ユーロ2018 2日目 ペアFS

ヨーロッパ選手権2018 リザルト
ロシアのモスクワにて開催。ペアFSは、現地時間2018年1月18日(木)に行われた。
動画で後半グループの演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第3グループ
7 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER ミリアム・ツィーグラー / セヴェリン・キーファー(オーストリア)
■SP順位:7,得点:63.94
■楽曲:Yellow by Coldplay
Fix You by Coldplay
■プログラム:○
動画
3Sは完璧。3Tw1はもたれてしまい、キャッチがスムーズにいかず。3T+2T+2Tの予定が、男性がセカンドでシングルに、女性はファーストでこらえた。跳ぶタイミングもセカンドからずれた。5RLi3は少しスムーズさに欠けた。スロー3FはOK。スロー3Sは着氷後の流れがイマイチ。
後半、ボーカルが始まるところから、音楽が徐々に盛り上がっていくところの表現が素敵だった。ほんとこの二人の滑りは瑞々しいという言葉がぴったりなんだよな~。
フリー117.81、総合181.75で、どちらもPB更新。

9 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV エフゲーニャ・タラソワ / ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
■SP順位:5,得点:70.37
■楽曲:Candyman by Christina Aguilera, Linda Perry
Nasty Naughty Boy by Christina Aguilera, Linda Perry
Ready Teddy performed by Elvis Presley
■プログラム:△
動画
4Tw2は高いが、キャッチで抱えたように見えた。でもGOEプラス。3SはOK。スロー3Sは足がかすったが、飛距離が素晴らしいからかGOEプラス。3T+2T+2Tはバッチリ。FCCoSp4はぴったりそろっている。スロー3Loも足がついたように見えたが、飛距離が素晴らしいからかGOEプラス。
きちんとコントロールされた演技だった。エレメンツの質が高く、しかも流れの中で行えている。スピードもすごく出ているように感じた。
フリー151.23はPB更新、総合221.60。

10 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ニコル・デッラ・モニカ / マッテオ・グアリゼ(イタリア)
■SP順位:6,得点:64.53
■楽曲:Tree of Life Suite by Roberto Cacciapaglia
■プログラム:△
動画
3SはOK。3Tw4はOKだが、ギリギリに見えるので、もそっと高さがほしい。3T+2Tの予定が、ファーストで男性がダブルに。跳ぶタイミングがずれた。スロー3Loは足をついた。スロー3Sは両足着氷。FCCoSp4は相変わらずきっちりそろっている。
壮大な音楽をスケール感のある動きでエモーショナルに表現していた。あとはジャンプ系のエレメンツがクリーンに入ればなぁ!
フリー127.85、総合192.38。

第3グループが終わった時点で、トップは、エフゲーニャ・タラソワ / ウラジミール・モロゾフ(ロシア)。


●第4グループ
11 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV クセニア・ストルボワ / ヒョードル・クリモフ(ロシア)
■SP順位:3,得点:72.05
■楽曲:Carmen Suite by Georges Bizet
■プログラム:△
動画
3Tw1は抱えたように見えたが、GOEプラス。スロー3Fは構えなしであっさり跳ぶのにいつ見ても驚かされる。3T+3Tの予定が、男性がセカンドでダブルに。3S<は女性が転倒。スロー3Sはお手つき。
きれいでなめらかで迫力もあるんだけど、物足りない。アクの強さというか、爆発的な何かがほしい。
演技が終わってからずっと、女性が泣きそうなのを男性が慰めている。
フリー138.96、総合211.01。現時点で総合2位。

12 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ヴァレンティナ・マルケイ / オンドレイ・ホタレク(イタリア)
■SP順位:4,得点:71.89
■楽曲:Amarcord by Nino Rota
■プログラム:△
動画
3Tw2は抱えたように見えたが、GOEプラス。3Tの予定が女性がダブルに。3S+2T+2Tは、男性がファーストでバランスを崩したが、頑張って持ち直した。スロー3Loはよかった。FCCoSp4は少しずれた。3Li4の最後の女性のポジションが個性的かつ印象的で好き☆ スロー3Lzはよかった。
コミカルで愛らしいプログラムを明るく楽しく滑り切った。流れがちょっと切れるとまではいかないけど、停滞するところがあるので、全てがすーっと流れるようになったら、さらに素晴らしいプログラムになると思う。
フリー132.31はSB、総合204.20はPB更新。現時点で総合3位。

13 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT ナタリア・ザビアコ / アレクサンドル・エンベルト(ロシア)
■SP順位:2,得点:72.95
■楽曲:The Sleeping Beauty by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:△
動画
3Tw4はたっかい。3T+2T+2Loの予定が、二人ともサードがシングルに。3Sの予定が、二人ともダブルに。スロー3Lzは素晴らしい。FCCoSp4はそろっている。スロー3Loは素晴らしい。
ソロジャンプが2つとも予定通りにいかなかったのだが、二人とも同じ回転数で跳べているのは偶然なのか、それともどちらかが察して合わせているのだろうか。
滑りがきれいで、プログラムの流れもよく、エレメンツの質も申し分ないのだが、ソロジャンプを跳ぶタイミングがずれるのが気になる。SPもずれてたんだよね。以前はそろってたと思うんだけどな~。
フリー137.23、総合210.18で、どちらもPB更新。現時点で総合3位。

14 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES ヴァネッサ・ジェイムズ / モーガン・シプレ(フランス)
■SP順位:1,得点:75.52
■楽曲:Say Something performed by A Great Big World feat. Christina Aguilera
Sense of Freedom by Maxime Rodriguez
■プログラム:○
動画
3Tw2は抱えたように見えたが、GOEプラス。3T+2T+2Tの予定が、女性が2T+2T+1Tに。跳ぶタイミングがずれた。スロー4Sは両足着氷。3Sは男性がこらえた。PCoSp4の独創的なポジションが素敵。5ALi3は少し動きがバタバタしていた。FCCoSpは回転がずれた。
耐えた演技だった。見ててちょっと怖かったわ~。何だか滑りがふわふわしていて、いつもよりスピードが出ていなかったように感じた。SP1位のプレッシャーのせいだろうか。
フリー134.65、総合210.17。総合4位に確定。結果が出て場内が大歓声。地元ロシアが表彰台独占で嬉しいのは分かるけど、ちょっと無神経じゃないですかね(怒)。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 221.60 5 1
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 211.01 3 2
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 210.18 2 3
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 210.17 1 4
5 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 204.20 4 5
6 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 192.38 6 6
7 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 181.75 7 7
8 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT GER 170.21 9 8
9 Paige CONNERS / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 163.55 10 9
10 Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV FRA 160.47 8 10
11 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU ESP 152.08 11 11
12 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU CRO 134.97 13 12
13 Ioulia CHTCHETININA / Mikhail AKULOV SUI 130.09 12 13
14 Sofiya KARAGODINA / Semyon STEPANOV AZE 117.95 14 14


◆来季の出場枠
3枠:ロシア,イタリア
2枠:フランス,オーストリア,ドイツ,イスラエル

ドイツがサフチェンコ&マッソなしでもみごと2枠獲得! ホッケ&ブロマールトは初出場&結成1シーズン目なのにすごいわ~。同様のイスラエルのペアもすごい。


◆総評
優勝は、タラソワ&モロゾフ。二連覇おめでとう! TESもPCSもトップ。GPファイナルでまさかのフリー失速→総合5位に終わってしまったが、国内選手権で初優勝&ユーロ二連覇を成し遂げ、自信をもって平昌オリンピックに臨めるのではなかろうか。

総合2位は、ストルボワ&クリモフ。PCSは僅差の2位。ミスが複数出てしまったにもかかわらず、ほぼノーミスのタラソワ&モロゾフと、1点も離れていない。表現面での評価は高いままなので、あとはエレメンツをクリーンに決められさえすれば。ツイストやジャンプ系の確実性がいまいちなんだよねぇ…。

3位はザビアコ&エンベルト。今季、「感情の表出問題」は完全に克服したものと思っていたが、本大会でまたぶり返してきたような。でもその分エレメンツの確実性は増した気がする。等価交換なんだろうか(汗)。

4位のジェイムズ&シプレは、3位のザビアコ&エンベルトと0.1点差で表彰台を逃した。見てるだけのわたしがこんなに悔しいんだから、当の本人たちの悔しさはいかばかりか。この悔しさをぜひともオリンピックで晴らしてほしい。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR