FC2ブログ

JGPミンスクアリーナ杯2017 2日目 アイスダンスFD

JGPミンスクアリーナ杯2017 リザルト
ベラルーシのミンスクにて開催。アイスダンスFDは、現地時間2017年9月22日(金)に行われた。
動画で第2グループから演技を見た。特に印象に残った組の演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第2グループ
6 Sasha FEAR / George WADDELL サーシャ・フィアー / ジョージ・ワッデル?(イギリス)
■SD順位:10,得点:40.81
■楽曲:Fix You by Coldplay
Viva La Vida by Coldplay
A Sky Full Of Stars by Coldplay
■プログラム:〇
SlLi4はフレーズに動きが合っている。STw3は、男性がちょっとバランスを崩したか。GOEマイナス。ステップはレベル1。コリオスピンで二人とも転倒し、ノーバリュー。
前半は疾走感があり、曲想もよく表現していて、つなぎの動きも素敵だったのだが、中盤のCiSt1の後、二人とも転倒(泣)。でも、女性は頭を打ったみたいなのに、即座に立ち上がり、笑顔で演技を再開。だいじないといいのだが。
転倒はしたものの、演技自体は、前のJGPブリスベンよりスピードが増して、魅力的なプログラムになっていたと思う。曲のつなぎ目の不自然さも気にならなくなっていた(笑)。
フリー58.01、総合98.82。

7 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS ジュリア・ワグレ / マテュー・クイラ(フランス)
■SD順位:7,得点:45.94
■楽曲:When We Were Young
■プログラム:〇
STw3で、回転が少しずれ、男性がバランスを崩した。ステップはレベル2。RoLi1は、出で少しもたついた。
よく滑っていたし、二人が醸し出す雰囲気はさすがといったものを見せてくれて、プログラムの物語をどしどし紡いでいたが、何となく動きが少し重いような気がした。コンディションが万全ではないのかも。
フリー61.87、総合107.81。

9 Emiliya KALEHANOVA / Uladzislau PALKHOUSKI エミリヤ・カレハノワ / ウラジスラフ・パルホウスキー(ベラルーシ)
■SD順位:8,得点:44.77
■楽曲:Space Between Us (soundtrack)
■プログラム:△
女性が濃い青のグラデ衣装が素敵~。スカート部分がオーロラみたい。
Stw1は、男性がぐらついた。ステップはレベル2。
「おお~!」と思う部分と「…あれ?」と思う部分が混在している。独創的な動きがいくつもあり、見どころのあるプログラムだと思うので、どんどん進化さ褪せていってほしい。
フリー64.10、総合108.87。

第2グループが終わった時点で、トップはダリア・ポポワ / ヴォロジーミル・ビエリコフ(ウクライナ)。


●第3グループ
10 Avonley NGUYEN / Vadym KOLESNIK アヴォンリー・ニューエン / ヴァディム・コレスニク?(アメリカ)
■SD順位:5,得点:50.37
■楽曲:Westside Story by Leonard Bernstein
■プログラム:〇
CoSp4は、回転が速くポジションが美しい。回りながら二人が手をつなぐ振付がステキ~☆ Stw2はセカンドで回転がずれたが、サードで修正。SeSt1で女性が転倒。
転倒を除けば、終始スピードに乗って、エネルギッシュに駆け抜けていった。
Tonight→Maria→Americaという編曲が、わたしのハートにズドンときたよ(笑)。「トゥナイト」でドラマティックに盛り上げ、「マリア」でしっとり歌を聴かせ、最後「アメリカ」でキレキレに踊りまくるという。このプログラム、好きだわ~。
フリー64.52、総合114.89。現時点で総合1位。

11 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER アシュリン・ステアーズ / リー・ロイヤー(カナダ)
■SD順位:4,得点:55.58
■楽曲:Un monstre a Paris by Sean Lennon
La Seine by Matthieu Chedid, Sean Lennon
■プログラム:△
SlLi4で目まぐるしくポジションチェンジするのだが、いまいちキメポーズがなくて、何となく流れちゃうのがもったいなく感じる。SeSt3は、ゆったり大きい滑りで気持ちいい。CoSp4は、回転が速く、軸がぶれない。STw2の質は悪くなかったが、レベル取りこぼし。
プログラム後半、彼らのチャーミングさが前面に押し出される振付と演出になっていて、いいと思う。
フリー71.39でSB、総合126.97でPB更新。現時点で総合1位。

12 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN アナスタシア・スコプツォワ / キリル・アリョーシン(ロシア)
■SD順位:2,得点:61.71
■楽曲:Tango Selection by Gotan Project
■プログラム:?
RoLi4の絡み合いがすごい。Stw3は回転が速いしそろっている。ステップはレベル2。
序盤は良かったんだけど…特にミスがあったとかではないんだけど…う~ん…中盤の、タップ音みたいなビートだけ淡々と続くパートがいまいち退屈だった。
フリー81.93、総合143.64。現時点で総合1位。

13 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV アリーナ・ウシャコワ / マキシム・ネクラソフ(ロシア)
■SD順位:3,得点:59.62
■楽曲:Be Italian (frm "Nine") performed by Fergie
■プログラム:△
音楽が鳴る前から小芝居が始まっている。男性が後ろから女性の肩をチョンとつついて、女性が振り向いたら知らんぷりという、「おまえ小学生か!?」と突っ込みたくなるようなことをやっていた(笑)。
STw4は回転がものすごく速いので自信がないが、たぶんそろっている。SlLi4はアクロバティック。ステップはレベル3。RoLi4も勢いがすごい。最後のコレオスピン&リフトがインパクト大☆ 女性がブンブン振り回されているのだが、その回転のされ方がフツーじゃない。よくあんなふうに回されながら、女性は表情作れるな~。
最初から最後まで、スピードとキレと勢いが凄まじい。
アクの強いプログラムだな~。一回見たら忘れられないわ~。
フリー83.32、総合142.94で、どちらもPB更新。現時点で総合2位。

14 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO クリスティーナ・カレイラ / アンソニー・ポノマレンコ(アメリカ)
■SD順位:1,得点:63.77
■楽曲:Dance For Me Wallis (from "W.E." soundtrack) by Abel Korzeniowski
Abdication (from "W.E." soundtrack) by Abel Korzeniowski
■プログラム:△
ステップとリフトがレベル3だった以外、すべてレベル4。GOEはジャッジが全員1以上を出している。
特に独創的な振付はないけれど、美しくよどみなく、クリーンな演技だった。
フリー86.28、総合150.05。総合1位に決定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SD順位、FD順位の順に記されている。
1 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO USA 150.05 1 1
2 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN RUS 143.64 2 3
3 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV RUS 142.94 3 2
4 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER CAN 126.97 4 4
5 Avonley NGUYEN / Vadym KOLESNIK USA 114.89 5 6
6 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV UKR 114.70 6 5
7 Emiliya KALEHANOVA / Uladzislau PALKHOUSKI BLR 108.87 8 7
8 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS FRA 107.81 7 8
9 Yuzhu GUO / Pengkun ZHAO CHN 100.62 11 10
10 Sasha FEAR / George WADDELL GBR 98.82 10 11
11 Gaukhar NAURYZOVA / Boyisangur DATIEV KAZ 96.06 12 9
12 Nina MIZUKI / Veniamins VOLSKIS CAN 94.96 9 12
13 Karina SIDARENKA / Maksim YALENICH BLR 78.09 13 13
14 Lucy BURTON / Thomas INGALL CZE 67.77 14 14


◆総評
カレイラ&ポノマレンコが優勝し、JGP2戦全勝でJGPファイナル進出を決定!! おめでとう☆ 本大会ではSDもFDもクリーンな演技が見られてよかった。ファイナルでは堂々の優勝候補ですな☆

総合2位は、スコプツォワ&アリョーシン。モリモリうまくなってるんだけど、FDが個人的にいまいちなプログラムでガックリきた。まぁこれから滑りこんでいったら印象が変わるかもしれない。

3位はウシャコワ&ネクラソフ。FDではあまりの独創性と奇抜さに度肝を抜かれた。ロシアはジュニアのアイスダンスカップルも実力者がひしめいていて、ほんと群雄割拠で大変だな~。

4位はステアーズ&ロイヤー。上位3組とは得点に開きがあるけど、着実にステップアップしていると思う。次に演技が見られるのは世界ジュニアかな? カナダ代表になれるよう、ジュニアの国内選手権がんばって!

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR