世界ジュニア2018 3日目 女子SP

世界ジュニア2018 リザルト
ブルガリアのソフィアにて開催。女子SPは、現地時間2018年3月9日(金)に行われた。
ジュニアの年齢規定について、男女シングルは、シーズン初めの7月1日より前に、13歳以上19歳未満となっている。

ライストと動画、テレビ放送でフリーに進出する選手を中心に演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
Jスポーツの解説は前田真美さん、実況は住田洋アナ。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いにすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第4グループ
16 Lucrezia BECCARI ルクレツィア・ベッカーリ(イタリア)
■楽曲:Alien (soundtrack)
Slow by Kylie Minogue
Visitors (soundtrack)
■プログラム:△
14歳。今季、JGPミンスク7位、ジュニアの国内選手権優勝。
3Lzは着氷後、壁に接触。3Fは!がつき、転倒。2Aは着氷が乱れた。
スピンは全てレベル3。2つ目のFSSp3は、少しトラベリングしたからか、GOEマイナス。ステップはレベル3。
JGPですっかりお気に入りになった選手。ジャンプ3つ全てにミスが出てしまったが、表現面ではやはり光るものを感じる。
46.46でPB更新。

17 Selma IHR セルマ・イアー(スウェーデン)
■楽曲:Over the Rainbow by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:○
14歳。今季、JGPブリスベン11位、JGPミンスク9位、ジュニアの国内選手権優勝。
3T+3T、2Lz、2Aと、クリーンに着氷。
スピンは全てレベル4。スピンが上手~☆ ステップはレベル3。
瑞々しく伸びやかな女性ボーカルが、彼女の端正で清涼感のある滑りにピッタリ☆ JGPのときより細かいところまで神経が行き届いているように感じた。
前田さん曰く、「プログラム構成がすごく良い。要素と要素の間を、必ず音楽を表現する動作でつないでいる」とのこと。
53.33でPB更新。5点以上もアップ!


●第5グループ
21 Alexandra FEIGIN アレクサンドラ・フェイギン(ブルガリア)
■楽曲:Minnie the Moocher by Cab Calloway
Jailhouse Rock by Elvis Presley
■プログラム:△
15歳。昨季、国内選手権優勝、世界ジュニア25位。今季、JGPミンスク13位、JGPエーニャ15位、ジュニアの国内選手権優勝。
左ひざに大きなサポーターをつけている。地元の選手なので、大きな歓声が送られていた。
3T+3TはOK。3Lzはステップから直ちに跳んでいないと見なされたのか、GOEマイナス。2Aタノはまずまず。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル3。
音楽が尻切れトンボ的フィニッシュ。
ロックンロールなナンバーを生き生き溌溂と滑っていた。
ジャンプに高さがある。長い手足を上手に使って曲想をよく表現していた。
「キスクラにルタイがいる!」と思ってバイオを見たら、コーチ欄に彼の名前が。フェイギンの練習拠点は、ブルガリアのソフィアなのだが、彼もそこで教えているんだろうか。
51.49でPB更新。

23 Young YOU ユ・ヨン(韓国)
■楽曲:Don't Rain On My Parade by Jule Styne
■プログラム:Don't Rain On My Parade by Jule Styne
13歳。昨季、国内選手権5位。今季、JGPクロアチア4位、JGPエーニャ5位、国内選手権優勝。
3F+3T<はフリップに!が。3LzはOK。2Aはよかった。
スピンは全てレベル4。最後のLSp4は、回転が加速。ステップはレベル3。
演技後、ガッツポーズ。
全身で歌い踊っていた。しかもめっちゃスピードを出しながら。韓国で一心に期待されるのも分かる。すごい才能のカタマリだ。
59.79。PBとほぼ同じ。

26 Ting CUI ティン・ツゥイ(アメリカ)
■楽曲:Libertango by Astor Piazzolla
■プログラム:△
15歳。今季、JGPブリスベン6位、全米ジュニア3位。
2A、3T+3Tタノ、3Lzタノと、クリーンに着氷。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
大きくダイナミックな演技で、けっこううるさい編曲(苦笑)に負けてなかった。
前田さんが、「スピードを落とさずにジャンプに入っていける。手足が長いので、すごく見栄えがする」とほめていた。
62.22でPB更新。


●第6グループ
27 Yuhana YOKOI 横井 ゆは菜(日本)
■楽曲:The Lion King (soundtrack) by Hans Zimmer
■プログラム:○
17歳。昨季、全日本ジュニア8位。今季、JGP名古屋6位、JGPリガ5位、全日本ジュニア4位、全日本8位。
衣装がアースカラーをベースにしていて、本当に素敵~☆
3F+3Tと2Aはよかった。3Lzは!がつき、転倒。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル3。
彼女の女子シングル離れしたダイナミックさ、ワイルドさは、類まれなる個性だと思う。この先、どんどん洗練されていくだろうが、このプリミティブな魅力はなくさないでほしい。
59.81でPB更新。

28 Anastasiia ARKHIPOVA アナスタシア・アルヒポワ(ウクライナ)
■楽曲:Aranjuez by Joaquin Rodrigo performed by Ikuko Kawai
■プログラム:△
14歳。JGPリガ及びJGPバルティック7位、国内選手権優勝。
3T+3TはOK。3Lzはきれいに下りたのだが、ステップから直ちに跳ばなかったと見なされたようで、GOEマイナス。2Aはよかった。
スピンは全てレベル4。ポジションがきれいで、回転が速い。ステップはレベル3。前田さんが、「膝の使い方が良い。エッジも深い」とほめていた。
優雅で美しい演技だった。前田さん曰く、「体のラインがきれい。プログラム構成に多様な動きを取り混ぜていて、良い振付だと思う」とのこと。
59.37でPB更新。

29 Yi Christy LEUNG イー・クリスティー・リャン(香港)
■楽曲:California Dreamin' by SIA
■プログラム:△
15歳。確か昨季は中国で練習していたと思うんだけど、今季から、練習拠点をアメリカに移したようで、コーチはタミー先生に。
昨季、JGPシュベルター10位、世界ジュニア9位。今季、JGPブリスベン14位、JGPエーニャ11位。
昨季はかわいらしい感じだったけど、今はもうすっかり美人さんだな~。
3F+3Tはフリップに!が。3Lzはよかった。2AはOK。
スピンのレベルは3、2、4。ステップはレベル3。
動きが洗練され、力強さが出てきた。
56.97でPB更新。


●第7グループ
33 Alena KOSTORNAIA アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
■楽曲:Dos Cadencias sobre "Adios Nonino" by Pablo Ziegler
■プログラム:○
今季、JGPバルティック優勝、JGPエーニャ2位、JGPファイナル2位、ジュニアの国内選手権2位。
3F+3Tタノは素晴らしい。3Lzタノは!が。2Aタノは素晴らしい。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
あらゆる動きが音楽と調和している。
前田さんが、「スピンはポジションがいいし、回転が非常に速い。ステップは、エッジがとても深く、コントロールされている。ジャンプはランディングの後、すぐにトランジションの動きに入れるところが素晴らしい。アーティスティックな滑りをする」とほめまくっていた。
71.63。PBとほぼ同じ。

34 Emmy MA エミー・マ(アメリカ)
■楽曲:One More Try by Brenna Whitaker
■プログラム:△
17歳。今季、JGPリガ3位、JGPバルティック5位、全米16位。
スター・アンドリューズの代替出場。
3LzはOK。3F<+2Tと2Aは着氷がきれいに流れなかった。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル3。
音楽表現とスピンは本当に素晴らしい。
動きにキレがあるので、調子は悪くなさそうだが、ジャンプがうまくハマらない感じ。これは急遽出場が決まって、調整が間に合わなかったからなのか、それとも難しい時期に突入してしまったのか…。
52.78。

36 Chloe ING クロエ・イング(シンガポール)
■楽曲:Can't Help Falling in Love by H. Peretti, L. Creatore, G.D. Weiss
■プログラム:◎
動画
19歳。昨季、国内選手権2位、四大陸20位、世界ジュニア34位。今季、JGPバルティック14位、四大陸19位。
3Lz<は素人目にも回転不足と分かった。3Lo+2TタノはOK。2Aはステップアウト。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル4。
一つ一つの音を丁寧に心を込めてすくい上げていくような演技だった。
49.27。よし! 現時点で13位だからフリーに進める!

37 Alexandra TRUSOVA アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
■楽曲:Big Spender performed by Peggy Lee
Jumpin' Jack performed by Big Bad Voodoo Daddy
■プログラム:○
13歳。昨季、ジュニアの国内選手権4位。今季、JGPブリスベン及びJGPミンスク優勝、JGPファイナル優勝、ジュニアの国内選手権優勝。
3F+3Lo、3Lz、2Aと、クリーンに着氷。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
躍動感のある動きが音にはまっていて爽快なんだよねぇ。コストルナヤとは全然タイプが違う。みんな違ってみんな良い。
前田さんが、「小柄だが、体をとても大きく使って跳んでいるので、ジャンプがダイナミックに見える。ジャンプの前後に必ず難易度を上げる動きを入れているが、これはジャンプの完成度が高くないとできない。音楽を細かくとらえ、それに合った動きでプログラムを構成しているのが素晴らしい」とほめちぎっていた。
72.03。


●第8グループ
40 Lea Johanna DASTICH リア・ヨハンナ・ダスティヒ(ドイツ)
■楽曲:La La Land (soundtrack) by Justin Hurwitz
■プログラム:○
17歳。昨季、国内選手権2位、世界ジュニア8位、JGPオーストリア8位、JGPクロアチア6位、国内選手権3位、ユーロ16位。
3Fタノ+3Tはよかった。3Lzに!が。2Aタノはよかった。
スピンのレベルは4、2、4。ステップはレベル3。
演技後、ガッツポーズ。
JGPで初めて見たときは、「なんて忙しない編曲なんだ」とか「ゴチャゴチャしてて何やってるかよくわからん」などと思ったものだが、半年かけて、フレッシュではつらつとしたプログラムに仕上げてきたわ~。編曲に対する違和感がなくなったもんな~。素晴らしい。
55.32でPB更新。

41 Rika KIHIRA 紀平 梨花(日本)
■楽曲:Kung Fu Piano by The Piano Guys
■プログラム:△
15歳。昨季、JGPチェコ2位、JGPリュブリャナ優勝、全日本ジュニア11位、JGPファイナル4位。今季、JGPリガ2位、JGPエーニャ3位、全日本ジュニア優勝、JGPファイナル4位、全日本3位。
左手の薬指にテーピングが巻かれている。
3F+3T<は転倒。3Lzタノと2Aタノはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。
ジャンプを全て後半に配置して勝負にきたのだが、連続ジャンプで転倒。でも他はとってもよかったと思う。
63.74。

42 Stanislava KONSTANTINOVA スタニスラワ・コンスタンティノワ(ロシア)
■楽曲:Corazon Espinado (cover) performed by Tania Blanco
I Like It Like That performed by The Blackout Allstars
■プログラム:△
17歳。昨季、JGPモルドヴィア2位、ジュニアの国内選手権2位、世界ジュニア6位。今季、JGPミンスク3位、ジュニアの国内選手権3位。
2AはOK。3F+3T<はフリップに!が。3Lzタノはよかった。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル3。
演技後、すぐに転倒。演技が終わった後でよかったわ~。
長い手足を存分に生かした演技だった。体のあらゆる部位をしなやかに動かしている。よく滑っていたし、曲想をよく表現していたと思う。
前田さん曰く、「ラテンの雰囲気を上手に出していた」とのこと。
62.63。

43 Eunsoo LIM イム・ウンス(韓国)
■楽曲:Rich Man's Frug
■プログラム:△
15歳。昨季、JGPシュベルター3位、国内選手権優勝、世界ジュニア4位。今季、JGPオーストリア2位、JGPバルティック4位、国内選手権3位。
3F+3Tは壁に近寄ったが大丈夫。3Lzはよかった。2Aは少しこらえた。
スピンのレベルは3、4、3V。ステップはレベル3。
流れに乗って跳ぶ飛距離のあるジャンプが魅力的。印象的な音や強い音が多用された音楽なのだが、その特徴をよくとらえて表現できていたと思う。
前田さん曰く、「曲想をつかんだ雰囲気作りがとても上手」とのこと。
62.96。

44 Mako YAMASHITA 山下 真瑚(日本)
■楽曲:Bohemian Rhapsody performed by Maksim Mrvica
■プログラム:△
15歳。昨季、JGP横浜及びJGPタリン3位、全日本ジュニア16位。今季、JGPオーストリア3位、JGPクロアチア2位、全日本ジュニア2位、全日本10位。
美穂子先生のファッションが個性的! アニメのキャラクターが着てそう(笑)。
3F+3T、3Lz、2Aと、クリーンに着氷。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
躍動感があり、ダイナミックでありながら、繊細かつ可憐な演技だった。素晴らしい。
66.79でPB更新。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点、クオリファイの順に記されている。
1 Alexandra TRUSOVA RUS 72.03 Q
2 Alena KOSTORNAIA RUS 71.63 Q
3 Mako YAMASHITA JPN 66.79 Q
4 Rika KIHIRA JPN 63.74 Q
5 Eunsoo LIM KOR 62.96 Q
6 Stanislava KONSTANTINOVA RUS 62.63 Q
7 Ting CUI USA 62.22 Q
8 Yuhana YOKOI JPN 59.81 Q
9 Young YOU KOR 59.79 Q
10 Anastasiia ARKHIPOVA UKR 59.37 Q
11 Yi Christy LEUNG HKG 56.97 Q
12 Lea Johanna DASTICH GER 55.32 Q
13 Stefanie PESENDORFER AUT 54.16 Q
14 Selma IHR SWE 53.33 Q
15 Ann-Christin MAROLD GER 52.84 Q
16 Emmy MA USA 52.78 Q
17 Alexandra FEIGIN BUL 51.49 Q
18 Hongyi CHEN CHN 49.83 Q
19 Kristen SPOURS GBR 49.57 Q
20 Chloe ING SGP 49.27 Q
21 Aurora COTOP CAN 49.15 Q
22 Alana TOKTAROVA KAZ 48.28 Q
23 Lucrezia BECCARI ITA 46.46 Q
24 Kyarha VAN TIEL NED 45.88 Q
25 Dahyun KO CZE 45.68
26 Morgan FLOOD AZE 45.04
27 Andrea MONTESINOS CANTU MEX 44.26
28 Maya GORODNITSKY ISR 44.24
29 Sofia SULA FIN 44.21
30 Guzide Irmak BAYIR TUR 43.09
31 Amy LIN TPE 43.06
32 Julia LANG HUN 42.00
33 Silvia HUGEC SVK 41.49
34 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 41.30
35 Maia MAZZARA SUI 40.69
36 Hana CVIJANOVIC CRO 40.51
37 Anete LACE LAT 40.03
38 Lea SERNA FRA 39.97
39 Oliwia RZEPIEL POL 39.71
40 Amanda STAN ROU 38.46
41 Hiu Ching KWONG HKG 37.31
42 Aliaksandra CHEPELEVA BLR 36.63
43 Paulina RAMANAUSKAITE LTU 33.50
44 Marusa UDRIH SLO 32.71


◆総評
昨季ワールドのフリー通過ラインは44.66、本大会は45.88。1点強アップ。

SP1位のトゥルソワと2位のコストルナヤは、甲乙つけがたく素晴らしい。予想通り、優勝争いは、やはりこの二人に絞られた。

3位争いが熾烈である。7位のティンまで得点差があまりないし、誰がくるのか予想するのが難しい。

3位の真瑚ちゃんは、この大舞台で今季ベストの演技をやってのけた。FSもこの調子でガンガンいってほしい。

4位は紀平さん。連続ジャンプの転倒が惜しまれる。でも、指先やつま先まで神経が行き届いていて、素敵な演技だった。ラインやポジション、動きが美しく、いつ見てもどこから見てもきれいなんだよね~。

ゆは菜ちゃんは8位。3Lzの転倒はあったが、彼女の持ち味は存分に出せていたと思う。

日本女子の演技のとき、日本チームが客席から奇声を上げて派手派手に応援していた(笑)。あの奇声は男子だな。…星南くんだろうか(笑)。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR