全日本2017 4日目 アイスダンスFD

全日本選手権2017 リザルト
東京にて開催。アイスダンスFDは、現地時間2017年12月24日(日)に行われた。
動画で上位3組の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
3 深瀬 理香子(大東文化大学) / 立野 在(法政大学)
■SD順位:3,得点:47.43
■楽曲:ハロー・ドーリー!
■プログラム:△
動画
昨季、全日本ジュニア優勝、世界ジュニア13位。今季、シニアデビューで、東日本優勝。初出場。
ステップは両方レベル2。ステップ以外の要素は、全てレベル4。全項目GOEプラス。
CoSp4はよかった。CuLi4はポジションチェンジがちょっともたついたか。STw4回転は合っていたが、セカンドから二人の距離が離れてしまった。
ダンススピンは、昨季まで苦手そうだったのに、ほんと上手になったな~。
ホールドチェンジで少しスムーズさに欠けるのが気になった。そのせいでプログラムの流れがイマイチなのかな~という気がする。
フリー82.84、総合130.27でSB更新。現時点で総合1位。

4 村元 哉中(木下グループ)/ クリス リード(木下グループ)
■SD順位:1,得点:65.71
■楽曲:坂本龍一 メドレー
■プログラム:○
動画
昨季、全日本優勝、四大陸9位、ワールド23位。今季、NHK杯及びGPアメリカ8位。
ステップは両方レベル3。全項目GOEプラス。
STw3はちょいひやっとしたけど大丈夫。CoSp1は軸がぶれず、ポジションが明確で気持ちいい。StaLi4はアクロバティックだが美しい。
ツイズルのレベルを取りこぼしたのが惜しかった~。でもプログラムの流れが途切れず、ぐいんぐいん滑っていて、見ていてとても心地よい演技だった。
フリー100.74、総合166.45でSB更新。現時点で総合1位。減点1って何だと思ったら、タイムバイオレーションだった~。もったいない~。

5 小松原 美里(倉敷FSC) / ティモシー コレト(USA)
■SD順位:2,得点:56.65
■楽曲:映画「愛のイエントル」より
■プログラム:
動画
昨季、全日本3位、今季NHK杯10位。
ステップは両方レベル3。他の要素は全てレベル4。全項目GOEプラス。ジャッジ全員が減点を出していない。
STw4は、ふんわりと。回転と動き、回転がバッチリそろっていた。
CSロンバルディア、NHK杯、そしてこの全日本と、試合で見るたびに上達している。哉中&クリスの次だったので、彼らと比べるとスピードが出ていないように感じたが、すべての動きが美しく、スムーズだった。
フリー92.82、総合149.47でSB更新。総合2位に確定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SD順位、FD順位の順に記されている。
1 村元 哉中(木下グループ)/ クリス リード(木下グループ)1 1 166.45
2 小松原 美里(倉敷FSC) / ティモシー コレト(USA)2 2 149.47
3 深瀬 理香子(大東文化大学) / 立野 在(法政大学)3 3 130.27
4 折原 裕香(ムサシノFSクラブ) / 森 望(明治大学)4 4 113.89
5 飯田 澪(関西学院大学) / 石橋 健太(関西学院大学)5 5 86.32


◆総評
優勝は哉中&クリス。三連覇おめでとう☆ フリーはいよいよ100点台に! やった~!

総合2位は小松原&コレト。プログラムの印象がかなり変わったので、プログラム構成を変えたのかなと思い、NHK杯の演技とジャッジスコアを見比べてみたのだが、エレメンツの順番は同じだった。ただし、NHK杯で"Music requirements"が取られたからだと思うが、終盤のDiSt3で、ドラムの音が追加されていた。正直ない方が音楽としては自然だと思うけど、減点されないためには致し方ない。おかげで今回は大丈夫だったわけだし。

3位は深瀬&立野。ちょこちょこスムーズでない動きがあるものの、CSロンバルディアと比べたら、かなり良くなっていた。


◆代表
◇四大陸
村元 哉中 / クリス・リード,小松原 美里 / ティモシー・コレト,深瀬 理香子 / 立野 在

◇平昌オリンピック
村元 哉中 / クリス・リード

◇ワールド
村元 哉中 / クリス・リード

四大陸に日本から3組派遣される~!! やった~!! 嬉しい!!
小松原&コレトは初めてのチャンピオンシップで、深瀬&立野はシニアのチャンピオンシップは初めて。練習してきたことを十二分に発揮できますように☆
哉中&クリスは、北米勢がオリンピック出場組を派遣してこなければ、表彰台の可能性もあるんじゃなかろうか。中国と韓国のトップが出場予定なので、オリンピック前にぜひとも勝っておきたい。頑張れ~☆
世界ジュニアに派遣される組はなし。残念である。来季は出場できる組が現れるといいな~。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR