JGPクロアチア杯2017 2日目 男子FS

JGPクロアチア杯2017 リザルト
クロアチアのザグレブにて開催。男子FSは、現地時間2017年9月29日(金)に行われた。
動画で後半グループ中心に演技を見た。特に印象に残った選手の演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第2グループ
10 Nik FOLINI ニック・フォリーニ(イタリア)
■SP順位:13,得点:51.65
■楽曲:Romeo and Juliet
■プログラム:△
3Lz<は転倒。他にも回転が抜けたり着氷が乱れたジャンプがいくつかあった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。音をよくとらえている。かっこいい。
後半、疲れたかな~。動きが単調になった印象を受けた。でもやっぱり彼の音楽表現とボディームーブメント、好きだわ~。これからも見守っていきたい。
フリー105.81、総合157.46。


●第3グループ
13 Yan HAO ヤン・ハオ(中国)
■SP順位:10,得点:56.94
■楽曲:Pilgrims On A Long Journey
Opposites
■プログラム:〇
3Aはステップアウト&お手つき。3Fに!が。後半、着氷がきれいに流れないジャンプが続いた。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。間や音の取り方が素敵だった。
「SPのこなれてない感じは何だったんだ」というくらい、しっとりした、流れるような曲想をよどみなく表現していた。素敵だったわ~☆
フリー130.54、総合187.48。

17 Adam SIAO HIM FA アダム・シャオイムファ(フランス)
■SP順位:8,得点:61.28
■楽曲:Iron Sky by Paolo Nutini arranged by Maxime Rodriguez
■プログラム:△
4Tは転倒。3Loは着氷が乱れた。3Lz+2Tは、ファーストで手をつき、セカンドで着氷が乱れた。3Fはお手つき。
スピンのレベルは4、4、3V。ステップはレベル3。
プログラムに3Aは組み込んでいないけど、4Tに挑戦中。頑張れ~☆
同じトーンの曲想が続くので、難しいとは思うが、もそっと変化がほしい。
彼のボディームーブメントと音楽表現は、独特の何かがあって、心惹かれるものを感じる。
フリー122.18、総合183.46で、どちらもPB更新。

第3グループが終わった時点で、トップはアルトゥール・ダニエリャン(ロシア)。


●第4グループ
18 Koshiro SHIMADA 島田 高志郎(日本)
■SP順位:6,得点:64.85
■楽曲:Charms (from "W.E." soundtrack) by Abel Korzeniowski
Forbidden Love (from "Romeo and Juliet" soundtrack) by Abel Korzeniowski
Found by Kerry Muzzey
■プログラム:△
ジャンプは全てクリーンに着氷。3連続ジャンプが入らなかったが、おそらくほぼ予定通りに下りられたのでは。
スピンとステップは全てレベル4。ステップは、彼にしてはスケーティングの伸びがないかなぁという気がする。
フィニッシュの、力強くこぶしを握り締めるところにぐっときた。
バイオにはニコライ・モロゾフ振付と記載されているのだが、ステファン振付と言われたら、あっさり信じると思うぐらい、ステファンっぽかった。
7月に負傷した影響か、表現は(本人比で)薄味だったが、これからどんどんブラッシュアップされていくと思うので、今後が楽しみである。
フリー131.87、総合196.72。現時点で総合1位。PBに迫る得点が出たからか、高志郎くんが笑顔に。

19 Basar OKTAR バサール・オクタール(トルコ)
■SP順位:5,得点:67.08
■楽曲:The Great Gatsby Ballet
■プログラム:△
3Aはお手つき。3Loは転倒。3S+2Tはファーストがオーバーターン。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル2。
終わって笑顔。お辞儀のとき、ガッツポーズしてた。
表現はまだ淡白な印象だが、JGPオーストリア杯のときの、後半ジャンプジャンプジャンプな印象が薄まってきた。
フリー127.31、総合194.39で、どちらもPB更新。現時点で総合。

20 Makar IGNATOV マカール・イグナトフ(ロシア)
■SP順位:4,得点:72.00
■楽曲:Piano Concerto in F sharp minor, Op. 20 by Alexander Skriabin
■プログラム:△
4Tはよかった。3Aと後半の3A+1Lo+3Aもクリーンに着氷。2つ目の3Lzはお手つき。
スピンのレベルは3、4、4V。ステップはレベル3。
JGPリガ杯のときより、スタミナはもった印象だが、表現面が少し物足りない。上半身の動きがシンプルなのかなぁ。腕の動きがもそっとどうにかなれば、ぐっと素敵さが増すと思うのだが。
フリー147.22、総合219.22で、どちらもSBかつPB更新。現時点で総合1位。

21 Mitsuki SUMOTO 須本 光希(日本)
■SP順位:3,得点:73.18
■楽曲:Les Miserables by Claude-Michel Schoenberg
■プログラム:〇
2つの3Aはお手つきとステップアウト。3Fはこらえた。3Loは着氷が乱れた。3Aを連続ジャンプにできなかった分は、きちんとリカバリー。
スピンのレベルは4、3、3。回転がもうちょっと速くなればな~。ステップはレベル3。
終盤の盛り上がりでぐいんぐいーんとスケーティングが加速していくところ、めっちゃアガる。大好き☆
フリー134.36、総合207.54で、総合得点はPB更新。現時点で総合2位。

22 Joseph PHAN ジョセフ・ファン(カナダ)
■SP順位:2,得点:76.09
■楽曲:The Godfather
■プログラム:〇
4T<は転倒。3Aはよかった。3Fは!がつき、GOEマイナス。ほとんどのジャンプが、スピードに乗って跳べていた。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル3。
美しいスケーティングとスピンに酔いしれた。
フリー144.98、総合221.07で、どちらもSBかつPB更新。現時点で総合1位。

23 Alexei KRASNOZHON アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)
■SP順位:1,得点:80.26
■楽曲:Nelle tue mani by Hans Zimmer, performed by Lisa Gerrard, Andrea Boccelli
■プログラム:△
4Lo<は着氷が乱れた。3A+3TはOK。3F+2T+2Loは、フリップに!がつき、着氷が流れず、GOEマイナス。後半の3Aはよかった。3Lzは転倒。3Lz+3Lo<は着氷が乱れた。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
JGPブリスベンで初めて見たときは、彼のスケーティングや表現の成長が目覚ましく、気にならなかったんだけど、今回は、正直ちょっと飽きるな~と思った。勇壮で美しい音楽なんだけど、リズムや音量にさほど変化がなく、単調っちゃ単調なんだよね。
フリー145.22はSB、総合225.48はPB更新。総合1位に決定。成績を見るなり、手を叩き、立ち上がって喜ぶクラスノ。よかったね~☆


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Alexei KRASNOZHON USA 225.48 1 2
2 Joseph PHAN CAN 221.07 2 3
3 Makar IGNATOV RUS 219.22 4 1
4 Mitsuki SUMOTO JPN 207.54 3 4
5 Koshiro SHIMADA JPN 196.72 6 5
6 Basar OKTAR TUR 194.39 5 7
7 Artur DANIELIAN RUS 188.36 7 8
8 Yan HAO CHN 187.48 10 6
9 Adam SIAO HIM FA FRA 183.46 8 9
10 Geon Hyeong AN KOR 164.33 9 11
11 Nik FOLINI ITA 157.46 13 12
12 Davide LEWTON BRAIN MON 154.25 11 13
13 Nika EGADZE GEO 153.17 16 10
14 Goku ENDO USA 147.38 12 14
15 Micah Kai LYNETTE THA 141.64 14 15
16 Josh BROWN GBR 133.56 15 16
17 Charles Henry KATANOVIC CRO 119.95 18 17
18 Aleix GABARA ESP 114.90 19 18
19 Chadwick WANG SGP 108.93 21 19
20 James THOMPSON AUS 106.97 20 20
21 Jakub KRSNAK SVK 106.52 17 21
22 Elliot JANG TPE 98.26 22 22
23 Muhammad Dwi Rizqy APOLIANTO INA 77.59 23 23


◆総評
優勝はクラスノ。JGP連勝でファイナル進出決定! おめでとう☆ 昨季のファイナルでは5位だったが、今季は優勝が狙えるポジションにいると思う。

総合2位はファン。JGP初表彰台おめでとう!! FSは3位だが、PCSはトップ。あの美麗スケーティングと音楽表現なら、そりゃそうだよねという演技だった。
JGPブリスベンではジャンプのミスが続いて、プログラムの良し悪しは判断できなかったが、今回の演技を見て、彼の良さを生かしまくった、素敵プロだということが分かり、とても嬉しい。4位&2位なので、ファイナル進出は無理そうだが、国内選手権で上位に入って、必ず世界ジュニアに出場してほしい。

3位はイグナトフ。FSは1位で逆転の表彰台。ジュニアで4T1本&3A2本の構成をほぼクリーンに滑られると、やっぱ強いわ~。スケーティングもよく滑るし。課題は感情の表出とスタミナかなぁ。
2位&3位なので、ファイナル進出は不透明。どうなるか。

4位は須本くん。ジャンプのミスもあったんだけど、上位3人とPCSで差をつけられているのが気がかり。
1位&4位なので、現時点ではクラスノに次いでポイント2位に立っている。ファイナル進出は他の選手次第ですな。

5位は高志郎くん。まだ本調子ではなさそうな印象だけど、それでもFSはクリーンの演技、しかもスピンとステップは全てレベル4。さすがである。

6位はオクタール。成長著しく、驚かされてばかりである。昨季とは別人のようだと思って見ていたが、JGPオーストリア杯から1か月弱で、さらにまたうまくなっている。すごい。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR