ロシア選手権2018 ペア

ロシア選手権2018 リザルト
ロシアのサンクトペテルブルクにて開催。
Jスポーツの放送で上位の組の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
解説は杉田秀男さん、実況は小林千鶴さん。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




◇SP
ペアSPは、本大会1日目、現地時間2017年12月21日(木)に行われた。

●第1グループ
1 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALIAMOV SPB アナスタシア・ミーシナ / アレクサンドル・ガリアモフ?
■楽曲:Party Like a Russian by Robbie Williams
■プログラム:△
初出場の16歳と18歳。今季結成したばかり。昨季、女性は前のパートナーとJGPファイナル優勝。
3ツイストはOK。スロー3Loは高い。3SはOK。PCoSp4は足換えした後、位置が少し移動したけど、GOEプラス。
結成1年目とは思えない、完成度の高さ。杉田さん曰く、「技術的な要素が非常にきちっとしている。なかなか良いペア」とのこと。
ミーシナ、ミルゾエフと解散した後、どうしてるのかな~と気にかかっていたのだが、良いパートナーに恵まれたようで嬉しい。16歳と18歳ってことは、世界ジュニア出られるんだな~。
63.85。

2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS クセニア・ストルボワ / フェドール・クリモフ
■楽曲:Tango de Besame by Consuelo Velazquez performed by Benise
■プログラム:○
昨季優勝。2009年に結成。
3Tw2は抱えちゃったかな~と思ったけど、GOEプラス。スロー3Fは素晴らしい。3Tは女性がステップアウト。StSq4は、二人のユニゾンと技術力、芸術性の高さをこれでもかというほど見せつけていた。素晴らしい。
かっこいい大人のタンゴ。ユニゾンもバッチリだった。
76.32。

3 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN SPB アリサ・エフィモワ / アレクサンドル・コロヴィン
■楽曲:Joue jusqu au matin by Yoska Nemeth
■プログラム:△
3年連続3度目の出場の18歳と23歳。昨季8位。女性はフィンランド出身。
3Tw4はよかった。スロー3Loは素晴らしい。3Sは女性の着氷が乱れた。跳ぶタイミングが少しずれ、距離が遠い。FiDsで女性がぶら下がるような形に。
前半は勢いがあって、とても良かったのだが、後半だんだん尻すぼみな感じに。最後のStSq4は、テンポアップしていく曲想なのだが、忙しなく、バタバタ動いているように見える。
杉田さん曰く、「二人の身長差を感じさせないような動きをしている」とのこと。
キスクラが選手たち&コーチ4名でぎゅうぎゅう詰め(笑)。タマラ先生もいる。杉田さんによると、コーチ陣が元世界チャンピオンなど、そうそうたる面子らしい。
63.44。


●第2グループ
5 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR ナタリア・ザビアコ / アレクサンドル・エンベルト
■楽曲:The Summer Knows (from “Summer of 42”) by Michel Legrand
■プログラム:○
3年連続3度目の出場。昨季3位。23歳と28歳。女性はエストニア出身。
3Tw4は高い。3Tはバッチリ。スロー3Loは飛距離と高さ十分。PCoSp4は、最初のポジションが少しトラベリングし、回転がゆっくりに見えたが、次のポジションからは大丈夫だった。
全要素でレベル4獲得。
情感たっぷりで、クリーンな演技だった。この後、出場したユーロより、良かったんじゃないかな~。
75.00。

7 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN MOS ダリア・パヴリウチェンコ / デニス・ホディキン
■楽曲:Cloud Atlas (soundtrack)
■プログラム:△
初出場の14歳と18歳。JGPファイナル3位。
3Tw4は、空中でキャッチできたが、男性が片足になるのに、時間がかかった。FiDs3の女性の体がピンと張り、弧を描いていてとってもきれい。3Tは少しずれた。スロー3Loは高い。
ジュニアのペアあるあるな、単調さが少し感じられたけど、クリーンな演技だった。
65.07。

8 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV M/T エフゲーニャ・タラソワ / ウラジミール・モロゾフ
■楽曲:Piano Concerto No. 2 by Sergei Rachmaninov
■プログラム:△
昨季2位。
3Tw4はステップからすぐに。3Tは女性が転倒。スロー3Loは手をつかずにこらえた。FiDs4は即座にポジションをとる。3Li4は、杉田さんが「ものすごく難しい入り方をしている」と感心していた。
全要素でレベル4獲得。
ピアノの音の奔流と、彼らのスピードびゅんびゅんなスケーティングが相まって、最高に気持ちがいいのだが、フィニッシュの音楽の切り方で、全てがぶった切られる感じなんだよね…(ため息)。ほんとさ~、もそっと編曲なんとかならんかったのか。
75.36。


●第3グループ
10 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV PER アポリナリーヤ・パンフィロワ / ドミトリー・リオロフ
■楽曲:Black Velvet performed by Alannah Myles
■プログラム:△
14歳と16歳の初出場。JGPファイナル2位。
衣装かわいい~☆ 女性のお下げ&リボンもかわいい~☆ シニアのおにいさん&おねえさんたちの中で見ると、より一層愛らしさがひきたつわ~。
3Tw3はキャッチしてから着氷するまで少し時間がかかった。2AはOK。スロー3Fはよかった。FiDs3は、女性の姿勢がきれいだけど、終盤ちょっとぶら下がる形に。
クリーンな演技だった。元気よく、キビキビと滑っていて、よかったのではなかろうか。
62.64。

11 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB アレクサンドラ・ボイコワ / ドミトリー・コズロフスキー
■楽曲:Sochi Sarabanda by Alexander Goldstein
■プログラム:△
2年連続2度目の出場。15歳と17歳。JGPファイナル5位。二人ともサンクトペテルブルク出身。
…女性の背が伸びた? 男性との身長差が縮まったように感じる。
3Tw4はよかった。3Sは少し遠い。スロー3Loはよかった。
全要素でレベル4獲得。
演技後、男性が力強くガッツポーズ!
おお~、クリーンな演技! 地元で良い演技ができて、よかったね!
68.20。得点が出て、二人ともとっても嬉しそう。JGPでは悲しそうな顔が多かったから、見てるこっちも嬉しくなるわ~。でも、タマラ先生はいつも通り泰然自若な感じ(笑)。

12 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS クリスティーナ・アスタホワ / アレクセイ・ロゴノフ
■楽曲:Adagio For Strings by Wolfgang Amadeus Mozart
Requiem in D Minor by Wolfgang Amadeus Mozart
O Fortuna (from "Carmina Burana") by Carl Orff
■プログラム:○
4年連続4度目の出場。20歳と29歳。
3Sは素晴らしい。3Tw4はよかったが、キャッチしてから片足になるまでに少し間があった。ダンスリフトがシャープでめっちゃかっこいい。スロー3Fは転倒。FiDs4は終盤ぶら下がる形に。
ザビアコ&エンベルトとの熾烈な3位争いを繰り広げる中、スロージャンプの転倒は痛い…。動きはキレッキレだったんだけどなぁ。
69.65。


◆SP順位
左から順位、名前、所属名、得点の順に記されている。
1 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS 76.32
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV M/T 75.36
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR 75.00
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS 69.65
5 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB 68.20
6 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN MOS 65.07
7 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALIAMOV SPB 63.85
8 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN SPB 63.44
9 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV PER 62.64
10 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT PER 56.10
11 Tatiana LYIROVA / Maksim SELKIN PER 55.51
12 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV SPB 52.34


◇FS
ペアFSは、本大会3日目、現地時間2017年12月23日(土)に行われた。

●第1グループ
4 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV PER アポリナリーヤ・パンフィロワ / ドミトリー・リオロフ
■SP順位:9,得点:62.64
■楽曲:Alice's Theme (from "Alice in Wonderland" soundtrack) by Danny Elfman
■プログラム:△
3Tw3で女性のスカートがふわっと広がるさまが本当に素敵!!と思ったら、杉田さんも同じこと言ってた。ですよねですよね!? 2Aはよかった。スロー3Loはよかった。BoDs1は、二人の腕が一直線じゃなくなった。杉田さん曰く、「男性のポジションが少し高い」とのこと。2F+1Lo+2Lo+SEQは!が。跳ぶ前にスピードが落ち、構えが長かった。スロー3FはOK。FCCoSp4は少しずれた。PCoSp4は足換え前、回転がゆっくりに。
ちょいちょい小さなミスはあったが、今もっている力は十分発揮できたのではなかろうか。
フリー118.54、総合181.18。


●第2グループ
5 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALIAMOV SPB アナスタシア・ミーシナ / アレクサンドル・ガリアモフ?
■SP順位:7,得点:63.85
■楽曲:Conquest of Paradise by Vangelis
■プログラム:△
3Tw2はよかった。スロー3Loは素晴らしい。連続ジャンプが、男性と女性で回転が合わず、3T+1T+2Tという表記になり、GOEマイナス。跳ぶタイミングもかなりずれた。3SはOK。CCoSp4は、回転が合っていた。スロー3Sはよかった。BiDs3は、最後ちょいぶら下がる形に。
連続ジャンプ以外はクリーンな演技だった。杉田さん曰く、「後半スピードが落ちたが、一つ一つの要素はとても良いものを持っている」とのこと。
結成1シーズン目なのにここまでできるとは。将来がめっちゃ楽しみ~☆ どうか長く続けられますように。
フリー121.98、総合185.83。

6 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN SPB アリサ・エフィモワ / アレクサンドル・コロヴィン
■SP順位:8,得点:63.44
■楽曲:映画「道」より
■プログラム:○
3Tw4は高い。2AはOK。3S+1Lo<<+2Sは、女性がファーストで手をついたが、頑張ってその後ジャンプをつけた。スロー3Sはよかった。スロー3Loはこらえた。5RLiは上げ切れずに下ろしてしまい、ノーバリュー。3Li2は下ろすときに流れなかった。
小芝居が散りばめられた、楽しいプログラムなだけに、終盤のリフトのミスが残念だった。杉田さん曰く、「BoDs3から男性がしっかりキープできなくなっていた。足にきていたので、次の5RLiでミスが出てしまったんだろう」とのこと。
フリー113.19、総合176.63。

7 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB アレクサンドラ・ボイコワ / ドミトリー・コズロフスキー
■SP順位:5,得点:68.20
■楽曲:The Nutcracker by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:△
3Loはよかった。3T+1Lo+3S<は女性が少しバランスを崩した。3Tw4はよかった。FCCoSp4は少しずれた。スロー3Loは両足着氷。5ALi4は流れがいまいち。5RLi4は下ろすとき、女性を少し背負ってしまった。スロー3Sはよかった。PCoSp4は回転が少しゆっくりに。
演技後、男性が氷を3回叩く。小さなミスはあったが、本人としては良い出来だったのだろう。確かに、JGPのころと比べたら、プログラムがだいぶ形になってきた感がある。
杉田さん曰く、「いろいろ考えられたプログラムだが、完全にマスターするまでもう少し時間がかかりそう」とのこと。タマラ先生が関わったペアのプログラムは、どれもつなぎが工夫されていて、見ごたえがあるんだよね。
フリー127.60、総合195.80。キスクラで、選手たちもタマラ先生も、笑顔でカメラに向かって話しかけていた。地元だもんね~。
千鶴さんによると、キスクラにいる若い男性コーチは、アルトゥール・ミンチュクといって、クセニア・ストルボワの最初のパートナーらしい。ちょいちょい見かけるコーチだよね。

8 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN MOS ダリア・パヴリウチェンコ / デニス・ホディキン
■SP順位:6,得点:65.07
■楽曲:Chicago (soundtrack)
■プログラム:△
3T+3T+SEQは少しずれたがクリーンに着氷。3Tw3はキャッチしてから片足になるまで少し間があった。スロー3Fはよかった。FoDs3は、杉田さん曰く、「非常に難しい入り方」とのこと。PCoSp4はちょいトラベリング。スロー3Loはよかった。FCCoSp4は少しずれた。
女性のソロジャンプのキレが素晴らしい。二人がもそっと近くで跳べれば申し分ないのだが。それと、つなぎの動きが時々ずれているのが気になる。
まだ若いが、技術的にはかなり力があると思うので、ユニゾンが増せば、もっともっと素敵なペアになるのではなかろうか。
フリー126.54、総合191.61。

第2グループが終わった時点で、トップはアレクサンドラ・ボイコワ / ドミトリー・コズロフスキー。


●第3グループ
9 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS クリスティーナ・アスタホワ / アレクセイ・ロゴノフ
■SP順位:4,得点:69.65
■楽曲:Another Day Of Sun from "La La Land" (soundtrack) by Justin Hurwitz
CIty Of Stars from "La La Land" (soundtrack) by Justin Hurwitz
Epilogue from "La La Land" (soundtrack) by Justin Hurwitz
■プログラム:△
3T+2T+2Tの予定が、女性がファーストでステップアウトし、3T+COMBO扱いに。3Tw4はOK。キャッチしてすぐ片足になれるとなお良い。3S<<は女性の着氷が乱れた。スロー3Fとスロー3Loは足が軽くついてしまった。BoDs3は終盤少しぶら下がる形に。FCCoSp4は少しずれた。
ジャンプ系で全てミスしてしまった…これは痛い…。物語性のある、魅力的なプログラムなだけに、彼らのベストの演技が見られず、非常に残念だ。
フリー128.76、総合198.41。現時点で総合1位。

10 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR ナタリア・ザビアコ / アレクサンドル・エンベルト
■SP順位:3,得点:75.00
■楽曲:The Sleeping Beauty by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:△
3Tw4は高い。3T+2T+2Loはずれた。3Sは女性が転倒。スロー3Fはこらえた。FCCoSp4は序盤少しずれたが修正。スロー3Loは転倒。
う~ん、崩れそうになる中、何とか踏みとどまったという感じの演技だった。
杉田さん曰く、「スローを見ると、男性の動きが雑な感じがする。力強いのだが、その辺をきちんとコントロールできるようになると、一つ上にあがれるだろう」とのこと。
フリー132.51、総合207.51。現時点で総合1位。

11 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS クセニア・ストルボワ / フェドール・クリモフ
■SP順位:1,得点:76.32
■楽曲:Carmen Suite by Georges Bizet
■プログラム:○
3Tw2はちょっと抱え気味になってしまったが、彼らにしては良い方のキャッチだと思う。スロー3Fは素晴らしい。連続ジャンプで二人の回転が違ってしまい、3T+2T+1Tという扱いに。3S<は女性が転倒。スロー3Sは転倒。
3S<で女性が転倒した後、素晴らしい演技が続いていたので、それまでのミスを忘れそうだったのに、最後の最後、スロー3Sでまた転倒…嗚呼(泣)。
フリー139.23、総合215.55。現時点で総合1位。失意のキスクラ…辛い…。

12 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV M/T エフゲーニャ・タラソワ / ウラジミール・モロゾフ
■SP順位:2,得点:75.36
■楽曲:Candyman by Christina Aguilera, Linda Perry
Nasty Naughty Boy by Christina Aguilera, Linda Perry
Ready Teddy performed by Elvis Presley
■プログラム:△
4Tw3はもたれかかってしまった。3Sの予定が女性がダブルに。スロー3Sは素晴らしい。3T+2T+2Tはよかった。FCCoSp3は少しずれた。スロー3Loは素晴らしい。
スロージャンプの飛距離と高さ、流れが本当にすごい。着氷してからすーっと流れるんだよねぇ!
フリー147.98、総合223.34。総合1位に確定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、所属名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV M/T 223.34 2 1
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS 215.55 1 2
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR 207.51 3 3
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS 198.41 4 4
5 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB 195.80 5 5
6 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN MOS 191.61 6 6
7 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALIAMOV SPB 185.83 7 7
8 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV PER 181.18 9 8
9 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN SPB 176.63 8 10
10 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT PER 174.12 10 9
11 Tatiana LYIROVA / Maksim SELKIN PER 164.22 11 11
12 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV SPB 144.73 12 12


◆総評
優勝はタラソワ&モロゾフ。おめでとう!! 実績のある上位陣にミスが出て、ジュニアの組がクリーンな演技をするという、オリンピック代表選考がかかった国内選手権あるあるな展開だったが、そんな中、FSではミスを最低限に抑えて、みごと初優勝を成し遂げた。

総合2位はストルボワ&クリモフ。ミスが続いてしまったが、それでもPCSはトップのタラソワ&モロゾフと僅差の2位。やはり国内でも高い評価を受けている。

3位はザビアコ&エンベルト。普段ミスの少ないイメージのある彼らにしては、めずらしくミスが目立つ演技となり、表彰台が確定してもあまり笑顔はなかった。3位か4位かで、天国と地獄くらいの差があるから、やっぱプレッシャー感じちゃったのかなぁ。

4位はアスタホワ&ロゴノフ。今季、GPでぐいぐい頭角を現し、ロシア3番手の座を脅かす存在へと成長してきただけに、本大会で実力を十分に発揮できずに終わってしまい、残念で仕方ない。

ジュニアのペアはみな、のびのび勢いよく演じられていてよかった。こういう演技をジュニアの国内選手権でもできたらいいんだけど、なかなかそうはいかないんだろうなぁ。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR