GPスケートアメリカ2017 3日目 女子FS

GPスケートアメリカ2017 リザルト
アメリカのレイクプラシッドにて開催。女子FSは、現地時間2017年11月26日(日)に行われた。
ライストとテレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。テレ朝の解説は織田信成さん、実況は進藤潤耶アナ。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Nicole RAJICOVA ニコル・ライチョヴァー(スロバキア)
■SP順位:10,得点:55.43
■楽曲:Rain, In Your Black Eyes by Ezio Bosso
■プログラム:△
昨季から継続のプログラム。振付は、ニコライ・モロゾフ。
3Fは着氷が伸びなかった。3Lz+2Tはファーストでこらえた。3Tの予定が、ダブルになってしまい、2Tを3本跳んでしまい、最後の1つがノーバリュー。
スピンのレベルは3、4、3。ステップはレベル3。
彼女にしては、コレオやステップシークエンスの動きがちょっと限定的だった気がした。
フリー112.18、総合167.61で、どちらもSB更新。

2 Xiangning LI シャンニン・リー(中国)
■SP順位:11,得点:55.24
■楽曲:Raymonda by Alexander Glazunov
■プログラム:△
3Lz+2Tと3Lzは詰まった着氷に。他にもきれいに着氷が流れなかったジャンプがいくつかあった。
スピンは全てレベル4。相変わらずうまい。特にレイバックは素晴らしい。ステップはレベル3。
ジャンプは本調子じゃなさそうだったけど、女性らしいやわらかな動きが素敵だった。ほんと上手になったなぁ。
フリー109.08、総合164.32。

3 Alena LEONOVA アリョーナ・レオノワ(ロシア)
■SP順位:7,得点:63.91
■楽曲:Tune Maari Entriyaan (Bollywood Selection) by Sohail Sen
■プログラム:△
すべてのジャンプをクリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
すごーい。NHK杯に引き続きノーミス!! レオノワめっちゃ喜んでる~。漢らしいガッツポーズ再び。
表現が深まって、素敵なプログラムに仕上がってきた。この上り調子のまま国内選手権を迎えられますように!
フリー122.02、総合185.93。

4 Polina TSURSKAYA ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
■SP順位:8,得点:63.20
■楽曲:Nocturne in F Minor Op. 55, No. 1 by Frederic Chopin (arr. by Chad Lawson for Piano)
Song for the Little Sparrow by Abel Korzeniowski
■プログラム:△
動画
2A+3Tはほんの少しバランスを崩し、GOEマイナス。
スピンのレベルは4、4V、4。ステップはレベル3。
スピードに乗って、たっかいジャンプを次々と下りていった。よく滑っていたし、長い手足を使って曲想をよく表現していた。
フリー132.36、総合195.56。

5 Karen CHEN カレン・チェン(アメリカ)
■SP順位:9,得点:59.53
■楽曲:Jalousie "Tango Tzigane" by Jacob Gade
■プログラム:○
昨季のプログラムに戻した。
3Lz+3T<はGOEマイナスだが、ファーストの高さときたら。3Fは!が。他にも回転不足や着氷の乱れたジャンプがいくつかあった。
スピンとステップは全てレベル4。
久々に彼女のでっかいジャンプを堪能した。そして、スピードギュンギュンの滑りから繰り出されるスパイラル! そうそう! これこそがカレン・チェンのスケート! これが見たかったの! プログラムを戻して大正解ですな。
いや~、ほんとジャンプおっきかったなぁ! これを安定してクリーンに下りられるようになれば無敵なのに。
フリー123.27、総合182.80で、SB更新。

第1グループが終わった時点で、トップはポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)。


●第2グループ
6 Bradie TENNELL ブレイディ・テネル(アメリカ)
■SP順位:4,得点:67.01
■楽曲:Cinderella Medley by Patrick Doyle
■プログラム:△
動画
すべてのジャンプをクリーンに着氷。
スピンは全てレベル4。どのスピンも素晴らしく、GOE加点がたくさん。ステップはレベル3。力強い動きで、大きな時計の音をよく表現していた。
演技後、ガッツポーズ。
キャー!! SP同様、FSもノーミス!! 素晴らしい!! ロンバルディア杯から滑りこんで、プログラムがさらにブラッシュアップされていた。
フリー137.09、総合204.10で、どちらもPB更新。現時点で総合1位。

7 Ashley WAGNER アシュリー・ワグナー(アメリカ)
■SP順位:6,得点:64.12
途中で演技をやめてしまった。棄権。
本大会後、ツイッターで入手した情報によると、足首の感染症にかかり、激痛のために滑れないと判断したらしい。ヒィィィィ(蒼白)、無理しないでアシュリー!(涙目) 一日も早く良くなり、全米に向けて自分の納得いく練習ができますように!

8 Serafima SAKHANOVICH セラフィマ・サハノヴィッチ(ロシア)
■SP順位:5,得点:66.28
■楽曲:Adagio from "Concierto de Aranjuez" by Joaquin Rodrigo
■プログラム:△
う~ん、もっと彼女に似合う、素敵な衣装があるのではなかろうか。
後半、2Aの予定がシングルに。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
最後、「あれ、何もやってなくない?時間余っちゃった?」みたいなフィニッシュだったのだが、もともとこういう振付なんだろうか。
ジャンプの調子を取り戻しつつあるようでよかった。ただ、動きがちょっとなめらかさに欠けるのが気になる。カクカクしたところがあるんだよね。もそっとシームレスにエフォートレスに滑れるようになるといいなぁ。
プルさんのコート、もふっとして、めっちゃあったかそう!
フリー123.47、総合189.75で、どちらもSB更新。現時点で総合3位。

9 Kaori SAKAMOTO 坂本 花織(日本)
■SP順位:2,得点:69.40
■楽曲:Amelie (soundtrack) by Yann Tiersen
■プログラム:○
動画
振付はブノワ・リショー。
すべてのジャンプをクリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
演技後、ぴょんぴょんガッツポーズ☆
GPロステレと同じ轍は踏まずに、FSもノーミス! 強いな~。
時々腕をブンブン回してるっぽいところもあるのだが、全体的には全身をなめらかに、やわらかく大きく動かせるようになったと思う。
フリー141.19、総合210.59で、どちらもPB更新。得点が出たとたん、坂本花織、キスクラで叫ぶ(笑)。現時点で総合1位。

10 Gabrielle DALEMAN ガブリエル・デールマン(カナダ)
■SP順位:3,得点:68.08
■楽曲:Gladiator Rhapsody by Hans Zimmer
Now We Are Free (from "Gladiator" soundtrack) by Hans Zimmer
■プログラム:△
冒頭の3T+3Tは最高。後半ジャンプの着氷が乱れたり、回転が抜けたりしてしまい、連続ジャンプが1つしか入らなかった。
スピンとステップは全てレベル4。
フィニッシュのとき、音楽が唐突に終わるように感じるんだよねぇ。「え、ここで終わり?」と戸惑ってしまう。
演技から哀切や哀愁が感じられるようになり、プログラムの表現はどんどん深まってきていると思う。ゴージャスな滑りをするようになってきた。
前半3つのジャンプの質はよかったので、それが後半も維持できるようになればなぁ。
フリー121.06、総合189.14。現時点で総合5位。

11 Satoko MIYAHARA 宮原 知子(日本)
■SP順位:1,得点:70.72
■楽曲:Madame Butterfly Act 3 by Giacomo Puccini
Goro's Entrance (Madame Butterfly Act 2) by Giacomo Puccini
Butterfly Bids Her Child Farewell (Madame Butterfly Act 2) by Giacomo Puccini
Prelude
■プログラム:○
動画
髪型も髪飾りもさらに蝶々夫人ぽくなってる~☆
すべてのジャンプをクリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
復帰2戦目でノーミス!! さすがさっとん!!
終盤、音楽が最高潮に盛り上がったところで2Aを下り、ワアァァァっと歓声&拍手が上がるんだけど、「ある晴れた日に」に音楽が切り替わったら、場内も即座に静まるんだよね。あそこに一番ぐっときた。会場のお客さんの目が、耳が、彼女と音楽にだけ向けられているって感じられて。
ジャンプの高さはまだ完全に戻ってないと思うけど、体が自由自在に動いているように見えた。ありとあらゆる動きが、ポーズが、ラインが、隅々まで美しい…(ため息)。
フリー143.31、総合214.03でSB更新。総合1位に確定。濱田先生、大喜び。さっとんも控えめにガッツポーズ☆ もっと激しくやっていいんだよ!(笑)


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Satoko MIYAHARA JPN 214.03 1 1
2 Kaori SAKAMOTO JPN 210.59 2 2
3 Bradie TENNELL USA 204.10 4 3
4 Polina TSURSKAYA RUS 195.56 8 4
5 Serafima SAKHANOVICH RUS 189.75 5 5
6 Gabrielle DALEMAN CAN 189.14 3 8
7 Alena LEONOVA RUS 185.93 7 7
8 Karen CHEN USA 182.80 9 6
9 Nicole RAJICOVA SVK 167.61 10 9
10 Xiangning LI CHN 164.32 11 10
WD Ashley WAGNER USA(SP順位:6)


◆総評
空気を読まずに日本の選手がワンツーフィニッシュ(笑)。でも会場のお客さんは国の分け隔てなく、温かい声援を送ってくれていた。

優勝は宮原さん。新生さっとんのクリーンな演技が見られて最高だった。早起きしてライブで見たかいがあった。

総合2位は花織ちゃん。GP初表彰台おめでとう! TES1位なのはまぁそうだろうと予想がついたけど、PCSもめっちゃ出てるんですよ。宮原さんに次ぐ2位。
キスクラの様子が、宮原さんと好対照でめっちゃ楽しい(笑)。こういう幸せなキスクラは、何度見てもいいわ~。

3位はテネル。GPデビュー戦で初表彰台おめでとう! しかも地元アメリカで。喜びもひとしおだろうな~。前から素敵な選手だったけど、今季は力強さが増し、表現の幅が広がったと思う。この勢いでオリンピック代表の座を射止められるか。


◆GPファイナル進出者
エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
ケイトリン・オズモンド(カナダ)
カロリーナ・コストナー(イタリア)
マリア・ソツコワ(ロシア)
樋口新葉(日本)

祝☆わかば様のファイナル初進出確定!! これで、日本開催のJGP&GPファイナルに、シニアもジュニアも男女シングルに1名ずつ日本の選手が出られることに。わかばボンドが見られる機会が増えて、本当に嬉しい。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR