ワールド2018 3日目 アイスダンスSD

世界選手権2018 リザルト
イタリアのミラノにて開催。アイスダンスSDは、現地時間2018年3月23日(金)に行われた。
ライブ配信とテレビ放送で全組の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
Jスポーツの解説は東野章子さん、実況は小林千鶴さん。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いにすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
2 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS カヴィタ・ローレンツ / ヨティ・ポリゾアキス(ドイツ)
■楽曲:Salsa: Aguanile by Willie Colon, Hector Lavoe performed by Marc Anthony
Rhumba: Mil Pasos (Kizomba Remix) by Soha
Samba: Magalenha by Antonio Carlos performed by Sergio Mendes
■プログラム:△
ともに22歳。昨季、ユーロ14位、ワールド19位。今季、GPカナダ8位、国内選手権三連覇、平昌五輪16位。
パターンはレベル4、ピーエスティーはレベル3。
レベルを取るために、細心の注意を払って、クリアーに滑っている印象を受けた。でも欲を言うと、パターンとピーエスティーで、もっとムンムンなフレーバーがほしい。
62.08でSB更新。


●第2グループ
8 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS キャロラーヌ・スシース / シェーン・フィルス(カナダ)
■楽曲:Samba: Bailando by Enrique Iglesias
Rhumba: El Perdedor by Enrique Iglesias
Samba: Let Me Be Your Lover by Enrique Iglesias
■プログラム:○
初出場の23歳と24歳。昨季、国内選手権4位。今季、GPカナダ7位、国内選手権4位、四大陸2位。
パターンはレベル3、ピーエスティーはレベル3。
StaLi4は、アクロバティックですごい。
結成2シーズン目とは思えないほど一体感がある。キレッキレにスピーディーに滑っていた。
64.02。


●第3グループ
9 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS アリソン・リード / サウリス・アンブルレヴィチウス(リトアニア)
■楽曲:Samba: Light It Up (Samba Remix)
Rhumba: Addicted to You (Rhumba Remix)
Samba: Destination Calibria by Alex Gaudino
■プログラム:△
23歳と25歳。この組では初出場。2017年の春に結成。今季のユーロは女性の怪我のため欠場。
女性が肩にテーピングをしている。
パターンはレベル3、ピーエスティーはレベル3。
よく滑っていたと思う。結成1シーズン目とは思えないくらい息が合っている。
61.33でPB更新。

12 Yura MIN / Alexander GAMELIN ミン・ユラ / アレクサンダー・ガメリン(韓国)
■楽曲:Samba: Despacito performed by Luis Fonsi
Rhumba: My All
Samba: Mujer Latina performed by Thalia
■プログラム:△
22歳と25歳。2015年に結成。昨季、四大陸8位、ワールド20位。今季、国内選手権二連覇、四大陸7位、平昌五輪18位。
パターンはレベル4、ピーエスティーはレベル3。
STw3はセカンドで男性がバランスを崩し、GOEマイナス。
キメキメの動きが曲想に合っていて、よかったが、ちょっと限定的というか硬さを感じるので、もそっとやわらかさが出るようになれば、さらに素敵になると思う。しなる鞭みたいな動きがほしい。
58.82。


●第4グループ
14 Olivia SMART / Adrian DIAZ オリヴィア・スマート / アドリア・ディアス(スペイン)
■楽曲:Rhumba: One to Eight
Cha Cha: Rhumba
Merengue: Bailar by Elvis Crespo
■プログラム:○
20歳と27歳。昨季、国内選手権2位、ワールド18位。今季、GPカナダ6位、国内選手権優勝。
パターンはレベル4、ピーエスティーはレベル3。
冒頭から大人な雰囲気をもりもり作り出していた。STw4は、ファーストがずれ、距離が離れたが、セカンド以降、修正した。GOE 0.00。
今季、彼らの演技を見るのはこれが2回目だが、ユニゾンがアップしていた。キレと力強さがあり、キビキビした動きが気持ちいい。
それと、女性の「いい女」度がすこぶるアップしていた。ということは、パートナーも素晴らしいということなのだろう。
63.73。SB(PBでもある)とほぼ同じ。

16 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN アレクサンドラ・ナザロワ / マキシム・ニキティン(ウクライナ)
■楽曲:Rhumba: Chuvirico (from "Wanted") by Perez Prado
Mambo: Cu-cu-rru-cu-cu-paloma (from "Mambo No. 5) by Perez Prado, Rosemary Clooney
Mambo: La Pantera Mambo (Pink Panther Theme) by Henry Mancini
■プログラム:△
21歳と23歳。昨季、ユーロ9位、ワールド15位。今季、NHK杯6位、国内選手権二連覇、ユーロ11位、平昌五輪21位。
パターンはレベル2、ピーエスティーはレベル3。
SlLi4はアクロバティックだが、もっとシームレスにやってほしい。STw4は、回転がクリアーでないように見えたが、GOEはプラス。でも控えめ。
オリンピックのときより調子を戻していて、ほっとした。まさかのショート落ちだったもんな~。
63.35でSB更新。PBとほぼ同じ。特に喜ぶでもない。


●第5グループ
17 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV ナタリア・カリシェク / マクシム・スポディレフ(ポーランド)
■楽曲:Samba: Despacito performed by Luis Fonsi
Rhumba: Deja Vu by Prince Royce, Shakira
Salsa: Descarga En Sol Para Tito Puente by Alex Torrres, Los Reyes Latinos
■プログラム:△
21歳と24歳。昨季、ユーロ8位、ワールド14位。今季、GPカナダ9位、GPフランス8位、国内選手権四連覇、ユーロ10位、平昌五輪14位。
パターンはレベル3、ピーエスティーはレベル2。
STw4はスローで見てもそろっているし、回転が速い。
ノットタッチがレベル2か~。彼らは取りこぼしが少ないイメージなのだが。
元気はつらつな演技だったが、いつもはもそっとスピードがあるような気がする。
63.70。

18 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC マリー=ジャード・ローリオ / ロマン・ルギャック(フランス)
■楽曲:Salsa: Salsation by David Shire
Rhumba: No Hay Problema by Pink Martini
Salsa: Salsation by David Shire
■プログラム:○
21歳と22歳。昨季、国内選手権2位、ユーロ12位、ワールド21位。今季、GPロステレ及びNHK杯8位、国内選手権2位、ユーロ12位、平昌五輪17位。
パターンはレベル3、ピーエスティーはレベル4。
STw4はファーストで回転がズレたがセカンドから修正、GOEちょいプラス。
RoLi4は、何度見てもすごい。クリエイティブかつアクロバティックなのにシームレスでエフォートレス。
洒脱なラテンという印象を受ける。女性がカナダ生まれだからか、フランスとカナダの融合って感じがする。
63.50でPB更新。

19 Shiyue WANG / Xinyu LIU シーユエ・ワン / シンユー・リウ(中国)
■楽曲:Rhumba: Despacito
Samba
■プログラム:△
ともに23歳。昨季、四大陸7位、ワールド16位。今季、GP中国6位、GPアメリカ8位、国内選手権優勝、四大陸5位、平昌五輪22位。
パターンはレベル4、ピーエスティーはレベル3。
動きにキレがあり、ユニゾンもよく、生き生きと演じていた。
61.18。

20 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR アリサ・アガフォノワ / アルペル・ウチャル(トルコ)
■楽曲:Samba: Cuba 2012 (DJ Rebel StreetDance 2 Remix)
performed by DJ Rebel ft. Gibson Brothers
Rhumba: How Deep is Your Love (DJ Banksy Rumba Remix) performed by Sophia Guem
How Deep Is Your Love by Sophia Guem (DJ Maksy Remix)
Samba: Cuba performed by Robert Abigail, DJ Rebel ft. Gibson Brothers
■プログラム:△
27歳と33歳。2010年に結成。昨季、ユーロ11位、ワールド17位。今季、GPロステレ9位、GPカナダ10位、ユーロ13位、平昌五輪19位。
パターンはレベル1、ピーエスティーはレベル3。
もっさりでもないけれど、キレがあるというほどでもなく。でも、楽しそうに滑っていた。
彼らは今季限りで引退すると聞いているので、おそらく本大会が最後の試合になると思われる。
60.38。嬉しそう。女性が泣いてる。フリーに進めるって分かったからかな。

21 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO ティファニー・ザゴルスキー / ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)
■楽曲:Samba: Hip Hip Chin Chin performed by Club des Belugas
Rhumba: Volveras performed by Gloria Estefan
Samba: Batucada Brasiliera performed by Samba Brazilian Batucada Band
■プログラム:△
初出場の23歳と26歳。昨季、GPロステレ5位、国内選手権5位。今季、GP中国4位、GPアメリカ6位、国内選手権3位、ユーロ6位、平昌五輪13位。
ボブロワ&ソロビエフの代替出場。
NtMiSt3以外は全てレベル4獲得。
歯切れよくなめらかに。スピードが出ていたように感じた。
72.45でPB更新。ついに70点超え!


●第6グループ
22 Piper GILLES / Paul POIRIER パイパー・ギルス / ポール・ポワリエ(カナダ)
■楽曲:Bossa Nova: Bossa Cubana
Mambo: Gopher Mambo
■プログラム:△
ともに26歳。2011年に結成。昨季、GPカナダ及びGPフランス3位、国内選手権3位、四大陸6位、ワールド8位。今季、GPロステレ及びGPアメリカ4位、国内選手権2位、平昌五輪8位。
パターンがレベル2だった以外、全てレベル4獲得。
ホールドが多彩で、多種多様な組み方をするのだが、バタバタ感がない。
男性の袖フサフサを出すところで、歓声が上がっていた。今季、何の反応もない試合もあったけど、やっぱこんなふうに盛り上がってほしいよね(笑)。
キスクラで座ったまま、場内BGMに合わせて踊る二人(笑)。
74.51でPB更新。

23 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN アレクサンドラ・ステパノワ / イワン・ブキン(ロシア)
■楽曲:Rhumba: Espérame en el Cielo by Mayte Martin
Samba: L'Ombelico Del Mondo by Jovanotti
Rhumba: Chandelier (Dj Maksy Rumba Remix) by Sia
Samba: Samba Do Brasil by Bellini
■プログラム:○
22歳と24歳。2006年に結成。昨季、GP中国3位、国内選手権2位、ユーロ5位、ワールド10位。今季、GPロステレ及びGPフランス3位、国内選手権2位、ユーロ3位。
IOCが提示した、オリンピックに個人出場が可能な選手のリストに、男性の名が含まれておらず、平昌五輪には出場できなかった。
パターンはレベル4、ピーエスティーはレベル3。
氷上でよくこんなポーズ取ったまま静止できるなというポーズからスタート。STw4は回転が速くそろってる。
スピードとキレがあり、躍動していた。ユニゾンもばっちり。貫禄を感じた。
東野さん曰く、「PSt3終了のスピニングムーブメントで、女性が一回転以上回ったので、リフトに認定されてしまう。余分な要素となり、減点される」とのこと。気持ちが入りすぎて、一回転以上しちゃったんだな~。でも、CuLi4の後だったのが不幸中の幸いである。前だったら、カーブリフトが0点になって大ダメージを被るところだった。
74.50。余分な要素により減点1。

24 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER ケイトリン・ホワイエク / ジャン=リュック・ベイカー(アメリカ)
■楽曲:Samba: Get Busy by Sean Paul
Rhumba: Soha Mil Pasos (Kizomba Remix) by Isabelle & Felicien
Samba: Fireball performed by Pitbull feat. John Ryan
■プログラム:○
初出場の21歳と24歳。2012年6月に結成。昨季、NHK杯4位、全米5位。今季、GPカナダ4位、GPアメリカ5位、全米4位、四大陸優勝。
シブタニ兄妹の代替出場。
パターンはレベル3、ピーエスティーはレベル3。
最初のエレメンツである、NtMiSt3の終盤で女性が転倒。ギャー!!(泣) 
下半身の距離が近い。転倒は非常に残念だったが、落ち着いて演技に戻れたと思う。
63.48。

25 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI シャルレーヌ・ギニャール / マルコ・ファブリ(イタリア)
■楽曲:Salsa: Bajo La Tormenta performed by Sergio George's Salsa Giants
Rhumba: Con Los Anos Que Me Quedan by Gloria Estefan
Samba: Samba de Rio Pardo by Miguel Preto
■プログラム:◎
28歳と30歳。2010年に結成。昨季、国内選手権2位、ユーロ6位、ワールド11位。今季、GPロステレ及びGPフランス5位、ユーロ5位、平昌五輪10位。
男性がここミラノの出身。女性はフランス出身。
パターンはレベル2、ピーエスティーはレベル3。
演技中ずっと、すごく幸せそうで楽しそうだった。地元開催のワールドでクリーンな演技ができて、本当に良かった。
スピード全開でぎゅんぎゅん滑るところと、スピード出てるけどふんわりな空気感を醸し出すところの演じ分けが見事であった。心地よくてずっと見ていたい。
71.15。

26 Kana MURAMOTO / Chris REED 村元 哉中 / クリス・リード(日本)
■楽曲:Cha Cha: I Like It Like That by Pete Rodriguez
Rhumba: Mondo Bongo by Joe Strummer
Samba: Batucada de Sambrasil by Estudios Talkback
■プログラム:○
25歳と28歳。2015年に結成。昨季、四大陸9位、ワールド23位。今季、NHK杯9位、GPアメリカ7位、全日本三連覇、四大陸3位、平昌五輪15位。
パターンはレベル3、ピーエスティーはレベル3。
STw4はハラハラドキドキしながら見守ったが、大丈夫。NtMiSt3は、女性のしなやかな動きとラインが美しい。
なめらかでクリアーでシームレスで良かった。
ギニャール&ファブリの次なので、ほとばしるエネルギーが足りないように感じたけど、彼らよりエネルギッシュに滑れたら、次のグループで演技できてますからね、仕方ない。
65.65でPB更新。


●第7グループ
27 Madison CHOCK / Evan BATES マディソン・チョック / エヴァン・ベイツ(アメリカ)
■楽曲:Salsa: Aguanile performed by Marc Anthony
Rhumba: Que Lio performed by Marc Anthony
Samba: Vivir Mi Vida performed by Marc Anthony
■プログラム:△
25歳と29歳。昨季、GPファイナル6位、全米2位、四大陸3位、ワールド7位。今季、GP中国及びGPフランス2位、GPファイナル5位、全米3位、平昌五輪9位。
NtMiSt3以外は、レベル4獲得。
STw4は大丈夫。時々ミスが出るのでドキドキしながら見守ってしまう。CuLi4はめっちゃ自然で、気づくとリフトやってるみたいな感じ。
動きはクリアーで端正できれいだし、プログラムの流れはよどみない。でも、何か物足りなさを覚えてしまう。勢いと爆発力かなぁ。
75.66でSB更新

28 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE マディソン・ハベル / ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)
■楽曲:Samba: Le Serpent by Guem et Zaka
Rhumba: Cuando Calienta El Sol by Talya Ferro
Samba: Sambando by Los Ritmos Calientas
■プログラム:△
ともに27歳。2011年の春に結成。昨季、GPファイナル5位、全米3位、四大陸4位、ワールド9位。今季、GPカナダ3位、NHK杯2位、GPファイナル4位、全米優勝、平昌五輪4位。
全てレベル4獲得。GOE加点が+2と+3しかない。
二人の一体感が増し増したような気がする。
アイスダンスだから、みなさんスケーティングスキルが素晴らしいのだが、その中でもピッカピカに輝いていた。
80.42でPB更新。ついに80点超え!!

29 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE アンナ・カッペリーニ / ルカ・ラノッテ(イタリア)
■楽曲:Cha Cha: Kaboom performed by Ursula 1000
Samba: Skip to the Bip performed by Club des Belugas
Samba: 1008 Samba
■プログラム:○
31歳と32歳。2005年の春に結成。昨季、NHK杯3位、ユーロ2位、ワールド6位。今季、NHK杯3位、GPアメリカ2位、GPファイナル6位、国内選手権七連覇、ユーロ4位、平昌五輪6位。
男性はここミラノの生まれ。
PSt3以外は、レベル4獲得。
楽しい。ひたすら楽しい。常にアイスダンスの楽しさを教えてくれるカップル。
77.46でPB更新。

30 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE ケイトリン・ウィーバー / アンドリュー・ポジェ(カナダ)
■楽曲:Bolero: Tango by Dianne Reeves feat. Raul Midon
Mambo: Do You Only Wanna Dance by Lester Mendez, Sy Smith, Arturo O’Farrill performed by Julio Daviel Big Band
■プログラム:△
28歳と31歳。2006年8月に結成。昨季、GPロステレ3位、GP中国2位、国内選手権2位、四大陸5位、ワールド4位。今季、GPカナダ2位、GPフランス4位、国内選手権3位、平昌五輪7位。
NtMiSt3以外、レベル4獲得。
PSt4は絡み合いながら滑っている。STw4はちょいずれたが、GOEはプラス。CuLi4はアクロバティックかつクリエイティブですごい。
今季ベストだったんじゃなかろうか。ムーディーなラテンって感じで、他にないカラーがある。
78.31でPB更新。

31 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON ガブリエラ・パパダキス / ギヨーム・シゼロン(フランス)
■楽曲:Samba: Shape Of You (Latin Remix) by Ed Sheeran
Rhumba: Thinking Out Loud by Ed Sheeran, remastered by Karl Hugo
Samba
■プログラム:◎
22歳と23歳。昨季、GPファイナル2位、ユーロ優勝、ワールド2位。今季、GP中国優勝、GPフランス優勝、GPファイナル優勝、ユーロ優勝、平昌五輪2位。
はいラスボスきた~。横綱相撲を見せていただきましょう。男性の衣装がノースリーブに。
パターンがレベル3だった以外は、レベル4獲得。
「たいへんものすごく素晴らしかった」としか言いようがないのだが、強いて言うなら、少しラフになったというか、自由になったというか。「脳が一つで体が二つ」感が薄れ、人間臭くなり、ラテンぽくなった気がする。
あっという間に演技が終わってしまうのだが、ものすごく濃密な「あっという間」であった。
83.73でPB更新。歴代最高得点が出た!


◆SD順位
左から順位、名前、国名、得点、クオリファイの順に記されている。
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 83.73 Q
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 80.42 Q
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 78.31 Q
4 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 77.46 Q
5 Madison CHOCK / Evan BATES USA 75.66 Q
6 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 74.51 Q
7 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 74.50 Q
8 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS 72.45 Q
9 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 71.15 Q
10 Kana MURAMOTO / Chris REED JPN 65.65 Q
11 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS CAN 64.02 Q
12 Olivia SMART / Adrian DIAZ ESP 63.73 Q
13 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 63.70 Q
14 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 63.50 Q
15 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 63.48 Q
16 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 63.35 Q
17 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER 62.08 Q
18 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 61.33 Q
19 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 61.18 Q
20 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 60.38 Q
21 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 58.82
22 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX SENECAL ARM 58.64
23 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 57.96
24 Lilah FEAR / Lewis GIBSON GBR 57.56
25 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 55.54
26 Cortney MANSOUROVA / Michal CESKA CZE 55.27
27 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS HUN 54.11
28 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 50.40
29 Teodora MARKOVA / Simon DAZE BUL 47.57
30 Chantelle KERRY / Andrew DODDS AUS 46.05
31 Adel TANKOVA / Ronald ZILBERBERG ISR 43.50


◆総評
昨季ワールドのフリー進出ラインは57.10、平昌五輪は59.42、本大会は60.38。わずかではあるが、オリンピックよりアップ。男女シングルは下がったけど、カップル競技は上がったんだなぁ。

オリンピックに出たけど、本大会には出ない組は、ヴァーチュー&モイヤー、シブタニ兄妹、ボブロワ&ソロビエフ、クームス&バックランド、ウルタード&ハリャービン。

さて、SD1位はパパダキス&シゼロン。歴代最高得点を更新。優勝を当然視されているので、プレッシャーもそれなりにあるのではないかと思うが、オリンピックが終わって、何だか一つ山を越えたような、すっきりした印象を受ける。

2位はハベル&ダナヒュー。言霊の影響があるといけないから、不安は一切書かないぞ。今度こそ!! 表彰台に!! 上がるのだ!!

3位はウィーバー&ポジェ。今季、滑りはゴージャスになってるのに、なかなか結果が伴わず、もどかしい思いをしてきた。FDでもミスなく、彼らの実力を十分発揮してほしい。

4位はカッペリーニ&ラノッテ。母国開催のワールドで、表彰台に乗るチャンス到来!! FDも彼らの魅力満載のプログラムなので、地元でぜひともベストの演技を!!

SDの得点とPCSの出方を見ると、優勝はまぁパパ&シゼで決まりだろうから、残り2つの椅子を2~4位の3組で争うことになるか。

5位はチョック&ベイツ。女性は足を怪我しているそうで、本調子じゃないんだろうなぁ。本来はもっと滑りに迫力あるもんね。FDではオリンピックのリベンジをしてほしい。

9位はギニャール&ファブリ。わたしが見てきた中で、彼らの最高の演技だったと思うのだが、レベルの取りこぼしにより、得点が伸びず。ぐぬぬ…。でも、FDでまだまだ挽回可能な位置なので、さらに上の順位を目指してほしい。

10位は哉中&クリス。10位だよ10位!! ワールドでSD10位!! ワールドのFDで第3グループで滑れるんだよ!!(大興奮) アジア勢の最高順位は12位らしいのだが、それを更新して新たな歴史を作れるか!?

15位のホワイエク&ベイカーは、第3グループで滑る実力をもつ組なのに…。アイスダンスで転倒があると、ほんと痛いよなぁ…。初めてのワールドに出場が決まって、二人ともめっちゃ喜んでたから、余計に辛い…。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR