平昌オリンピック2018 個人戦8日目 女子FS

平昌オリンピック2018 リザルト
韓国の平昌にて開催。女子FSは、現地時間2018年2月23日(金)に行われた。
テレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
解説は八木沼純子さん、実況は進藤潤耶アナ。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 PAGANINI Alexia アレクシア・パガニーニ(スイス)
■SP順位:19,得点:55.26
■楽曲:Phantom Fantasia - The Phantom of the Opera by Anthony Inglis
■プログラム:△
名前を呼ばれる前の表情が不安げ。第一滑走だもん、緊張するよね。がんばれがんばれ。
3Lz+3Tはまずまず。2A+1Lo<+3S<は流れはあった。3Lo<はシェイキーな着氷。2Aはきれいに下りたように見えたのだが、GOEちょいマイナス。
スピンのレベルは4、2、4。FCLSp2は少しトラベリングし、GOEマイナス。ステップはレベル3。
冒頭の3Lz+3T、決まったー!! ここでジャンプの難度を上げてくるとは。すごい。
前半のコレオは、朗々と歌う女性ボーカルをやわらかく体を動かして、よく表現していた。後半のステップは疲れたのか、動きが小さく、鈍くなってしまった。
フリー101.00、総合156.26。

2 HENDRICKX Loena ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)
■SP順位:20,得点:55.16
■楽曲:Differente by Gotan Project
■プログラム:○
3Sタノ+2Tタノ+2Loタノは足をつくのが少し早い。2A+2Loは着氷が乱れた。3Sは少しバランスを崩した。後半のジャンプにミスが続いた。
スピンとステップは全てレベル4。どのスピンも回転が速く軸がぶれず、ポジションが美しい。ステップは体を大きく立体的に動して、曲想をよく表現していた。コレオは音にはまった動きが気持ちよかった。
フリー116.72、総合171.88。

3 MEITE Mae Berenice マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
■SP順位:22,得点:53.67
■楽曲:Les Nocturnes de Chopin
Happy by C2C
■プログラム:△
3Fはこらえた。3Loもこらえた。3Lzは転倒。3Sはこらえた。
スピンのレベルは4、4、3。後2つのスピンの軸が少しぶれた。
動きやジャンプに重さを感じた。コンディションが万全ではないのかも。
前半と後半でガラッと曲想が変わるのだが、彼女に合っているのは明らかに後半のアップテンポの方だと思う。だから後半の曲1つでプログラムを作ればいいのに、と思わないでもないが、表現の幅を広げるために、あえて前半にしっとりした曲想を使っているのかも。
フリー106.25、総合159.92。

4 KIM Hanul キム・ハヌル(韓国)
■SP順位:21,得点:54.33
■楽曲:Mamma Mia (soundtrack)
■プログラム:△
3Fに!がつき、ステップアウト。3連続の予定だったが、入らなかったので、2A+2T+2Loにしてリカバリー。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
演技後、ガッツポーズ。
リンクの出入り口まで来て、コーチの顔を見るなり泣き出し、ハグ。母国開催のオリンピックだもの、めっちゃ緊張したんだろうな~。
今できることをほぼやり切れたのではなかろうか。最初から最後までスピードに乗って滑っていた。
フリー121.38、総合175.71で、どちらもPB更新。得点が出て、泣きながらガッツポーズ。

5 LI Xiangning シャンニン・リー(中国)
■SP順位:24,得点:52.46
■楽曲:Raymonda by Alexander Glazunov
■プログラム:△
3Fはぐらついた。2A+1Lo<+3S<は両足着氷。他にも<がついたジャンプが3つあった。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル2。
う~ん、本調子じゃないのか、それとも成長期のアレコレがきてしまったのか。ジャンプの着氷があやしい感じ。それと動きにキレがないような。ちょっと元気がない気がした。
フリー101.97、総合154.43。

6 TOTH Ivett イヴェット・トス(ハンガリー)
■SP順位:23,得点:53.22
■楽曲:Entrance and Habanera from "Carmen" by Rodion Shchedrin
Adagio by Rodion Shchedrin
Entrance and Habanera from "Carmen" by Rodion Shchedrin
Les voici! Voici la quadrille by George Pretre
■プログラム:△
3Lz<<は転倒。3T+1Lo<+3S<はこらえた。他にも着氷が乱れるジャンプがいくつかあった。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル2。力強いボーカルに負けないよう、大きく勢いよく体を動かしていた。
最後、頭を撃ち抜いて、フィニッシュなのか? 斬新なカルメンだな~。
ジャンプが重い感じ。ステップは頑張ってたけど、他の動きは限定的に見えた。
フリー97.21、総合150.43。


●第2グループ
7 TURSYNBAEVA Elizabet エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
■SP順位:15,得点:58.82
■楽曲:The Prayer performed by Celine Dion, Andrea Boccelli
■プログラム:△
3Lzは転倒。3F<はきれいに下りたように見えたのだが。
スピンのレベルは3、3、4。1つ目のFCSp3は軸が少しぶれたため、GOE加点なし。ステップはレベル3。
スピードに乗ってよく滑っていたのではなかろうか。プログラムが進むにつれ、動きが伸びやかになっていったように感じる。朗々と響くボーカルを、エレンガントにしなやかに軽やかに表現していて、素敵な演技だった。
フリー118.30、総合177.12。トゥルちゃん、大喜びのお母さんに、ちょっと恥ずかしそうだけど嬉しそう(笑)。いかにも思春期の娘と母って感じの光景が微笑ましい。

8 PELTONEN Emmi エミー・ペルトネン(フィンランド)
■SP順位:18,得点:55.28
■楽曲:Papa Can You Hear Me (soundtrack) performed by Barbara Streisand
■プログラム:△
3T+3Tはお手つき。3Lzは転倒。他にも回転が抜けたり回転不足がとられたジャンプがいくつもあり、予定通りきれいに下りたジャンプが2つしかなかった。
スピンのレベルは2、4、2。最後のFSSp2は、軸がぶれ、GOEマイナス。ステップはレベル3。
ジャンプのミスが目立ってしまったが、一蹴りに伸びがあり、緩急のつけ方もよく、音楽表現も素敵だった。
フリー101.86、総合157.14。

9 CRAINE Kailani カイラニ・クレイン(オーストラリア)
■SP順位:16,得点:56.77
■楽曲:Moulin Rouge (soundtrack)
■プログラム:○
衣装が変更。前のは地が黒で長袖だったのを、肌色の地のノースリーブに。こっちのほうが好きだな。ぎらきらゴージャスなのは変わってないし。
3Lz<は素人目にも回転不足とわかった。3Lo+1Lo+3S<はきれいに下りたように見えたのだが。
スピンとステップは全てレベル4。
32タノ。3.3回転。スピン。スピン。313.3.コレオ。22.2.ステップ。曲想をよく表現していたが、伸びほしい。スピン。
見た目ほぼノーミスの演技だった。表情豊かに演じており、曲想をよく表現していたが、一蹴りの伸びがほしい。
この「ムーラン・ルージュ」の編曲、好きなんだよね~☆「ロクサーヌのタンゴ」とか「Come What May」とか有名どころを使っておらず、「ボレロ」中心のアレンジ。
フリー111.84、総合168.61で、どちらもPB更新。この大舞台で素晴らしい。ニッコニコ笑顔でガッツポーズ。

10 SCHOTT Nicole ニコル・ショット(ドイツ)
■SP順位:14,得点:59.20
■楽曲:Schindler's List (soundtrack) by John Williams, performed by Itzhak Perlman
■プログラム:○
2本目の3F<はお手つき。3S+2Tはファーストでオーバーターン。3Loはこらえた。2つ目の3Fを連続ジャンプにできなかったので、2A+2Tでリカバリー。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル4。
きれいに流れるジャンプは少なかったが、伸びやかで情感あふれる演技だった。美しく抒情的な音楽を、切々と表現していた。
フリー109.26、総合168.46。

11 RAJICOVA Nicole ニコル・ライチョヴァー(スロバキア)
■SP順位:13,得点:60.59
■楽曲:Rain, In Your Black Eyes by Ezio Bosso
■プログラム:○
3Lz<+2Tと3Lz<はきれいに下りたように見えたのだが。
スピンのレベルは4、4、2V。最後のCCoSp2Vは、軸がぶれ、GOEマイナス。ステップはレベル3。
彼女が2A+3Tを跳ぶの、初めて見た気がする。冒頭、いきなりきれいに下りて、ビックリした。
スケーティングと音楽表現はいつものごとく素敵だった。スピードもよく出ていたと思う。
見た目ノーミスに見えたので、「キャー!! ノーミス~!!」と喜んでいたのだが、最後の最後でスピンにミス!! ギャー!! もったいない!!
フリー114.60はSB更新、総合175.19。

12 WILLIAMS Isadora イサドラ・ウィリアムズ(ブラジル)
■SP順位:17,得点:55.74
■楽曲:Nyah (from "Mission Impossible 2" soundtrack) by Hans Zimmer
■プログラム:△
オリンピックで、ブラジル選手が初めて滑るフリーの演技。
3Fにeが。3Lz<は転倒。他にも回転不足や回転の抜け、着氷の乱れがあり、予定通りにきれいに下りたジャンプは3Loだけだったのではなかろうか。
スピンは全てレベル4。2つ目のCCoSp4は、最後少しバランスを崩し、GOEちょいマイナス。ステップはレベル2。
このグループで見ると、動きが少ない印象を受けたが、一つ一つ丁寧に演じていたと思う。
フリー88.44、総合144.18。


●第3グループ
13 SOTSKOVA Maria マリア・ソツコワ(OAR)
■SP順位:12,得点:63.86
■楽曲:Claire de Lune by Claude Debussy
■プログラム:△
すべてのジャンプをクリーンに着氷。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
伸びやかなスケーティングと、流れの中で跳ぶ高いジャンプが素晴らしい。ゆったりした曲想をエレガントに表現していた。
SPの転倒からみごとに立て直した。さすがロシア代表。強い。
フリー134.24、総合198.10。おや、200点に届かなかったか。

14 CHEN Karen カレン・チェン(アメリカ)
■SP順位:10,得点:65.90
■楽曲:Jalousie "Tango Tzigane" by Jacob Gade
■プログラム:△
3Fに!が。つまった着氷に。3Lo<は転倒。他にも回転不足やつまった着氷があり、ジャンプの乱れが目立ってしまった。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンとステップは全てレベル4。
スケーティングは伸びやかで、スピードもよく出ていたと思うのだが、動きがちょっと…本調子のときと比べると、「あれ?」と感じる部分があった。どこか傷めているのかもしれない。
フリー119.75、総合185.65。

15 TENNELL Bradie ブレイディー・テネル(アメリカ)
■SP順位:11,得点:64.01
■楽曲:Cinderella Medley by Patrick Doyle
■プログラム:△
二度の腰の骨折からカムバック。
2A+3T<はステップアウト。3Lz<はお手つき。3連続の予定が、入らなかったので、3Lo+2T+2Loにしてリカバリー。
スピンとステップは全てレベル4。
さすが全米チャンピオンという演技だった。伸びやかに大きく体を動かして、曲想をよく表現していたと思う。スピードもよく出ていた。
フリー128.34、総合192.35。

16 DALEMAN Gabrielle ガブリエル・デールマン(カナダ)
■SP順位:7,得点:68.90
■楽曲:Rhapsody in Blue by Georges Gershwin
■プログラム:△
3T+3Tはオーバーターン。3Lzは転倒。3Fに!がつき、オーバーターン。2本目の3Lzと3Lo<も転倒。3S+2A+SEQの予定が、ファーストがダブルに。予定通りにきれいに下りたジャンプが2A+2Tだけ。
スピンのレベルは3、3、4。2つ目のLSp3は回転がゆっくりになり、GOEマイナス。
演技後、手で顔を覆ってしまう。うう…(泣)。
ジャンプの転倒でどこか傷めてしまっただろうか。途中から動きが変だった。
場内から、演技中も演技後も温かな拍手が。平昌のお客さんは温かいな…(感涙)。
フリー103.56、総合172.46。お通夜なキスクラ…(泣)。

17 CHOI Dabin チェ・ダビン(韓国)
■SP順位:8,得点:67.77
■楽曲:Doctor Zhivago (soundtrack) by Maurice Jarre
■プログラム:△
冒頭の3Lzに3Tをつけられず、どうするのかと思っていたら、後半、3Lz+3T+2Tにしてきた。リカバリーすごい。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
演技後、これまでで一番の歓声と拍手が送られていた。
スピードに乗って、よく滑っていた。今、自分が持つ力を全て出し切れたのではなかろうか。
フリー131.49、総合199.26はどちらもPB更新。ついにフリー130点超え! 総合得点200点が目前に。

18 NAGASU Mirai 長洲 未来(アメリカ)
■SP順位:9,得点:66.93
■楽曲:Miss Saigon by Claude-Michel Schönberg
■プログラム:△
冒頭、3Aの予定が1回転もできず、ノーバリュー。3Lzがシングルに。3Fはきれいに下りたように見えたのだが、GOEマイナス。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル3。動きが鈍ったような。一蹴りの伸びがほしい。
彼女本来の動きとは違うと感じる部分があった。団体戦から右足のテーピングが気になっていたが、やはり傷めているのかもしれない。
フリー119.61、総合186.54。

第3グループが終わった時点で、トップはチェ・ダビン(韓国)。


●第4グループ
19 MIYAHARA Satoko 宮原 知子(日本)
■SP順位:4,得点:75.94
■楽曲:Madame Butterfly Act 3 by Giacomo Puccini
Goro's Entrance (Madame Butterfly Act 2) by Giacomo Puccini
Butterfly Bids Her Child Farewell (Madame Butterfly Act 2) by Giacomo Puccini
Prelude
■プログラム:○
すべてのジャンプをクリーンに着氷。回転不足もエッジエラーもなし!
演技後、笑顔でガッツポーズ!
全部出し切った!! よかった!! うわああああん、ほんと、よかったよーーーー!!!!(感涙)
繊細かつ伸びやかで大きな演技だった。この大舞台で、完全復活を成し遂げるとは。凄すぎる。
フリー146.44、総合222.38でどちらもPB更新。現時点で総合1位。

20 KOSTNER Carolina カロリーナ・コストナー(イタリア)
■SP順位:6,得点:73.15
■楽曲:L'apres-midi d'un faune by Claude Debussy
■プログラム:○
女子シングル最年長の31歳。
3Fはお手つき。3Tは少しバランスを崩した。2A+1Lo<+3Sはつまった。連続ジャンプが2つしか入らず。
ジャンプは本調子じゃなさそうだったが、スケーティングと音楽表現はみごとの一言。でも本来の彼女ならもっと凄いので、やはり疲れているのか。団体戦からフルに出場してるんだもんな~。
フリー139.29、総合212.44。現時点で総合2位。キスクラにフース先生とローリーが。昔からずっと見守ってきてくれた人たちと共に、幸せそうに微笑むコストナーさん。泣ける。

21 SAKAMOTO Kaori 坂本 花織(日本)
■SP順位:5,得点:73.18
■楽曲:Amelie (soundtrack) by Yann Tiersen
■プログラム:△
3Lzにeが。3Loはステップアウト。
スピンとステップは全てレベル4。
演技後の笑顔が、ほっぺたムニュムニュしたくなるほど愛らしい(///)。
絶品の3Loでステップアウトしたのが惜しかった~。
スピードがいつもより出ていないような気もしたが、コストナーさんの後だからそう感じただけかも。
マイムは感情がこもっていて、今まで見た中で、いちばんよかったと思う。
フリー136.53、総合209.71。現時点で総合3位。

22 ZAGITOVA Alina アリーナ・ザギトワ(OAR)
■SP順位:1,得点:82.92
■楽曲:Black Swan (soundtrack) by Clint Mansell
The Middle of the World by Nicholas Britell ("Moonlight" soundtrack)
Black Swan (soundtrack) by Clint Mansell
■プログラム:○
すべてのジャンプをクリーンに着氷。最初の3Lzに3Loをつけられなかったが、2本目の3Lzにきっちり3Loをつけた。
スピンとステップは全てレベル4。
演技後、笑顔でガッツポーズ。
序盤のジャンプは少し緊張が見えたが、どんどんなめらかにスムーズになっていった。
スケーティングと音楽表現は申し分ない。生き生きはつらつと最後まで滑り切った。
フリー156.65、総合239.57はPB更新。現時点で総合1位。

23 OSMOND Kaetlyn ケイトリン・オズモンド(カナダ)
■SP順位:3,得点:78.87
■楽曲:Andante Allegro (from "Swan Lake") by Petr I. Tchaikovski
No. 24 Scene: Allegro (from "Swan Lake") by Petr I. Tchaikovski
Stumbled Beginnings (from "Black Swan") by Clint Mansell
Nina's Dream (from "Black Swan") by Clint Mansell
■プログラム:○
今日は北米勢にあんまりいい風吹いてないからな~。頑張って~。
3Lzは!がつき、ステップアウト。
スピンとステップは全てレベル4。
演技後、出し尽くしたように膝に手をつく。
美しく力強いブラックスワンだった。
彼女がFSでこんなにジャンプをクリーンに決めたの、初めて見たんじゃなかろうか。ジャンプの高さと幅がすばらしい。
よく頑張ったよ~。己に打ち克った演技だった。尊い。
フリー152.15、総合231.02でPB更新。現時点で総合2位。ついにフリー150点超え!

24 MEDVEDEVA Evgenia エフゲニア・メドベージェワ(OAR)
■SP順位:2,得点:81.61
■楽曲:Anna Karenina (soundtrack) by Dario Marianelli
■プログラム:○
冒頭の動きが秀逸で、あっという間に彼女の世界に引き込まれる。
ジャンプは好調時に比べると、少し流れがなかったかな~という気はするが、全てきれいに下りた。
スピンとステップは全てレベル4。
演技後、感極まったように泣き出す。
リンク脇でエテリ先生の胸で泣き出すメドさん。苦しかったんだろうな~。
フリー156.65はSB更新、総合238.26。総合2位に確定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 ZAGITOVA Alina OAR 239.57 1 2
2 MEDVEDEVA Evgenia OAR 238.26 2 1
3 OSMOND Kaetlyn CAN 231.02 3 3
4 MIYAHARA Satoko JPN 222.38 4 4
5 KOSTNER Carolina ITA 212.44 6 5
6 SAKAMOTO Kaori JPN 209.71 5 6
7 CHOI Dabin KOR 199.26 8 8
8 SOTSKOVA Maria OAR 198.10 12 7
9 TENNELL Bradie USA 192.35 11 9
10 NAGASU Mirai USA 186.54 9 12
11 CHEN Karen USA 185.65 10 11
12 TURSYNBAEVA Elizabet KAZ 177.12 15 13
13 KIM Hanul KOR 175.71 21 10
14 RAJICOVA Nicole SVK 175.19 13 15
15 DALEMAN Gabrielle CAN 172.46 7 19
16 HENDRICKX Loena BEL 171.88 20 14
17 CRAINE Kailani AUS 168.61 16 16
18 SCHOTT Nicole GER 168.46 14 17
19 MEITE Mae Berenice FRA 159.92 22 18
20 PELTONEN Emmi FIN 157.14 18 21
21 PAGANINI Alexia SUI 156.26 19 22
22 LI Xiangning CHN 154.43 24 20
23 TOTH Ivett HUN 150.43 23 23
24 WILLIAMS Isadora BRA 144.18 17 24


◆総評
優勝はザギトワ。さすがの彼女もFSは少し緊張が見えたが、それでもリカバリーして、最小限の失点に抑えた。FSのTSSはメドさんと同点だが、FSはPCSが上の方が上位なので、メドさんが1位になるのだな。
女子は、そのシーズン、その時、一番いい演技をした人が金メダルを獲得するのだいうことを、改めて強く感じさせる結果となった。

総合2位はメドさん。今できうる限りの、最高の演技を見せてくれた。PCSはトップ。演技後の涙には、ぐっときた。まだ十代の女の子なのに、どれだけの重責とプレッシャーがかかっていたのかと思うと、胸がいっぱいになる。

ザギトワもメドさんも、本当にみごとな戦いぶりだった。近年まれに見る、白熱した優勝争いだったと思う。本音を言うと、2人ともに金メダルを差し上げたい。

3位のオズモンドと4位の宮原さんは、オリンピックでSPもFSも自己ベストの演技をするという偉業を達成。この大舞台で今までの自分を超えられるって、ほんとすごい。素晴らしい。

5位はコストナーさん。PCSは、メドさんに次いで2位(オズモンドさんも同点の2位)。この移り変わりの激しい女子シングルにおいて、トリノ、バンクーバー、ソチ、そして本大会と、オリンピックに4回出場しているだけでもすごいが、本大会もみごと5位入賞だもんなぁ。超人だわ~。

6位は花織ちゃん。FSではジャンプに2つミスはあったものの、ほぼ自分の力を出せたのではなかろうか。本人も満足そうでよかった。

選手の皆さん、本当にお疲れ様でございました。素晴らしい演技を見せていただき、どうもありがとうございました。

オリンピックがついに終わってしまった…。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR