FC2ブログ

JGPクロアチア杯2017 1日目 ペアSP

JGPクロアチア杯2017 リザルト
クロアチアのザグレブにて開催。ペアSPは、現地時間2017年9月28日(木)に行われた。
動画で全組の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Chloe CHOINARD / Mathieu OSTIGUY クロエ・シュイナード? / マチュー・オスティギー(カナダ)
■楽曲:Primavera by Ludovico Einaudi
■プログラム:△
昨季、男性が別のパートナーと組んで、JGPに出ていたので、今季結成したばかりと思われる。今季、JGPリガ杯7位。
2Tw3はまずまず。2Lzもまずまず。スロー2Loは、高さはないが、クリーンに着氷。3Li4は、特に問題なさそうに見えたが、GOEマイナス。
さわやかで清涼感のある二人。ユニゾンは悪くないが、今はまだ思い切って滑れていない感じがする。
2ツイスト。2.スロー2.リフト。ステップはなれてクロス。デス。スピン。
41.95でSBかつPB更新。

3 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW レイケン・ロックリー? / キーナン・プロクナウ?(アメリカ)
■楽曲:Clair de Lune by Claude Debussy
■プログラム:△
昨季、JGPシュベルター12位。ジュニアの国内選手権5位。今季、JGPリガ杯5位。コーチはブルーベイカー&ベルトン先生。
スロー3Loはこらえた。3Tw4はOK。2Lzはeが。着氷はクリーンだった。PCoSp3は、軸が少しぶれた。
流れが良かったと思う。「月の光」の美しいメロディーをよく表現していた。
51.48。


●第2グループ
4 Jiaying SUI / Yunzhi GUO ジァイン・スイ? / ユンジー・グオ?(中国)
■楽曲:Don't Cry For Me Argentina (from "Evita") by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:△
本大会がJGPデビュー。
3Tw2は着氷が乱れた。2Lzは!が。スロー3Loは転倒。
ユニゾンは合っていた。女性ボーカルの朗々とした歌声をよく表現していたと思う。
44.48。

5 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD イヴリン・ウォルシュ / トレント・ミショー(カナダ)
■楽曲:Take It All (from "Nine" soundtrack) by Mairy Yeston
■プログラム:
昨季、ジュニアの国内選手権優勝、世界ジュニア5位。今季、JGPリガ杯3位。
3Tw3は女性を抱えてしまった。2Lzはeが。スロー3Loは転倒。PCoSp3Vは、回転が速かったし、軸も安定していたと思うのだが、Vがついた。
ステップシークエンスは、二人の距離が近いし、後半はホールドして滑っていて、わたし好みの構成。
滑りやユニゾンはよかったと思うんだけど、エレメンツにミスが重なってしまった。
49.12。

6 Sarah FENG / Tommy-Jo NYMAN サラ・フェン / トミー=ジョー・ナイマン(アメリカ)
■楽曲:Fantasy for Violin and Orchestra by Joshua Bell
■プログラム:△
本大会がJGPデビュー。
2Tw2は着氷が乱れた。2Lzはまずまず。3Li2は下ろすとき男性がつっかかってしまい、危なかった。スロー2Loはまずまず。トリプルの予定だったのではないか。
スケーティングや音楽表現はなかなか素敵だった。ただ、二人が違う振付をするところや離れて滑るところでは、ユニゾンがあまり感じられなくなってしまう。
42.42。


●第3グループ
7 Isabella GAMEZ / Ton CONSUL イザベラ・ガメス / トン・コンスール(スペイン)
■楽曲:Faith by Sleeping At Last
■プログラム:△
バイオによると、二人とも昨季まで別のパートナーと組んでいたので、今季結成したばかりと思われる。女性はアメリカ代表だった。
2Tw3はまずまず。スロー2Loもまずまず。3Li4は、おそるおそる回転しているように見えた。2Lzタノもまず。FiDs4は最後女性の姿勢がつぶれたからか、GOEマイナス。
きれいな音楽に合わせて、きれいに滑っていた。
42.88。

8 Olivia BOYS-EDDY / Mackenzie BOYS-EDDY オリビア・ボイス=エディー? / マッケンジー・ボイス=エディー(カナダ)
■楽曲:Take The A Train by Billy Strayhorn, performed by Nikki Yanofski
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権3位。本大会がJGPデビュー。苗字が同じだから兄妹なのかな。
3Tw4は、直前の動きが弾むみたいでおもしろかった。2Lzはまずまず。StSq4は、一蹴りが伸びない印象を受けた。スロー2Loはまずまず。
リズミカルで楽しくなる音楽なのだが、ほぼBGMであった。好きな曲なので、もそっと音楽に寄り添えるようになるといいなぁ。
46.39。

9 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN ポリーナ・コステュコビッチ / ドミトリー・イアリン(ロシア)
■楽曲:Malaguena by Ernesto Lecuona
■プログラム:△
本大会がJGPデビュー。
3Tw4とスロー3Loの高さがすごい。StSq4は、男女がそれぞれリンクサイドの両端には慣れてしまうので、PC画面だと、ユニゾンが合っているのかどうか分かりづらい。2Lzは女性が少しこらえたので、ちょいGOEマイナス。
さすがロシアのペアというエレメンツの質の高さだった。スケートもよく滑っていたし、曲想に合った、力強い動きができていたと思う。
59.68。


●第4グループ
10 Yumeng GAO / Zhong XIE ユーメン・ガオ / ジョン・シイエ(中国)
■楽曲:Chicago (soundtrack)
■プログラム:△
昨季、国内選手権3位、世界ジュニア3位。
昨季、ジュニアの国内選手権6位。
3Tw4とスロー3Loはよかった。2Lzは!がつき、GOEマイナス。FiDs4は、ピボットポジションに入るのが早い。StSq4は、二人の距離が近いままで、わたし好みの構成なのだが、ホールド部分が、少しぎこちなかったように感じた。
しっとりな前半とアップテンポな後半で、よく演じ分けていた。
59.99でPB更新。

11 Daria KVARTALOVA / Alexei SVIATCHENKO ダリア・クバルタロワ / アレクセイ・スヴィアチェンコ(ロシア)
■楽曲:The Feeling Begins by Peter Gabriel
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権6位。本大会がJGPデビュー。
ツイズルしてから入ったFiDsは、男性が片手をつき、回転が途中で途切れた。ノーバリュー。3Tw4はOK。2Lzタノはまずまず。スロー3Loはよかった。
最後、同じポーズしてるのに、二人の距離、離れ過ぎじゃないかなぁ。
最初のエレメンツで思わぬミスが出てしまったが、他は落ち着いてまとめられたと思う。
52.38。

12 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII アレクサンドラ・ボイコワ / ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)
■楽曲:Sochi Sarabanda by Alexander Goldstein
■プログラム:△
昨季、JGPファイナル3位。ジュニアの国内選手権優勝、世界ジュニア2位。今季、リガ杯2位。
3Tw4はOK。2Lzはまずまず。スロー3LもOK。StSq4は、離れてクロス。PCoSp4は、最後、回転がゆっくりになってもたついたが、GOEプラス。
つなぎで、二人が滑っているときの距離が近い。よく滑っていた。
61.23でSB更新。二人とも嬉しそう。

13 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA ユーヤオ・ジャン / ジーチー・ジア(中国)
■楽曲:All Of Me performed by Michael Buble
■プログラム:△
昨季、国内選手権5位。本大会がJGPデビュー。
3Tw4は問題ないように見えたのだが、GOEマイナス。2Lzは跳ぶタイミングが少しずれた。スロー3Loは高さがなく、足をついた。StSq4は一蹴りが伸びない。
エレメンツをこなすので精一杯な感じ。
49.71。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII RUS 61.23
2 Yumeng GAO / Zhong XIE CHN 59.99
3 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN RUS 59.68
4 Daria KVARTALOVA / Alexei SVIATCHENKO RUS 52.38
5 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW USA 51.48
6 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA CHN 49.71
7 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD CAN 49.12
8 Olivia BOYS-EDDY / Mackenzie BOYS-EDDY CAN 46.39
9 Jiaying SUI / Yunzhi GUO CHN 44.48
10 Isabella GAMEZ / Ton CONSUL ESP 42.88
11 Sarah FENG / Tommy-Jo NYMAN USA 42.42
12 Chloe CHOINARD / Mathieu OSTIGUY CAN 41.95
WD Hailey Esther KOPS / Artem TSOGLIN ISR


◆総評
SP1位はボイコワ&コズロフスキー。今季のJGPで初の60点超え。すごい。

2位はガオ&シイエ。昨季より洗練された感じ~☆ 中国の他の2組の演技も見られて嬉しい。

3位はコステュコビッチ&イアリンと、4位のクバルタロワ&スヴィアチェンコは、初めて見るペアだったが、やはりロシアのペアは皆うまい。FSの演技も楽しみ~☆

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR