ユーロ2018 3日目 アイスダンスSD

ヨーロッパ選手権2018 リザルト
ロシアのモスクワにて開催。アイスダンスSDは、現地時間2018年1月19日(金)に行われた。
Jスポーツの放送でほぼ全組の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。解説は東野章子さん、実況は小林千鶴さん。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




◆ミニマムスコア
ユーロ
SD:19.00,FD:29.00
◇ワールド
SD:29.00,FD:39.00


東野さんによると、PStは、以前パーシャルと呼んでいたのだが、今季から、「パターンダンスタイプステップシークエンス」という名称になり、略して「ピーエスティー」と呼ぶそうだ。

●第1グループ
4 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN セシリア・トルン / ユッシヴィッレ・パルタネン(フィンランド)
■楽曲:Samba: Sambando performed by Los Ritmos Calientes
Rhumba: Con Los Anos Que Me Quedan performed by Thalia
Samba: Are You Ready? performed by Alessandro Olivato
■プログラム:△
昨季、ユーロ17位、ワールド24位。今季、国内選手権三連覇。3年連続3度目の出場。
パターンはレベル4。ピーエスティーはレベル2。
STw3はちょいズレたところがあった。
動きにキレがあり、キビキビと踊っていた。ネーベルホルン杯のときより、かなり良くなったと思う。このグループの中では抜きんでて上手い。
お、キスクラにズエワ先生が! 振付に彼女も携わっているらしい。
57.73でPB更新。


●第3グループ
10 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY ルチエ・ミスリヴェチコワ / ルカーシュ・チェーレイ(スロバキア)
■楽曲:Samba: Tico Tico by Percy Faith, K. Sullivan
Rhumba: Historia de un amor by Perez Prado
Samba: Tico Tico performed by Sambadrom
■プログラム:△
2016年6月末に結成。昨季、ユーロ16位。今季、ネーベルホルン杯6位でオリンピック枠を獲得、国内選手権二連覇。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル2。
華があるカップルだな~。ドヤドヤしい振付が散りばめられていて、派手なリズムの音楽にぴったりだったと思う。
54.71。

11 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ジャスミン・テッサーリ / フランチェスコ・フィオレッティ(イタリア)
■楽曲:Salsa: La vida es un carnaval, issac delgado
Rhumba: Dos gardenias, carmen cuesta
Samba: Vive el verano, paulina rubio
■プログラム:△
昨季、国内選手権3位、ユーロ22位。今季、国内選手権3位。結成3シーズン目。2年連続2度目の出場
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル2。
STw4は、セカンドでずれたが修正し、GOEプラス。StaLi4は回転とポジションがきれい。NtMiSt3に入る前のダンスがキレッキレだった。
東野さん曰く、「ステーショナリーリフトは近年の流行り」とのこと。言われてみると、確かにそうだ。以前はけっこう珍しかったよね。
54.25。


●第4グループ
14 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS アンナ・ヤノフスカヤ / アダム・ルカッチ(ハンガリー)
■楽曲:Rhumba: Whatever Happens by Michael Jackson
Samba: Limbo by Daddy Yankee
■プログラム:△
今季、国内選手権優勝。女性はUAEのドバイ出身で、別のパートナーと組んで、ロシア代表として2015年世界ジュニア優勝。ステパノワ&ブキンと同門。
パターンはレベル3。ピーエスティーはレベル2。
伸びやかで大きな滑りが素敵だった。東野さん曰く、「ホールドの形が安定しており、腰が近い位置で滑っている。良いパートナーと巡り会えたのではないか」とのこと。
59.13でPB更新。

15 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX SENECAL ティナ・ガラベディアン / シモン・プルー=セネカル(アルメニア)
■楽曲:Salsa: Vente Pa'ca by Ricky Martin
Samba: La Bomada by Ricky Martin
■プログラム:△
昨季、国内選手権優勝、ユーロ18位、ワールド27位。3年連続3度目の出場。二人ともカナダ出身。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル1。
動きがすっきりして、シャープになったような気がする。
51.77。


●第5グループ
17 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO ティファニー・ザゴルスキー / ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)
■楽曲:Samba: Hip Hip Chin Chin performed by Club des Belugas
Rhumba: Volveras performed by Gloria Estefan
Samba: Batucada Brasiliera performed by Samba Brazilian Batucada Band
■プログラム:△
2014年に結成。昨季、GPロステレ5位、国内選手権5位。今季、GP中国4位、GPアメリカ6位、国内選手権3位。初出場。
パターンはレベル4。ピーエスティーはレベル3。
StaLi4の出がスムーズにいかなかったので、GOEプラスが控えめ。NtMiSt3で女性がスタンブルしたので、GOEプラス控えめ。
65.35。

18 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS カヴィタ・ローレンツ / ヨティ・ポリゾアキス(ドイツ)
男性の病気により欠場。お気に入りのカップルなので、残念でならない。一日でも早く回復するよう願っている。オリンピックでは元気な姿を見せてほしい。

19 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR アリサ・アガフォノワ / アルペル・ウチャル(トルコ)
■楽曲:Samba: Cuba 2012 (DJ Rebel StreetDance 2 Remix)
performed by DJ Rebel ft. Gibson Brothers
Rhumba: How Deep is Your Love (DJ Banksy Rumba Remix) performed by Sophia Guem
How Deep Is Your Love by Sophia Guem (DJ Maksy Remix)
Samba: Cuba performed by Robert Abigail, DJ Rebel ft. Gibson Brothers
■プログラム:△
2010年に結成。昨季、ユーロ11位、ワールド17位。今季、GPロステレ9位、GPカナダ10位、国内選手権優勝。女性はウクライナ出身。
パターンはレベル1。ピーエスティーはレベル3。
STw4はちょいずれたところがあった。
流れが途切れず、大きく動けていたと思う。
東野さん曰く、「GPシリーズでは得点が伸び悩んでいたが、本大会では濃密なプログラムに仕上がっている」とのこと。
59.30。

20 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN サラ・ウルタード / キリル・ハリャービン(スペイン)
■楽曲:Oye Como Va by Carlos Santana
Maria, Maria by Carlos Santana
■プログラム:△
2016年の春に結成。昨季、国内選手権優勝、ユーロ13位。今季、国内選手権2位。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル3。
STw4の回転がすごく速い。
あんまりラテンぽくない選曲だな~。個性的なプログラムを、キレよくセンスよく演じていた。
66.60。

21 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON アンジェリーク・アバチキナ / ルイ・トーロン(フランス)
■楽曲:Samba: Le Serpent by Guem
Rhumba: Abrazame performed by Tamara
Rhumba: Danca Kizomba by Stony
■プログラム:○
昨季、JGPファイナル5位、世界ジュニア8位。今季、シニアデビューで、GP中国8位、GPフランス6位。初出場。
パターンはレベル1。ピーエスティーはレベル2。
冒頭はキレがあったが、全体的に滑りが少し小さく感じた。
東野さん曰く、「ちょっと足にきてしまったのか、ぐらぐらしていた」とのこと。
58.14。女性のイヤリングが落ちてしまい、減点1。


●第6グループ
22 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND ペニー・クームス / ニコラス・バックランド(イギリス)
■楽曲:Rhumba: Rhumba d'Amour
Samba: Batucada performed DJ Dero
■プログラム:△
2005年に結成。昨季、女性の膝の怪我のためにほぼ全休。今季、ネーベルホルン杯優勝でオリンピック出場枠を獲得、NHK杯7位、国内選手権優勝。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル2。
CuLi4のゆったりした動きと音楽がマッチしていて印象的。NtMiSt3は距離が近く一定。
ツルツル~スイスイ~と滑っていた。キビキビした動きで力強いリズムをよく表現でt来ていたと思う。
69.45。

23 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV ナタリア・カリシェク / マクシム・スポディレフ(ポーランド)
■楽曲:Samba: Despacito performed by Luis Fonsi
Rhumba: Deja Vu by Prince Royce, Shakira
Salsa: Descarga En Sol Para Tito Puente by Alex Torrres, Los Reyes Latinos
■プログラム:△
昨季、ユーロ8位、ワールド14位。今季、GPカナダ9位、GPフランス8位、国内選手権四連覇。女性は元ペア選手で、男性はウクライナ出身。
パターンはレベル3。ピーエスティーはレベル2。
STw4のファーストで二人の距離が離れていったように見えたが、GOEには影響しなかったようだ。回転はとても速いし、そろっている。
パターンやピーエスティー、ノンタッチで、パートナーとのつながりを感じる。
東野さんによると、昨年の4月、男性は腰の手術をしたらしい。術後の経過が順調そうでよかった。
64.80。

24 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN ロレンス・フルニエ・ボウドリー / ニコライ・ソレンセン(デンマーク)
■楽曲:Slow Rhumba: Search for Vulcan (from "Thunderball") by John Barry
Cha Cha: Whatever Lola Wants performed by Carmen Mcrae
Rhumba: Whatever Lola Wants performed by Les Baxter
Mambo: Peter Gunn Mambo performed by Jack Constanzo
■プログラム:○
昨季、ユーロ7位、ワールド13位。今季、NHK杯5位、国内選手権優勝。女性がカナダ出身。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル2。
STw4の回転が速く、そろっている。距離も近い。NtMiSt2は距離が近く一定。
オシャレで超かっこいい~。痺れた。
65.03。

25 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN アレクサンドラ・ナザロワ / マキシム・ニキティン(ウクライナ)
■楽曲:Rhumba: Chuvirico (from "Wanted") by Perez Prado
Mambo: Cu-cu-rru-cu-cu-paloma (from "Mambo No. 5) by Perez Prado, Rosemary Clooney
Mambo: La Pantera Mambo (Pink Panther Theme) by Henry Mancini
■プログラム:△
昨季、ユーロ9位、ワールド15位。今季、NHK杯6位、国内選手権二連覇。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル3。
SlLi4は「何じゃそれ」というアクロバティックさだが、流れに溶け込んでいた。STw3のファーストでずれたが修正。NtMiSt3は少し距離が離れているように感じた。
動きにキレがあり、スピードがよく出ていたと思う。
東野さん曰く、「スピードが上がり、力強くなってきた。プログラムの作り方も選曲もユニーク。リフトがクリエイティブ」とのこと。
63.20。

26 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC マリー=ジャード・ローリオ / ロマン・ルギャック(フランス)
■楽曲:Salsa: Salsation by David Shire
Rhumba: No Hay Problema by Pink Martini
Salsa: Salsation by David Shire
■プログラム:△
昨季、国内選手権2位、ユーロ12位、ワールド21位。今季、GPロステレ及びNHK杯8位、国内選手権2位。結成4シーズン目。2015年12月に結婚。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル3。
STw4の後、つなぎで女性がつまづき、膝をついた。転倒扱い。RoLi4はアクロバティックだが、音楽と調和している。
東野さん曰く、「転倒した後、流れや勢いが少し削がれてしまった。慎重になってしまったかも」とのこと。
58.99。


●第7グループ
27 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV エカテリーナ・ボブロワ / ドミトリー・ソロビエフ(ロシア)
■楽曲:Rhumba: Latin Lover by Joao Bosco
Samba: Dance by DJ Maksy
Samba: Quand je vois tes yeux by Dany Brilliant
■プログラム:△
昨季、GPファイナル4位、ユーロ3位、ワールド5位。今季、GPロステレ2位、GP中国3位、国内選手権三連覇。二人ともモスクワ出身。本会場はまさにホーム。
パターンはレベル3。ピーエスティーはレベル3。
東野さんが、「エッジは非常にクリーンだったが、パターンのタイミングがどうだったか」と話すから、どんどん不安が募ったが、両方レベル3がとれてよかった。本当はレベル4をとりたいところだが、本大会のテクニカルパネルはたいへん厳しいらしいんだよね。東野さんが事あるごとにそう話していた(苦笑)。
東野さんの言う通り、気迫のこもった演技だった。ぐいんぐい~んと伸びるスケーティングが気持ちいい。
74.43。

28 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI シャルレーヌ・ギニャール / マルコ・ファブリ(イタリア)
■楽曲:Salsa: Bajo La Tormenta performed by Sergio George's Salsa Giants
Rhumba: Con Los Anos Que Me Quedan by Gloria Estefan
Samba: Samba de Rio Pardo by Miguel Preto
■プログラム:○
2010年に結成。昨季、国内選手権2位、ユーロ6位、ワールド11位。今季、GPロステレ及びGPフランス5位、国内選手権2位。
パターンはレベル3。ピーエスティーはレベル3。
STw4の回転がすごく速い。NtMiSt3は距離が近く一定。
東野さん曰く、「今シーズン会心の出来」とのこと。スピーディーでエネルギッシュな滑りの渦に巻き込まれ、たいへん気持ちよかった。
71.58。

29 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON ガブリエラ・パパダキス / ギヨーム・シゼロン(フランス)
■楽曲:Shape Of You (Latin Remix) by Ed Sheeran
Thinking Out Loud by Ed Sheeran, remastered by Karl Hugo
■プログラム:◎
昨季、GPファイナル2位、ユーロ優勝、ワールド2位。今季、GP中国及びGPフランス優勝、GPファイナル優勝、国内選手権四連覇。
パターンはレベル4。ピーエスティーはレベル4。
STw3はほんの少しずれた部分があった。
…すごい。もう何というか、すごいとしか言いようがない。見ていると、気持ち良くなる脳内物質がバシャバシャ出てくるのを感じる。
東野さんが、「SDのコンセプトは、『パターンダンスを他のパートをただつなぎ合わせるのではなく、その2つの流れが途切れないものを目指していく』というものだが、彼らはそれをみごとに体現している。演技にまったく途切れがない。誰にも真似できない、彼ら独自の世界を確立している」と大絶賛。
81.29。

30 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE アンナ・カッペリーニ / ルカ・ラノッテ(イタリア)
■楽曲:Cha Cha: Kaboom performed by Ursula 1000
Samba: Skip to the Bip performed by Club des Belugas
Samba: 1008 Samba
■プログラム:△
2005年の春に結成。昨季、ユーロ2位、ワールド6位。今季、NHK杯3位、GPアメリカ2位GPファイナル6位、国内選手権七連覇。
パターンはレベル3。ピーエスティーはレベル3。
今季いちばん動きにキレがあったのではなかろうか。GPシリーズと比べると、1.5倍速で動いているように見えた。
74.76。

31 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN アレクサンドラ・ステパノワ / イワン・ブキン(ロシア)
■楽曲:Rhumba: Espérame en el Cielo by Mayte Martin
Samba: L'Ombelico Del Mondo by Jovanotti
Rhumba: Chandelier (Dj Maksy Rumba Remix) by Sia
Samba: Samba Do Brasil by Bellini
■プログラム:△
2006年に結成。昨季、GP中国3位、国内選手権2位、ユーロ5位、ワールド10位。今季、GPロステレ及びGPフランス3位、国内選手権2位。
パターンはレベル4。ピーエスティーはレベル3。
STw4の回転が速くそろってる。NtMiSt3は、キレッキレのサンバで、場内大盛り上がりだった。
スピードびゅんびゅん出しながら、力強く伸びやかに滑っていた。
75.38でPB更新。キスクラ大喜び☆


◆SD順位
左から順位、名前、国名、得点、クオリファイの順に記されている。
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 81.29 Q
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 75.38 Q
3 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 74.76 Q
4 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 74.43 Q
5 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 71.58 Q
6 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 69.45 Q
7 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN ESP 66.60 Q
8 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS 65.35 Q
9 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 65.03 Q
10 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 64.80 Q
11 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 63.20 Q
12 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 59.30 Q
13 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS HUN 59.13 Q
14 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 58.99 Q
15 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA 58.14 Q
16 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 57.73 Q
17 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 54.71 Q
18 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ITA 54.25 Q
19 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 53.64 Q
20 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX SENECAL ARM 51.77 Q
21 Justyna PLUTOWSKA / Jeremie FLEMIN POL 49.91
22 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV UKR 46.68
23 Victoria MANNI / Carlo RヨTHLISBERGER SUI 46.30
24 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA LTU 45.12
25 Cortney MANSOUROVA / Michal CESKA CZE 43.37
26 Teodora MARKOVA / Simon DAZE BUL 41.99
27 Katerina BUNINA / German FROLOV EST 41.53
28 Adel TANKOVA / Ronald ZILBERBERG ISR 40.20
29 Aurelija IPOLITO / Malcolm JONES LAT 37.47
30 Malin MALMBERG / Thomas NORDAHL SWE 34.95


◆総評
FDの通過ラインは、昨季49.87、今季51.77。2点弱上昇。
東野さんによると、今回のテクニカルパネルは非常に厳しい人らしい。パパダキス&シゼロンが全要素レベル4でそろえられないんだもんな~(ノンタッチとツイズルでレベル3)。確かに厳しいわ(苦笑)。

さて、SD1位はパパダキス&シゼロン。口あんぐり開けて、「は~~~、すご~~~い」としか言いようのない演技であった。

2位は、並み居るベテラン勢を退けたステパノワ&ブキン。PCSも、カッペリーニ&ラノッテやボブロワ&ソロビエフと1点差もない。いよいよヨーロッパにおける序列を覆す時が訪れるのか。

3位のカッペリーニ&ラノッテも、4位のボブロワ&ソロビエフも、気迫みなぎる素晴らしい演技だった。2位から4位までは1点の中にひしめいており、どの組が表彰台に上がるのか、まったく予想できない。

5位のギニャール&ファブリは、今までわたしが見た中で、ギニャール&ファブリ史上、最高の演技だったのではなかろうか。FDは、超お気に入りのプログラムなので、引き続きベストパフォーマンスが見られるといいな~☆

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR