FC2ブログ

平昌オリンピック2018 団体戦1日目 男子SP

平昌オリンピック2018 リザルト
韓国の平昌にて開催。団体戦の男子SPは、現地時間2018年2月9日(金)に行われた。
テレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
解説は本田武史さん、実況は中村光宏さん。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 CHA Junhwan ジュンファン・チャ(韓国)
■楽曲:Gypsy Dance (from "Don Quixote") by Leon Minkus
■プログラム:△
昨季、JGPファイナル3位、世界ジュニア5位。今季、GPカナダ9位、国内選手権二連覇。
3F+3Tはよかった。3Aと3LzはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
おお~、ノーミス! 母国開催の五輪で、第一滑走で、よく頑張った! スピーディーな滑りと歯切れの良い動きが、曲想によく合っていたと思う。
77.70でSB更新。

2 FENTZ Paul パウル・フェンツ(ドイツ)
■楽曲:Wonderwall by Noel Gallagher performed by Paul Anka
■プログラム:△
昨季、国内選手権2位、ユーロ10位、ワールド20位。今季、GPカナダ10位、国内選手権優勝、ユーロ16位。
4Tと3Aは転倒。3Lz+3Tはファーストがオーバーターン。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル3。
ジャンプ全てにミスが出てしまったが、滑りは良かったし、小粋で洒脱な振付を素敵に演じていた。
66.32。

3 BESSEGHIER Chafik シャフィク・ベセギエ(フランス)
■楽曲:Sugarhill Gang - Remix by Maxime Rodriguez
Down The Road by C2C - Remix by Maxime Rodriguez
■プログラム:△
昨季、国内選手権2位、ユーロ9位、ワールド17位。今季、国内選手権優勝、ユーロ11位。
4T+3Tの予定が、3+2に。3Aの予定がダブルに。3LzはOK。
スピンのレベルは3、2V、3。ステップはレベル2。
ジャンプの回転は抜けてしまったが、体の動きはキレがあり、調子は悪くなさそう。氷上に手をついて踊る、ブレイクダンス風の振付や、小芝居が散りばめられた個性的なプログラムで、場内を沸かせていた。
61.06。

4 YAN Han ハン・ヤン(中国)
■楽曲:A Thousand Years by Christina Perri
■プログラム:○
昨季、四大陸10位。今季、GP中国及びGPアメリカ5位、国内選手権優勝、四大陸10位。
振付はローリー・ニコル。
3Aと4Tは転倒。3Lz+3Tはバランスを崩した。
スピンとステップは全てレベル4。
ジャンプ全てにミスが出てしまったが、スケーティングは素晴らしい。いや~ほんとかっこいいプログラムだわ~☆
77.10。

5 RIZZO Matteo マッテオ・リッツォ(イタリア)
■楽曲:Torno A Surriento by Il Volo
■プログラム:○
昨季、国内選手権2位、世界ジュニア11位、ワールド30位。今季、JGPエーニャ優勝、国内選手権優勝、ユーロ9位。
3Aは足をついた。3F+3Tはよかった。3LzはOK。
スピンとステップは全てレベル4。
演技後、笑顔でガッツポーズ!
動きがどんどん伸びやかに、大きくなっていき、終盤のステップシークエンスは、彼の体から歌声が流れ出しているかのようだった。
77.77。おお~、小さなミスがあったにもかかわらず、僅差とはいえ、ノーミスのジュンファンより上にきたか~。


●第2グループ
6 CHAN Patrick パトリック・チャン(カナダ)
■楽曲:Dust in the Wind by Kerry Livgren, performed by Kansas
■プログラム:△
昨季、GPファイナル5位、四大陸4位、ワールド5位。今季、GPカナダ4位、国内選手権三連覇。
4Tは転倒。3Lz+3Tの予定が、セカンドがダブルに。3Aは転倒。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル4。
最初の一蹴りで、「あ、なんか違う」と感じさせる、別格の滑りであった。
ジャンプは全て軸が斜めになってしまった。本田さん曰く、「いつもより力んでしまったかな」とのこと。
81.66。2回転倒して80点超え。さすが。

7 BYCHENKO Alexei アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
■楽曲:Hava Nagila (Jewish Folk Song)
■プログラム:○
昨季、GPロステレ3位、ユーロ5位、ワールド10位。今季、NHK杯3位、GPフランス5位、国内選手権三連覇、ユーロ5位。
3A、4T、3Lz+3Tと、クリーンに着氷。
スピンのレベルは3、2、4。ステップはレベル3。
最後まで生き生きと、元気いっぱいに滑っていた。終盤のステップシークエンスは、本当に楽しそうに演じていて、見ているこちらも幸せな気分に。
88.49でPB更新。キスクラ大喜び。

8 CHEN Nathan ネイサン・チェン(アメリカ)
■楽曲:Nemesis by Benjamin Clementine
■プログラム:○
昨季、GPファイナル2位、四大陸優勝、ワールド6位。今季、GPロステレ及びGPアメリカ優勝、GPファイナル優勝、全米二連覇。
衣装は全米FS衣装だけど、ファスナーが目立たなくなってるよね? 着ぐるみ感が消え、よかったんじゃなかろうか(笑)。
4F+3Tの予定が、ファーストの流れが止まり、セカンドがダブルに。4Tの予定がダブルになり、ノーバリュー。3Aは転倒。
スピンとステップは全てレベル4。
…う~ん、彼がこんなにジャンプをミスするの、久々に見たわ。動きや滑りはよかったし、音楽表現はかっこよかったんだけどなぁ。
80.61。

9 KOLYADA Mikhail ミハイル・コリヤダ(OAR)
■楽曲:Piano Concerto No. 23 in A Major by Wolfgang Amadeus Mozart
Tango
■プログラム:○
昨季、ユーロ3位、ワールド8位。今季、GPロステレ3位、GP中国優勝、GPファイナル3位、国内選手権二連覇。
4Lzと4Tは転倒。3Aの予定がシングルに。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル4。
すべてのジャンプでミス…しかも転倒2回に1Aとは…。動きはキレがあり、なめらかでよどみなかったんだけどなぁ…。いやな流れが続いている…。
74.36。

10 UNO Shoma 宇野 昌磨(日本)
■楽曲:Winter (from "Four Seasons") by Antonio Vivaldi
■プログラム:○
昨季、GPファイナル3位、四大陸3位、ワールド2位。今季、GPカナダ優勝、GPフランス2位、GPファイナル2位、全日本二連覇、四大陸2位。
ドキドキする~。いやな流れを断ち切ってほしい。
4Fは両足着氷でお手つき。4T+3Tはよかった。3Aは素晴らしい。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
動きがキレッキレで、よく滑っていた。音の緩急をみごとに表現していて、音楽を操る魔法使いみたいだった。
103.25。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 UNO Shoma JPN 103.25
2 BYCHENKO Alexei ISR 88.49
3 CHAN Patrick CAN 81.66
4 CHEN Nathan USA 80.61
5 RIZZO Matteo ITA 77.77
6 CHA Junhwan KOR 77.70
7 YAN Han CHN 77.10
8 KOLYADA Mikhail OAR 74.36
9 FENTZ Paul GER 66.32
10 BESSEGHIER Chafik FRA 61.06


◆総評
会場のカラーは紫で統一されていて、きれい。
天井カメラ、撃墜したい…。スピンを真上から映しても、まっったく美しくないんですよ!?
全体的にみんなよく滑っていたと思う。ジャンプのミスが多かったのは、めずらしい午前中の滑走だったからかなぁ。

SP1位は昌磨くん。オリンピック初出場のはずだが、もう5回くらい出場してそうなほど落ち着いている(笑)。演技後も、「全日本のほうが緊張した」とコメントしていた。

2位はビチェンコ。30歳になったばかりだが、ジュニア選手のように元気いっぱいで、勢いがある。

3位はパトちゃん。滑りは相変わらず素晴らしいけど、ジャンプがねぇ…。これから調子が上がってくるといいのだが。

4位はネイサン。4Lzを入れないのはどうしてなんだろう。どこか傷めているのだろうか。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR