FC2ブログ

四大陸2018 1日目 ペアSP

四大陸選手権2018 リザルト
台湾の台北にて開催。ペアSPは、現地時間2018年1月24日(水)に行われた。
ライストと動画、テレビ放送で全組の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
Jスポーツの解説は、岡部由起子さん、実況は赤平大アナ。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI 三浦 璃来 / 市橋 翔哉(日本)
■楽曲:Miss Saigon by Claude-Michel Schoenberg
■プログラム:△
初出場の16歳と20歳。昨季、世界ジュニア13位。今季、JGPリガ及びJGPバルティック10位、全日本ジュニア三連覇、全日本3位。
女性が見るたびに美しさを増しているような気がする。
2Tw3はきれいにキャッチしているように見えたのだが、GOEマイナス。3Tは跳ぶタイミングが少しずれたが、クリーンに着氷。スロー3Loは足をついたか。FiDsは、岡部さんによると、男性が正しいピボットのポジションで一周回る前にかかとをつけてしまったので、ノーバリューに。StSq2は動きがそろっていてよかったけど、サイドバイサイドのとき、もそっと近いほうが。
デススパイラルって、男性はトゥをついたまま(かかとはつけずに)回らないといけないらしい。知らなかった。
表現面はまだ淡白な感じだけど、素敵な雰囲気を持つペアなので、今後、徐々にエモーショナルさも出していってもらえれば。
44.25。

2 Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY ディアナ・ステラート / ネイサン・バーソロメイ(アメリカ)
■楽曲:Hallelujah performed by Canadian Tenors
■プログラム:△
34歳と28歳。この組としては初出場。昨季、全米4位。今季、GPアメリカ8位、全米3位。
3Tw3はよかった。3Tはほんの少しずれたが、クリーンに着氷。スロー3Loはお手つき。StSq4は、岡部さん曰く、「ユニゾンがイマイチ」とのこと。3Li4は、下ろすときに、いろんな動きを入れて工夫を凝らしている。
滑る喜びに満ちた演技と伸びやかなスケーティングが素敵だった。
お、キスクラにエヴォラさんが! 相変わらずお美しい☆
60.93でPB更新。

3 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS シドニー・コウォジェイ / マキシム・デシャン(カナダ)
■楽曲:Satellite by Colin James
Surely (I Love You) by James C. Bracken, Mickey Oliver performed by Colin James and the Little Big Band
■プログラム:△
24歳と26歳。この組としては初出場。今季、GPカナダ8位、国内選手権7位。
3Tw1はもたれたかと思ったけど、GOEプラス。3Sは二人とも着氷が乱れた。スロー3Loはまずまず。
後半、軽快で陽気な曲想に変化するのだが、そこでもっとウキウキ感が出せるといいな~。
56.18。


●第2グループ
4 Camille RUEST / Andrew WOLFE カミーユ・ルーエ / アンドリュー・ウルフ(カナダ)
■楽曲:Oblivion by Astor Piazzolla
■プログラム:○
昨季、国内選手権5位。今季、国内選手権6位。
2Tw2はまずまず。3T<は女性が両足着氷。スロー3Loは着氷が乱れた。StSq4は、切ない弦の音色を全身を使って表現しており、二人の距離も近く、とても素敵だった。PCoSp4は回転が速く、ポジションを変えても回転速度が落ちない。
ジャンプ系でミスはあったものの、二人が見つめ合いながらのスパイラルや、曲想をよく表現したダンスリフト、回転速度が落ちないペアスピン等々、見ごたえのあるプログラムだった。
スケーティングと音楽表現、ユニゾンが魅力的。しかも、まるでアイスダンスカップルのように濃ゆ~い雰囲気を作り出せるペアときたら、はっきりいって、めっちゃタイプです!! どうか末長く続けてほしい。
54.70。

5 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA 須崎 海羽 / 木原 龍一(日本)
■楽曲:Yuri on Ice (soundtrack) by Taro Umebayashi
■プログラム:○
18歳と25歳。2年連続2度目の出場。昨季、全日本2位、四大陸13位。今季、NHK杯8位、全日本優勝。
3Lzに!が。ジャンプに入る時の動きや跳ぶタイミングもズレたため、きれいに下りたものの、GOEマイナス。3Tw1はもたれた。3Li4は下ろすときの流れがいまいち。PCoSp4は回転が速くなった。StSq2は二人の動きは大体合っているが、ぴたっとそろってない。FiDs4は女性の姿勢がもそっと弧を描けるようになるといいのだが。
いろいろ注文が出てくるのも、エレメンツが安定してきたからこそなんだよね。
今季ずっと木原くんが左手首にサポーターしている。怪我はどんな状態なんだろう。
56.95でPB更新。二人とも喜んでる~☆

6 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM キム・キュウン / カム・アレックス・カンチャン(韓国)
欠場。オリンピックの団体戦には彼らが出る予定になっていると思う。岡部さんによると、欠場の理由は、男性の肩の負傷らしい。オリンピックには万全のコンディションで臨めますように。

7 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM リョム・テオク / キム・ユシク(北朝鮮)
■楽曲:A Day in the Life by Paul McCartney, John Lennon, performed by Jeff Beck
■プログラム:○
18歳と25歳。2年ぶり2度目の出場。昨季、国内選手権優勝、ワールド15位。今季、ネーベルホルン杯6位でオリンピック出場枠獲得。
昨季から継続のプログラム。
3Tw2は高い。3Tはぴったりそろっている。スロー3Loはよかった。PCoSp4は回転が速い。StSq2はすごく合っているところと、まぁまぁのところがある。
またうまくなって…!! ネーベルホルン杯より、エレメンツも表現もさらに上達している。特に女性が表情豊かに滑っていたように感じた。
65.25でPB更新。


●第3グループ
8 Ashley CAIN / Timothy LEDUC アシュリー・ケイン / ティモシー・ルデュク(アメリカ)
■楽曲:I'll Take Care of You by Joe Bonamassa
■プログラム:△
22歳と27歳。2年連続2度目の出場。2016年6月に結成。昨季、全米3位、四大陸9位。今季、GP中国6位、全米4位。
3Tw3は空中でキャッチできなかったように見えたが、GOEプラス。スロー3LzはOK。3Loはよかった。
演技後、女性がガッツポーズ。
長身を生かしたダイナミックな演技で、動きも流れもよかった。
66.76でPB更新。キスクラ大喜び~☆

9 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ / ハーリー・ウィンザー(オーストラリア)
■楽曲:Paint It Black performed by Hidden Citizen
■プログラム:○
18歳と21歳。2年連続2度目の出場。2016年初めに結成。練習拠点はモスクワ。赤平アナによると、「2015年ころ、女性がシングルでなかなか目が出ず、やめようかと思っていたら、コーチのニーナ・モーゼルから組むように勧められたのがきっかけ」らしい。
昨季、JGPファイナル5位、国内選手権優勝、四大陸11位、世界ジュニア優勝、ワールド16位。今季、ネーベルホルン杯3位でオリンピック出場枠獲得、JGPリガ4位、JGPバルティック優勝、JGPファイナル優勝。
3Tw3はちゃんと空中でキャッチ。3Tはバッチリ。スロー3Fはよかった。StSq4はサイドバイサイドで距離が近い。
演技後、女性がガッツポーズ。
スピードがよく出ていた。エレメンツの質が向上し、プログラムの流れが一層スムーズになったように感じる。
66.45でPB更新。

10 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA タラ・ケイン / ダニー・オシェイ(アメリカ)
■楽曲:All I Ask of You (from "Phantom of the Opera") by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:○
24歳と26歳。2年ぶり4度目の出場。2012年4月に結成。昨季、GPアメリカ6位、NHK杯4位。今季、全米2位。
3Tw3はもたれたように見えたが、GOEプラス。もそっと高さがほしい。3Sはまずまず。スロー3Sは、入りのダンスリフトがアクロバティックですごい。StSq3は、大体合っているのだが、もっとピタッとそろってほしい。
やっぱ素敵なペアだな~。シーズン途中からでも戻ってこられて、本当によかった。
65.74でPB更新。

11 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH リュボーフ・イリュシェチキナ / ディラン・モスコビッチ(カナダ)
■楽曲:Tango Jalousie by Jacob Gade
■プログラム:○
2014年の春に結成。昨季、GPカナダ及びGP中国3位、国内選手権2位、四大陸3位、ワールド6位。今季、GPカナダ6位、GPフランス4位、国内選手権4位。
国内選手権から、昨季のプログラムに戻した。女性がアゴにばんそうこうを貼っている。
3Tw2はもたれたように見えたが、GOEプラス。もそっと高い位置でキャッチできるといいのだが。3Tの予定が、女性がダブルに。男性はバランスを崩した。スロー3Lzはよかった。
素敵な演技だったが、昨季と同じプログラムなので、昨季より調子を落としていることがはっきりしてしまう。原因は怪我なのかなぁ? 岡部さんが、3Li3を見て、「男性の調子が良くないんだろうか」と話していた。
64.50。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 66.76
2 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 66.45
3 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA USA 65.74
4 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM PRK 65.25
5 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 64.50
6 Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY USA 60.93
7 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA JPN 56.95
8 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS CAN 56.18
9 Camille RUEST / Andrew WOLFE CAN 54.70
10 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI JPN 44.25


◆総評
日本は、アイスダンス同様、3組派遣予定だったが、髙橋 成美 / 柴田 嶺が欠場。非常に残念だ。

さて、SPを終えて上位5組は2点ちょっとぐらいしか離れていない。超接戦! 5組とも、それぞれ自分たちの持ち味を発揮することができたが、中でも特に印象に残ったのがアレクサンドロフスカヤ&ウィンザーと、。
SP2位のアレ&ウィンは、エモーショナルな演技をする北米勢の中で見ると、「感情の表出」がいまいちな感じ。淡々と滑っているように見えるんだよね。PCSがさほど伸びなかったのもそのへんが原因かもしれない。ま、本人比では良くなっているのだが。

4位のリョム&キムは、試合を経るごとにどんどん上達しているのを感じるが、いかんせん、国際大会に派遣される数が少なくてねぇ。バイオを見る限り、今季出場したISUの試合はネーベルホルン杯だけみたいだし…。コンスタントに国際試合に出してもらえないものか。

7位の須崎&木原はPB更新の演技で良い滑り出し。NHK杯、全日本、本大会と順調に調子が上がっているようで何よりである。

10位の三浦&市橋は、シニアの初チャンピオンシップにも関わらず、落ち着いているように見えた。デススパイラルがノーバリューにならなければ、PB更新だったのにな~。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR