FC2ブログ

GPスケートアメリカ2017 2日目 ペアFS

GPスケートアメリカ2017 リザルト
アメリカのレイクプラシッドにて開催。ペアFSは、現地時間2017年11月25日(土)に行われた。
ライストと動画で全組の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO カースティン・ムーア=タワーズ / マイケル・マリナロ(カナダ)
■SP順位:7,得点:59.97
■楽曲:Un Ange Passe by Alain Lefevre
■プログラム:△
動画
昨季から継続のプログラム。
3Tw3はもたれたように見えたが、GOEプラス。2A+1Lo+3Sは男性が両足着氷、女性が転倒。二人の距離も遠い。スロー3Loはよかった。3TはOK。スロー3Sはよかった。5RLi4の出で、二人の体がぶつかった。
透明感のある音楽を素敵に表現していたと思うが、トップレベルに到達するには何かが足りないように感じる。表現の多彩さかなぁ?
フリー127.84、総合187.81。

2 Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY ディアナ・ステラート=ドゥデク / ネイサン・バーソロメイ(アメリカ)
■SP順位:8,得点:57.18
■楽曲:Streets Have No Name by U2
One Love by U2
■プログラム:△
動画
3S<は女性が転倒。3Tw3はOK。スロー3Sはなめらか。3T+2Tは男性がファーストでこらえ、セカンドを跳ぶタイミングがずれた。スロー3Loは足をついた。FCCoSp3は合ったりズレたり。
リフトで創造的なポジションが見られた。
フリー107.82、総合165.00。

3 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER ヘイブン・デニー / ブランドン・フレイジャー(アメリカ)
■SP順位:6,得点:63.04
■楽曲:Who Wants to Live Forever by Brian May, performed by Queen & David Garrett
■プログラム:△
振付はマリナ・ズエワ。
3Tw3はよかった。スロー3Loはよかった。3S<は男性が転倒。2Tは二人ともダブルだったが、トリプルの予定だったか。二人の距離が離れた。スロー3Sはオーバーターン。BoDs1はポジションをとるのに時間がかかり、あまり回転できなかった。
終盤、リフト2つで畳みかけて音楽の盛り上がりを表現していくのが素敵だった。
フリー109.12、総合172.16。

4 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM アレクサ・シメカ・クニエリム / クリス・クニエリム(アメリカ)
■SP順位:5,得点:64.27
■楽曲:Ghost - The Musical by David A. Stewart, Glen Ballard
■プログラム:△
3Tw3は余裕。スロー3Sは高い。3Sの予定が、男性がダブルに、女性が転倒。2T+2T+SEQは予定通りらしい。スロー3Fは高い。
このペアの課題はソロジャンプ。他は素晴らしかった。
フリー124.80、総合189.07。

第1グループが終わった時点で、トップはアレクサ・シメカ・クニエリム / クリス・クニエリム(アメリカ)。


●第2グループ
5 Aljona SAVCHENKO / Bruno MASSOT アリョーナ・サフチェンコ / ブルーノ・マッソ(ドイツ)
■SP順位:3,得点:72.55
■楽曲:La Terre vue du ciel by Armand Amar, edited by Maxime Rodriguez
■プログラム:○
動画
3Tw3はふんわり高い。スロー3Lzは足をついたが、GOEプラス。3S+2T+2Tの予定が、女性がセカンドとサードでシングルに。3Tはよかった。スロー3Sは高い。CCoSp4は回転が速いのにバッチリ合っている。コレオのとんでもダンスリフト、エフォートレスになってきた。
演技後、マッソのガッツポーズ出たよ! アリョーナも満足げ。
一つ一つのエレメンツの質の高さが素晴らしい。デススパイラルもすっとすぐには入れるし、回転がスムーズ。リフトは流れが一切滞るところなく、入りも出もスピードがまったく落ちない。
フリー150.58はPB、総合223.13はSB更新。現時点で総合1位。

6 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT ナタリア・ザビアコ / アレクサンドル・エンベルト(ロシア)
■SP順位:4,得点:70.15
■楽曲:The Sleeping Beauty by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:△
3Tw3はよかった。3T+2T+2Loはサードで男性がバランスを崩した。飛ぶタイミングがずれたし、距離も遠い。3S<は女性が転倒。スロー3Fはよかった。スロー3Loは女性の足がかすった。
最後のPCoSp2で音楽の盛り上がりをで表現できるといいなぁ。もっと回転速くギュルギュル回ってほしい。ここで落ち着いちゃうのよね。音楽は盛り上がってるのに。
フリー127.74、総合197.89で、総合得点はSB更新。現時点で総合2位。

7 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD メーガン・デュハメル / エリック・ラドフォード(カナダ)
■SP順位:1,得点:75.37
■楽曲:Neutron Star Collision by Matthey Bellamy performed by Muse
I Belong To You (Mon coeur s'ouvre a ta voix) from "Samson and Dalilah" by Camille Saint-Saens, performed by Muse
Uprising by Matthew Bellamy performed by Muse
■プログラム:△
動画
3Tw2はよかった。3Lz<は女性が転倒。スロー4Sは手と足がついた。3S+2T+2TはOK。BoDs2は、即座にポジションを取る。スロー3Lzはよかった。
中盤のしっとり魅せるパートで、新生メーガンのエレガンスをもっと発揮できたらいいのになぁ。ちょっとあっさり風味に感じる。
フリー140.31、総合215.68。現時点で総合2位。

8 Xiaoyu YU / Hao ZHANG シャオユー・ユー / ハオ・ジャン(中国)
■SP順位:2,得点:73.67
■楽曲:Jyn Erso & Hope Suite (from "Rogue One: A Star Wars Story") by Michael Giacchino
Princess Leia (from "Star Wars: A New Hope") by John Williams
■プログラム:○
動画
3Sは女性が少しこらえたが、GOEプラス。3Tw4は余裕。3T+2Tは、女性がファーストで少しこらえたが、GOEプラス。スロー3Loとスロー3Sは高い。FCCoSp3は途中でズレた。5ALi4は下ろすとき、男性の顔に女性の体がぶつかったが特に影響なし。
演技後、二人とも疲労困憊だけど嬉しそうにハグ。
おお~、GP中国のときは、正直ビミョ~な印象だったプログラムが、見違えるように素敵になっている!
フリー145.53、総合219.20でPB更新。総合2位に確定。得点出るなり、ハオ兄さんが「イエス!!」と叫んだ。おお~、そんな兄さん、初めて見たよ!!よっぽど嬉しかったんだろうな~。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Aljona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 223.13 3 1
2 Xiaoyu YU / Hao ZHANG CHN 219.20 2 2
3 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 215.68 1 3
4 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 197.89 4 5
5 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM USA 189.07 5 6
6 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN 187.81 7 4
7 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA 172.16 6 7
8 Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY USA 165.00 8 8


◆総評
優勝はサフチェンコ&マッソ。2位&1位でGPファイナル進出確定。スローとソロジャンプでミスがあっても、フリー150点超え。クリーンな演技がめったに見られないペアだけど、そのミスがあまり気にならないんだよね、あまりにも素晴らしく芸術性の高いパフォーマンスを見せてくれるので。

総合2位はユー&ジャン。2位&2位でGPファイナル進出確定。僅差だけど、PCSが3位のデュハメル&ラドフォードより上!! 確かに見違えるように素晴らしかったからなぁ。前日のSPよりはるかによかったと思う。レベルをいくつか取りこぼしているので、まだ伸びしろがあるんだよね。

3位はデュハメル&ラドフォードは、けして悪い演技じゃなかったんだけど、今回はユー&ジャンがよすぎた。1位&3位でGPファイナル進出を確定させたので、ファイナルではブイブイ盛り返してほしい。


◆総合順位
ウェンジン・スイ / ツォン・ハン(中国)
エフゲーニャ・タラソワ / ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
アリオナ・サフチェンコ / ブルーノ・マッソ(ドイツ)
メーガン・デュハメル / エリック・ラドフォード(カナダ)
クセニア・ストルボワ / ヒョードル・クリモフ(ロシア)
シャオユー・ユー / ハオ・ジャン(中国)

次点がジェイムズ&シプレ。う~ん、一歩及ばずか~。
昨季のファイナルはタラソワ&モロゾフが優勝し、ユー&ジャンが2位、デュハメル&ラドフォードが3位だったが、怪我のためにスイ&ハンもサフチェンコ&マッソも欠場していたし、ストルボワ&クリモフもGPシリーズを休んでたんだよね。今季のファイナルは怪我なく病気なく、上記の6組が出場できますように!

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR