ワールド2018 4日目 男子FS

世界選手権2018 リザルト
イタリアのミラノにて開催。男子FSは、現地時間2018年3月24日(土)に行われた。
ライブ配信とテレビ放送で全員の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
フジの解説は本田武史さん、実況は西岡孝洋アナ。
Jスポーツの解説は岡崎真さん、実況は小林千鶴さん。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いにすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Julian Zhi Jie YEE ジューリエン・ジージエ・イー(マレーシア)
■SP順位:21,得点:72.43
■楽曲:It's a Man's World by James Brown
Get It On by James Brown
I Feel Good by James Brown
■プログラム:○
3F+3Tはフリップに!が。3Sは着氷が乱れた。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
ミラノのお客さんはたいへんノリがいいので、ハイドロ連発フィニッシュで、きっと盛り上がるだろうな~と思っていたが、案の定大盛り上がりであった。
後半、疲れたかと思ったが、ちゃんと体力配分し、コントロールして滑り切った。
3Aの待ちが少し長いのと、一蹴りの伸びがイマイチなのと、手足がきちっと伸びてないのが気になる。
フリー136.60、総合209.03。

2 Daniel SAMOHIN ダニエル・サモヒン(イスラエル)
■SP順位:20,得点:72.78
■楽曲:Two Angels by Sergei Erdenko performed by Loyko
■プログラム:△
4Sと3Aは転倒。他にも着氷が乱れたジャンプが多くあった。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
終盤、足にきていたのか、最後に2つ続くスピンの出来がイマイチだった。 
ここ2シーズンほど、好不調の波はあれど、基本、ジャンプの不調が続いているが、原因は何なんだろう。怪我してるのかなぁ…。
フリー141.23、総合214.01。

3 Slavik HAYRAPETYAN スラヴィク・ハイラペティアン(アルメニア)
■SP順位:23,得点:68.18
■楽曲:God Bless Armenia by Vig Zartmen
■プログラム:△
3Aは流れなかった。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
総合的に上手くなったと思う。姿勢やポジション、ラインがきれいで、動きが洗練された。ジャンプする姿勢もいいし、ジャンプの高さもある。あと足りないのはあふれるパッションかな~。感情の表出がんばれ。
フリー131.54、総合199.72で、総合得点はPB更新。もう少しで200点だ!

4 Brendan KERRY ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
■SP順位:19,得点:74.99
■楽曲:Shine On You Crazy Diamond by Pink Floyd
Money by Pink Floyd
■プログラム:△
4Sはお手つき。3Aは両手をついた。3A+3Tはすぐに足をついた。3Lz+1Lo+3Sはステップアウト。2Aは着氷が乱れた。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。身のこなしが素敵だった。
終盤のステップでヘロヘロになっているイメージが強かったが、体力の配分ペースを覚えたのか、疲れは見えたが、ヘロヘロにはならなかった。
フリー148.86、総合223.85。

6 Donovan CARRILLO ドノヴァン・カリーヨ(メキシコ)
■SP順位:24,得点:68.13
■楽曲:Hasta Que Te Conoci by Juan Gabriel, performed by Raul di Blasio
■プログラム:△
3Fタノはステップアウト。3Loは流れなかった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
イタリアの選手でもトップ選手でもないのに、すごい大歓声が送られていた。いつの間にみんな彼をこんなに好きになったんだ。…いやまぁ分かるけど。わたしも昨季JGPで彼の演技を一度見るなり好きになったので。
一蹴りが進んでいかないなぁとか、動きが限定的だなぁとか、いろいろ思うところはあるが、とにかく魅力的な選手。彼は常に意識が見る人の方を向いてるし、スケートが好きな気持ちが前面に出てるんだよね。これは愛されるわ。
フリー132.63、総合200.76で、どちらもPB更新。おお~、3Aなしで200点超え!


●第2グループ
7 Max AARON マックス・アーロン(アメリカ)
■SP順位:15,得点:79.78
■楽曲:The Phantom of the Opera by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:△
4Sはお手つき。
スピンのレベルは4、2、3。ステップはレベル3。
マックス・アーロンというスケーターの生きざまを見せてもらった。四大陸で最後かと思っていたので、ワールドでも見られて嬉しい。本人も満足そう。
第三補欠でこれだけやれたら100点満点だよ! ほんとすごいよ!
フリー161.71、総合241.49。

8 Romain PONSART ロマン・ポンサール(フランス)
■SP順位:16,得点:79.55
■楽曲:Your Song (from "Moulin Rouge" soundtrack) by Elton John, Bernie Taupin performed by Ewan McGregor & Alessandro Safina
■プログラム:△
4T<はお手つき。4T+2Tの予定が、ファーストで手をつき、セカンドがシングルに。3Lz+3Tはステップアウト。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル2。緩急がほしいな~。
ジャンプをまぁまぁまとめられた。信じていいんだな、ポンサールよ…。
要素と要素のつなぎで何もしてないわけじゃないんだろうけど、間延びする感じがあるので、その辺つめていければさらに素敵なプログラムになりそう。
フリー149.65、総合229.20で、どちらもPB更新。

9 Dmitri ALIEV ドミトリー・アリエフ(ロシア)
■SP順位:13,得点:82.15
■楽曲:To Build A Home by Cinematic Orchestra
The Winner Is (from "Little Miss Sunshine" soundtrack) by Mychael Danner & DeVotchKa
How It Ends (from "Little Miss Sunshine" soundtrack) by Mychael Danner & DeVotchKa
■プログラム:○
4Lzは少し詰まって見えたがOK。4T<+3Tはきれいに下りたように見えたのだが。3Aの予定がシングルに。3A<は着氷が乱れた。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル3。
最後2つのジャンプは足に疲れがきていた感じだったものの、その後のステップ&スピンはきっちりやりきった…と思ったけど、最後のエレメンツであるCSSp3は足換え後に少しふらついた。
上半身は曲想に添った、ふんわりふわふわ~な表現をしつつ、下半身はツルツル~スイスイ~に滑っていた。特にコレオは白眉。岡崎さんの言う通り、やわらかい動きの中に力強さも垣間見えて、うっとりさせられた。
ああ、スケートが滑るって素晴らしい。ツルスケは正義である。
フリー170.15、総合252.30。

10 Michal BREZINA ミハル・ブレジナ(チェコ)
■SP順位:17,得点:78.01
■楽曲:Human by Jamie Hartman, Rory Graham performed by Rag'n'Bone Man
Stand by Me by Ben E. King, Jerry Leiber, Mike Stoller
Human (MJ Cole Remix) performed by Rag'n'Bone Man
■プログラム:○
4S<+3Tはきれいに下りたように見えたのだが。3Sの予定がダブルに。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル2。
こんなにジャンプをきれいに下りた彼を見るのはいつぶりだろう。3F+3T+2Loを下りた辺りで叫びたくなった(苦笑)。とはいえ、最後のジャンプがダブルになり、最後2つのスピンがヘロヘロになるところが彼らしいといえば彼らしい(笑)。
でも素晴らしかった。ツルスケは正義である、その2。スケーティングが光り輝いていた。もう長いことずっとこういう彼の演技が見たかったんだよ~、嬉しいよ~(感涙)。
フリー165.98でPB更新、総合243.99。あとは2本そろえてくれれば言うことないのだが。

11 Keiji TANAKA 田中 刑事(日本)
■SP順位:14,得点:80.17
■楽曲:Amarcord by Nino Rota
Le Notti di Cabiria by Nino Rota
La Paaserella di Otto e Mezzo by Nino Rota
■プログラム:○
1つ目の4Sはステップアウトし、お手つき。4Tの予定がトリプルに。3A+2Tはファーストでお手つき。3Fはステップアウト。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
ちょっと硬かったかなぁ。一蹴りの伸びが悪くはないのだが、前二人がツルスケだったこともあり、少し物足りなく感じた。
フリー156.49、総合236.66。

12 Matteo RIZZO マッテオ・リッツォ(イタリア)
■SP順位:18,得点:77.43
■楽曲:Come Together by The Beatles
Let It Be performed by Air With Air Rising
Help! by The Beatles
■プログラム:△
4T<は両足着氷。3Lz+1Lo+3Sの予定が、ファーストがダブルになり、サードで転倒。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
4Tに挑んだところを初めて見た。
やりきった。えらかった。今季は2シーズン分の経験を得たのではなかろうか。今後の飛躍に期待したい。
フリー148.01、総合225.44。


●第3グループ
13 Alexander MAJOROV アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン)
■SP順位:10,得点:82.71
■楽曲:Man With the Golden Arm (soundtrack) by Elmer Bernstein
From Russia With Love (James Bond soundtrack) by Elmer Bernstein
Peter Gunn Theme by Blues Brothers
■プログラム:△
3Lzはやや詰まってこらえた。3Fの予定がダブルになり、!がついた。3T+2T+2Loはぐらついた。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
しなやかさと一蹴りの伸びがほしいなぁと思うけど、曲の演じ分けはみごとだった。
フリー155.08、総合237.79で、どちらもPB更新。

14 Kazuki TOMONO 友野 一希(日本)
■SP順位:11,得点:82.61
■楽曲:Prologue (from "West Side Story") by Leonard Bernstein
Symphonic Dances IV Mambo (from "West Side Story") by Leonard Bernstein
Maria (from "West Side Story") by Leonard Bernstein
Cool (from "West Side Story") by Leonard Bernstein
■プログラム:○
4S+2Tはファーストがオーバーターン。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
演技後、ガッツポーズ!
全日本からの成長速度が半端ない。別人のように上手くなっている。な、何があったんだ…(唖然茫然)。
凄いという言葉しかない。彼、第一補欠でさえなかったのに…(第二補欠)。
フリー173.50、総合256.11で、どちらもPB更新。現時点でトップ!

15 Paul FENTZ パウル・フェンツ(ドイツ)
■SP順位:12,得点:82.49
■楽曲:Game of Thrones (soundtrack)
■プログラム:△
4T<はきれいに下りたように見えたのだが。3Aの予定がシングルに。3S+3Tはステップアウト。3Lz+2Tはファーストで詰まったが、GOE 0.00。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
最後まで伸びやかに滑っていた。序盤のジャンプはすごく高くてよかったのだが、中盤からそうでもなくなり、質も落ちてしまった。
フリー148.43、総合230.92で、総合得点はPB更新。

16 Deniss VASILJEVS デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
■SP順位:9,得点:84.25
■楽曲:Put the Blame On Mame by Allan Roberts & Doris Fisher performed by Doctor 3
Anyone to Love by Andrew Von Slee performed by Michael Buble
Sway Luis Demetrio performed by Michael Buble
■プログラム:○
すべてのジャンプをクリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。前半のステップは緩急をつけて、洒脱に演じており、終盤のコレオは自由自在に滑って、音楽と一体化していた。
終盤、ほんとウキウキしたわ~。一緒に踊りたくなる。
3Aを跳ぶ前の構えが長いのが、ちょい気になったけど、他は申し分なく素晴らしかった。
フリー170.61、総合254.86でどちらもPB更新。

17 Misha GE ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)
■SP順位:8,得点:86.01
■楽曲:The Memories of Youth:
Meditation (from "Thais") by Jules Massenet performed by Lucia Micarelli & Lang Lang
■プログラム:○
3Fと3Lzに!が。2Aは着氷が乱れた。
スピンのレベルは3、3、4V。ステップはレベル3。
音楽に少し遅れてのフィニッシュ。
音楽と彼の動きが一つに溶け合った演技だった。素晴らしかった。
フリー163.56、総合249.57。

18 Alexei BYCHENKO アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
■SP順位:7,得点:90.99
■楽曲:Recitar! Vesti La Giubba (from "Pagliacci") by Ruggero Leoncavallo performed by Andrea Boccelli
■プログラム:△
3Aはお手つき。3A+2Tの予定が、ファーストでステップアウトし、セカンドがノーバリュー。
スピンのレベルは4、2、4。レベルは取りこぼすけど、回転は音楽に合わせてるんだよね。ステップはレベル2。
冒頭2本の4Tの質が素晴らしい。力強いボーカルにぴったりの演技だった。
フリー167.29、総合258.28で、総合得点はPB更新。

第3グループが終わった時点で、トップはアレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)。


●第4グループ
19 Keegan MESSING キーガン・メッシング(カナダ)
■SP順位:6,得点:93.00
■楽曲:The Sober Dawn (from "City Lights") by Charlie Chaplin
The Reel Chaplin: A Symphonic Adventure, Pt. 2 by Charlie Chaplin
■プログラム:△
3Lzはお手つき。4Tの予定がトリプルに。2つ目の4Tは転倒。3Loの予定がダブルに。3Fにはeが。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンは全てレベル3。せめて一つはレベル4を取りたかった。ステップはレベル3。
動きは悪くなかったと思うが、ジャンプのミスがいくつか出てしまった。やっぱ最終グループで緊張してしまったか。
フリー159.30、総合252.30。現時点で総合5位。

20 Shoma UNO 宇野 昌磨(日本)
■SP順位:5,得点:94.26
■楽曲:Violin Fantasy on Puccini's Turandot performed by Vanessa-Mae
Nessun Dorma (from "Turandot") by Giacomo Puccini, performed by Jose Carreras
■プログラム:◎
4Loと4F<は転倒。3Aはすぐ足をついてしまった。4T<は転倒。そこから4T+2Tと3A+1Lo+3F、3S+3Tをクリーンに着氷。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル3。
すごい…すごいしか言えない…。冒頭からジャンプのミスが続いた後に、驚異の巻き返し。痺れた。
スピンの質は今季見てきた中で、一番良かったと思う。ステップもつなぎも音楽表現も圧巻の演技だった。
フリー179.51、総合273.77。現時点で総合1位。

21 Boyang JIN ボーヤン・ジン(中国)
■SP順位:4,得点:95.85
■楽曲:Mars (from "The Planets") by Gustav Holst
Cantina Band (from "Star Wars: A New Hope") by John Williams
Guardians of the Whills Suite (from "Rogue One: A Star Wars Story") by Michael Giacchino
The Throne Room/Finale (from "Star Wars: A New Hope") by John Williams
■プログラム:△
4Lz<は転倒。4Sの予定がダブルに。4T<と2つ目の4T、3Lz+2T<<、3Fは転倒。
スピンのレベルは4、3、3V。ステップはレベル2。疲労のためか、終盤のスピンもステップもヨロヨロだった。
まさかの転倒5回…(唖然茫然)。どこか傷めたんだろうか…。信じられない…。
フリー127.56、総合223.41。現時点で総合16位。

22 Mikhail KOLYADA ミハイル・コリヤダ(ロシア)
■SP順位:2,得点:100.08
■楽曲:Steamroller Blues by Elvis Presley
Can't Help Falling In Love by Elvis Presley
Rip It Up by Elvis Presley
■プログラム:△
4Lzは転倒。4Tはこらえた。2つ目の4Tは転倒。3Loの予定がダブルに。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
スピードとキレがあり、スピンとステップつなぎは素晴らしい。成功したジャンプもよかった。でも彼にしてはイマイチなジャンプが多かった気がする。
フリー172.24、総合272.32。現時点で総合2位。

23 Vincent ZHOU ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)
■SP順位:3,得点:96.78
■楽曲:Nature Boy (from "Moulin Rouge" soundtrack) by Eden Ahbez, performed by David Bowie
Come What May (from "Moulin Rouge" soundtrack) by Franklin Tableporter, performed by Ewan McGregor & Nicole Kidman
■プログラム:△
4Lz<は転倒。4F<は!が。4Sと3Aも転倒。他にも回転不足を多くとられ、着氷が乱れた。GOEプラスとなったジャンプは4Tだけ。連続ジャンプが1つしか入らず。
スピンのレベルは4、2、4。FCSp2は軸がぶれ、GOEマイナス。ステップはレベル3。
終盤、ヘロヘロになりながらも、心折れずに最後まで戦い抜いたと思う。
本田さん曰く、「ジャンプの回転スピードが速く、軸が細いが、アンダーローテに見える下り方をしている」とのこと。
フリー138.46、総合235.24。現時点で総合13位。

24 Nathan CHEN ネイサン・チェン(アメリカ)
■SP順位:1,得点:101.94
■楽曲:Mao's Last Dancer (soundtrack) by Christopher Gordon
Sacre du Printemps by Igor Stravinski
■プログラム:△
彼が跳んだジャンプは下記の通り。
4Lz 4F+2T 4F 4T(ここから後半)4T+3T 4S 3A 3F+1Lo+3S
4T+3Tはすぐ足をついた。4Sはステップアウト。
スピンとステップは全てレベル4。
演技後、ガッツポーズ。最後の最後で締めてくれた。
後半、クワドの着氷2つに乱れはあったが、成功したジャンプは、SPより質が高かったと思う。
表現面は、オリンピックのときより良かったんじゃなかろうか。オリンピックのときはエレメンツをこなすだけで精一杯な感じだったけど、今回は余裕を感じた。
フリー219.46、総合321.40で、どちらもPB更新。現時点で総合1位。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Nathan CHEN USA 321.40 1 1
2 Shoma UNO JPN 273.77 5 2
3 Mikhail KOLYADA RUS 272.32 2 4
4 Alexei BYCHENKO ISR 258.28 7 7
5 Kazuki TOMONO JPN 256.11 11 3
6 Deniss VASILJEVS LAT 254.86 9 5
7 Dmitri ALIEV RUS 252.30 13 6
8 Keegan MESSING CAN 252.30 6 11
9 Misha GE UZB 249.57 8 9
10 Michal BREZINA CZE 243.99 17 8
11 Max AARON USA 241.49 15 10
12 Alexander MAJOROV SWE 237.79 10 13
13 Keiji TANAKA JPN 236.66 14 12
14 Vincent ZHOU USA 235.24 3 19
15 Paul FENTZ GER 230.92 12 16
16 Romain PONSART FRA 229.20 16 14
17 Matteo RIZZO ITA 225.44 18 17
18 Brendan KERRY AUS 223.85 19 15
19 Boyang JIN CHN 223.41 4 23
20 Daniel SAMOHIN ISR 214.01 20 18
21 Julian Zhi Jie YEE MAS 209.03 21 20
22 Donovan CARRILLO MEX 200.76 24 21
23 Slavik HAYRAPETYAN ARM 199.72 23 22
24 Phillip HARRIS GBR 187.69 22 24


◆来季の出場枠
3枠:アメリカ,日本,ロシア
2枠:イスラエル,ラトビア,カナダ,ウズベキスタン,チェコ
昌磨くんが足を傷めていると知り、正直、日本の3枠は厳しいかと思っていたが、昌磨くんの不屈の闘志と友野くんのすっっばらしい演技のおかげで、ぶじに3枠キープ!!(万歳三唱)
アメリカはヴィンスが大失速してしまったので、「3枠どうなる!?」と焦ったが、マックスが11位だったので大丈夫!
ロシアが…ロシアがついに!! 3枠獲得!! 14年ぶりらしい。ロシアは素敵な選手がたくさんいるので、ほんと嬉しいわ~☆


◆総評
いや~…最終グループ荒れたなぁ…。前日の女子フリーも荒れたけど、男子フリーも荒れたわ~…ライブで見ていたので、かなり消耗した。

優勝はネイサン。TESはぶっちぎりでトップ。PCSも頭一つ抜けてトップ。ワールド初メダルはピッカピカの金に! 初優勝おめでとう! 6クワドのプログラムを毎回この完成度でやられたら、他の選手が対抗するのはなかなか厳しいわ~(汗)。2位に50点近く差をつけている。
アメリカ選手の優勝は、なんと2009年のエヴァンさん以来、9年ぶりらしい。もうそんなになるか~。表彰台も同じく。言われてみれば、アメリカ選手のメダル獲得もしばらく遠のいてたんだなぁ。

総合2位は昌磨くん。コンディションが万全でない中、オリンピックと同じ構成に挑み、ミスはあったものの、みごと踏ん張って、2年連続の銀メダル獲得。偉大である。ジャンプが本調子でない分、他を頑張ろうという姿勢が伝わってきた。本大会の彼は、SPもFSも音を操る魔法使いだった。

3位はコリヤダ。初表彰台おめでとう! でもいい加減、クリーンなフリーが見たい! 来季は見せてくれ!
ロシア選手の表彰台は、2011年のガチくんの銅メダル以来、7年ぶりとのこと。

4位はビチェンコ。7回目の出場で初の一桁順位。SPもFSも総合得点も、今季更新してるんだよね。ほんとにすごい。成長し続ける、イキイキ30歳である。

5位の友野くんは、FS3位。チャンピオンシップのスモールメダル獲得!! これまで、世界ジュニアでもNHK杯でも、補欠からのくり上げ出場から、結果を出してきたが、今回も最高の演技を披露。日本の3枠獲得に大きく貢献してくれた。

13位の刑事くんは、どうも本調子じゃなさそうだな~と思って見ていたら、靴のトラブルがあったらしい。
五輪後に新調した靴が、現地入りした初日に破損し、壊れたまま使用せざるを得なかったそうなのだが、そりゃジャンプがうまくいかなかったわけだわ。靴のトラブルは、ほんと困るよね。昌磨くんが足を傷めたのもそのせいだし。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR