FC2ブログ

ユーロ2018 4日目 アイスダンスFD

ヨーロッパ選手権2018 リザルト
ロシアのモスクワにて開催。アイスダンスFDは、現地時間2018年1月20日(土)に行われた。
Jスポーツの放送で全組の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。解説は東野章子さん、実況は小林千鶴さん。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第2グループ
6 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON アンジェリーク・アバチキナ / ルイ・トーロン(フランス)
■SD順位:15,得点:58.14
■楽曲:Mariage d'amour by Paul de Senneville
Je suis malade by Alice Dona, Serge Lama performed by Lara Fabian
■プログラム:△
ステップは両方レベル2。
前半のCiSt2は、軽やかではかなげでとっても素敵だったのだが、後半のDiSt2で、男性がツイズルでバランスを崩したり、「あれ? あれれ?」な感じになったところで、終盤のSlLiで女性のエッジが滑るように落ちてしまい、ノーバリュー(泣)。でも、女性が怪我をするような落下でなくてよかった。
フリー81.60、総合139.74。お通夜なキスクラ…うう…(泣)。

7 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN アレクサンドラ・ナザロワ / マキシム・ニキティン(ウクライナ)
■SD順位:11,得点:63.20
■楽曲:Hoist the Colours (from "Pirates of the Caribbean - At World's End") by Hans Zimmer
Jack Sparrow (from "Pirates of the Caribbean - Dead Man's Chest") by Hans Zimmer
Wheel of Fortune (from "Pirates of the Caribbean - Dead Man's Chest") by Hans Zimmer
Tune of Pirates by Antony Larsson, Tony Brown
He's A Pirate (from "Pirates of the Caribbean - The Curse of the Black Pearl") by Klaus Badelt & Hans Zimmer
■プログラム:△
ステップのレベルは2と3。
冒頭のSlLi4は超かっこいい。CuLi4は後半のポジションチェンジでちょいもたついたかな~と思って見ていたら、次のStaLi2は途中で女性を下ろしてしまったようで、流れが中断され、GOEマイナス。
昨季まではエレガントな印象が強かったが、今季は力強さ、ワイルドさを打ち出してきた。
演技後、男性が足を引きずっていたので、傷めてしまったのかも。オリンピックが近いし、大したことないといいのだが。
フリー93.15、総合156.35。

8 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR アリサ・アガフォノワ / アルペル・ウチャル(トルコ)
■SD順位:12,得点:59.30
■楽曲:Marco Polo by Loreena McKennitt
Cleopatra by Maxime Rodriguez
Iron (Mystery Jets Remix) by Woodkid
■プログラム:△
ステップのレベルは2と3。
最後のコレオリフトで、男性のブレードがつまづき、女性を踏んじゃうんじゃないかとドキッとした。何事もなく済んでよかったわ~。
古代エジプトを思わせる、独創的な振付が印象的なプログラム。ほんのちょっとのずれやもたつきを感じる部分があるので、オリンピックに向け、さらに細部をつめていってほしい。
フリー92.80、総合152.10。

9 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS アンナ・ヤノフスカヤ / アダム・ルカッチ(ハンガリー)
■SD順位:13,得点:59.13
■楽曲:The Phantom of the Opera by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:△
ステップは両方レベル2。
後半、音楽の盛り上がりをドラマティックに表現していた。
女性のフリーレッグの動かし方が素敵~☆ 余韻があるというか。まだ結成1シーズン目でこれだけできるんだから、今後の成長がほんと楽しみだわ~。
フリー89.56、総合148.69で、どちらもPB更新。

10 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC マリー=ジャード・ローリオ / ロマン・ルギャック(フランス)
■SD順位:14,得点:58.99
■楽曲:You Take My Breath Away by Queen
Another One Bites the Dust by Queen
■プログラム:○
ステップのレベルは2と3。
RoLi4+StaLi4は浮遊感があり、見ごたえがある。STw3はなめらか。最後ズレそうになったけど耐えた。CuLi4がアクロバティックだが、曲想にマッチしていて、プログラムに溶け込んでいる。最後のコレオリフトは曲想とバッチリ合っていて素敵だった。
スピーディーで力強く、流れの途切れない演技だった。女性が小柄なのを活用して、リフトがクリエイティブかつシームレスで素晴らしい。
フリー95.05でPB更新、総合154.04。大喜びのキスクラ。


●第3グループ
11 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN ロレンス・フルニエ・ボウドリー / ニコライ・ソレンセン(デンマーク)
■SD順位:9,得点:65.03
■楽曲:Spanish Caravan by The Doors
Hush performed by by Marcin Patrzalek
Asturias performed by Marcin Patrzalek
■プログラム:◎
名前をコールされてスタート位置に着く所作からすでにかっこいい。
ステップのレベルは3と2。
か…かっこいい…(ため息)。初めて見るプログラムのようだった。NHK杯で生観戦したはずなのに、全然別物みたい。あの時も素敵だと思ったけど、音楽との一体感も二人の一体感も格段に進化している。
フリー99.87、総合164.90で、どちらもPB更新。

12 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV ナタリア・カリシェク / マクシム・スポディレフ(ポーランド)
■SD順位:10,得点:64.80
■楽曲:Young And Beautiful (from "The Great Gatsby" soundtrack) by Lana del Rey
Swing Break by The McMash Clan feat. Kate Mullins
No Diggity (Remix) by Minimatic
Maple Leaf Rag by Scott Joplin performed by Skeewiff feat. Tommy Dorsey
■プログラム:○
ステップは両方レベル3。
陽気で楽しいダンスプログラム。目まぐるしく曲想が変化するのだが、その違いをみごとに演じ分けていた。GPのころは散漫な印象だったが、ここにきて、ぐっとまとまりがよくなった気がする。
フリー99.68、総合164.48。

13 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN サラ・ウルタード / キリル・ハリャービン(スペイン)
■SD順位:7,得点:66.60
■楽曲:Don Quijote by Leon Minkus
■プログラム:○
ステップのレベルは2と3。
STw4は回転がめっちゃ速く、そろっている。
演技後、男性が力強くガッツポーズ!
スピードとキレが増し、昨季とは別の組のように上手くなっている。ディープエッジに乗って一蹴りがのびるのび~る。見ていてすごく気持ちよかった。
フリー98.43、総合165.03で、どちらもPB更新。

14 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND ペニー・クームス / ニコラス・バックランド(イギリス)
■SD順位:6,得点:69.45
■楽曲:Exogenesis Symphony Part I by Muse
Exogenesis Symphony Part II by Muse
Butterflies and Hurricanes by Muse
Butterflies and Hurricanes performed by William Joseph
■プログラム:△
プログラムを変更。2014/15~2015/16シーズンのプログラムに戻した。
ステップのレベルは3と2。
冒頭のコレオスピンがダイナミックで思わず引き込まれる。CuLi4はゆったりした動きが曲想に合っていて素敵。RoLi4はぶんぶん振り回しているように見えるのに、コントロールされて美しい。STw3のセカンドで女性の回転がガタガタに。CoSp1は軸がぶれ、最後まで回れず。
スピンのミスの後、きっちり立て直したのはさすがだった。東野さんによると、「後半、足にきたかな?」とのこと。滑りこんでいって、オリンピックでは会心の演技を見せてほしい。
フリー98.97、総合168.42。

15 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO ティファニー・ザゴルスキー / ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)
■SD順位:8,得点:65.35
■楽曲:Exogenesis Symphony Part III by Muse
Exogenesis Symphony Part II by Muse
Ruled by Secrecy by Muse
■プログラム:△
ステップは両方レベル3。
STw4の回転が速くそろっている。CuLi4の飛び乗りかっこいい。
美しくしっとりした曲想をよく表現していた。エレメンツの質が高く、プログラムの流れもよかった。
フリー103.10はSB更新、総合168.45。リフトの時間超過により減点1。

第3グループが終わった時点で、トップは、ティファニー・ザゴルスキー / ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)。


●第4グループ
16 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI シャルレーヌ・ギニャール / マルコ・ファブリ(イタリア)
■SD順位:5,得点:71.58
■楽曲:Exogenesis Symphony Part III by Muse
■プログラム:◎
ステップは両方レベル3。
流れがよどむところが一切なかった。最初から最後まですべての動きがなめらかに流れていく。起伏の少ない曲想をみごとに表現していた。
フリー106.17、総合177.75。現時点で総合1位。

17 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV エカテリーナ・ボブロワ / ドミトリー・ソロビエフ(ロシア)
■SD順位:4,得点:74.43
■楽曲:Oblivion by Astor Piazzolla performed by Two Cellos
Beethoven's Five Secrets by The Piano Guys
■プログラム:○
ステップは両方レベル3。ああもうどうしてレベル4がとれないのか!! めっちゃぐいんぐい~んと滑ってるのに!!
物語る力が本当に素晴らしい。言葉なしで身体表現だけで、あれほど豊かに物語を伝えることができるんだな…すごいな…。
フリー112.70、総合187.13でPB更新。現時点で総合1位。

18 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE アンナ・カッペリーニ / ルカ・ラノッテ(イタリア)
■SD順位:3,得点:74.76
■楽曲:Buon Giorno Principessa (from "La Vita e Bella" soundtrack) by Nicola Piovani
Life Is Beautiful (from "La Vita e Bella" soundtrack) by Nicola Piovani, arranged & performed by Mi Loco Tango
La Vita e Bella (from "La Vita e Bella" soundtrack) by Nicola Piovani arranged by Claudio Mandonico
■プログラム:○
ステップは両方レベル3。
STw2のサードで女性が先に足をつくミスがあったものの、二人の作り出す世界と物語に引き込まれた。彼らのストーリーテリング力もずば抜けてるよね…。
フリー105.89、総合180.65。リフトの時間超過で減点1。現時点で総合2位。

19 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN アレクサンドラ・ステパノワ / イワン・ブキン(ロシア)
■SD順位:2,得点:75.38
■楽曲:Love Story Theme
Love's Dream by Rick Wakeman
Liebestraum No. 3 in A-Flat Minor, S. 541 by Franz Lizst, performed by Martin Jones
■プログラム:△
ステップのレベルは3と2。
STw4の回転が非常に速くそろっている。何度見てもシットポジションのツイズルすごいわ。
滑り出しのスピードがすごい。動きがキレッキレで、あっという間に演技が終わってしまった。
フィニッシュポーズと共に、男性がガッツポーズ!
初めて聴いたときは、度肝を抜かれ、演技にさっぱり集中でいなかったトンデモ編曲だが、慣れてしまったからか(苦笑)、彼らの演技が素晴らしかったからか、今回はさほど気になら…いや、やっぱり女性ボーカルの高音にはちょい集中を削がれたけど、前ほど違和感を感じなくなった。
フリー109.48、総合184.86で、どちらもPB更新。現時点で総合2位。

20 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON ガブリエラ・パパダキス / ギヨーム・シゼロン(フランス)
■SD順位:1,得点:81.29
■楽曲:Piano Sonata N. 14 in C sharp minor, Op. 27, No 2. "Moonlight Sonata", Adagio Sostenuto, by Ludwig van Beethoven performed by Steve Anderson
"Moonlight Sonata", Presto Agitato by Ludwig van Beethoven
■プログラム:○
MiSt3以外、全要素がレベル4。
音楽の奔流に飲み込まれ、流されていく…。圧巻の演技だった。
フリー121.87、総合203.16で、どちらもPB更新。総合1位に確定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SD順位、FD順位の順に記されている。
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 203.16 1 1
2 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 187.13 4 2
3 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 184.86 2 3
4 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 180.65 3 5
5 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 177.75 5 4
6 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS 168.45 8 6
7 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 168.42 6 9
8 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN ESP 165.03 7 10
9 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 164.90 9 7
10 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 164.48 10 8
11 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 156.35 11 12
12 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 154.04 14 11
13 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 152.10 12 13
14 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS HUN 148.69 13 14
15 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 145.60 16 15
16 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA 139.74 15 17
17 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 136.51 17 16
18 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ITA 133.00 18 19
19 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX SENECAL ARM 131.30 20 18
20 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 128.38 19 20


◆来季の出場枠
3枠:フランス,ロシア,イタリア
2枠:イギリス,スペイン,デンマーク,ポーランド

祝☆スペイン2枠獲得!


◆総評
優勝はパパダキス&シゼロン。四連覇おめでとう! 歴代最高得点を再び更新! GOEは+3がずらりと並んでいる。PCSはパフォーマンスとコンポジション、インタープリテーションで10点満点。ジャッジの一人は、全項目10点満点出してるよ。凄すぎて笑っちゃう。
平昌オリンピック優勝に向けて、視界は良好☆ テッサ&スコットとのガチンコ対決はどうなるか。

総合2位のボブロワ&ソロビエフは、「ロシアのエースの座は渡さんぞ!」とばかりに今季ベストの演技を披露。地元で素晴らしいパフォーマンスができて本当に良かった。

3位はステパノワ&ブキン。試合を経るごとに自信と勢いが増しているように感じる。オリンピックで下克上なるか。

4位はカッペリーニ&ラノッテ。ミスがあったとはいえ、PCSでもステパノワ&ブキンに負けてしまった…。でも、このFDはとっても素敵なプログラムなので、ここで良い厄落としができたと気持ちを切り替えて、オリンピックに臨んでほしい。

5位はギニャール&ファブリ。今季ベストの演技が見られて、本当に幸せ☆ このプログラム、大好きだーー!!!!

9位のフルニエ・ボウドリー&ソレンセンは、前から素敵なカップルだと思っていたが、本大会で完全にオトされた(///)。エレメンツもつなぎも女性のスカートのひるがえりも男性の上腕筋も、とにかく全てがかっこいい。彼らの演技がオリンピックで見られないなんて~(嘆)。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR