JGPミンスクアリーナ杯2017 1日目 女子SP

JGPミンスクアリーナ杯2017 リザルト
ベラルーシのミンスクにて開催。女子SPは、現地時間2017年9月21日(木)に行われた。
ライストで、気になる選手の演技を見た。特に印象に残った選手の演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
4 Selma IHR セルマ・イアー(スウェーデン)
■楽曲:Over the Rainbow by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:〇
今季、ジュニアデビューで、JGPブリスベン11位。
3T+3TはOK。3Lz<は転倒。2Aはまずまず。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル3。
清涼感のある演技。上半身の使い方はジュニアっぽいんだけど、背筋がピッと伸びてるから、見ていて気持ちがいいんだよねぇ。
48.20でSB及びPB更新。


●第2グループ
6 Alexandra TRUSOVA アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
■楽曲:Big Spender performed by Peggy Lee
Jumpin' Jack performed by Big Bad Voodoo Daddy
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権4位。今季、ジュニアデビューで、JGPブリスベン優勝。
3Fタノ+3Lo、3Lzタノ、2Aとクリーンに着氷。ジャンプの精度がすごい。
スピンとステップは全てレベル4。
ジャンプ前はちょっと慎重に滑っているように感じたが(あくまでも本人比)、連続ジャンプを決めたら、あとはキレッキレであった。忙しない感じも薄まったかなぁ。
69.72でSB及びPB更新。

7 Ji hun TO ジフン・トウ?(韓国)
■楽曲:Primavera Portena by Astor Piazzolla
■プログラム:△
今季、ジュニアデビュー。本大会がJGPデビュー。
3F<は転倒。3Lz<は着氷が乱れた。2AはOK。
スピンとステップは全てレベル4。
上半身の使い方がしなやかでやわらかい。力強さも出せていたと思う。
44.21。

8 Riko TAKINO 滝野 莉子(日本)
■楽曲:Poeta by Vicente Amigo
■プログラム:〇
昨季、全日本ジュニア6位、全日本。今季、JGPブリスベン3位。コーチは織田憲子&信成先生。
3F+3Tは、着氷が詰まったので、回転大丈夫かな~と心配になったが、OKだった。3Lzの予定がダブルになり、着氷が乱れ、eがついた。2AはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
挑む視線がかっこいい。動きが大きく、キレがあった。
54.96。

9 Lucrezia BECCARI ルクレツィア・ベッカーリ(イタリア)
■楽曲:Alien (soundtrack)
Slow by Kylie Minogue
Visitors (soundtrack)
■プログラム:△
本大会がJGPデビュー。
上下一体型のパンツルック。戦隊もののコスチュームみたい。
3Lz<はGOEマイナス。3F<は転倒。2Aはほんの少しだがぐらついた。
スピンのレベルは3、3、4。2番目のFSSp3は、トラベリングしたため、GOEマイナス。ステップはレベル3。
音楽より少し遅れてフィニッシュ。
体の動きが大きく、しなやかで力強い。音楽表現が素敵だった。
43.17。

10 Ann-Christin MAROLD アン=クリスティン・マロルド(ドイツ)
■楽曲:Narnia (soundtrack) by David Arnold
■プログラム:△
本大会がJGPデビュー。
雪の女王みたいな衣装。きれい。
3Lz<は、詰まった着氷に。3T+2Tタノと2Aはまずまず。
スピンは全てレベル4。2CCoSp4で、少しバランスを崩した。ステップはレベル3。
終わった後、ガッツポーズ☆
めっちゃかわいい。ブロンドの女の子が、裾に青のグラデが入った、白キラキラ~なワンピを着ている。まさに乙女の夢の体現といった姿で滑っていた。
43.26。

●第3グループ
12 Sofiia NESTEROVA ソフィア・ネステロワ(ウクライナ)
■楽曲:Just For You by Giovanni Marradi
■プログラム:△
本大会がJGPデビュー。
白地に青い花柄が散りばめられたノースリーブと濃い青のチュールスカート。素敵☆
3T+3T<はGOEマイナス。3Lzは両足着氷。2AはOK。
スピンのレベルは2、3、3。ステップはレベル2。
ボディームーブメントはきれいなのだが、ステップで音をとらえきれてないかな~という印象を受けた。
49.40。

15 Tessa HONG テッサ・ホン(アメリカ)
■楽曲:Ave Maria performed by Giulio Caccini
■プログラム:〇
昨季、JGPタリン杯5位、全米10位。
昨季から継続のプログラム。
体つきがしっかりしたな~。
3F+3T<と3Lz<は少しバランスを崩した。2Aはよかった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。緩急をつけて、曲想をよく表現していた。
ボディームーブメントとポジション、ラインは相変わらず美しい。表現がだいぶ外向きになった気がする。表情豊かに滑っていた。
59.61でPB更新。


●第4グループ
22 Nana ARAKI Nana ARAKI 荒木 菜那(日本)
■楽曲:Bei mir bist du schoen by Sholom Secunda
■プログラム:△
本大会がJGPデビュー。コーチは門奈先生、振付は宮本賢二さん。
衣装が薄ピンクに花柄~☆ 乙女チック~☆
3F+3Tはクリーンに着氷したが、フリップに!がついた。3Lzは高さがある。2Aもよかった。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
笑顔が素敵~☆ スピードに乗り、終始ずっと笑顔で滑っていた。チャーミングだなぁ☆
62.98。 


●第5グループ
27 Kristina SHKULETA-GROMOVA クリスティナ・シュクレタ=グロモワ(エストニア)
■楽曲:Stone Cold by Demi Lovato
■プログラム:△
昨季、国内選手権4位、世界ジュニア28位。
脇腹から背中にかけてのひも状の模様が気持ち悪い。それがなかったら素敵衣装なのに。
3T+3T<は着氷がきれいに流れなかった。3Lzはまずまず。2A<は、見た目悪くなかったのだが。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル3。
大きくて力強い滑りだった。
49.14でPB更新。


●第6グループ
31 Ye Lim KIM イェリム・キム(韓国)
■楽曲:Riverdance by Bill Whelan
■プログラム:〇
昨季、JGPジェルヴェ4位、国内選手権2位。
3F+3T<は流れは悪くなかったのだが、フリップに!がつき、GOEマイナス。3LzタノはOK。2Aはまずまず。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル2。
最後のポーズでバランスを崩して手をついた。
昨季まで無表情で滑ってたイェリムが…イェリムが笑顔で滑ってる…!!
「リバーダンス」は、理華ちゃんのすっっばらしいFSの記憶が新しいので、いろいろ物足りなく感じるところはあるのだが、本人比で、感情の表出が見られるようになったし、スケーティングのスピードも増したように思う。
56.79でPB更新。

34 Stanislava KONSTANTINOVA スタニスラワ・コンスタンティノワ(ロシア)
■楽曲:Corazon Espinado (cover) performed by Tania Blanco
I Like It Like That performed by The Blackout Allstars
■プログラム:〇
昨季、JGPモルドヴィア杯2位、ジュニアの国内選手権2位、世界ジュニア6位。
ほっそりしたような気がする。痩せたというより、余計なものがそぎ落とされたという印象を受ける。
2Aはよかった。3Fタノ+3T<<は転倒。3Lzタノはよかった。
スピンは全てレベル4。1番目のFSSp4は、入りのジャンプが高くて驚いた。ステップはレベル3。動きがより洗練されて、自由自在になった感じ。かっこいい。
うわー、すっかり大人のレディスケーターになったなぁ!! 素敵!! スピードもよく出ていた。
59.85。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Alexandra TRUSOVA RUS 69.72
2 Nana ARAKI JPN 62.98
3 Stanislava KONSTANTINOVA RUS 59.85
4 Tessa HONG USA 59.61
5 Ye Lim KIM KOR 56.79
6 Riko TAKINO JPN 54.96
7 Sofiia NESTEROVA UKR 49.40
8 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 49.14
9 Selma IHR SWE 48.20
10 Ji hun TO KOR 44.21
11 Linnea CEDER FIN 43.81
12 Ann-Christin MAROLD GER 43.26
13 Lucrezia BECCARI ITA 43.17
14 Alana TOKTAROVA KAZ 42.53
15 Morgan FLOOD AZE 41.38
16 Oliwia RZEPIEL POL 41.27
17 Dahyun KO CZE 40.74
18 Alexandra FEIGIN BUL 39.90
19 Yixuan ZHANG CHN 37.34
20 Elizabete JUBKANE LAT 37.14
21 Ekin SAYGI TUR 36.28
22 Aliaksandra CHEPELEVA BLR 34.81
23 Lizaveta MALINOUSKAYA BLR 34.51
24 Genevieve SOMERVILLE GBR 32.61
25 Lucy Sori YUN AUS 32.40
26 Florencia CALDERON MEX 31.30
27 Paulina RAMANAUSKAITE LTU 30.34
28 Cheuk Ka Kahlen CHEUNG HKG 29.90
29 Anna IVANCENCO MDA 29.54
30 Hanna PAROSHYNA BLR 29.53
31 Josephine KAERSGAARD DEN 28.84
32 Mariami MESHVELIANI GEO 27.46
33 Alyona MEZENTSEVA UZB 25.28
34 Varvara PETROVA KGZ 23.11


◆総評
SP1位はトゥルソワ。すべてのエレメンツが素晴らしいのだが、特筆すべきはそのジャンプである。ほんと、理想的なジャンプを跳んでいる。

SP2位は菜那ちゃん。初めて演技を見たのだが、笑顔がチャーミングだし、ジャンプもスケーティングも音楽表現もよかった。日本も次から次へとすごい選手が出てくるなぁ。

3位はコンさん。連続ジャンプの転倒が残念だったが、他はすっっばらしかった。特にスケーティングと音楽表現に魅せられた。PCSがトップなのも納得。

4位はホンちゃん。体つきがしっかりしたせいか、滑りに力強さが出てきた気がする。動きが本当に美しい選手なので、ジャンプさえ決まれば高得点が望めるだろう。

5位はイェリム。笑顔で滑れるようになってて嬉しいサプライズだった(笑)。彼女は感情の表出が課題だと思うのだが、エレメンツは手堅くまとめてくる選手なので、彼女の表彰台も十分あり得る。

6位は莉子ちゃん。単独ジャンプがダブルになってしまい、出遅れてしまったが、最終グループ入りできてよかったわ~。動きはよかったと思うので、FSの演技も楽しみ~☆

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR