JGPクロアチア杯2017 1日目 女子SP

JGPクロアチア杯2017 リザルト
クロアチアのザグレブにて開催。女子SPは、現地時間2017年9月28日(木)に行われた。
動画で上位の選手の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Anastasia TARAKANOVA アナスタシア・タラカノワ(ロシア)
■楽曲:Fly by Ludovico Einaudi
Experience by Ludovico Einaudi
■プログラム:〇
昨季、ジュニアの国内選手権14位。今季、JGPオーストリア杯優勝。
3F+3Tはよかった。3Lzタノは着氷後、ぐらつきかけたのかと思ったが、ブレードキャッチまでもっていく。2Aタノはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。
前回より表現が深まってきたところで、このプログラムのコンセプトが、めっちゃ気になり出した。拘束されてるのかな?というポーズで始まり、そのポーズで終わるんだけど、拘束服プロという解釈でいいのか。演技の途中で苦しみもがく様子も見られるし。でも最後、めっちゃ不敵な笑顔で拘束ポーズなんですよ。ああ~、一体全体どういうストーリーなの!? 教えてエテリ先生!
66.58。

2 Mako YAMASHITA 山下 真瑚(日本)
■楽曲:Bohemian Rhapsody performed by Maksim Mrvica
■プログラム:〇
昨季、JGP横浜及びタリン杯で3位、全日本ジュニア16位。今季、JGPオーストリア杯3位。昨季のFS曲をSPに。
あ、美穂子先生、ピンクのダウンコート&マフラーだ☆ 真瑚ちゃんの衣装に合わせたのか。
3F+3Tと3Lz、2Aをクリーンに着氷。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
スピードびゅんびゅんなのに、やわらかさと軽快さが出せるってすごいなぁ。実際は緊張してるのかもしれないけど、リラックスして、余計な力が一切入ってないように見える。明るく楽しく、表情豊かに滑っていた。
65.22でSBかつPB更新。

4 Young YOU ユ・ヨン(韓国)
■楽曲:Don't Rain On My Parade by Jule Styne
■プログラム:△
昨季、国内選手権5位。本大会がJGPデビュー。
3F+1Tは、!がつき、1Tがノーバリュー。3LzはOK。2Aはよかった。
スピンのレベルは4、3V、4。ステップはレベル2。
コケティッシュな振付をよくこなしていたと思う。動きがなめらかで軽快なんだけど、少し限定的に感じた。もう少し上半身が大きく動かせるようになるといいなぁ。
53.81。


●第2グループ
11 Silvia HUGEC シルヴィア・フゲッチ(スロヴァキア)
■楽曲:Scars To Your Beautiful by Alessia Cara
■プログラム:△
昨季、JGPシュベルター26位。今季、JGPオーストリア杯12位。
3Lo+2Tタノは着氷が乱れた。2Lzタノはまずまず。2Aは着氷後の流れがなかった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
ボディームーブメントやポジション、ラインがきれい。音をよくとらえて滑っていたが、一蹴りがもそっと伸びるといいのだが。
44.61。


●第3グループ
12 Sofia SAMODUROVA ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
■楽曲:Hava Nagila
■プログラム:△
昨季、JGP横浜4位、国内選手権9位。コーチはミーシン先生。
きりっとした美少年ふうな雰囲気は変わらないけど、美しさが増した印象。
3Fタノ+3Tタノは、ファーストがオーバーターン。3LzタノはOK。だけど、ステップから直ちに跳んでいないように感じた。2AタノもOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
スピーディーかつなめらかで力強い滑りだった。曲想に合ったきびきびした動きができていたが、上半身の動きが少し限定的な気がした。
62.43でPB更新。

15 Lea Johanna DASTICH リア・ヨハンナ・ダスティヒ(ドイツ)
■楽曲:La La Land (soundtrack) by Justin Hurwitz
■プログラム:△
昨季、国内選手権2位、世界ジュニア8位。今季、JGPオーストリア杯8位。
3F+3Tはまずまず。3Lzは!がつき、GOEマイナス。2AタノはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
この唐突な曲のつなぎにも慣れてきた(苦笑)。試合を重ねるごとに良くなっては来ているのだが、動きが音楽にピタッとはまっていないように感じる。愛らしくて楽しい振付なので、動きが音に合えば、さらに素敵なプログラムになるんじゃないかなぁ。
54.41でSBかつPB更新。


●第4グループ
19 Kaitlyn NGUYEN ケイトリン・ニューエン(アメリカ)
■楽曲:En Aranjuez con mi amor performed by Nana Mouskouri
■プログラム:△
今季、ジュニアデビューで、JGPブリスベン5位。
3F<+3Tは転倒。3Lz<<は足をついた。2Aはよかった。
スピンのレベルは2、4、4。ステップはレベル2。
音をよくとらえて、スピーディーに滑っていた。
47.28。

21 Elisabetta LECCARDI エリザベッタ・レッカルディー(イタリア)
■楽曲:Je suis malade performed by Lara Fabian
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権優勝、世界ジュニア18位。
昨季FSに使っていた音楽「恋のやまい」をSPに。
出てくるなりその美貌に目が釘づけ。う…美しい…☆ 美少女から美女に、順調に成長中である。
3Lz<<は転倒。3T+3T<は着氷に流れがなかった。2Aはまずまず。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
またか…フレーズの途中で音量絞ってフィニッシュなやつ。んもー!! もっと編曲のしようがあるでしょ!?
ボディームーブメントが洗練されたなぁ。全身を使って、曲想をよく表現していた。
48.87。

22 Sofia SULA ソフィア・スラ?(フィンランド)
■楽曲:Sweet And Bitter by Ezio Bosso
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権優勝。本大会がJGPデビュー。
3Fは転倒。3Lzはまずまず。2Aは着氷が乱れた。
スピンとステップは全てレベル4。
ステップシークエンスの動きが大きく立体的で、曲想にマッチしており、とっても素敵だった。
47.70。


●第5グループ
24 Akari MATSUOKA 松岡 あかり(日本)
■楽曲:Passionate
■プログラム:△
昨季、全日本ジュニア12位。今季、ジュニアデビューで、JGPブリスベン4位。
3Fはお手つき。2AはOK。3Lz<<は転倒。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル4。一蹴りの伸びがいまひとつ。
SPでジャンプのミス2つは痛い…。
45.86。

29 Hyun Soo LEE ヒョンス・イ?(韓国)
■楽曲:Irodori by Kodo
■プログラム:△
昨季、国内選手権9位。今季、JGPリガ杯8位。
3F+3T<<のフリップに!が。両足着氷。2Lzは着氷が乱れた。2AはOK。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル3。
ジャンプにミスが出て、乗り切れなかったかなぁ。JGPリガ杯より動きが重い気がした。
46.52。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Anastasia TARAKANOVA RUS 66.58
2 Mako YAMASHITA JPN 65.22
3 Sofia SAMODUROVA RUS 62.43
4 Lea Johanna DASTICH GER 54.41
5 Young YOU KOR 53.81
6 Elisabetta LECCARDI ITA 48.87
7 Sofia SULA FIN 47.70
8 Kaitlyn NGUYEN USA 47.28
9 Emily BAUSBACK CAN 46.96
10 Hyun Soo LEE KOR 46.52
11 Akari MATSUOKA JPN 45.86
12 Stefanie PESENDORFER AUT 45.65
13 Silvia HUGEC SVK 44.61
14 Noemie BODENSTEIN SUI 42.92
15 Anastasia VAIPAN-LAW GBR 42.90
16 Hongyi CHEN CHN 39.48
17 Amelia Scarlett JACKSON AUS 38.51
18 Andrea MONTESINOS CANTU MEX 38.18
19 Tsin Nam Nicole CHAN HKG 35.23
20 Hana CVIJANOVIC CRO 34.82
21 Katarina KITAROVIC CRO 34.76
22 Eliza PANCHEVA BUL 34.54
23 Elif ERDEM TUR 33.37
24 Xin Yi LOKE SGP 32.91
25 Leona ROGIC SRB 31.62
26 Nina POLSAK SLO 31.50
27 Emma JANG TPE 31.36
28 Ana Maria ION ROU 29.77
29 Patricia SKOPANCIC CRO 29.20
30 Savika Refa ZAHIRA INA 29.05
31 Gemma MARSHALL LUX 28.10
32 Margret Sol TORFADOTTIR ISL 24.23
33 Polina USTINOVA CYP 22.93
34 Teekhree SILPA-ARCHA THA 22.06
35 Angela PRILEPCHANSKA MKD 17.58


◆総評
SP1位はタラカノワ。クリーンな演技で、TESもPCSもトップ。今季JGPデビューかつエテリ門下生の中で、一番お気に入りの選手なんだよね~。疾走感があって、パワーがみなぎってる感じが好き☆

2位は真瑚ちゃん。TESもPCSもタラカノワに次いで2位。スピードに乗って繰り出される、おっきなジャンプが最高~☆

3位はサモさん。他のロシア女子にはない個性はそのままに、パワーアップしていて嬉しい。ロシア女子は非常に過酷な競争下にあるので、昨季JGPで見た選手が今季も出てるとほっとするよ。

5位のユ・ヨンは、以前、国内選手権を制した天才小学生として、ニュースに取り上げられていた選手らしい。韓国期待の星ですな☆

11位のあかりちゃんは、連続ジャンプが入らなかった上に、3Lzで転倒してしまい、JGPブリスベンより10点以上低いスコアに。フリーでは、気持ちを切り替えて、実力を発揮できますように。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR