平昌オリンピック2018 団体戦2日目 アイスダンスSD

平昌オリンピック2018 リザルト
韓国の平昌にて開催。アイスダンスSDは、現地時間2018年2月11日(日)に行われた。
テレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
解説は河合彩さん、実況は中村光宏さん。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 TANKOVA Adel / ZILBERBERG Ronald ISR アデル・タンコワ / ロナルド・ジルバーベルク(イスラエル)
■楽曲:Cha Cha: Banca Banca
Samba: Mas Que Nada
Cha Cha: Banca Banca
■プログラム:△
17歳と21歳。昨季、国内選手権2位、ユーロ30位。今季、国内選手権優勝、ユーロ28位。
パターンはレベル1。ピーエスティーはレベル1。
特にミスはなかったように見えたが、ジャッジスコアを見ると、ステップ系は全てGOEマイナス。河合さん曰く、「エッジが浅い」とのこと。
44.61。

2 LORENZ Kavita / POLIZOAKIS Joti カヴィタ・ローレンツ / ヨティ・ポリゾアキス(ドイツ)
■楽曲:Salsa: Aguanile by Willie Colon, Hector Lavoe performed by Marc Anthony
Rhumba: Mil Pasos (Kizomba Remix) by Soha
Samba: Magalenha by Antonio Carlos performed by Sergio Mendes
■プログラム:△
二人とも22歳。2015年の春に結成。昨季、ユーロ14位、ワールド19位。今季、GPカナダ8位、国内選手権三連覇。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル3。
STw3の回転が少しずれたが、全体的には動きにキレがあり、調子は良さそう。
56.88。

3 MIN Yura / GAMELIN Alexander ミン・ユラ / アレクサンダー・ガメリン(韓国)
■楽曲:Samba: Despacito performed by Luis Fonsi
Rhumba: My All
Samba: Mujer Latina performed by Thalia
■プログラム:△
2015年に結成。昨季、四大陸8位、ワールド20位。今季、国内選手権二連覇、四大陸7位。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル3。
STw1のサードで女性の回転が止まってしまった。NtMiSt2は問題ないように見えたのだが、GOEマイナス。
母国開催のオリンピックで、めっちゃ気合が入っているのがよく伝わってきた。
女性の背中のホックが外れていて、胸元がきわどいことに(///)。
51.97。

4 WANG Shiyue / LIU Xinyu シーユエ・ワン / シンユー・リウ(中国)
■楽曲:Rhumba: Despacito
Samba
■プログラム:△
昨季、四大陸7位、ワールド16位。今季、GP中国6位、GPアメリカ8位、国内選手権優勝、四大陸5位。
パターンはレベル1。ピーエスティーはレベル2。
体がよく動いていたし、キレも勢いもあって、今季ベストの演技だと思ったんだけどなぁ。パターンがレベル1かぁ…(ため息)。
河合さん曰く、「今季ひざの使い方が良くなり、やわらかい表現がうまくなった」とのこと。
56.98。

5 LAURIAULT M / LE GAC R マリー=ジャード・ローリオ / ロマン・ルギャック(フランス)
■楽曲:Salsa: Salsation by David Shire
Rhumba: No Hay Problema by Pink Martini
Salsa: Salsation by David Shire
■プログラム:△
昨季、国内選手権2位、ユーロ12位、ワールド21位。今季、GPロステレ及びNHK杯8位、国内選手権2位、ユーロ12位。
パターンはレベル1。ピーエスティーはレベル2。
レベルは取れてなかったけど、前半のピーエスティーとパターンは、ねっとり感が増し増しで良かった。最後のRoLi4では場内から歓声が上がっていた。初めて見たときは、わたしも驚いたもんな~。
57.94。


●第2グループ
6 MURAMOTO Kana / REED Chris 村元 哉中 / クリス・リード(日本)
■楽曲:Cha Cha: I Like It Like That by Pete Rodriguez
Rhumba: Mondo Bongo by Joe Strummer
Samba: Batucada de Sambrasil by Estudios Talkback
■プログラム:△
2015年に結成。昨季、四大陸9位、ワールド23位。今季、NHK杯9位、GPアメリカ7位、全日本三連覇、四大陸3位。
パターンはレベル1。ピーエスティーはレベル3。
STw4は回転が速くそろっていたように見えたのだが、-1を出したジャッジが二人いる。NtMiSt3はフェンスに近寄りすぎたが、動きは問題なかったのではなかろうか。最後のRoLi3に場内が沸いていた。
大きい滑りで、最後まで勢いがあった。
62.15。

7 SHIBUTANI Maia / SHIBUTANI Alex マイア・シブタニ / アレックス・シブタニ(アメリカ)
■楽曲:Mambo: Mambo No. 5 by Perez Prado
Cha Cha: Cherry Pink And Apple Blossom White by Perez Prado
Samba: Mambo Jambo/Mambo No. 8 by Perez Prado
■プログラム:△
2004年に結成。昨季、GPファイナル3位、全米二連覇、四大陸2位、ワールド3位。今季、GPロステレ及びGPアメリカ優勝、GPファイナル3位、全米2位。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル3。
彼らでもパターンでレベル4とれないとは、テクニカル、めっちゃ厳しいな~。
小気味よい、歯切れよい動きで、曲想とリズムをよく表現していた。
75.46。

8 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca アンナ・カッペリーニ / ルカ・ラノッテ(イタリア)
■楽曲:Cha Cha: Kaboom performed by Ursula 1000
Samba: Skip to the Bip performed by Club des Belugas
Samba: 1008 Samba
■プログラム:△
昨季、NHK杯3位、ユーロ2位、ワールド6位。今季、NHK杯3位、GPアメリカ2位、GPファイナル6位、国内選手権七連覇、ユーロ4位。
パターンはレベル3。ピーエスティーはレベル3。
STw4は、河合さん曰く、「3つ目のツイズルは女性がちょっと止まってしまった」とのこと。RoLi4の直後、女性のお尻が氷についてしまい、転倒扱いに。
生き生きと楽しく踊っていたのだが、もったいないミスが出てしまった。
72.51。

9 VIRTUE Tessa / MOIR Scott テッサ・ヴァーチュー / スコット・モイヤー(カナダ)
■楽曲:Samba: Sympathy for the Devil by Mick Jagger, Keith Richards performed by The Rolling Stones
Rhumba: Hotel California by Don Felders, Don Henley, Glenn Frey performed by Eagles
Cha Cha: Oye Como Va by Tito Puente performed by Santana
■プログラム:△
1997年に結成。バンクーバー五輪優勝。ソチ五輪2位。昨季、GPファイナル優勝、四大陸優勝、ワールド優勝。今季、GPカナダ及びNHK杯優勝、GPファイナル2位、国内選手権二連覇。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル4。
「あー、動きがこれまでの組とは何か違う」と感じる、別格の滑りだった。そんなな彼らでも、ノンタッチとパターンでレベル4がとれないとは。どんだけ厳しいテクニカルなんだ。
80.51。

10 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri エカテリーナ・ボブロワ / ドミトリー・ソロビエフ(OAR)
■楽曲:Rhumba: Latin Lover by Joao Bosco
Samba: Dance by DJ Maksy
Samba: Quand je vois tes yeux by Dany Brilliant
■プログラム:△
2000年11月に結成。昨季、GPファイナル4位、ユーロ3位、ワールド5位。今季、GPロステレ2位、GP中国3位、ユーロ2位。
パターンはレベル2。ピーエスティーはレベル3。
今日も今日とて、ぐいんぐい~んとよく滑っていた。
74.76。


◆SD順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 VIRTUE Tessa / MOIR Scott CAN 80.51
2 SHIBUTANI Maia / SHIBUTANI Alex USA 75.46
3 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri OAR 74.76
4 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca ITA 72.51
5 MURAMOTO Kana / REED Chris JPN 62.15
6 LAURIAULT M / LE GAC R FRA 57.94
7 WANG Shiyue / LIU Xinyu CHN 56.98
8 LORENZ Kavita / POLIZOAKIS Joti GER 56.88
9 MIN Yura / GAMELIN Alexander KOR 51.97
10 TANKOVA Adel / ZILBERBERG Ronald ISR 44.61


◆総評
パターンのレベルが皆とれず、レベル4をとったカップルが一組もいなかった。き、厳しい…。

SD1位はヴァーチュー&モイヤー。「ま、そうでしょうな」という貫禄の演技であった。ただ、全てのエレメンツでレベル4が取れなかったので、個人戦の優勝争いを考えると、不安要素ではある。

2位はシブタニ兄妹。「どうかしてる」と思うレベルのユニゾンが、相変わらず素晴らしい。彼らもレベルの取りこぼしがあったので、個人戦に向けて要修正ですな。

3位はボブロワ&ソロビエフ。シブタニ兄妹とは1点差もない。TESもPCSも僅差。個人戦はどうなるか。

4位はカッペリーニ&ラノッテ。ボブロワ&ソロビエフの下にランク付けされちゃったなぁ。演技はとってもチャーミングなんだけどなぁ。

5位はわれらが哉中&クリス。レベルはいろいろ取りこぼしてしまったが、それでも60点超え。地力がついてきた証拠だと思う。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR