全米2018 9日目 男子FS

全米選手権2018 リザルト
サンノゼにて開催。男子FSは、現地時間2018年1月6日(土)に行われた。
Jスポーツの放送で全員の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。解説は杉田秀男さんと小塚崇彦さん、実況は赤平大アナ。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Jordan Moeller, Northern Ice SC ジョーダン・モーラー
■SP順位:20,得点:55.35
■楽曲:月の光
■プログラム:△
スペシャルフィギュアからスタート。
4S<はきれいに下りたように見えたのだが。3A<はステッピングアウト。3Lzの予定がシングルに。他にも回転不足や着氷の乱れがいくつかあった。連続ジャンプは1つしか入らず。
スピンとステップは全てレベル3。中盤のコレオのイーグルやスパイラルが音楽とマッチしていてよかった。
音楽に少し遅れてのフィニッシュ。
杉田さん曰く、「体の動きが少し硬いので、曲想を十分に生かせていない」とのこと。確かに少し力んでいるように見えた。
フリー124.86、総合180.21。

4 Daniel Kulenkamp, FSC of Southern California ダニエル・クーレンカンプ
■SP順位:18,得点:60.15
■楽曲:You Raise Me Up
■プログラム:○
コーチは全米常連だったダグラス・ラザノ。
3Aの予定がシングルに。3F+3Tはフリップに!が。3Lz+1Lo+3S<と3Fは転倒。
朗々と歌い上げる男性ボーカルと、彼の大きくゆったりした動きがマッチしていてよかったと思うのだが、杉田さんには、「滑ってない。伸びていくような滑りがほとんど見られなかった」とバッサリ(汗)。
フリー117.80、総合177.95。


●第2グループ
6 Tomoki Hiwatashi, DuPage FSC 樋渡 知樹
■SP順位:15,得点:63.48
■楽曲:映画「ラスト・オブ・モヒカン」より
■プログラム:○
4T<+3Tはきれいに下りたように見えたのだが。3Aの予定がシングルに。3A+2Tはよかった。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
いや~、ほんと音楽表現の向上が目覚ましい。ための作り方とか緩急のつけ方が、すごくうまくなったと思う。実況陣も「将来が楽しみだ」と話していた。
フリー154.05、総合217.53。

7 Sean Rabbitt, Glacier Falls FSC ショーン・ラビット
■SP順位:13,得点:73.22
■楽曲:マンボ メドレー
■プログラム:○
昨季から継続のプログラム。
3A<<は着氷が乱れた。3Loはお手つき。3Fに!が。
スピンとステップは全てレベル4。
ジャンプにミスはあったが、最後まで元気よくノリノリに踊りまくっていた。選手もお客さんもめっちゃ楽しそうで大盛り上がり。小塚くんが言っていたように、スケートが好きという気持ちが前面に出ている演技だった。杉田さん曰く、「ジャッジをしていて、こういう演技をしてくれると楽しい」とのこと。ですよね~。ジャッジだって人間だもの☆
今季もまた素敵なマンボメドレー見せてくれてありがとう!
フリー141.24、総合214.46。

9 Emmanuel Savary, University of Delaware FSC エマニュエル・サヴァリ
■SP順位:14,得点:64.65
■楽曲:Io Ci Saro
■プログラム:△
4Tの予定(多分)がトリプルに。4Sの予定がダブルに。3F+2Tは足をついた。3F<は転倒。3Tは着氷が乱れ、+REPに。連続ジャンプが1つしか入らず。
スピンのレベルは2、1、3。SPでもスピンのレベル、取りこぼしてたんだよな~。質は悪くないと思うんだけど。ステップはレベル3。
ジャンプのミスが目立ったが、音楽表現の上達ぶりに改めて驚かされた。よく滑っていたと思う。
同じ曲で2シーズン滑った小塚くんによると、「この曲の難しいところは休むところがないこと。ずっと流れているので休みにくい。休むと、本当に休んでいるように見えてしまう。ぼく自身、体力が奪われて、後半にミスすることが多かった」とのこと。プログラムとしては、どこかで一息つかないと後半までもたない。いかに休んでいると見せないかというのも技術なんだそうだ。
フリー112.48、総合177.13。

10 Max Aaron, Broadmoor SC マックス・アーロン
■SP順位:12,得点:74.95
■楽曲:オペラ座の怪人
■プログラム:△
4Tはお手つき。4Sの予定がダブルに。後半の4Tの予定がダブルに。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
クワドが1本もクリーンに決まらず。3Aは後半2本きれいに入ったんだけどなぁ…(ため息)。でも、ドラマティックな曲想をよく表現していたと思う。音楽表現やスケーティングは素敵だった。
フリー149.25、総合224.20。


●第3グループ
6分間練習中、杉田さんによる、小塚崇彦のスケーティング絶賛タイムが繰り広げられた(笑)。この二人が一緒に解説するって知ったときから、ぜったいあるって思ってたんだ。予想が当たって嬉しい(笑)。

11 Jimmy Ma, SC of New York ジミー・マ
■SP順位:11,得点:75.28
■楽曲:ラフマニノフ作「ピアノ協奏曲」
■プログラム:△
昨季から継続のプログラム。
4Tは着氷が乱れた。2本目の3Aはステッピングアウト。3Sは着氷が乱れた。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル4。
演技が終わった後、胸を大きく叩いた(笑)。満足いく演技だったのだろう。
動きがもっとやわらかくなめらかになるといいなぁ。
杉田さん曰く、「力はあるが、スケートの伸びがいまいち」、小塚くん曰く、「スピンのレベルは取れているだろうが、ポジションがいまいち」とのこと。
解説陣によると、スケートが滑るというのは、ただスピードが出ればいいということではなく、スケートに伸びがあるということらしい。一蹴りが蹴っただけの動きじゃなく、もう一つすうっと伸びる滑りをしてほしいという話だった。
フリー147.13、総合222.41。

12 Alexander Johnson, Braemar-City of Lakes FSC アレクサンダー・ジョンソン
■SP順位:10,得点:79.60
■楽曲:アランフェス
■プログラム:○
2本目の3Aは両足着氷。3Loの予定がダブルに。3Fはこらえた。ジャンプに高さがないので、回転不足が取られていないか心配したが、大丈夫だった。
スピンのレベルは3、3、4。ステップはレベル4。
音楽表現とボディームーブメントは相変わらず素晴らしい。うっとり見入ってしまった。
フリー153.02、総合232.62。

13 Aleksei Krasnozhon, Dallas FSC アレクセイ・クラスノジョン
■SP順位:8,得点:82.58
■楽曲:Now We Are Free
■プログラム:△
4Lo<<は片足で下りた。3Aは転倒。3A<+3Tはファーストでこらえた。3Lzもこらえた。
スピンとステップは全てレベル4。CCSo4は、回転がゆっくりになり、GOEマイナス。
演技後、疲労困憊。
小塚くん曰く、「耐えしのいだ演技」、杉田さん曰く、「グラディエーターが苦戦したという感じ(笑)。流れがちょっとなかった」とのこと。でも、疲れてヘロヘロになりながらも最後まで必死に滑る姿は、「グラディエーター」の主人公の雄姿と重なり、悪くなかったと思う。
フリー141.00、総合223.58。

14 Andrew Torgashev, Panthers FSC アンドリュー・トルガシェフ
■SP順位:9,得点:81.32
■楽曲:映画「ムーラン・ルージュ」より ロクサーヌのタンゴ
■プログラム:△
3A<<は転倒。4Tの予定がダブルに。3Lzはステッピングアウト。3Lz+1Lo+3Sはお手つき。3F<+2Tはファーストに!が。
スピンのレベルは4、4。最後のCCoSpは軸がぶれ、規定を満たさなかったようで、ノーバリュー。ステップはレベル4。鬼気迫る表現で、素晴らしかった。ジャッジが全員+3を出している。
ジャンプのミスが目立ってしまったが、終盤のステップシークエンスで、嫉妬にのたうち回る姿を生々しく演じていて、すごかった。まだ16歳の表現とは思えない…。
フリー135.69、総合217.01。ああ~、僅差で樋渡くんに競り負けた!

15 Timothy Dolensky, Atlanta FSC ティモシー・ドレンスキー
■SP順位:7,得点:85.06
■楽曲:Faux
■プログラム:△
4Sと3Aは転倒。3A+2Tはファーストでお手つき。2A+1Lo+3Sは着氷が乱れた。
スピンのレベルは4、3、4。スピンはどれも質が高いが、特に最後のCCoSp4は、回転が極めて速かった。ステップはレベル4。
2回とも、痛そうな転び方だったけど、だいじょうぶかな~? 上体に少し力が入りすぎているように感じた。動きに力が漲っているのはいいんだけど、ちょっとせかせかしているというか、焦っているように見えた。
フリー151.27、総合236.33。

第3グループが終わった時点で、トップはティモシー・ドレンスキー。


●第4グループ
16 Vincent Zhou, SC of San Francisco ヴィンセント・ジョウ
■SP順位:5,得点:89.02
■楽曲:映画「ムーラン・ルージュ」より
■プログラム:○
4Lz+3Tタノはたっかい。4F<と4S<は片足で下りており、流れもあった。4Lz<は少しバランスを崩した。4T<<は転倒。2本目の3Aは流れなかった。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
ジャンプはいろいろ危なっかしかったが、5クワド&3A2本のジャンプ構成をやりきった。ドラマティックな演技で、胸に迫るものがあった。
フリー184.81、総合273.83。現時点で総合1位。

17 Grant Hochstein, SC of New York グラント・ホックスタイン
■SP順位:4,得点:92.18
■楽曲:レ・ミゼラブル
■プログラム:○
4Tの予定がダブルに。3Aの着氷は乱れた。3A+3Tの予定(多分)がファーストでこらえ、セカンドがシングルに。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル4。
序盤少し硬さが見られたが、中盤からどんどん動きが伸びやかになっていき、終盤のコレオは彼の体から音楽が流れ出しているかのようだった。素晴らしかった。
フリー163.13 、総合255.31。現時点で総合2位。

18 Ross Miner, SC of Boston ロス・マイナー
■SP順位:6,得点:88.91
■楽曲:
■プログラム:△
後半の3Aでこらえ、ちょいGOEマイナスになったほかは、全てのジャンプをクリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
演技後、ガッツポーズ!! 場内スタオベ&大喝采。
ほぼクリーンな演技だった。よく滑っており、音楽と一体した動きが随所で見られた。
彼がSPとFS、2本そろえたところ見たの、久々じゃなかろうか。嬉しい~~!! やった~~!!
フリー185.60、総合274.51。現時点で総合1位。ヴィンスを超えた!!

19 Adam Rippon, SC of New York アダム・リッポン
■SP順位:2,得点:96.52
■楽曲:
■プログラム:○
4Lz<は転倒。3F+3T<は素人目にも足りないと分かった。3Sと3Lzの予定がどちらもシングルに。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンとステップは全てレベル4。
表現やスケーティングはいつも通り素晴らしかったのだが、最後2つのジャンプがシングルになってしまった…(蒼白)。実況陣も原因が分からないと話していた。演技中、何かトラブルがあったのだろうか。
フリー171.82、総合268.34。現時点で総合3位。

20 Jason Brown, Skokie Valley SC ジェイソン・ブラウン
■SP順位:3,得点:93.23
■楽曲:
■プログラム:○
4T<<は転倒。3A<は着氷が乱れた。3Lo<はきれいに下りたように見えたのだが。3A+3Tの予定が、ファーストで足をつき、セカンドがシングルに。3F+2Tの予定が、セカンドがシングルになり、着氷が乱れた。
スピンのレベルは4、4、4V。ステップはレベル4。
アダム同様、音楽表現やスケーティングはいつも通り素晴らしかったが、ジェイソンもジャンプの乱れが…。魔物? サンノゼには魔物がいるの?(泣)
フリー160.45、総合253.68。現時点で総合5位。

21 Nathan Chen, Salt Lake Figure Skating ネイサン・チェン
■SP順位:1,得点:104.45
■楽曲:Mao's Last Dancer (soundtrack) by Christopher Gordon
Sacre du Printemps by Igor Stravinski
■プログラム:△
SP同様、新衣装にチェンジ。背中のファスナーの存在感が…(汗)。
彼が跳んだジャンプは下記の通り。
4F+3T 4F 3Lo(ここから後半)4T+2T 4T 4S 1A 3F+2T+2Lo
3Aの予定がシングルに。他はクリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
4Lzを回避しているので、どこか傷めているのかもしれない。実況陣によると、事前に申告しているジャンプ構成から、すっかり変えてきたらしい。とはいえ、4Lzを入れなくても5クワドやれちゃうんだもんな~。すごい。一人次元が違う。
3Aがシングルになった以外、すべての要素がGOEプラスで、そつのない演技だったが、エレメンツに集中していたのか、いまいち伝わってくるものがなかった。
フリー210.78、総合315.23。総合1位に確定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、SP順位、SP得点、FS順位、FS得点、総合得点の順に記されている。
1 Nathan Chen, Salt Lake Figure Skating 1 104.45 1 210.78 315.23
2 Ross Miner, SC of Boston 6 88.91 2 185.60 274.51
3 Vincent Zhou, SC of San Francisco 5 89.02 3 184.81 273.83
4 Adam Rippon, SC of New York 2 96.52 4 171.82 268.34
5 Grant Hochstein, SC of New York 4 92.18 5 163.13 255.31
6 Jason Brown, Skokie Valley SC 3 93.23 6 160.45 253.68
7 Timothy Dolensky, Atlanta FSC 7 85.06 9 151.27 236.33
8 Alexander Johnson, Braemar-City of Lakes FSC 10 79.60 8 153.02 232.62
9 Max Aaron, Broadmoor SC 12 74.95 10 149.25 224.20
10 Aleksei Krasnozhon, Dallas FSC 8 82.58 13 141.00 223.58
11 Jimmy Ma, SC of New York 11 75.28 11 147.13 222.41
12 Tomoki Hiwatashi, DuPage FSC 15 63.48 7 154.05 217.53
13 Andrew Torgashev, Panthers FSC 9 81.32 14 135.69 217.01
14 Sean Rabbitt, Glacier Falls FSC 13 73.22 12 141.24 214.46
15 Jordan Moeller, Northern Ice SC 20 55.35 15 124.86 180.21
16 Ben Jalovick, Centennial 7k SC 19 56.12 16 122.21 178.33
17 Daniel Kulenkamp, FSC of Southern California 18 60.15 17 117.80 177.95
18 Emmanuel Savary, University of Delaware FSC 14 64.65 18 112.48 177.13
19 Sebastien Payannet, Los Angeles FSC 16 61.29 20 111.60 172.89
20 Scott Dyer, All Year FSC 17 60.17 19 111.87 172.04 21
5 Kevin Shum, SC of Boston 21 52.04 21 111.29 163.33


◆総評
最終グループの6分間練習中に、解説陣が、攻めることの大切さを説いていたが、最終グループの6人全員が攻めた。結果、うまくいった人もいれば、うまくいかなかった人もいたが、わたし個人の意見を言わせてもらえば、この6人は、どの選手もアメリカ代表として、ふさわしいスケーターだと思う。

さて、優勝はネイサン。二連覇おめでとう☆ 4Lzを跳ばなかったことから、本調子ではないのかな~と思われるが、現時点であまりにも好調だとかえって心配になるので、これぐらいでちょうどいいのかも。本調子じゃなくても5クワド成功だもんな~。彼が平昌オリンピック優勝候補の一人であることは間違いない。

総合2位はロス。前2シーズン、フリーで大失速していたので、ハラハラドキドキしがながら演技を見ていたのだが、そんなわたしをあざ笑うかのような、素晴らしい演技を披露してくれた。男子FSのマイ・ベスト・パフォーマンスは彼!!

3位はヴィンス。今季、GPシリーズでは、なかなかクワドが決められないでいたので、どういうジャンプ構成でくるのかと思っていたら、5クワド&3A2本という攻めに攻めた構成をやってのけた。「その意気やよし!」と思うのだが、このクオリティーでは、4S1本&3A2本をクリーンに滑ったロスに及ばないということも、また示唆的というかね~。まだ若いんだし、「クワドがんがんいくぜ!」という戦略、間違ってはないんだけども。

4位のアダムと6位のジェイソンには言葉がない…(呆然)。今季、GPファイナルに出場した二人がこんなことになるとは…辛い…(泣)。

5位のグラントは、SPがパーフェクトだっただけに、FSはプレッシャー感じちゃったかなぁという序盤だったが、そのままずるずる崩れないところが彼の強さ。後半の滑りは素晴らしかった。


◆代表
◇四大陸
ジェイソン・ブラウン
ロス・マイナー
マックス・アーロン

◇平昌オリンピック
ネイサン・チェン
アダム・リッポン
ヴィンセント・ジョウ

◇世界ジュニア
アレクセイ・クラスノジョン
カムデン・プルキネン
トモキ・ヒワタシ

◇ワールド
ネイサン・チェン
アダム・リッポン
ヴィンセント・ジョウ

シニア三大会の選考が…シビアだ…。率直に言って、どんな選考になっても辛いけど、全米でSPとFSを2本そろえ、ほぼクリーンかつ、たいへんエモーショナルな演技を披露したマイナーが、オリンピックもワールドも行けないっていうのが…あまりにも…非情というか…(泣)。かと言って、アダムが選ばれなかったとしたら、それはそれでハートブロークンだし…うう(泣)。

四大陸は、なんで5位のグラントじゃなく、9位のマックスが選ばれたんだろう。マックスがGP中国で3位になってるのが評価されたのかしら。確かにグラントは、GPシリーズ、2戦ともよくなかったからなぁ…(ため息)。アメリカの代表選考も、全米重視から変わってきたということなのか。

世界ジュニアは、10位のクラスノ、12位の樋渡くん、全米ジュニア優勝のカムデンというメンバーに。13位のトルガシェフは、ほんと僅差で競り負けちゃったなぁ。昨季のリベンジ(SP25位で、まさかのショート落ち)してほしかったけど、2年ぶりの世界ジュニアにカムバックする樋渡くんの演技もめっちゃ楽しみだ。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR