GPファイナル2017 2日目 女子SP

GPファイナル2017 リザルト
日本の名古屋にて開催。女子SPは、現地時間2017年12月8日(金)に行われた。
ライストとテレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。テレ朝の解説は荒川静香さん、実況は清水俊輔アナ。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




1 Satoko MIYAHARA 宮原 知子(日本)
■楽曲:Memoirs of a Geisha (soundtrack) by John Williams
■プログラム:○
動画
昨季、GPファイナル2位、全日本三連覇。今季、NHK杯5位、GPアメリカ優勝。
3Lz+3Tと3Lo、2Aはクリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
お囃子が始まるところの流し目が最高である。
74.61でSB更新。PBとほぼ同じ得点を出した。

2 Wakaba HIGUCHI 樋口 新葉(日本)
■楽曲:Gypsy Dance by Leon Minkus
■プログラム:○
動画
昨季、GPフランス3位、全日本2位、四大陸9位、ワールド11位。今季、GPロステレ3位、GP中国2位。
2Aはゴージャス。3Lz+3Tもよかった。3Fもきれいに下りたが、ステップから直ちに跳んでいなかったように見えた。!がつき、GOEマイナス。
スピンとステップは全てレベル4。
全身からエネルギーがほとばしっており、躍動感あふれる演技だった。
73.26。

3 Maria SOTSKOVA マリア・ソツコワ(ロシア)
■楽曲:Swan Lake by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:△
昨季、GPファイナル5位、国内選手権3位、ユーロ4位、ワールド8位。今季、GPカナダ及びGPフランス2位。
3Lzタノ+3Tタノ、3Fタノ、2Aタノと、全てクリーンに着氷。ジャンプが高く、安定している。
スピンとステップは全てレベル4。音楽の盛り上がりと共にスイス~イグイングイ~ンと滑りまくっていた。
いや~、ほんと、スケーティングが上手になったなぁ。体を大きく美しく優雅に動かして、曲想をよく表現していた。
74.00でPB更新。

4 Carolina KOSTNER カロリーナ・コストナー(イタリア)
■楽曲:Ne me quitte pas by Jacques Brel, performed by Celine Dion
■プログラム:◎
動画
昨季、国内選手権優勝、ユーロ3位、ワールド6位。今季、GPロステレ及びNHK杯2位。
3T+3Tの予定が、セカンドがダブルに。3Loは加点がたくさん出ているが、個人的に直前のステップが足りない気がした。2Aは素晴らしい。
スピンとステップは全てレベル4。
コストナーさんのゴージャスな滑りを堪能した。ジャンプが完璧ではなかったが、この滑りを前にしては、「それが何か?(ドヤ顔)」と言うよりほかない。
72.82。

5 Kaetlyn OSMOND ケイトリン・オズモンド(カナダ)
■楽曲:Sous le ciel de Paris by Hubert Giraud performed by Edith Piaf
Milord by Marguerite Monnot performed by Edith Piaf
■プログラム:◎
3F+3Tはたっかい。3Lz!はきれいに下りた。2Aは素晴らしい。
スピンとステップは全てレベル4。
オズモンドさんのジャンプはほんと男子並みのスピードと高さがありますな。着氷後の流れも素晴らしい。見ててめっちゃ気持ちいいわ~。爽快だわ~。
77.04でPB更新。

6 Alina ZAGITOVA アリーナ・ザギトワ(ロシア)
■楽曲:Black Swan (soundtrack) by Clint Mansell
The Middle of the World by Nicholas Britell ("Moonlight" soundtrack)
Black Swan (soundtrack) by Clint Mansell
■プログラム:△
昨季、JGPファイナルとジュニアの国内選手権、世界ジュニアにて優勝。今季、GP中国及びGPフランス優勝。
衣装がマイナーチェンジ。すっきりしてよかったのでは。
3Lz+3Loは素晴らしい。3Fタノはステップアウト。2Aはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。
今度こそクリーンな演技が見られるかと思ったのにな~。惜しかった。
スピーディーな滑りの中、質の高いエレメンツを次々と行っていた。
76.27でPB更新。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Kaetlyn OSMOND CAN 77.04
2 Alina ZAGITOVA RUS 76.27
3 Satoko MIYAHARA JPN 74.61
4 Maria SOTSKOVA RUS 74.00
5 Wakaba HIGUCHI JPN 73.26
6 Carolina KOSTNER ITA 72.82


◆総評
最下位が72点って、どういうことなんですかね…(汗)。出場者全員、スピンとステップが全てレベル4。しかもザギトワの3Fのステップアウト以外、ジャンプにミスはない。女子は強いなぁ。

SP1位はオズモンド。クリーンな演技で首位発進だが、彼女の場合、課題はフリーだからなぁ。ジャンプをまとめられるか。

2位はザギトワ。試合を重ねるごとに、ジャッジの評価を順調に積み上げている。ジャンプにミスがあってもPB更新。

3位は宮原さん。メドさんの欠場で急遽出場が決まり、調整がたいへんだったと思うが、素晴らしい演技を披露してくれた。見るごとにプログラムが好きになっていく。

4位はソツコワ。今季の彼女はほんとにうまくなったし、安定している。安心して見てられるわ~。

5位のわかば様は、動きがキレッキレだし、ジャンプも調子よさそうなので、フリーが楽しみだわ~。わかばボンドにハートを撃ち抜かれたい☆

6位のコストナーさんは、PCSはトップ。それも納得の演技だった。スケーティングがさらに上手になったような気がする。もともととんでもなくうまいのに!

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR