FC2ブログ

世界ジュニア2018 2日目 男子SP

世界ジュニア2018 リザルト
ブルガリアのソフィアにて開催。男子SPは、現地時間2018年3月8日(木)に行われた。
ジュニアの年齢規定について、男女シングルは、シーズン初めの7月1日より前に、13歳以上19歳未満となっている。

ライストと動画、テレビ放送で、フリーに進出した選手を中心に演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
Jスポーツの解説は中庭健介さん、実況は小林千鶴さん。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第2グループ
10 Jonathan HESS ヨナタン・ヘス(ドイツ)
■楽曲:Who Wants to Live Forever performed by David Garrett
■プログラム:△
17歳。今季、JGPオーストリア12位。
3A、3T+3T、3Lzとクリーンに着氷。
スピンは全てレベル4。最後のCCoSp4はトラベリングし、GOEちょいマイナス。スピンはあまり得意でないようだが、レベルはしっかりとっている。ステップはレベル3。
体をゆったり動かして、弦の音色をよく表現していたと思う。
ドイツ男子は国際大会で活躍していた選手二人が今季を限りに引退してしまい、一気に層が薄くなっちゃったんだよねぇ。彼にはぜひともドイツ男子を盛り上げていってほしい。
69.88でPB更新。12点以上もアップ!


●第4グループ
21 Artur DANIELIAN アルトゥール・ダニエリャン(ロシア)
■楽曲:Llanto: Prologue by Vicente Pradal
Besame Mucho (Buleria) performed by Jin Oki
Poeta en el mar by Vicente Amigo
■プログラム:○
14歳。今季、JGPクロアチア7位、ジュニアの国内選手権3位。
3Aは助走が長かったが、クリーンに着氷。3Lo+3T<は転倒。3LzタノはOK。
スピンとステップは全てレベル4。最後のCCoSp4でビールマンポジションが見られた。
エレメンツの質が高くてつなぎの密度が濃い。「エテリ先生の教え子かな?」と思ったら、セリツカヤ先生とブイアノワ先生のとこだった。
フラメンコの音楽表現が素敵だった。
中庭さんが、「動きの張りや振付の鋭さ、ステップで一歩一歩、圧力がぐんぐん伝わっていて、伸びのあるスケーティングなど、将来が非常に楽しみな選手」と興奮気味に話していた。
69.15でPB更新。7点以上アップ! 転倒とタイムバイオレーションにより、減点2。


●第5グループ
27 Mark GORODNITSKY マーク・ゴロドニツスキー(イスラエル)
■楽曲:Diego, libre dans sa tete by Michel Berger, performed by Johnny Hallyday Band
■プログラム:△
16歳。生まれも練習拠点もカナダ。昨季、国内選手権3位、ユーロ30位、世界ジュニア22位。今季、JGPオーストリア5位、JGPバルティック10位、ジュニアの国内選手権優勝。
2A、3F+3T、3Lzと、クリーンに着氷したが、3Lzに!がつき、GOEマイナス。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
今できることをきっちりやり切った演技だった。
中庭さんが「姿勢がいい」とほめていた。
61.72でPB更新。

28 Luc ECONOMIDES リュック・エコノミード(フランス)
■楽曲:Send In the Clowns performed by Barbara Streisand
■プログラム:△
19歳。昨季、国内選手権5位、世界ジュニア30位。今季、JGPオーストリア2位、バルティック4位、国内選手権7位。
お、衣装が変わった。あの奇抜なボンボン付き衣装やめたのね(笑)。上は胸元が紐のアミアミが付いた黒シャツで、下は白のサスペンダー付き黒パンツ。
2Aはこらえた。3F+2Tはファーストで着氷が乱れた。3Lzは!が。
スピンとステップは全てレベル4。2つ目のCCSp4は逆回転でトラベリング。ステップでは体を大きく立体的に動かして、曲想をよく表現していた。
キスクラにアモディオがいる~。エコノミードのコーチになったらしい。
58.84。


●第6グループ
31 Donovan CARRILLO ドノヴァン・カリーヨ(メキシコ)
■楽曲:Capone by Ronan Hardiman
■プログラム:△
18歳。昨季、世界ジュニア27位。今季、JGPブリスベン7位、四大陸18位。
3F+3Tはまずまず。2AはOK。3Lzタノはステップアウト。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。疲れが見えたが、頑張ってコミカルな振付をやりきった。
中庭さん曰く、「つなぎに複雑な動きが入っている。音と振付、表現が非常にバラエティー豊かで、楽しませる演技だった」とのこと。
61.37でPB更新。お~、ついに60点超え!

32 Nurullah SAHAKA ヌルラ・サハカ(スイス)
■楽曲:Les yeux de la mama/Gitrano by Kendji Girac
■プログラム:△
18歳。生まれはドイツのミュンヘン。昨季、国内選手権3位、世界ジュニア34位。今季、JGPオーストリア16位、JGPバルティック14位、国内選手権4位。
場内の電気が消えて、再び点灯するまでしばらく時間がかかった。
3Lzはまずまず。3S+3Tはバランスを崩した。3Aはオーバーターン。
スピンは全てレベル4。スイスの選手らしく、スピンが上手。ステップはレベル3。曲想をよくとらえており、体がよく動いていた。
トラブルに負けず、65.31でPB更新。10点以上アップ!

33 Sena MIYAKE 三宅 星南(日本)
■楽曲:Caravan performed by The Ventures
■プログラム:△
15歳。昨季、JGP横浜11位、全日本ジュニア6位。今季、JGPオーストリア8位、全日本ジュニア2位、全日本11位。
リンク脇に本田武史コーチ。
3AはOK。3F+3Tはまずまず。3Lzは!がつき、GOEマイナス。
スピンのレベルは4、2、3V。ステップはレベル4。
スピンが危なっかしくてヒヤヒヤした。ステップでレベル4が取れてるのに、スピンはレベル4が1つだけなんだよね…。星南くんは、スピンが苦手なんだろうか。
67.98でPB更新。6点以上アップ!

34 Adam SIAO HIM FA アダム・シャオイムファ(フランス)
■楽曲:Way Down We Go by Kaleo
■プログラム:△
17歳。昨季、JGPタリン12位、国内選手権8位。今季、JGPクロアチア及びJGPエーニャ9位、国内選手権4位。
2Aはこらえた。3F+3TはOK。3Lzはよかった。
スピンのレベルは3、3、4。ステップはレベル3。大きく体を動かして、曲想をよく表現していた。
64.11でPB更新。

35 Camden PULKINEN カムデン・プルキネン(アメリカ)
■楽曲:Fix You by Coldplay
■プログラム:○
17歳。昨季、JGPタリン9位、全米ジュニア2位、今季、JGPオーストリア優勝、JGPバルティック2位、JGPファイナル2位、全米ジュニア優勝。
3Aはよかった。3F+3Tの予定が、ダブルダブルに。3Lz<はステップアウト。SPでジャンプ2ミスはあかん…(泣)。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル4。
音楽に少し遅れてのフィニッシュ。実に悲しそうな顔(泣)。
苦手なスピンを頑張って強化してきたんだなというのはよく伝わってきた。上手になっている。ステップはいつも通りエモーショナルで素晴らしい。
62.31。SB(PBでもある)より8点も低い…(泣)。

36 Sihyeong LEE イ・シヒョン(韓国)
■楽曲:The Prayer
■プログラム:△
17歳。昨季、国内選手権3位、四大陸16位、世界ジュニア16位。今季、JGPミンスク9位、JGPエーニャ10位、国内選手権4位、四大陸22位。
3A、3F+3Tタノ、3Lzと、クリーンに着氷。
スピンのレベルは4、4、2。1つ目のCCSp4は少しぐらつき、GOE 0.00。
演技後、大きくガッツポーズ。
JGPや四大陸ではジャンプの調子がいまいちだったので、心配していたのだが、3Aを成功させ、他のジャンプもきっちり下りた。
長い手足を大きくゆったり使って、曲想をよく表現していた。
中庭さん曰く、「指先まで丁寧に表現していたのがとてもよかった」とのこと。
70.70でPB更新。タイムバイオレーションにより、減点1。もったいない!


●第7グループ
37 Joseph PHAN ジョセフ・ファン(カナダ)
■楽曲:The Best Is Yet to Come by Michael Buble
■プログラム:○
16歳。昨季、JGPリュブリャナ5位、国内選手権11位。今季、JGPブリスベン4位、JGPクロアチア2位、国内選手権6位。
3F+3Tはフリップにeが。3A<はお手つき。3Lzタノはバランスを崩した。ジャンプ3つ全て減点は痛い…(泣)。
スピンとステップは全てレベル4。
一蹴りがぐいんぐい~んとよく伸び、気持ちよかった。
65.26。SB(PBでもある)より10点も低い…。

38 Mitsuki SUMOTO 須本 光希(日本)
■楽曲:Singin' in the Rain by Nacio Herb Brown
■プログラム:○
17歳。昨季、JGPシュベルター3位、全日本ジュニア3位。今季、JGPリガ優勝、JGPクロアチア4位、全日本ジュニア優勝、JGPファイナル3位、全日本6位。
3Aは少し待ちが長かったが、クリーンに着氷。3F+3TはOK。3Lzは!がつき、GOEマイナス。
スピンのレベルは2、4、4。ステップはレベル3。
スケーティングがめっちゃなめらかで、するする~と伸びる伸びる。
72.94。

39 Alexey EROKHOV アレクセイ・エロホフ(ロシア)
■楽曲:Lighthouse by Patrick Watson
■プログラム:○
18歳。昨季、JGP横浜3位、ジュニアの国内選手権3位。今季、JGPミンスク及びバルティック優勝、JGPファイナル5位、ジュニアの国内選手権優勝。
3Aはちょっと危なかったけどOK。3F+3Tはよかった。3Lzは!がつき、GOEマイナス。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル4。
よく滑っていたし、よくコントロールされた演技だった。繊細な曲想をしっとりと素敵に表現していたと思う。
76.54。

40 Conrad ORZEL コンラッド・オーゾル(カナダ)
■楽曲:Secrets by One Republic
Beethoven's Five Secrets by The Piano Guys
■プログラム:○
17歳。昨季、JGPシュベルター2位、ジュニアの国内選手権2位、世界ジュニア13位。今季、JGPオーストリア7位、JGPバルティック3位、国内選手権11位。
3Aはよかった。3F+3Tの予定が、ファーストでバランスを崩し、セカンドがダブルに。3Lzは転倒。
スピンのレベルは3、2、4。ステップはレベル3。
ジャンプのミスはあったが、表現面はとても良かった。素敵な演技をするようになったなぁ。
中庭さんは、彼が失敗した後も、諦めずに早く次の動作に行くことをほめていた。それに加えて、「フリーレッグが自分の近い位置にあることが多く、微妙に曲がっているのが気になる。フリーレッグを遠くに、きれいに伸ばせるようになると、もっと良い選手になる」とも。
64.49でSB更新。両手で顔を覆ってしまう。国内選手権では73.69出してたもんな…。

42 Petr KOTLARIK ペトル・コトラリク(チェコ)
■楽曲:City of Stars (La La Land soundtrack) by Justin Hurwitz
■プログラム:○
19歳。昨季、世界樹に23位。今季、国内選手権3位。コーチはアモディオで、練習拠点はアメリカ。
2Aはすぐに足をついてしまった。3F+3TはOK。3Lzはまずまず。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル3。
音楽に少し遅れてのフィニッシュ。
表現が難しそうなアレンジの「City of Stars」だったが、なかなか素敵に演じていたと思う。こういう演技をする選手なのかと、イメージが一新された。
60.27でPB更新。


●第8グループ
43 Ivan PAVLOV イワン・パブロフ(ウクライナ)
■楽曲:Mr. and Mrs. Smith (soundtrack) by John Powell
■プログラム:○
19歳。昨季、国内選手権二連覇、ユーロ14位、ワールド25位。今季、JGPリガ5位、JGPエーニャ6位、国内選手権2位。
3Aはステップアウト。3F+3Tと3LzはOK。
スピンのレベルは2、4、4。ステップはレベル3。
彼の音楽表現とボディームーブメントが好きだ。力強さも出てきたと思う。あとはもそっとシャープさが出せるようになれば。
中庭さん曰く、「彼のすごく良いところは、スピンの入り口が全て工夫があり、レベルを取るためだけではなく、トランジションとして積極的に取り入れていること。もうシニアと言っていいスケーター」とのこと。なるほど~。
71.05。

44 Matteo RIZZO マッテオ・リッツォ(イタリア)
■楽曲:Torno A Surriento by Il Volo
■プログラム:○
19歳。昨季、国内選手権2位、世界ジュニア11位、ワールド30位。今季、JGPバルティック6位、JGPエーニャ優勝、国内選手権優勝、ユーロ9位、平昌五輪21位。
3AはOK。3F+3Tの予定が、ファーストでオーバーターンが入り、セカンドがダブルに。フリップに!が。3LzはOK。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル4。大きく立体的に体を動かしていた。
演技後、右足首もしくは靴を気にしているようだった。怪我や靴のトラブルじゃないといいのだが。
演技自体は素晴らしく、彼の全身から歌と音楽が流れ出ているかのようだった。
この後シニアの世界選手権にも派遣される予定なので、「イタリアのスケ連、彼を酷使しすぎじゃない?」と思ったが、本人が希望しているのかもしれないしなぁ。
70.24。

45 Irakli MAYSURADZE イラクリ・マイスラーゼ(ジョージア)
■楽曲:Peter Gunn Theme performed by The Blues Brothers
Kiss performed by Art of Noise feat. Tom Jones
■プログラム:△
17歳。昨季世界ジュニア35位。今季、JGPミンスク4位、ユーロ17位。
昨季の世界ジュニアでは、まさかのショート落ち。リベンジを果たしてほしい。
3Aはよかった。3Lzはお手つき。3F+3Tはこらえた。
スピンのレベルは3、4、4。1つ目のCCSp3は、足換え後、軸が少しぶれたためか、GOEマイナス。ステップはレベル2。
JGPのころと比べたら、ほんと自然に演じられるようになったと思う。曲想をよく表現していた。
68.31でPB更新。フリー進出だ!

46 Alexei KRASNOZHON アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)
■楽曲:Korobushka by Nikolai Nekrasov, performed by Bond
■プログラム:△
17歳。昨季、JGPファイナル5位、全米ジュニア優勝、世界ジュニア8位。今季、JGPブリスベン及びJGPクロアチア優勝、JGPファイナル優勝、全米10位。
3Lz、3A、3F+3Loと、クリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
優勝候補の一人であるからして、やはり緊張が見て取れた。弾むような躍動感は薄かったかなぁ。でも一つ一つ丁寧に行い、ミスなく演技をまとめてみせた。
80.28。

47 Roman SAVOSIN ロマン・サヴォシン(ロシア)
■楽曲:Music Selection by Hugues Le Bars
■プログラム:△
18歳。昨季、JGPファイナル4位、ジュニアの国内選手権8位。今季、JGPブリスベン2位、JGPリガ4位、ジュニアの国内選手権2位。
3Aはお手つき。3Lzタノはきれいに下りたように見えたのだが、ステップから直ちに跳んでいないと見なされたのか、GOEマイナス。3F+2T<<は着氷が乱れた。
スピンとステップは全てレベル4。
う~ん、久々に聴いたけど、やっぱ個性的な音楽だわ~(笑)。
動きがクリアーになって、滑りがきれいになった印象を受ける。
65.36。

48 Tomoki HIWATASHI 樋渡 知樹(アメリカ)
■楽曲:Emerald Tiger by Vanessa Mae
■プログラム:○
18歳。昨季、JGPジェルヴェ6位、全米15位。今季、JGPリガ及びJGPエーニャ3位、全米12位。
3A<は転倒。3LzはOK。3F+3Tは着氷が乱れた。
スピンとステップは全てレベル4。1つ目のCCSp4はトラベリングし、ちょっとヒヤッとしたが、GOEプラス。
彼のばねの強さを生かした、魅力的なプログラム。見れば見るほど好きになる。
67.85。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点、クオリファイの順に記されている。
1 Alexei KRASNOZHON USA 80.28 Q
2 Alexey EROKHOV RUS 76.54 Q
3 Mitsuki SUMOTO JPN 72.94 Q
4 Ivan PAVLOV UKR 71.05 Q
5 Sihyeong LEE KOR 70.70 Q
6 Matteo RIZZO ITA 70.24 Q
7 Jonathan HESS GER 69.88 Q
8 Artur DANIELIAN RUS 69.15 Q
9 Irakli MAYSURADZE GEO 68.31 Q
10 Sena MIYAKE JPN 67.98 Q
11 Tomoki HIWATASHI USA 67.85 Q
12 Roman SAVOSIN RUS 65.36 Q
13 Nurullah SAHAKA SUI 65.31 Q
14 Joseph PHAN CAN 65.26 Q
15 Conrad ORZEL CAN 64.49 Q
16 Adam SIAO HIM FA FRA 64.11 Q
17 Camden PULKINEN USA 62.31 Q
18 Mark GORODNITSKY ISR 61.72 Q
19 Donovan CARRILLO MEX 61.37 Q
20 Petr KOTLARIK CZE 60.27 Q
21 Luc ECONOMIDES FRA 58.84 Q
22 Micah Kai LYNETTE THA 58.38 Q
23 Younghyun CHA KOR 57.57 Q
24 Gabriel FOLKESSON SWE 57.11 Q
25 Basar OKTAR TUR 56.84
26 Kai Xiang CHEW MAS 56.76
27 Aleksandr SELEVKO EST 54.90
28 Ivan SHMURATKO UKR 54.51
29 Yakau ZENKO BLR 54.15
30 Larry LOUPOLOVER AZE 53.67
31 Aleix GABARA ESP 52.22
32 Davide LEWTON BRAIN MON 51.68
33 Harrison Jon-Yen WONG HKG 49.11
34 Alexander ZLATKOV BUL 48.36
35 Roman GALAY FIN 47.87
36 Micah TANG TPE 47.37
37 Kims Georgs PAVLOVS LAT 46.65
38 David Igor BIRINBERG ISR 46.03
39 James MIN AUS 45.72
40 Alexander BOROVOJ HUN 43.43
41 Luc MAIERHOFER AUT 42.52
42 Nikita MANKO KAZ 41.03
43 Luke DIGBY GBR 40.37
44 Samuel MCALLISTER IRL 39.97
45 Chadwick WANG SGP 39.54
46 Erik MATYSIAK POL 39.48
47 Charles Henry KATANOVIC CRO 36.80
48 Yamato ROWE PHI 34.37


◆総評
昨季ワールドのフリー進出ラインは56.66。本大会は57.11。ほぼ変わらない。

タイの選手がFS進出! ジュニアとはいえチャンピオンシップの大会で、全カテゴリを通して初めてじゃなかろうか。

SP1位はクラスノ。今季ジュニアでは負けなしの彼だが、世界ジュニアでも初タイトルを獲得できるか。SPの演技を見る限り、緊張はあるものの、調子は良さそう。

2位はエロホフ。TESでセカンド3Loの分、点差がついたのは仕方ないとして、PCSでクラスノと1点差つけられてるんだよね。5項目ちょっとずつ低い。

3位の光希くんは、思ったほど得点が伸びなかった。個人的にはとっても良い演技に見えたのだが、3Lzに!がつき、スピンが1つレベル2だったのが響いたかな~。それとPCSも控えめだった。

星南くんは10位だが、上も下も得点差が少ないので、FSでジャンプアップもその逆もあり得る。

優勝争いは予想通り、クラスノとエロホフの二人に絞られた感があるが、3位争いが熾烈で、全く予想がつかない。男子FSは乱高下激しい展開も多いしな~。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR