JGPクロアチア杯2017 2日目 ペアFS

JGPクロアチア杯2017 リザルト
クロアチアのザグレブにて開催。ペアFSは、現地時間2017年9月29日(金)に行われた。
動画で気になった組の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第2グループ
5 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD イヴリン・ウォルシュ / トレント・ミショー(カナダ)
■SP順位:7,得点:49.12
■楽曲:Can't Help Falling In Love by Hugo Pereth
■プログラム:〇
3Tw3は、キャッチがうまくいかず、流れが止まった。3T+2T男性がファーストでオーバーターン。スロー3Sと2A、スロー3TはOK。FCCoSp3Vは男性が足換え後、バランスを崩した。
ロシアや中国のペアみたいに、スロージャンプは高くないが、きっちりコントロールされていた。
うっとりさせられる部分と、流れが途切れるように感じる部分があり、プログラムに浸りきれなかった。
フリー101.20、総合150.32。

7 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW レイケン・ロックリー? / キーナン・プロクナウ?(アメリカ)
■SP順位:5,得点:51.48
■楽曲:Les Retrouvailles by Yann Tiersen
■プログラム:△
2A+2Tは男性がこらえた。3S<は転倒。3Tw4はOK。スロー3Loは転倒。PCoSp4は、回転がゆっくりに。スロー3Sはこらえた。
コレオは、JGPリガ杯よりユニゾンが良くなっていたが、男性がスタンブルしてしまった。
フリー90.51、総合141.99。

第3グループが終わった時点で、トップはエヴリン・ウォルシュ / トレント・ミショー(カナダ)。


●第3グループ
9 Daria KVARTALOVA / Alexei SVIATCHENKO ダリア・クバルタロワ / アレクセイ・スヴィアチェンコ(ロシア)
■SP順位:4,得点:52.38
■楽曲:Exogenesis Symphony Part 3 - Redemption by Muse
■プログラム:?
二人とも衣装に夜空が描かれている。きれい。宇宙がテーマなのかな。
3Tw3は、キャッチでミス。スロー3Fは転倒。3S<は転倒。3T+2T<は二人とも着氷が乱れた。コレオは二人の距離がかなり離れるので、カメラが追いきれず、動きがよく分からなかった。FCCoSp4は、回転がズレた。
初めの4エレメンツで連続ミス。痛い。でも特に焦る様子も見せず(内心焦ってたかもだけど)、落ち着いて演技を続けた。
コレオで女性がスパイラル、男性はイーグルをやるのだが、それぞれリンクの反対側に移動するので、正直、これでユニゾンを感じさせるのは、至難の業じゃなかろうか。何でこの振付にしたんだろう。サイドバイサイドでやったほうが、GOEの加点もらえるんじゃないかなぁ。
フリー86.59、総合138.97。現時点で総合3位。お通夜なキスクラ…。

10 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN ポリーナ・コステュコビッチ / ドミトリー・イアリン(ロシア)
■SP順位:3,得点:59.68
■楽曲:Selection from Cirque du Soleil
■プログラム:△
いろんな動物の柄が入った、おそろいの衣装。
4Tw3高っ。スロー3Loは転倒。3S+1Lo<+3Sは女性が転倒。スロー3SはOK。
ツイスト以外、全てレベル4。
シニアを含めてペアで3S+1Lo+3Sを見たの初めて!
動物っぽいユニークな振付が散りばめられていて、おもろいプログラム。エレメンツの息は合ってるんだけど、他の部分のユニゾンはイマイチな感じ。
フリー105.80、総合165.48。現時点で総合1位。

11 Yumeng GAO / Zhong XIE ユーメン・ガオ / ジョン・シイエ(中国)
■SP順位:2,得点:59.99
■楽曲:Turning Page (from "The Twilight Saga - Breaking Dawn" soundtrack) by Ryan O'Neal
■プログラム:〇
3Tw4はよかった。3S<は女性が両足着氷。跳ぶ位置も離れていた。スロー3Loは高い。2T+2Tはまずまず。FCCoSp4はずれたが修正。コレオがとっても素敵だった。
2T+2Tは、たぶん予定通り。ここが3T+2Tか2A+2Tにできればなぁ。BiDs3以外は、全てレベル4。
最後、万感の思いを込めてハグし、フィニッシュ。演技が終わり、男性が抱き合ったままガッツポーズした後、女性の額にキス☆
ロマンティックムーディーなプログラムだった。将来、パン&トンみたいなペアになってくれたら嬉しいなぁ。
フリー104.97、総合164.96で、どちらもPB更新。現時点で総合2位。

12 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII アレクサンドラ・ボイコワ / ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)
■SP順位:1,得点:61.23
■楽曲:The Nutcracker by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:〇
3Lo<<は女性が両足着氷。3T+2T+2Tは、跳ぶタイミングがずれ、女性が着氷でこらえた。3Tw4はOK。FCCoSp4は回転が少しズレた。コレオのスパイラルで、男性が女性の足を持つとき、バランスを崩しかけた。スロー3Loとスロー3Sは足をついた。PCoSp4は、ポジションチェンジや足換えでもたつきが見られた。
全てのエレメンツがレベル4獲得。
フリー101.98、総合163.21で、どちらもSBかつPB更新。総合3位に決定。二人とも浮かない顔。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN RUS 165.48 3 1
2 Yumeng GAO / Zhong XIE CHN 164.96 2 2
3 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII RUS 163.21 1 3
4 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD CAN 150.32 7 4
5 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW USA 141.99 5 5
6 Daria KVARTALOVA / Alexei SVIATCHENKO RUS 138.97 4 6
7 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA CHN 129.85 6 8
8 Sarah FENG / Tommy-Jo NYMAN USA 125.98 11 7
9 Jiaying SUI / Yunzhi GUO CHN 124.50 9 9
10 Olivia BOYS-EDDY / Mackenzie BOYS-EDDY CAN 123.42 8 10
11 Isabella GAMEZ / Ton CONSUL ESP 113.21 10 11
12 Chloe CHOINARD / Mathieu OSTIGUY CAN 108.08 12 12
WD Hailey Esther KOPS / Artem TSOGLIN ISR


◆総評
優勝は、コステュコビッチ&イアリン。JGP初出場にて初優勝おめでとう!! 4クワドと3S+1Lo+3Sに挑戦するなんて、攻めてる~☆ 4ツイストはレベル3獲得の上に、GOE 1.86も出ている。凄すぎ!

総合2位はガオ&シイエ。昨季からさらに情感が増していて、嬉しい限りである。ファイナルに行けるよう、次戦がんばって☆

3位はボイコワ&コズロフスキー。SP1位、しかもFSでPB出したのに、優勝できず。でも、見方を変えれば、ミスしてもPB更新できるくらい地力がレベルアップしているということだと思う。ファイナル進出は決定したので、ファイナルではぜひクリーンな演技を!

4位はウォルシュ&ミショー。3位&4位だから、ファイナル進出は難しいか。JGP2戦とも、FSでは高得点が残せているが、SPで出遅れている。SPはジャンプの種類とか決められたものをやらなくちゃいけないからなぁ。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR