FC2ブログ

平昌オリンピック2018 団体戦3日目 アイスダンスFD

平昌オリンピック2018 リザルト
韓国の平昌にて開催。アイスダンスFDは、現地時間2018年2月12日(月)に行われた。
テレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
解説は河合彩さん、実況は中村光宏さん。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




1 MURAMOTO Kana / REED Chris 村元 哉中 / クリス・リード(日本)
■楽曲:The Last Emperor (soundtrack) by Ryuichi Sakamoto
Merry Christmas Mr. Lawrence by Ryuichi Sakamoto
■プログラム:○
前半のCiSt1で男性が転倒。ノー!!(泣) 後半のダイアゴナルはレベル3。
転倒は残念だったが、他はとても素敵だった。あっという間に終わってしまった。
河合さん曰く、「転倒前は少し慎重になっている印象を受けたが、転倒した後は、かえって吹っ切れたようにだんだんスピードが上がっていったのは良かった」とのこと。
87.88。

2 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca アンナ・カッペリーニ / ルカ・ラノッテ(イタリア)
■楽曲:Buon Giorno Principessa (from "La Vita e Bella" soundtrack) by Nicola Piovani
Life Is Beautiful (from "La Vita e Bella" soundtrack) by Nicola Piovani, arranged & performed by Mi Loco Tango
La Vita e Bella (from "La Vita e Bella" soundtrack) by Nicola Piovani arranged by Claudio Mandonico
■プログラム:○
女性が白の衣装に戻した。
ステップは両方レベル3。
SlLi2のレベル取りこぼしがもったいない。リフト自体はきれいで素敵なんだけどなぁ。
後半のDiSt3は、一緒に滑ってるけど、プログラムの中の世界では離れ離れなんだろうな~というのが伝わってくる。物語る力はアイスダンス界でも一、二位を争うカップルだわ。本当に素晴らしい。
107.00。現時点で1位。

3 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri エカテリーナ・ボブロワ / ドミトリー・ソロビエフ(OAR)
■楽曲:Oblivion by Astor Piazzolla performed by Two Cellos
Beethoven's Five Secrets by The Piano Guys
■プログラム:○
ステップは両方レベル3。
演技後、片手で男性とハイタッチしたときの、女性の表情と所作がめっちゃ漢前だった。演技中とのギャップが激しくて最高(笑)。惚れる☆
ユーロからさらに仕上げてきたな~。素敵~☆ 最初から最後までうっとりと見入るばかりである。
110.43。現時点で1位。アメリカの銅メダル確定。

4 SHIBUTANI Maia / SHIBUTANI Alex マイア・シブタニ / アレックス・シブタニ(アメリカ)
■楽曲:Paradise by Coldplay
■プログラム:△
ステップは両方レベル3。
演技後、二人ともガッツポーズ。
GPファイナル、全米と、あまり良くない演技が続いていたのだが、今回は良かったと思う。でも、そういう目で見てしまうからかもしれないが、後半のステップは、ちょっと慎重になって、あまりスピードが出ていなかったように感じた(本人比で)。スーパーツイズルの後、もう一息このステップでハイライトが作れると最高なのだが。
河合さんが、「RoLi4の回転がいつもよりゆっくりだった」と言うので、再度見てみたのだg、確かに序盤の回転が少しゆっくりめだったかなぁ。
112.01。現時点で1位。

5 VIRTUE Tessa / MOIR Scott テッサ・ヴァーチュー / スコット・モイヤー(カナダ)
■楽曲:El Tango de Roxanne (from "Moulin Rouge" soundtrack)
Come What May (from "Moulin Rouge" soundtrack)
■プログラム:△
ステップは両方レベル3。彼らでさえレベル4が取れないとは…。
演技後、場内大歓喜。
うん…素晴らしいんだけど…確かに素晴らしいんだけど、わたしはGPファイナル版のほうが好きだったなぁ。終盤、女性が息絶えていく様子の表現が大好きだったもので…。
118.10。


◆FD順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 VIRTUE Tessa / MOIR Scott CAN 118.10
2 SHIBUTANI Maia / SHIBUTANI Alex USA 112.01
3 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri OAR 110.43
4 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca ITA 107.00
5 MURAMOTO Kana / REED Chris JPN 87.88


◆総評
天井カメラ、マジで撃ち落としたい…。リフトを上から撮るの台なしだよ…。ほんとやめてほしい…すごくストレスフル…(泣)。

ステップでレベル4をとれた組が皆無であった…。やっぱテクニカル厳しいんだなぁ。

さて、FD1位はヴァーチュー&モイヤー。カナダは他のカップルも強いんだから、フリーは彼らを温存しても良かったと思うんだけど、そうしなかった。カナダの本気度が熱い。
個人的には前の構成の方が好きだったが、新しい構成の方が盛り上がるし得点も出やすかろうというのは分かる。

2位はシブタニ兄妹。SDに引き続き、ユニゾンの高まりがすごい。

3位はボブロワ&ソロビエフ。PCSは僅差だが、シブタニ兄妹より上! 確かに、うまく説明できないけど、とにかくすごかったもんなぁ…。これくらいハイレベルに素晴らしいと、もう「すごい」としか言いようがない。

4位はカッペリーニ&ラノッテ。素晴らしい演技だと思うんだけど、トップのカップルの中では格付けが下がってきている印象なのが気にかかる。

5位は哉中&クリス。サーキュラーで転倒したにもかかわらず、PCSは7点台が出ているのは好材料ではなかろうか。個人戦ではクリーンな演技ができますように!


◆団体戦順位
左から順位、国名、国名コード、総合ポイントの順に記されている。
1 Canada CAN 73
2 Olympic Athlete from Russia OAR 66
3 United States of America USA 62
4 Italy ITA 56
5 Japan JPN 50

カナダは初優勝、おめでとう!! 全種目ショートもフリーも惜しみなくエースを投入し、マジでガチに団体優勝をもぎ取りにきて、みごと達成!! 余計なお世話ながら、個人戦は大丈夫なのかと心配になるが、会場セレモニーで嬉しそうな選手たちを見ていたら、そのリスクを冒す価値があったんだなと思えた。個人的に、パトちゃんがオリンピックの金メダルを獲得できたのが心からしみじみと嬉しい。

2位はロシアからやってきた人たち。ロシアは前回のソチで優勝してるからか、カナダほどガチではこなかったので、その差が出ただろうか。ま、でも十分強かった。

3位はアメリカ。男子SPのネイサンがらしくない演技をしてしまったが、他のメンバーが補いあって、表彰台を確保。特に女子二人の安定感と強さが印象に残っている。

4位はイタリア。ベテランも若手も頑張って、個人戦につながる演技を見せた。特にリッツォは素晴らしかったわ~。ただ、イタリアは男子以外みなベテランなので、今季以降、世代交代がありそう。次の北京はどうなるだろうという心配が残る。

5位は日本。まぁ事前から分かっていたことだが、現時点ではやはり表彰台への道のりは遠い。でも、今コツコツ経験を積むことが、いつかきっと表彰台につながると思う。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR