FC2ブログ

ロンバルディア杯2017 3日目 アイスダンスFD

ロンバルディア杯 リザルト
イタリアのベルガモにて開催。アイスダンスFDは、現地時間2017年9月16日(土)に行われた。
動画で全組の演技を見た。特に印象に残った組の演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
3 Rikako FUKASE / Aru TATENO 深瀬 理香子 / 立野 在(日本)
■SD順位:11,得点:47.80
■プログラム:?
動画
男性のズボン、もそっと足にぴったりなほうが、かっこいいんじゃないかな~。今のゆるい感じだと、彼の足のラインが美しく見えない。
ステップは両方レベル2。CuLi4で下ろすとき、もたついてしまった。STw2は、男性が途中で足をついてしまった。
冒頭のCoSp3の回転が速くなっていて、「昨季、苦手だって言ってたのに、上達してる~☆」と喜んで見ていたのだが、その後ミスが出て、二人の息がかみ合わない感じに…(泣)。
キャピキャピした振付は、チャーミングな彼らのカラーに合っている気がするのだが、今回の演技からはまだ何とも評価しがたい。
フリー69.50、総合117.30。


●第2グループ
6 Misato KOMATSUBARA / Timothy KOLETO 小松原 美里 / ティモシー・コレト(日本)
■SD順位:9,得点:49.80
■プログラム:〇
動画
女性のスケスケ衣装がセクシー(///)。
ステップのレベルは2と1。STw4は回転がそろっていた。
クリーンな演技だった。ジャッジが誰一人マイナスを出していない。
ところどころもたつくような箇所があったし、ホールドして滑る部分が少ないような気もしたが、二人がただ見つめ合っている姿がキラキラしてて素敵だった。あと、女性のポジションとラインがきれい。つい見とれてしまう。
フリー78.48、総合128.28。


●第3グループ
9 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT エリアナ・ポグレビンスキー / アレックス・ブノワ(アメリカ)
■SD順位:3,得点:61.36
■プログラム:×
動画
ステップは両方レベル2。ジャッジが誰一人マイナスを出していない、クリーン音な演技だった。
力強く大きな滑りで、動きもスムーズかつ美しいし、良い演技だったと思うのだが、率直に言って、プログラムに魅力を感じなかった。ハイライトがなくて、何となく終わってしまうというか。
フリー89.06、総合150.42。

10 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI シャルレーヌ・ギニャール / マルコ・ファブリ(イタリア)
■SD順位:1,得点:70.26
■プログラム:〇
動画
彼らも「エクソジェネシス」をやるのか~。いつの間にかフィギュアスケートの人気曲になったなぁ。好きだから嬉しい☆
ステップはレベル3と2。STw4のキレとユニゾンが素晴らしかった。
冒頭、CoSp4の入りの独創的な動きで惹きこまれてしまう。そこからうっっっとりと見入っていたのだが、SlLi1で、女性を持ち上げきれず、失敗。ギャー!!
オリンピックシーズンだから、彼らのスピードとパワー全開のFDでいくのかと思ったら、まさかの正反対路線。オリンピックがあるからって守りに入らず、常に新境地を開拓する姿勢にしびれる。
フリー99.04、総合169.30。

11 Alla LOBODA / Pavel DROZD アッラ・ロボダ / パヴェル・ドロースト(ロシア)
■SD順位:2,得点:63.34
■プログラム:△
動画
ステップは両方レベル2。ジャッジが誰一人マイナスを出していない、クリーンな演技だった。
後半、音楽から少し遅れているようで、忙しない感じがしたけど、滑りこんでいけば、印象が変わってくるかもしれない。
音楽は「シカゴ」か~。女性が迫力美人さんなので、彼らのカラーに合ってるんじゃないかなぁ。
フリー91.06、総合154.40。

12 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN アレクサンドラ・ナザロワ / マキシム・ニキティン(ウクライナ)
■SD順位:4,得点:61.06
■プログラム:△
動画
ステップのレベルは2と1。ジャッジが誰一人マイナスを出していない、クリーンな演技だった。
リフトが2つともめっちゃアクロバティック。でも今はちょっとスムーズさに欠け、エレメンツがプログラムから浮いている感じがする。
音楽が「パイレーツ・オブ・カリビアン」なので、もっとスピードとパワーが欲しい。矯正プロなのかもな~。
フリー89.82、総合150.88。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SD順位、FD順位の順に記されている。
1 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 169.30 1 1
2 Alla LOBODA / Pavel DROZD RUS 154.40 2 2
3 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 150.88 4 3
4 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT USA 150.42 3 4
5 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 132.92 8 5
6 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ITA 132.76 5 7
7 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 129.06 7 8
8 Misato KOMATSUBARA / Timothy KOLETO JPN 128.28 9 6
9 Lilah FEAR / Lewis GIBSON GBR 124.22 6 10
10 Juulia TURKKILA / Matthias VERSLUIS FIN 120.44 10 9
11 Rikako FUKASE / Aru TATENO JPN 117.30 11 11
12 Adelina GALAYAVIEVA / Laurent ABECASSIS FRA 104.54 12 12
13 Viktoria SEMENJUK / Artur GRUZDEV EST 100.36 13 13


◆総評
優勝はギニャール&ファブリ。滑りが別格だった。リフトのミスは残念だったけど、新しい彼らを見せてもらえて幸せ~☆ 今後の進化が楽しみでならない。

総合2位はロボダ&ドロースト。今季はシニアデビューのシーズンだけど、シニアの中で滑っていても、まったくジュニアっぽくなかった。さすが。

3位はナザロワ&ニキティン。FDは彼らの強みとは言いがたい、ワイルドさが必要とされるプログラムだと思うので、これからどうモノにしていくのか、見守っていきたい。

小松原&コレトは8位。初めての国際大会だったと思うのだが、堂々と演技していた。幸先のよいスタートが切れて嬉しい。次はいつ演技が見られるかな~。

深瀬&立野は11位。FDでミスが2つあり、残念だったが、昨季からの成長が明確に感じられた。次はぜひクリーンな演技が見たい。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR