GPファイナル2017 1日目 男子SP

GPファイナル2017 リザルト
日本の名古屋にて開催。男子SPは、現地時間2017年12月7日(木)に行われた。
ライストとテレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。テレ朝の解説は織田信成さん、実況は進藤アナ。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




1 Jason BROWN ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
■楽曲:The Room Where It Happens (from "Hamilton") by Lin Manuel Miranda
■プログラム:△
昨季、GPアメリカ2位、全米3位、四大陸6位、ワールド7位。今季、GPカナダ2位、NHK杯4位。
3Aはよかった。3F+3Tはオーバーターン。3Lzはよかった。
スピンのレベルは443。ステップはレベル4。
音楽との親和性はさすが。
89.02。

2 Adam RIPPON アダム・リッポン(アメリカ)
■楽曲:Let Me Think About It (Eddie Thoneick Remix) performed by Ida Carr feat. Fedde Le Grand
■プログラム:△
昨季、GPファイナル6位。今年の1月に左足を骨折し、シーズン後半試合に出られず。今季、NHK杯及びGPアメリカ2位。
3F+3Tと3Aはよかった。3Lz<は少しこらえた。
スピンとステップは全てレベル4。スピンの質が本当に素晴らしい。3つともGOEが1点以上って!
ジャンプは本調子じゃなさそうだが、全身を大きく動かして、曲想をよく表現していた。二週間前に右肩を外したばかりなのに、なんでこんなに動けるんだ。
86.19。

3 Sergei VORONOV セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
■楽曲:Adios Nonino by Astor Piazzolla
■プログラム:△
昨季、GP中国3位、国内選手権7位。今季、NHK杯優勝、GPアメリカ3位。
4T+3Tはよかった。3Lzは直前のステップがないのでGOEマイナス。3Aはステップアウト。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
体を大きく動かして、生き生きと滑っていた。
単独ジャンプの3Lzの前に、潔いほどステップを入れていない。これだったら、ステップから直ちに3Loを跳んだほうが、得点とれるんじゃなかろうか。
87.77。

4 Mikhail KOLYADA ミハイル・コリヤダ(ロシア)
■楽曲:Piano Concerto No. 23 in A Major by Wolfgang Amadeus Mozart
Tango
■プログラム:△
昨季、国内選手権優勝、ユーロ3位、ワールド8位。今季、GPロステレ3位、GP中国優勝。
髪を切ってスッキリした。男前度がアップしている!
4Lzは転倒。でも直前にたくさんステップを踏んでいた。4T+3Tは軽々と。3Aはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。StSq4でちょいスタンブルしたが、他がすっばらしいのでGOEプラス。
4Lzの転倒はあったものの、連続ジャンプをあんまりあっさり跳ぶので、3+3かと勘違いしそうになった。毎度のごとく、動きはキレッキレでシャープ。つなぎもモリモリ。
99.22。

5 Shoma UNO 宇野 昌磨(日本)
■楽曲:Winter (from "Four Seasons") by Antonio Vivaldi
■プログラム:○
昨季、GPファイナル3位、全日本優勝、四大陸3位、ワールド2位。今季、GPカナダ優勝、GPフランス2位。
4Fと4T+3Tはよかった。3Aは転倒。
スピンとステップは全てレベル4。
あ~ん、3Aの転倒が惜しかった。踏ん張れるかな~と思ったのだが。
織田くん曰く、4Fの前にもそっとステップを入れた方がいいのではないかとのこと。
音楽表現が変わった? どこがどうとは具体的に説明できないんだけど。前半はゆったりとやわらかで、後半は直線的な動きも入れつつ力強さを表現しているように感じた。
101.51。転倒とタイムバイオレーションにより減点2。

6 Nathan CHEN ネイサン・チェン(アメリカ)
■楽曲:Nemesis by Benjamin Clementine
■プログラム:○
昨季、GPファイナル2位、全米優勝、四大陸優勝、ワールド6位。今季、GPロステレ及びGPアメリカ優勝。
4Lz+3Tはファーストで少しバランスを崩した。4Fもバランスを崩した。3AはOK。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル4。すごかった。ジャッジが一人+2を出した他は、全員+3を出している。
織田くん曰く、4Fの直前のステップが足りないとのこと。
ジャンプが本調子じゃない感じ。GPアメリカの後、ブレードを新しくしたばかりだそうなので、まだ慣れてないのかもしれないな~。
103.32。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Nathan CHEN USA 103.32
2 Shoma UNO JPN 101.51
3 Mikhail KOLYADA RUS 99.22
4 Jason BROWN USA 89.02
5 Sergei VORONOV RUS 87.77
6 Adam RIPPON USA 86.19


◆総評
SP1位はネイサン。多少ジャンプの着氷が乱れても、VBのデカさでカバーしちゃうんだよね。なんたって、4Lzと4Fを組み込んでるんだもんな~。

2位は昌磨くん。PCSは1位。タイムバイオレーションがもったいなかった。でも、滑りはめっちゃよかったと思うので、FSに期待したい。

3位はコリヤダ。4Lzが決まればね~。でも彼の場合、エレメンツの質が非常に高いし、つなぎもモリモリなので、ジャンプでミスしても、得点が出るんだよね。

3位と4位の得点差が10点以上あるので、表彰台は上記の3人で決まりかな。あとはメダルの色がどうなるか。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR