平昌オリンピック2018 個人戦7日目 女子SP

平昌オリンピック2018 リザルト
韓国の平昌にて開催。女子SPは、現地時間2018年2月21日(水)に行われた。
テレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
解説は八木沼純子さん、実況は進藤潤耶アナ。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 TENNELL Bradie ブレイディー・テネル(アメリカ)
■楽曲:Taeguki by Lee Dong-Jun
■プログラム:△
3Lz+3Tは転倒。3Loと2Aはよかった。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル4。
滑り出して、「あれ、ちょっと動きが硬いかな」と思って見ていたら、連続ジャンプで転倒!! ギャー!! 今季、彼女が転倒するのを初めて見たのはもちろん、いつぶりだっけ? と考え込むぐらい覚えがない。…やっぱ第一滑走で緊張しちゃったかなぁ。でも、その後、崩れないのが実力者の証。
64.01。おお、転倒してこの得点は悪くない。評価されてるな~。

2 WILLIAMS Isadora イサドラ・ウィリアムズ(ブラジル)
■楽曲:Hallelujah performed by K. D. Lang
■プログラム:△
生まれも練習拠点もアメリカ。
3Lz+2TタノはOK。3Loはまずまず。2AはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
演技後、力強くガッツポーズ。
今季、彼女の演技を見るのは、これが初めてだが、かなり上手になっていて驚いた。エレメンツの質も悪くなかったし、やわらかく伸びやかな曲想を、全身を使ってよく表現していたと思う。
55.74でPB更新。

3 KHNYCHENKOVA Anna アンナ・フニチェンコワ(ウクライナ)
■楽曲:Sorongo
Street Passions by Didulia
■プログラム:△
2AはOK。3T+3Tと3Lzは転倒。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル2。
パキパキッとした、力強い動きが見られ、フラメンコらしさは出せていたと思う。
47.59。

4 NIKITINA Diana ディアナ・ニキチナ(ラトビア)
■楽曲:Soldier Of Love by Sade
■プログラム:△
もうすっかり大人の女性の体形に。めっちゃスタイルいい。
3Lz+3T<は片足で下りてはいた。3Loはステップから直ちに跳んでいないと見なされたのか、GOEマイナス。2A<は片足で下りてはいた。
スピンのレベルは3、2V、4。ステップはレベル3。
ジャンプを慎重に跳んでいるなぁという印象を受けた。エレメンツに集中していて、表現の方は淡白だったかな~。まぁでも、フリーに進むためにはまずエレメンツをきっちりやることが大事だもんね。
51.12でSB更新。

5 KIM Hanul キム・ハヌル(韓国)
■楽曲:The Piano (soundtrack)
■プログラム:△
3Lz+3T<はぐらついた。3Lo<は高さがなかった。2AはOK。
スピンは全てレベル4。どのスピンも回転がとても速い。ステップはレベル2。
四大陸と比べると、やっぱ緊張してたかなぁ。そりゃそうだ。母国開催のオリンピックだもの。
54.33。ああ…フリーに進めるだろうか。

6 OESTLUND Anita アニータ・オストルンド(スウェーデン)
■楽曲:Carmen Fantasie by David Garrett
■プログラム:△
3Lzの予定がシングルに。3T+3Tはバランスを崩した。2AはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
演技後、両手で顔を覆う。
冒頭の3Lzの抜けから立ち直れなかったかなぁ。いつもはもっとシャープに動けてる気がする。体の動きが少し限定的に感じた。
49.14。キスクラでめっちゃ悲しそう…(涙)。


●第2グループ
7 LI Xiangning シャンニン・リー(中国)
■楽曲:Nuovo Cinema Paradiso
■プログラム:○
3Fは転倒。3Lz<+2Tはリカバリー。2AはOK。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル3。ふんわりやわらかい動きで、曲想をよく表現していた。緩急の表現もよかった。
彼女の転倒を見たのも久々な気がする…。ミスの連鎖が…。でもスピンはいつものごとく素晴らしい出来栄え。特に最後のレイバックはとっても美しかった。
52.46。

8 PAGANINI Alexia アレクシア・パガニーニ(スイス)
■楽曲:Forbidden Love (from "Romeo and Juliet" soundtrack) by Abel Korzeniowski
■プログラム:△
3T+3T、3Lo、2Aと、クリーンに着氷。
スピンのレベルは3、3、4。ステップはレベル2。音をよくとらえて大きく動けていたが、スタンブルがあり、GOEマイナス。
演技後、ガッツポーズ。
ようやくジャンプがクリーンに入った! いやな流れを止めた!
ユーロのときはちょいせかせか滑っている印象を受けたのだが、今回はそんなこともなく、曲想をよく表現していて、素敵な演技だった。
55.26でPB更新。

9 MAMBEKOVA Aiza アイザ・マムベコワ(カザフスタン)
■楽曲:Amanama by DJ Antoine ft. Timati
Hourshaker Radio Edit
■プログラム:△
3S<+2Tは片足で下りてはいた。3T<<はぐらついた。2Aはまずまず。
スピンのレベルは4V、3、4。ステップはレベル3。独創的な曲想をよく表現していた。
演技後、ガッツポーズ。
腕のしなる動きが美しい。彼女のボディームーブメント、好きなんだよね~。ジャンプがきっちり回れるようになるといいな~。
44.40でPB更新。

10 PELTONEN Emmi エミー・ペルトネン(フィンランド)
■楽曲:Tango Jalousie by Jacob Gade
■プログラム:○
3T+3Tは高さがあった。3Loは転倒。2AはOK。
スピンのレベルは1、2、4。FSSp2は、何がいけなかったのかGOEマイナス。ステップはレベル3。全身を使って、音の緩急をよく表現している。超かっこいい。
まだ十代なのに、成熟したタンゴの表現が素晴らしい。大人の色気が滴るような演技だった。
55.28でPB更新。

11 AUSTMAN Larkyn ラーキン・オーストマン (カナダ)
■楽曲:Mein Herr (from Cabaret)
■プログラム:○
3S+3T<は転倒。3Fはステップから直ちに跳んでいないと見なされたのか、GOEマイナス。2Aはこらえた。
スピンのレベルは4、2、4。ステップはレベル2。音をよくとらえている。
カナダ代表の3枠目をつかみ取っただけあって、とても上手になっており、驚いた。スピードがよく出ていたし、コケティッシュな振付をキレよく、魅力たっぷりに行っていた。ジャンプのミスが残念でならない。
51.42でPB更新。

12 MEITE Mae Berenice マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
■楽曲:Halo by Beyonce, cover version by Jasmin Thompson
Run the World (Girls) by Beyonce
■プログラム:△
3F+2Tはファーストがお手つき。3Loはステップから直ちに跳んでいないと見なされたのか、GOEマイナス。2AはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。ダンサブルな打楽器の音をよくとらえている。
序盤しっとり、中盤からアップテンポな曲想に変化するのだが、その違いをよく演じ分けていたと思う。
53.67。


●第3グループ
13 CRAINE Kailani カイラニ・クレイン(オーストラリア)
■楽曲:Dream a Little Dream of Me performed by Ella Fitzgerald
One Day (Swingrowers Remix) performed by Caro Emerald
■プログラム:○
3Fはステップから直ちに跳んでいないと見なされたのか、-1を出したジャッジが2人いる。GOEはちょいプラス。3Lo+2Tはまずまず。2AタノはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
四大陸で調子が良くなさそうだったので、心配していたのだが、オリンピックに向けてきっちり仕上げてきた。表情豊かに軽快に演じていて、とってもチャーミングな演技だった。
56.77。

14 TOTH Ivett イヴェット・トス(ハンガリー)
■楽曲:Back in Black performed by AC DC
Thunderstruck performed by AC DC
■プログラム:△
現在、練習拠点はスイスとのこと。
3T+3TはOK。3Lz<<は両足着氷。2AはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
かなりロックな選曲にしては、序盤、元気が足りないな~と思って見ていたのだが、ステップは躍動感あふれる動きで、激しい曲想をよく表現していた。
53.22でSB更新。

15 RUSSO Giada ジャーダ・ルッソ(イタリア)
■楽曲:Eyes Wide Shut (soundtrack)
■プログラム:△
3Fはステップから直ちに跳んでいないと見なされたのか、GOEマイナス。3Sは転倒。2Aはまずまず。
スピンとステップは全てレベル4。ピアノの音を独創的に表現していて印象深い。
彼女の音楽表現とボディームーブメントには、実に魅了される。ジャンプさえ決まればなぁ…(ため息)。
50.88でSB更新。

16 HENDRICKX Loena ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)
■楽曲:Frozen performed by Madonna
■プログラム:○
3Lzタノ+3T<は惜しかった。2AはOK。3Fの予定がシングルになり、ノーバリュー。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。肩の可動域がすごい。なんであんなに大きく動かせるんだ。
演技後、自分への怒りをあらわに。チャーミングな印象の選手だけど、やっぱアスリートなんだなぁ。
「この大舞台で3Lz+3Tやってきたーー!!」と興奮して見ていたら、1Fになってしまった…嗚呼!!(泣)
スピードに乗ってよく滑っていたし、体を自由自在に動かして、かっこいい曲想をかっこよく表現していた。
55.16でSB更新。

17 SCHOTT Nicole ニコル・ショット(ドイツ)
■楽曲:Nella Fantasia by Ennio Morricone performed by Jackie Evancho
■プログラム:◎
3FはOK。3T+3Tは軸が曲がったのでひやっとしたが、クリーンに着氷。2AはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
最後のLSp4、天井カメラから撮られた~(泣)。
わたしが見る限り、ニコル・ショット史上最高の演技だったと思う。流れるような美しいスケーティングとエレガントなムーブメントにうっとり…☆ もううっとりと見入るばかりである。
59.20でSB更新。

18 RAJICOVA Nicole ニコル・ライチョヴァー(スロバキア)
■楽曲:Une page d'amour by Nathalia Mansner
■プログラム:○
3Lo+2Tはまずまず。3Lzと2AはOK。
スピンとステップは全てレベル4。曲想をみごとに表現していた。あーやっぱり彼女のステップ大好きだ☆
実況陣が咳ゴホゴホしてるんだけど大丈夫か。お水飲んでください。
3+3は入らなかったが、エレメンツをきっちりミスなくレベルの取りこぼしなくやってきた。
60.59。PBとほぼ同じ。3+2で60点台というのはすごい。評価されてるんだな~。


●第4グループ
19 SAKAMOTO Kaori 坂本 花織(日本)
■楽曲:Moonlight Sonata by Ludwig van Beethoven
■プログラム:○
3F+3Tはよかった。3Loはいつもより高さがなかったような。でも大丈夫。2Aはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。
演技後、ガッツポーズ。
後半、曲想が変わり、テンポアップしたピアノの奔流に乗って、スピードアップし、ジャンプを次々下りていくのがとっても爽快。
73.18でPB更新。ほっとした笑顔。緊張したよねぇ。よく頑張った!

20 NAGASU Mirai 長洲 未来(アメリカ)
■楽曲:Nocturne No. 20 in C Sharp Minor by Frederic Chopin performed by Catherine Manoukian
■プログラム:○
3Aは転倒。3F+3Tはよかった。3Loは少しつまった着氷になり、GOEマイナス。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
序盤、3Aと連続ジャンプを跳ぶ前のスピードがすさまじかった。
66.93でSB更新。

21 DALEMAN Gabrielle ガブリエル・デールマン(カナダ)
■楽曲:Habanera (from "Carmen") by George Bizet
■プログラム:○
ベテランの風格ただようギャビーだけど、まだ20歳。宮原さんと同い年なんだよね。
衣装が変更。前の好きだったけど、新しいのもかっこいい。
3T+3Tはお手つき。3Lzと2Aはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。
一風変わったアレンジの、女性ボーカル入りカルメンなんだけど、オシャレな感じというか、肩の力が抜けた感じがして、彼女にお似合いの素敵プロだと思う。
常のごとく、スピードびゅんびゅんで滑っていた。八木沼さん曰く、「一歩一歩がよく伸びる」とのこと。
68.90。

22 CHEN Karen カレン・チェン(アメリカ)
■楽曲:On Golden Pond (soundtrack) by Dave Grusin
■プログラム:○
3Lzはお手つき。3Lo+2Tタノでリカバリー。2Aはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。
スピンとスパイラルは相変わらず絶品である。絶品オブ絶品。
スピードに乗ってよく滑っており、とても気持ちのいい演技だった。
65.90。

23 TURSYNBAEVA Elizabet エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
■楽曲:Carmen Fantasie by Georges Bizet performed by David Garrett
■プログラム:△
ヒップの怪我からの回復はいかほどばかりか。
3Loの予定が、途中で開いてしまい、ダブルに。ノーバリュー。3S+3TはOK。2Aはよかった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
ジャンプやスピンを見るに、怪我の影響を多少感じるのだが、質の良いものもやっているし、スピードは出ていたし、ステップでは体がよく動いていた。
58.82。キスクラで、お母さんが菩薩のような顔で微笑んでいる。

24 CHOI Dabin チェ・ダビン(韓国)
■楽曲:Papa Can You Hear Me
■プログラム:○
去年、お母さんを亡くしているらしい。
3Lz+3T、3F、2Aと、クリーンに着氷。抒情的な曲想をしっとりとエレガントに演じている。
スピンとステップは全てレベル4。
安定している。ここまで、上位陣がジャンプにポロポロミスが出る中、まったく危なげない演技だった。団体戦を経験済みだとはいえ、母国開催かつ初出場のオリンピックで。…強いなぁ。
ジャンプの前にちょっと待つような動きがあるが、プログラムの流れを削ぐほどではないと思う。
67.77でPB更新。


●第5グループ
25 MEDVEDEVA Evgenia エフゲニア・メドベージェワ(OAR)
■楽曲:Nocturne by Frederic Chopin
■プログラム:○
3Fタノ+3T、3Lo、2Aタノと、クリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
滑り出しから非常になめらかで、極上の絹のよう。スピードもよく出ていた。
81.61でPB更新。歴代最高。

26 MIYAHARA Satoko 宮原 知子(日本)
■楽曲:Memoirs of a Geisha (soundtrack) by John Williams
■プログラム:○
3Lz+3Tと3LoはOK。2Aはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。
ジャンプのスロー映像を、「回転不足とられてないよねぇ~?」と、目を皿のようにして凝視したよ(泣笑)。
ステップ序盤の流し目をカメラがとらえた。あれは何となくとか偶然じゃなく、意図的にとらえようとしていたと思う。ぃやった~。
団体戦より伸びやかに大きく動けていたんじゃないかと思う。
75.94でPB更新。この大舞台で!! 日本女子も強い!!

27 OSMOND Kaetlyn ケイトリン・オズモンド(カナダ)
■楽曲:Sous le ciel de Paris by Hubert Giraud performed by Edith Piaf
Milord by Marguerite Monnot performed by Edith Piaf
■プログラム:○
3F+3Tは素晴らしい。3Lzは軸が一瞬外れたけどノープロブレム。2Aは素晴らしい。
スピンとステップは全てレベル4。
ジャンプはどれもゴージャス。彼女のジャンプはすごいスピードから飛距離と高さのあるジャンプが繰り出されていて、最高に気持ちいい。最高オブ最高☆
スケーティングと音楽表現は常のごとく素晴らしい。
78.87でPB更新。キャー!! 自己ベストの演技が続いてる!! すごい!!

28 ZAGITOVA Alina アリーナ・ザギトワ(OAR)
■楽曲:Black Swan (soundtrack) by Clint Mansell
The Middle of the World by Nicholas Britell ("Moonlight" soundtrack)
Black Swan (soundtrack) by Clint Mansell
■プログラム:△
3Lz+3Lo、3Fタノ、2Aと、クリーンに着氷。
演技後、笑顔でガッツポーズ。おや、めずらしい(笑)。
何も文句のつけようがない。最終グループのこれまで滑った3選手同様、プログラムの流れにエレメンツが溶け込んでいる。そのエレメンツの質が半端なく高い。
82.92でPB更新。歴代最高、再び。

29 KOSTNER Carolina カロリーナ・コストナー(イタリア)
■楽曲:Ne me quitte pas by Jacques Brel, performed by Celine Dion
■プログラム:◎
コストナーさんもこのPB演技の波に乗りたい。
3F+2Tはよかった。3Loはお手つき。2Aは素晴らしい。
スピンとステップは全てレベル4。
3+3は入らなかったものの、スケーティングが…音楽表現が…ああ…もう言葉がない。パトちゃんのスケーティングともまた違うんだよね…。パトちゃんのは浮いてるみたいなんですよ。コストナーさんのはそうじゃなくて…うん…ああ…わたしの貧困な語彙力では説明できない!!
73.15。キスクラにローリーがいる!

30 SOTSKOVA Maria マリア・ソツコワ(OAR)
■楽曲:Swan Lake by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:△
3Lzタノは転倒。3Fタノ+3T<タノは、ファーストがきれいな着氷ではなかったのに、セカンド3Tをつけたところに、ロシア代表の強さを見た。2Aはよかった。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
エレガントで素敵な演技だったが、やはり転倒の影響は否めなかったかな~。緊張したよね。初出場のオリンピックで最終滑走だもん。
63.86。ぐっは~、厳しい。でもSP12位で後半グループにギリで入れてよかった。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点、クオリファイの順に記されている。
1 ZAGITOVA Alina OAR 82.92 Q
2 MEDVEDEVA Evgenia OAR 81.61 Q
3 OSMOND Kaetlyn CAN 78.87 Q
4 MIYAHARA Satoko JPN 75.94 Q
5 SAKAMOTO Kaori JPN 73.18 Q
6 KOSTNER Carolina ITA 73.15 6 Q
7 DALEMAN Gabrielle CAN 68.90 Q
8 CHOI Dabin KOR 67.77 8 Q
9 NAGASU Mirai USA 66.93 Q
10 CHEN Karen USA 65.90 Q
11 TENNELL Bradie USA 64.01 Q
12 SOTSKOVA Maria OAR 63.86 Q
13 RAJICOVA Nicole SVK 60.59 Q
14 SCHOTT Nicole GER 59.20 Q
15 TURSYNBAEVA Elizabet KAZ 57.95 Q
16 CRAINE Kailani AUS 56.77 Q
17 WILLIAMS Isadora BRA 55.74 Q
18 PELTONEN Emmi FIN 55.28 Q
19 PAGANINI Alexia SUI 55.26 Q
20 HENDRICKX Loena BEL 55.16 Q
21 KIM Hanul KOR 54.33 Q
22 MEITE Mae Berenice FRA 53.67 Q
23 TOTH Ivett HUN 53.22 Q
24 LI Xiangning CHN 52.46 Q
25 AUSTMAN Larkyn CAN 51.42
26 NIKITINA Diana LAT 51.12
27 RUSSO Giada ITA 50.88
28 OESTLUND Anita SWE 49.14
29 KHNYCHENKOVA Anna UKR 47.59
30 MAMBEKOVA Aiza KAZ 44.40


◆総評
昨季ワールドのフリー通過ラインは54.83、本大会は52.46。他のカテゴリは全て上がったのに、女子だけは下がっている。フリー進出を目指している選手たちに、ミスが多く出てしまったからだろうか。

さて、事前の予想通り、優勝争いは、SP1位のザギトワと2位のメドさんの一騎打ちとなった。両者が歴代最高得点を更新し合うという、超ハイレベルな展開である。TESはザギトワ、PCSはメドさんが上だが、ザギトワのPCSがメドさんに近づきつつあるので、FSはザギトワがやや有利だろうか。

3位はオズモンド。彼女は彼女ですっっばらしい演技だった。FSもクリーンに滑れば、まず表彰台は堅いと思うが、わたし、彼女がFSでミスなく滑るの、見たことないんだよね。昨季のワールドで銀メダルをとったときも、FSはミスがあったし。この大舞台でノーミス演技が見られるだろうか。

4位の宮原さんと5位の花織ちゃんは、それぞれベストを尽くしてくれた。日本の選手が2人ともFSを最終グループで滑れるなんて! 幸せ~☆

6位はコストナーさん。ミスがあっても、PCSはメドさんに次いで2位。確かに極上のスケーティングだったもんなぁ…(ため息)。FSはクリーンな演技が見たい。はげしく見たい。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR