FC2ブログ

JGPミンスクアリーナ杯2017 3日目 ペアFS

JGPミンスクアリーナ杯2017 リザルト
ベラルーシのミンスクにて開催。ペアFSは、現地時間2017年9月23日(土)に行われた。
動画で全組の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
3 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL タリサ・トマラ / ロバート・クンケル(ドイツ)
■SP順位:9,得点:43.33
■楽曲:Heartbreak Hotel by Elvis Presley
Don't by Elvis Presley
Hard Headed Woman by Elvis Presley
■プログラム:?
白地に星がいくつもあしらわれた衣装で、「プレスリーか?」と思ったら、その通りだった。分かりやすいってだいじよね。
3Tw4はOK。2Aは女性が転倒。二人の距離が遠い。スロー3Lzも転倒。スロー3Loはフリーレッグがタッチ。PCoSp4は軸が上手くとれず、ポジションチェンジがもたついている。FCCoSp4の回転は大体合っていた。2Lzは女性の着氷が乱れ、連続ジャンプにできず。
エレメンツのミスも多かったが、それよりなにより気になったのは、プログラムの流れが良くないこと。つなぎにいろいろ工夫された動きが入っているのだが、もたもたしながらやっているので、効果的じゃないんだよね。もっとシンプルにして、エレメンツの確実性を高めていった方がいいんじゃなかろうか。女性が男性を平手打ちする振付とか、音に合わせてて、おもしろいとは思うんだけど…。
フリー74.42、総合117.75。


●第2グループ
4 Elizabeth Vasilevna KOPMAR / Jonah BARRETT エリザベス・ヴァシレヴナ・コプマール / ジョナー・バレット(アメリカ)
■SP順位:7,得点:43.84
■楽曲:Nutcracker by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:△
3TwBは高さがなく、女性を抱えてしまった。3S<<は女性が転倒し、連続ジャンプにならず。スロー3Sはまずまず。2Aとスロー3Loもまずまず。3Li4は、出でもたついた。FiDs3は、終盤女性の姿勢がつぶれてしまった。FCCoSp3の回転は速かったが少しずれていたか。プログラム最後のコレオは、リフトの途中で下ろしてしまい、すぐに振付に戻れず。
二人が手をつなぐところで、ほぼ常に、思ったタイミングや位置でつなげてないんだな~というのが伝わってきて、何だか微笑ましかった。トップのペアになると、まるで自分の体の一部みたいに、自然につなげるようになるんだよね。頑張れ。
フリー79.18、総合123.02。

5 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO イルマ・カルダーラ / エドアルド・カプート(イタリア)
■SP順位:8,得点:43.45
■楽曲:The Addams Family (soundtrack) by Marc Shaiman
■プログラム:〇
2A<<は二人とも着氷で乱れた。2Tw1はまずまず。スロー3Fは、足をついた。2F+2Tの予定だったが、女性がセカンドでシングルに。スロー3Loは転倒。CCoSp4は、回転がズレた。
雰囲気作りがうまい。冒頭の振付で、あっという間にプログラムの世界に引き込まれる。
「アダムズファミリー」らしい振付が散りばめられていて、楽しかった。今はまだエレメンツをこなすので精一杯な感じだが、ぜひとも滑りこなしてもらいたい。
フリー76.12、総合119.57で、どちらもPB更新。

6 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND ロリ=アン・マッテ / ティエリー・フェルラン(カナダ)
■SP順位:6,得点:45.69
■楽曲:The Scientist by G. Berryman, J. Buckland, W. Champion, C. Martin
■プログラム:△
2Tw3は流れが良かった。2F+2T+2Tの予定が、女性がサードでシングルに。スロー3Lzは転倒。2A<<は、男性が転倒し、女性は着氷が乱れた。スロー3Loは転倒。PCoSp4は、軸がぶれず、回転が安定している。FCCoSp4の回転が合っている。コレオの動きが素敵だった。
転倒3回は痛かったが、ペアならではの良さを感じさせてくれる演技だった。ユニゾンと音楽表現に秀でているんだと思う。JGPでソロスピンがそろっているなんて、めったに見られないので感動した。
フリー76.39、総合122.08。

7 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV アポリナリーヤ・パンフィロワ / ドミトリー・リオロフ(ロシア)
■SP順位:5,得点:52.58
■楽曲:Alice's Theme (from "Alice in Wonderland" soundtrack) by Danny Elfman
■プログラム:〇
やっぱ衣装かわいいな~。男性の靴下が右と左で違うの、いい味出してる~☆
3Tw3はすばらしい。女性のスカートがふわっと広がるさまが素敵。2AはOK。スロー3LoもOK。きれいな放物線を描いていた。2F+1Lo+2Sはまずまず。スロー3Fはよかった。FCSpは、男性が足をついてしまい、ノーバリュー。
二人が手をつながずに滑っているときの距離が遠いのが気になる。もう少し近くで滑れるといいなぁ。
フリー97.63、総合150.21。

第2グループが終わった時点で、トップはアポリナリーヤ・パンフィロワ / ドミトリー・リオロフ(ロシア)。


●第3グループ
8 Feiyao TANG / Yongchao YANG フェイヤオ・タン / ヨンチャオ・ヤン(中国)
■SP順位:3,得点:54.00
■楽曲:Kung Fu Panda (soundtrack)
■プログラム:△
3Tw2は高い。2A+2A+SEQの予定が、女性がセカンドでシングルに。スロー3Loは着氷が乱れた。3T<は跳ぶタイミングが少しずれた。FCCoSp3は回転がずれ、距離も離れている。スロー3Sはよかった。
つなぎで男性と女性が手をつなぐところ、離すところでもたついていた。
今はまだ音楽がBGMっぽいけど、音楽自体はきれいだし、盛り上がりもあって、良いプログラムだなという印象を受けた。滑りこんでいけば、ユニゾンも向上していくだろうし、素敵な作品に仕上がりそう。
フリー93.67、総合147.67。現時点で総合2位。

9 Audrey LU / Misha MITROFANOV オードリー・ルー / ミーシャ・ミトロファノフ(アメリカ)
■SP順位:4,得点:52.94
■楽曲:Memory (Phantom of the Opera) by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:?
3Tw2は、キャッチと着氷が同時に。スロー3Loは転倒。3Sと3Tは、男性が転倒。スロー3Loも転倒。FCCoSp3の回転は速いがズレた。コレオのスパイラルやダンスリフトは美しい。
4回も転倒してしまったので、そのせいかもしれないが、終盤、音楽の盛り上がりやフレーズとエレメンツが合っていないような印象を受けた。
そもそもキャッツの「メモリー」と「オペラ座の怪人」を一緒にしちゃうって、ちょっと乱暴すぎやしないか(汗)。前半と後半で別個のプログラムって感じで、この二つを一つのプログラムにまとめる意義が感じられなかった。
フリー79.19、総合132.13。現時点で総合3位。

10 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT アナスタシア・ポルヤノワ / ドミトリー・ソポト(ロシア)
■SP順位:1,得点:56.37
■楽曲:The Unforgiven by Metallica
Nothing Else Matters by Metallica
■プログラム:?
3T+2Tは男性がお手つき。二人が跳ぶタイミングがずれた。3Tw2は高い。2Aも跳ぶタイミングがずれた。スロー3LoはOK。スロー3Sは高い。FCCoSp4は、回転が速く、そろっている。PCoSp4の回転が速く安定しているが、女性のフリーレッグが伸び切っていないのが気になった。
ツイストやスロー、リフトなどは結成間もないとは思えない質の高さ。課題はソロジャンプの跳ぶタイミングがずれることくらいかな~。
フリー105.77、総合162.14。現時点で総合1位。

2 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN ダリア・パブリュチェンコ / デニス・ホディキン(ロシア)
■SP順位:2,得点:56.29
■楽曲:Chicago (soundtrack)
■プログラム:〇
3T+3T+SEQは女性が手をつき、二人の距離が遠い。3Tw2はよかった。3Sは跳ぶタイミングが少しずれた。スロー3Fとスロー3Loはすばらしい。FCCoSp4は、回転が速く、そろっていた。
3T+3T+SEQのほかは、全ての要素がGOEプラス。
楽しくコミカルなプログラム。最後女性が男性を撃つ振付が入り、「殺害シーン再現しちゃうの!?」と焦ったが、さすがにそれはまずいと思ったか、男性は死なずにすんだ(苦笑)。
表情豊かに演じているのだが、二人とも目から必死さが伝わってきて、まだ余裕はないんだな~と微笑ましくなった。
フリー109.95、総合166.24。キスクラの選手たちもコーチ陣も拍手して喜んでる~☆ 総合1位に決定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN RUS 166.24 2 1
2 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT RUS 162.14 1 2
3 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV RUS 150.21 5 3
4 Feiyao TANG / Yongchao YANG CHN 147.67 3 4
5 Audrey LU / Misha MITROFANOV USA 132.13 4 6
6 Chloe PANETTA / Steven LAPOINTE CAN 123.30 10 5
7 Elizabeth Vasilevna KOPMAR / Jonah BARRETT USA 123.02 7 7
8 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND CAN 122.08 6 8
9 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO ITA 119.57 8 9
10 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL GER 117.75 9 10
11 Anastasiia SMIRNOVA / Artem DARENSKYI UKR 110.55 11 11


◆総評
優勝は、パブリュチェンコ&ホディキン。JGP初出場で初優勝、おめでとう!! SP同様、FSもプログラムをきっちり演じられていて、好印象を受けた。

総合2位は、ポルヤノワ&ソポト。結成したばかりでこんなにできるんだから、ユニゾンが高まったらどんだけすごいペアになるんだろう。

トップ2とも、JGP2戦目に派遣されるよね? 次に演技を見られるのが楽しみ~☆

3位はパンフィロワ&リオロフ。ソロスピンがノーバリューになってしまい、残念だった。他はよかったんだけどな~。でもま、JGPファイナル進出は決めたもんね!! おめでとう!! これで厄落としはすんだと思って、JGPファイナルに向けて、プログラムをさらにブラッシュアップさせていってほしい。

ロシアが表彰台を独占!!でも特に珍しいことではなく、毎度のことというか。ほんと、ジュニアのペアじゃ、敵なしだもんな~。

4位はタン&ヤン。北京五輪に向けて、中国が本気で強化に取り組み始めたのを感じる。技術力の高いペアだと思うので、今後の成長が楽しみだ。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR