiger, Hidden Dragon (soundtrack) by Tan Dun
■プログラム:△
昨季、GP中国2位、国内選手権四連覇、四大陸5位、ワールド3位。今季、GP中国2位。振付は、ローリー・ニコル。
4Tはよかった。3Aの予定がシングルになり、ノーバリュー。3Lz+3Tはまずまず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
ちょっと元気がなかったような。「ネイサンの大熱狂の次だったし、難しかったのかも」と思っていたら、右足首を怪我しているらしい。ギャー!! なんてこと!!(泣) …あっちもこっちも怪我人ばかりで辛い…。
77.97。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Nathan CHEN USA 104.12
2 Adam RIPPON USA 89.04
3 Sergei VORONOV RUS 87.51
4 Han YAN CHN 85.97
5 Daniel SAMOHIN ISR 82.28
6 Boyang JIN CHN 77.97
7 Takahito MURA JPN 75.05
8 Ross MINER USA 71.59
9 Roman SADOVSKY CAN 70.85
10 Kevin REYNOLDS CAN 69.10
11 Liam FIRUS CAN 65.17
12 Maxim KOVTUN RUS 64.98


◆総評
SP1位はネイサン。TESはぶっちぎりでトップ、PCSもトップ。身がよじれるほど「かっこいい」とか、信じられないくらい「かっこいい」とか、とにかく「かっこいい」以外の言葉が出てこない。そりゃ100点超えもするわ。PB更新もするわ。

2位はアダム。NHK杯より調子よさそう~☆ クワドなしだけど、PCSはトップのネイサンと1点差もないんだよね。彼のFSが大好きなので、今から胸が高まるばかりである。

3位はヴォロノフ。今季、ほんとに調子いいんだな~。嬉しい☆

4位のハン・ヤンは、怪我から順調に回復しているようだし、プログラムもめっちゃかっこいいしで、キャッキャ喜んでたら、6位のボーヤンが怪我を負っていると聞き、ガックリきている。それでもボーヤンはPCSが40点を超えたので、ジャッジの評価が高まっていることの現れなのだろう。とにかく、FSが終わるまでこれ以上悪化しないよう祈りたい。

7位の無良くんは、本格的に不調みたいで泣きたい…。よりによってこの勝負のシーズンに…。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR