四大陸2018 2日目 アイスダンスFD

四大陸選手権2018 リザルト
台湾の台北にて開催。アイスダンスFDは、現地時間2018年1月25日(木)に行われた。
ライストとテレビ放送で全組の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
Jスポーツの解説は、滝野薫さん、実況は小林千鶴さん。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Linshu SONG / Zhuoming SUN リンシュー・ソン / ジュオミン・サン(中国)
■SD順位:11,得点:50.34
■楽曲:Make You Feel My Love by Adele
Rolling In The Deep by Adele
■プログラム:△
ステップは両方レベル2。
CoSp2は、回転がゆっくりで、トラベリングしてしまった。STw4は回転がそろっていたと思うが、距離が少し離れているように感じた。
前半はゆったり、後半は力強く盛り上がる曲想の変化を、よく表現していたと思う。二人の動きがぴたっとかみ合うようになると、さらに素敵な演技になるのではなかろうか。今はまだちょっとバラバラに感じる部分がある。
フリー72.19、総合122.53。

2 Chantelle KERRY / Andrew DODDS シャンテル?・ケリー / アンドリュー・ドッズ(オーストラリア)
■SD順位:13,得点:45.42
■楽曲:Ruled by Secrey by Matthew Bellamy performed by Muse
■プログラム:○
StaLi4は回転速度がもう少し上がるといいな~。CoSp3はトラベリングし、出で少しもたついた。STw4はずれた。
抒情的な音楽をしっとりと、かつ情熱的に演じていて、素敵だった。
男性が少し線が細く、パワー不足のように感じるが、シングルもやっているから、おいそれと筋肉をつけるわけにはいかないんだろうな~。
フリー70.20、総合115.62でPB更新。

3 Rikako FUKASE / Aru TATENO 深瀬 理香子 / 立野 在(日本)
■SD順位:12,得点:47.15
■楽曲:Hello Dolly by Jerry Herman
The International Hello Dolly by Jerry Herman
■プログラム:△
ステップは両方レベル2。
CoSp4は、昨季と比べてほんとに上手になったと思う。CuLi4は流れがいまいち。STw4は回転が速いが、GOEマイナス。ファーストでずれたか。RoLi4は回転が速くシームレス。
SDより伸び伸びと滑れていたように感じた。ホールドがまだピタッとはまってない感じなので、そこが安定すると、安心して見守れそう。
フリー76.87はPB更新、総合124.02はSB更新。キスクラで笑顔。コーチも入れて、三人で手をつなぐ(笑)。


●第2グループ
5 Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO 小松原 美里 / ティム・コレト(日本)
■SD順位:10,得点:52.45
■楽曲:Where Is It Written? by Barbara Streisand, Michel Legrand
End Credits (from "Sabrina" soundtrack) by John Williams
A Piece of Sky by Barbara Streisand, Michel Legrand
■プログラム:○
ステップは両方レベル2。
CuLi4の女性のポジションが美しい。STw4のファーストで近づきすぎて、ぶつかるんじゃないかとひやっとしたが大丈夫。
スピードと流れがあり、大きくよく動けていたと思う。二人の動きもきちんとかみ合っているように感じた。
フリー85.73、総合138.18でPB更新。

6 Sarah ARNOLD / Thomas WILLIAMS サラ・アーノルド? / トーマス・ウィリアムス?(カナダ)
■SD順位:9,52.50
■楽曲:Fall For You by Leela James
If I Ain't Got You by Alicia Keys ft. Usher
■プログラム:△
ステップは両方レベル2。
CuLi4はゆらゆら揺れたように見えたが、GOEプラス。STw4は、ファーストで少し回転がずれたように見えたが、セカンドから修正。
スピードがよく出ており、音楽に乗って、流れるように演じていた。
フリー87.60、総合140.10でPB更新。

7 Yura MIN / Alexander GAMELIN ユラ・ミン / アレクサンダー・ガメリン(韓国)
■SD順位:7,得点:60.11
■楽曲:Arirang performed by So Hyang
■プログラム:△
韓服ふう衣装でアリラン。平昌で盛り上がるだろうな~。
ステップは両方レベル3。
CoSp4で最後加速して終わるのがかっこいい。STw4は二人の距離が近くてひやっとした。
後半、ドラマティックな曲想が長く続くので、ずっと盛り上がり続けなくちゃいけなくてちょっと間延びする感じ。終盤しっとりするところは素敵だと思うんだけど。
フリー91.27はSB更新、総合151.38。

8 Rachel PARSONS / Michael PARSONS レイチェル・パーソンズ / マイケル・パーソンズ(アメリカ)
■SD順位:6,得点:60.18
■楽曲:Ghost Dances:
La Partida by Victor Jara
Sikuriadas by Inti Illimani
Quiaquenpita by Inti Illimani
■プログラム:△
ステップは両方レベル2。
STw4はセカンドでずれたように見えたが、GOEプラス。
演技後、兄が力強くガッツポーズ!
ツイズル以外は安心して見られた。昨季まではツイズルも安定していたと思うんだけどなぁ。今季は、けっこうミスしてるんだよね。
気迫みなぎる演技だった。スピードびゅんびゅん出しながら、スケーティングがぐんぐん伸びていく。
キスクラにリニチュク先生が。パーソンズ兄妹とマクナマラ&カーペンターのチームに加わってるのかな? もしそうなら「鬼に金棒」の布陣になるわけで、めっちゃ嬉しいんだけども。
フリー95.12、総合155.30。

9 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER ハリー・セイルス? / ニコラス・ワムスティーカー?(カナダ)
■SD順位:8,得点:57.21
■楽曲:Robin and Marian Suite by John Barry
Planting the Fields by Marc Streitenfeld
The Ride to Sherwood/The Ride to Nottingham (from "Robina and Marian" soundtrack) by John Barry
■プログラム:○
ヨーロッパの中世ふう衣装。
ステップは両方レベル2。
STw3のセカンドで男性がバランスを崩した。
ツイズルのミスは残念だったが、他は良かったと思う。
ロマンティックで愛らしいプログラムだなぁ。好き☆
フリー82.27、総合139.48で、PB更新。

第2グループが終わった時点で、トップはレイチェル・パーソンズ / マイケル・パーソンズ(アメリカ)。


●第3グループ
10 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER ロレイン・マクナマラ / クイン・カーペンター(アメリカ)
■SD順位:4,得点:62.83
■楽曲:Anime Contro Vendo by Medialuna Tango Project
■プログラム:△
ステップは両方レベル3。
STw4は回転が速くそろっている。
男女の緊張感ある関係を表現しているプログラムなのだと思うが、ずっと緊迫した演技が続くので、見ていて疲れてしまう。一つ一つのエレメンツは素晴らしいのだが。
フリー97.29、総合160.12。現時点で総合1位。

11 Shiyue WANG / Xinyu LIU シーユエ・ワン / シンユー・リウ(中国)
■SD順位:5,得点:62.36
■楽曲:Over My Shoulder
Happy Ending
■プログラム:○
ステップは両方レベル3。
STw4の間のステップの、緩急のつけ方がいい。アクロバティックなSlLi4は、音楽の盛り上がりとの相乗効果でアガる。
前半のしっとりした部分と、後半の軽快な部分の演じ分けがみごと。それと余韻の作り方、音のないところの表現が素敵だと思う。
フリー95.85はPB更新、総合158.21はSB更新。現時点で総合2位。

12 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER ケイトリン・ホワイエク / ジャン=リュック・ベイカー(アメリカ)
■SD順位:1,得点:69.08
■楽曲:Liebestraum by Franz Liszt arranged by Maxime Rodriguez
■プログラム:◎
演技が始まる前の女性の腕の下ろし方にいつも注目しているのだが、カメラワークによってはきちんと見られないときもある。今回はバッチリ☆ やっぱめっちゃエロい(///)。
ステップは両方レベル3。
冒頭で二人ともちょっとつまづいたが、ジャッジスコアを見るに、最初のエレメンツ、CiSt3にはまだ入っていなかったようだ。STw4はそろっているし、きれい。ふわっと上がって下りるCuLi4は、女性の重さを感じさせない。
全米のときより、だいぶリラックスして滑っているように感じた。ロマンティックムーディー全開な演技に、はわわわ~んほわわわ~んと見入るばかりであった。
フリー105.21、総合174.29でSB更新。現時点で総合1位。

13 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS キャロラーヌ・ソシース? / シェーン・フィルス(カナダ)
■SD順位:3,得点:65.11
■楽曲:I Won't Dance by Oscar Hammerstein II performed by Tony Bennett, Lady Gaga
Cheek To Cheek by Irving Berlin performed by Tony Bennett, Lady Gaga
I Won't Dance by Oscar Hammerstein II performed by Tony Bennett, Lady Gaga
■プログラム:◎
ステップは両方レベル3。
男性が燕尾服で、女性がパーティードレス、そして二人がホールドを組んで躍る踊る踊る!! ときたら、もう最高しかない。いや~、めっちゃ楽しかったわ~。
フリー99.85、総合164.96で、どちらもPB更新。「Illegal element/movement」により、減点2。え、何が違反だったんだろう? 現時点で総合2位。

14 Kana MURAMOTO / Chris REED 村元 哉中 / クリス・リード(日本)
■SD順位:2,得点:65.27
■楽曲:The Last Emperor (soundtrack) by Ryuichi Sakamoto
Merry Christmas Mr. Lawrence by Ryuichi Sakamoto
■プログラム:◎
ステップは両方レベル3。
STw4はファーストで離れ、サードで男性の回転が怪しかったが、GOEプラス。
滞る部分がない。リフトの下ろすところもすっと流れるように。静の表現はとても素晴らしいので、あとは後半のステップにおける動の表現かな~。もう一息ずずんと迫力がほしい。
フリー98.59、総合163.86でPB更新。総合3位に確定!! キャー!! 哉中&クリスが、アジア初のチャンピオンシップメダリストに!! 歴史をつくったー!!(歓喜)


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SD順位、FD順位の順に記されている。
1 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 174.29 1 1
2 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS CAN 164.96 3 2
3 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 163.86 2 3
4 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER USA 160.12 4 4
5 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 158.21 5 5
6 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA 155.30 6 6
7 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 151.38 7 7
8 Sarah ARNOLD / Thomas WILLIAMS CAN 140.10 9 8
9 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER CAN 139.48 8 10
10 Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO JPN 138.18 10 9
11 Rikako FUKASE / Aru TATENO JPN 124.02 12 11
12 Linshu SONG / Zhuoming SUN CHN 122.53 11 12
13 Chantelle KERRY / Andrew DODDS AUS 115.62 13 13
14 Matilda FRIEND / William BADAOUI AUS 92.05 14 14


◆総評
FDのステップでレベル4をとったカップルが皆無であった。やはりレベル4をとるのは、トップオブトップの証なんだな~。

さて、優勝はホワイエク&ベイカー。「まぁそりゃ彼らが優勝ですよね」という貫禄の演技であった。シニアのチャンピオンシップ、初優勝おめでとう☆ この傑作プロ、「愛の夢」を経て、来季はどんなFDを滑ってくれるのか、今から楽しみでならない。

総合2位はソシース&フィルス。TESがホワイエク&ベーカーとほぼ同じ。減点2がなければ、100点超えだったのにな~。何が「Illegal element/movement」に相当したんだろう。Jスポの解説を待ちたい。

3位はわれらが哉中&クリス!! 採点を待つ間、めっちゃドキドキしたよ~☆ アジア初のチャンピオンシップメダル、本当におめでとう!! でも、彼らは結果が分かった後も落ち着いた態度だった。きっと目指すものはもっと上なんだよね。何とも頼もしい。

10位の小松原&コレトも、11位の深瀬&立野もFDではPBの演技ができて良かった。四大陸に日本が3組派遣できる日が来るとは、感慨無量である。来季もぜひ!!

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR