FC2ブログ

四大陸2018 3日目 ペアFS

四大陸選手権2018 リザルト
台湾の台北にて開催。ペアFSは、現地時間2018年1月26日(金)に行われた。
動画とテレビ放送で全組の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
Jスポーツの解説は岡部由起子さん、実況は赤平大アナ。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Camille RUEST / Andrew WOLFE カミーユ・ルーエ / アンドリュー・ウルフ(カナダ)
■SP順位:9,得点:54.70
■楽曲:Earth Song by Michael Jackson
Home by Armand Armar
■プログラム:△
2Tw2はふんわりキャッチ。3T+2Tの予定が、女性がセカンドでシングルに。スロー3Loはお手つき。3Sの予定が、男性がダブルに。FCCoSp3は回転が最初ずれたが修正。スロー3Sはお手つき。
SP同様、ジャンプ系でミスが出てしまったが、ユニゾンや音楽表現はなかなかよかったと思う。つなぎにダンスリフトがいくつか効果的に使われていて、素敵だった。
フリー105.03、総合159.73。

2 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS シドニー・コウォジェイ / マキシム・デシャン(カナダ)
■SP順位:8,得点:56.18
■楽曲:Opening (from "Far from the Maddening Crowd") by Craig Armstrong
Love Theme (from "Far from the Maddening Crowd") by Craig Armstrong
End Credits (from "Far from the Maddening Crowd") by Craig Armstrong
■プログラム:△
3Tw2は抱えたように見えたが、GOEプラス。3Sは女性が転倒。スロー3Loはよかった。2A+2A<+SEQは女性が転倒。スロー3Sの予定がダブルに。BoDs1は出で女性の動きが止まってしまった。
今はまだエレメンツをこなすのに集中していて、音楽表現は薄味な印象を受ける。でも滑りはきれいだし、基礎はしっかりしているようなので、このまま練習を積んでいければ、彼らの個性が育ってくるのではなかろうか。
フリー97.39、総合153.57。

3 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI 三浦 璃来 / 市橋 翔哉(日本)
■SP順位:10,得点:44.25
■楽曲:Warsaw Concerto by Richard Addinsel
■プログラム:△
2Tw3はまずまず。3T<は男性がお手つき、女性が転倒。スロー3Loは足がかすった。FCCoSp3は回転がずれたり、バランスを崩したりするところがあった。2Aはクリーンに着氷したが、連続ジャンプが跳べなかったので、+REPがついてしまった。もったいない~。5SLi2は女性を上げるとき、ぎこちなくて怖かった。スロー3Sはステップアウト。
エレメンツの半分以上にGOEマイナスがついてしまった。やはりシニアの中で見ると、滑りのスピードや動きのキレ、エレメンツのスムーズさがまだまだだな~と感じる。
フリー81.94はPB更新、総合126.19。


●第2グループ
4 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA 須崎 海羽 / 木原 龍一(日本)
■SP順位:7,得点:56.95
■楽曲:Romeo and Juliet by Nino Rota
■プログラム:△
3Lz<は女性がステップアウトし、お手つき。3TwBは空中でキャッチできず、両足着氷。スロー3Lzはお手つき。3T+2T+2Tの予定が、女性がサードでシングルに。スロー3Sはお手つき。コレオでGOEマイナス。二人そろってのスパイラルで少しぐらついてしまったのと、女性単独のスパイラルで女性のポジションがきちっとはまらなかったせいだろうか。
中盤、曲想が明るくなったところの振付が好きなんだよね~。若い恋人たちのフレッシュ感が出ていて、たいへん愛らしい。
フリー100.32、総合157.27で、どちらもPB更新。

5 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH リュボーフ・イリュシェチキナ / ディラン・モスコビッチ(カナダ)
■SP順位:5,得点:64.50
■楽曲:At This Moment performed by Billy Vera & The Beaters
■プログラム:△
3Tw2は着氷でヒヤッとしたけど大丈夫。3T+2Tの予定が、ファーストで二人とも回転が開いてしまい、男性がセカンドをつけられず、3T<<+SEQ表記に。3Sは二人とも着氷が乱れた。スロー3Loはよかった。5ALi4で何となく危うさを感じていたのだが、次の3Liは持ち上げられず、ノーバリューに。
彼らがリフトでミスするなんて…どこか怪我をしているんだろうか。でも、二人が作り出す空気感や、女性の柔軟性を生かしたコレオはやっぱり素敵だった。
岡部さんによると、今季限りで引退を考えているらしい。赤平アナの話だと、男性は確実そうだが、女性はどうだろう。二人とも引退しちゃうのかな。
フリー114.50、総合179.00。

6 Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY ディアナ・ステラート / ネイサン・バーソロメイ(アメリカ)
■SP順位:6,得点:60.93
■楽曲:Streets Have No Name by U2
One Love by U2
■プログラム:△
3Tw2はよかった。3Sはピタッとそろっている。スロー4Sは転倒。3T+2Tの予定が、男性がセカンドでシングルに。BiDs1はもっと回転できるといいな~。スロー3Loは足をついた。FCCoSp4は回転が速くそろっている。
終始、二人とも晴れやかな笑顔で滑っているのだが、とりわけ、終盤のリフト2連発のときの女性の笑顔が素晴らしい。彼女の笑顔からピカーッと光が放たれているかのよう。
フリー117.45、総合178.38で、どちらもPB更新。

第2グループが終わった時点で、トップはリュボーフ・イリュシェチキナ / ディラン・モスコビッチ(カナダ)。


●第3グループ
7 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA タラ・ケイン / ダニー・オシェイ(アメリカ)
■SP順位:3,得点:65.74
■楽曲:Swan Lake by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:○
3Tw3は抱え気味に見えたが、GOEプラス。もそっと高さがほしい。3Sはバッチリ☆ スロー3Sの入りのダンスリフトは何度見てもすごい。2A+2A+SEQの予定が、男性がファーストの着氷が乱れ、セカンドがカウントされず。スロー3Lzは両足着氷。FCCoSp4は回転が速くそろっている。
彼らの良さを引き立てつつ、クリエイティブな振付がなされて、本当に素敵なプログラム。とっても魅力的なペアなので、ワールドの演技も楽しみだ。
フリー128.68、総合194.42で、どちらもPB更新。現時点で総合1位。

8 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM リョム・テオク / キム・ユシク(北朝鮮)
■SP順位:4,得点:65.25
■楽曲:Je suis qu'une chanson by Diane Justler, performed by Ginette Reno
■プログラム:△
3Tw2は素晴らしい。3T+2TはOK。5RLi4は流れがスムーズ。2A<は女性が転倒。スロー3Sはよかった。スロー3Loは着氷が乱れた。
音楽に少し遅れてのフィニッシュ。
スピードがあり、流れの良い演技だった。昨季から格段にレベルアップしている。
フリー119.73、総合184.98で、総合得点はPB更新。現時点で総合2位。落胆してうつむく男性を、女性コーチが慰めていた。

9 Ashley CAIN / Timothy LEDUC アシュリー・ケイン / ティモシー・ルデュク(アメリカ)
■SP順位:1,得点:66.76
■楽曲:Bang Bang (from "The Great Gatsby" soundtrack)
Young and Beautiful (from "The Great Gatsby" soundtrack)
A Little Party Never Killed Nobody (from "The Great Gatsby" soundtrack)
■プログラム:○
3Tw2は抱えてしまい、GOEマイナス。3S+2T+2Loはよかった。スロー3Lzはよかった。3Loは女性がお手つき。二人の距離が離れた。5BLi4は上げるときスムーズにいかず、プルプルして怖かった。スロー3Sは手をつかずに頑張ってこらえた。PCoSp4はスムーズさに欠けた。CCoSp4は回転がちょいちょいずれたけど、要所は合わせた。
ユニゾンと音楽との調和が素晴らしい。つなぎの振付も素敵だし、スピードとキレがあり、かっこよかった。
フリー123.85、総合190.61で、どちらもPB更新。現時点で総合2位。ケイン一家&ルデュク、大喜び~☆

10 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ / ハーリー・ウィンザー(オーストラリア)
■SP順位:2,得点:66.45
■楽曲:Tango in the Park (from "The Mask" soundtrack) by Randy Edelman
The Business of Love (from "The Mask" soundtrack) by Domino
You Would Be My Baby (from "The Mask" soundtrack) by Vanessa Williams
Hey Pachuco (from "The Mask" soundtrack) by Straight Up
■プログラム:△
3Tw4の入りのステップがすごい。3Sの予定が男性がダブルに。3T+2T+2Tタノはよかった。スロー3Fは着氷が乱れた。スロー3Sはよかった。5ALiは途中で下ろしてしまい、ノーバリュー。
エレメンツの入りと出の流れがスムーズになった。シーズン序盤のヘロヘロ具合に比べたら、ガス欠しなくなったと思う。思いがけないリフトのミスで動揺し、その後のエレメンツはいつも通りとはいかなかったが、まだジュニア世代で、結成2シーズン目ということを考えれば、よく頑張ったのではなかろうか。
ただ、中盤のダンスで、まだ「振付だからやってます」感があるんだよね~。あと、終盤アップテンポになったところで、もう一息はっちゃけてほしい。
岡部さん曰く、「女性は元気だったが、男性のほうが調子が悪そうだった」とのこと。
フリー111.65、総合178.10。総合6位に確定。キスクラで二人とも浮かない顔。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA USA 194.42 3 1
2 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 190.61 1 2
3 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM PRK 184.98 4 3
4 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 179.00 5 5
5 Deanna STELLATO / Nathan BARTHOLOMAY USA 178.38 6 4
6 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 178.10 2 6
7 Camille RUEST / Andrew WOLFE CAN 159.73 9 7
8 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA JPN 157.27 7 8
9 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS CAN 153.57 8 9
10 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI JPN 126.19 10 10


◆総評
優勝はケイン&オシェイ。2年ぶり4度目の出場にして、初優勝おめでとう!! ここしばらく、怪我に苦しんでいる印象だったので、こうやって戻ってこられて、かつ良い演技ができた上に結果もついてきて、本当に嬉しい。

総合2位はケイン&ルデュク。フリーのプログラムは、初見のときから好きだったので、良い演技が見られてとっても幸せ~☆ ありがとう~☆

3位はリョム&キム。チャンピオンシップの初表彰台おめでとう!! 北朝鮮の選手としては、全カテゴリで初めてのチャンピオンシップのメダルとのこと。すご~い!! 歴史を作りましたな。オリンピックもこの調子で頑張って☆

6位のアレクサンドロフスカヤ&ウィンザーは、結果が出た後、かなりガッカリしているようだった。まぁ、シニアのチャンピオンシップで表彰台に上がる、またとないチャンスだったので、悔しいのは分かる。今季のベストスコア(PBでもある)を出していれば可能だったし。この悔しさをぜひとも平昌で晴らしてほしい。

8位の須崎&木原は、ソロジャンプが強みのペアだけに、両方ミスが出てしまったことは残念だったが、ペアとしての地力がついてきたのを感じる。安心して演技を見られるようになった。
気がかりなのは男性の手首の怪我。スロージャンプがクリーンに決まらないのは、投げ方に問題があるように思うのだが、手首を負傷しているためにきちんと投げられないんじゃなかろうか。

10位の三浦&市橋は、ジュニアとシニアの差が出たなぁという感じだが、全カテゴリでもっともシニアの壁が厚い種目だから、仕方ないと思う。ここでの経験を糧にして、世界ジュニアでも頑張ってほしい。さらなる飛躍を期待している。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR