JGPバルティック杯2017 1日目 ペアSP

JGPバルティック杯2017 リザルト
ポーランドのグダニスクにて開催。ペアSPは、現地時間2017年10月5日(木)に行われた。
動画で全組の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
2 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN ポリーナ・コステュコビッチ / ドミトリー・イアリン(ロシア)
■楽曲:Malaguena by Ernesto Lecuona
■プログラム:△
今季、JGPクロアチア杯優勝。2週連続、お疲れ様です。
3Tw2は軽々と。高さとキレがある。スロー3Loは転倒。StSq3は、男性がスタンブル。二人がリンクの両サイドに離れてしまう時間が長いので、ユニゾンが感じにくい。2Lzタノはまずまず。
曲想に合った力強い演技ができていた。
ステップシークエンスの振付が不満。何でこんなに二人の距離を離してしまうんだろう? ペアはユニゾンが肝なのに、こんなにはなれてたらユニゾンの良さが分かりにくいじゃんかよーう。
54.43。

3 Audrey LU / Misha MITROFANOV オードリー・ルー / ミーシャ・ミトロファノフ(アメリカ)
■楽曲:Once Upon A December (from "Anastasia" soundtrack)
■プログラム:〇
昨季、JGPチェコ12位。今季、ミンスク杯5位。
3Tw2は女性を抱えてしまった。スロー3Loは、高さがないが、きっちり回っていた。2Lzタノは距離が近い。StSq3は、二人の距離が離れている箇所があるが、ユニゾンが感じやすいような振付と構成になっていたと思う。
二人が滑っている距離が近い。特にソロジャンプを跳ぶ時の距離が近いのがすごい。一つ一つのエレメンツが丁寧で、プログラムの流れがよかった。
51.53。


●第2グループ
4 Chloe PANETTA / Steven LAPOINTE クロエ・パネッタ / スティーヴン・ラポイント(カナダ)
■楽曲:Mambo No. 5
Volare
Mambo No. 5
■プログラム:△
今季、JGPミンスク杯6位。バイオによると、女性は空手の黒帯を取っているとのこと。
2Tw1は、高さがないが、流れは悪くなかった。スロー3Loも高さはないが、クリーンに着氷。2Lzは、男性が転倒。StSq3は、二人の距離があまり離れないし、同じ振付なので、ユニゾンが感じやすい。
前回も男性が2Lzで転倒しちゃったんだよなぁ。まだ音楽表現まで気が回らない印象を受ける。アップテンポでダンサブルな曲想なので、生き生きとした、弾むようにな感じが出せるといいのだが。
45.49でSBかつPB更新。

6 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN ダリア・パブリュチェンコ / デニス・ホディキン(ロシア)
■楽曲:Cloud Atlas (soundtrack)
■プログラム:〇
昨季、ジュニアの国内選手権5位。今季、ミンスク杯優勝。
冒頭のダンスリフトが素敵。3Tw4は高い。FiDs3は、女性の姿勢がキレイで回転が速い。StSq4は、男性がスタンブル。2Lzタノはまずまず。スロー3Loは高い。PCoSp4は、最後回転の軸がぶれたように見えた。ジャッジの評価は-1から+2まで幅広い。
ただエレメンツをこなすだけでなく、プログラムをきちんと演じられている。。
59.99でSBかつPB更新。


●第3グループ
7 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND ロリ=アン・マッテ / ティエリー・フェルラン(カナダ)
■楽曲:Down the Road by C2C
Happy (feat. Derek Martin)
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権2位、世界ジュニア9位。今季、JGPミンスク杯8位。
2Tw3はまずまず。スロー3LoはOK。2Lzは女性が転倒。!がついたが、跳ぶ位置が近い。
曲想をよく表現していたと思う。前回よりユニゾンが良くなっているように感じた。
47.97でSB更新。

8 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL タリサ・トマラ / ロバート・クンケル(ドイツ)
■楽曲:Petite Fleur by Henri Rene and his Orchestra
Booty Swing by Parov Stelar
■プログラム:〇
昨季、世界ジュニア12位。今季、JGPミンスク杯10位。昨季から継続のプログラム。
3Tw3はよかった。スロー3Loはこらえた。2Lzは跳ぶタイミングがずれた。
前回より息が合い、二人の動きがかみ合っていたと思う。
このペアは、問答無用にかわゆい☆ 何なんだろう、この愛くるしさは(///)。
48.91でSBかつPB更新。

9 Jiaying SUI / Yunzhi GUO ジァイン・スイ / ユンジー・グオ(中国)
■楽曲:Don't Cry For Me Argentina (from "Evita") by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:△
今季、クロアチア杯9位。2週連続、お疲れ様です。
3Tw2は高い。2Lzはeが。スロー3Loは両足着氷だったが高い。3Li4は、女性のポジションが美しく、動きがスムーズ。PCoSp3は、回転がなんか変だった。StSq3はユニゾンが合っている。
音量を絞っただけフィニッシュ…。せっかく美しく盛り上がる音楽なのに…。
前回より勢いがあって、格段に良い演技だったと思う。二人とも手足が長いので、氷上で映えるんだよねぇ。体を大きく動かして、曲想をよく表現していた。
49.13でSBかつPB更新。


●第4グループ
11 Yumeng GAO / Zhong XIE ユーメン・ガオ / ジョン・シイエ(中国)
■楽曲:Chicago (soundtrack)
■プログラム:〇
昨季、国内選手権3位、世界ジュニア3位。今季、JGPクロアチア杯2位。2週連続、お疲れ様です。
3Tw2はたっかい。スロー3Loはお手つき。3Li4の移動が速い。2Lzはクリーンな着氷だったが、eがついた。StSq2は、前回ホールドがぎこちなく感じたが、今回は大丈夫。
大半のペアがストレートラインのステップシークエンで、離れてクロスする構成が多い中、この組はサーキュラーな上にホールドしたり、ノットタッチでも距離が近いのに好印象を受ける。
53.76。

13 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI 三浦 璃来 / 市橋 翔哉(日本)
■楽曲:Miss Saigon by Claude-Michel Schoenberg
■プログラム:〇
昨季、全日本ジュニア二連覇、世界ジュニア13位。今季、JGPリガ杯10位。
2Tw2は女性が寄りかかってしまった。2Lzはまずまず。3Li3は、男性が直前にちょいバランスを崩したが、落ち着いて持ち上げた。スロー3Loは両足着氷。
清涼感のある、さわやかな演技。プログラムを演じられるようになった。
46.14でSB更新。

14 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT アナスタシア・ポルヤノワ / ドミトリー・ソポト(ロシア)
■楽曲:Gabriel's Realm by Nathalie Manser
■プログラム:△
2017年の春に結成。今季、JGPミンスク杯2位。男性は、前のパートナーと組んで、JGPファイナル優勝や世界ジュニア3位を経験している。
2Lzは!がついた。3Tw1はもたれかかった。スロー3Loは飛距離と高さがすごい。
いろいろ複雑で独創的で難しいことをやっているのは伝わってくるのだが、まだ何となくしっくりなじんでない感じ。…いやまぁ結成1年目でこれだけできれば十分すごいんだけど。経験を積んでユニゾンが上がれば、めっちゃ素敵なペアになりそう。
56.81でSBかつPB更新。


●第5グループ
15 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA ユーヤオ・ジャン / ジーチー・ジア(中国)
■楽曲:All Of Me performed by Michael Buble
■プログラム:△
昨季、国内選手権5位。今季、クロアチア杯7位。2週連続、お疲れ様です。
3Tw3はOK。2Lz<はクリーンな着氷に見えたのだが。スロー3Loはよかった。StSq3は、スケートがもっと滑るといいなぁ。進まない印象を受ける。
先週より動きや表情に余裕があったように感じた。
50.77でSBかつPB更新。

16 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ / ハーリー・ウィンザー(オーストラリア)
■楽曲:Paint It Black performed by Hidden Citizen
■プログラム:〇
2016年初めに結成。昨季、JGPファイナル5位、国内選手権優勝、四大陸11位、世界ジュニア優勝、ワールド16位。今季、JGPリガ杯4位。
3Tw4はふんわり高い。2Lzタノはまずまず。スロー3Loは高さと飛距離がある。
かっこよかった。自信と余裕が感じられる。
61.00。

17 Cleo HAMON / Denys STREKALIN クレオ・アモン / デニス・ストレカリン(フランス)
■楽曲:I Want You Back performed by Tony Succar ft. Tito Nieves
■プログラム:〇
2016年8月に結成。昨季、世界ジュニア14位。今季、JGPリガ杯8位。
2Tw1は悪くないように見えたのだが、GOEマイナス。スロー3Loは足をついてしまったか。2Lzタノはまずまず。
スピード感と勢いがある。楽しそうに生き生きと滑っている姿が印象的だった。
47.69でSBかつPB更新。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 61.00
2 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN RUS 59.99
3 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT RUS 56.81
4 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN RUS 54.43
5 Yumeng GAO / Zhong XIE CHN 53.76
6 Audrey LU / Misha MITROFANOV USA 51.53
7 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA CHN 50.77
8 Jiaying SUI / Yunzhi GUO CHN 49.13
9 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL GER 48.91
10 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND CAN 47.97
11 Cleo HAMON / Denys STREKALIN FRA 47.69
12 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI JPN 46.14
13 Alexandria YAO / Jacob SIMON USA 45.93
14 Chloe PANETTA / Steven LAPOINTE CAN 45.49
15 Isabella GAMEZ / Ton CONSUL ESP 41.88
16 Greta CRAFOORD / John CRAFOORD SWE 41.33
17 Gabrielle LEVESQUE / Pier-Alexandre HUDON CAN 40.47
18 Edita HORNAKOVA / Radek JAKUBKA CZE 39.59


◆総評
SP1位はアレクサンドロフスカヤ&ウィンザー。ネーベルホルン杯3位でオリンピック枠をみごと獲得! しかしながら「先週そんな激闘を繰り広げられたばかりなのに疲れてない? 大丈夫?」と心配していたのだが、そんな心配は杞憂とばかりにクリーンな演技を披露してくれた。オリンピックの出場が決まってほっとしたのが良い方に働いているようだ。

2位はパブリュチェンコ&ホディキン。エレメンツだけでなく、音楽表現にも注意が行き届いている。TESもPCSもアレ&ウィンに次いで2位というのも納得の、完成度の高い演技だった。

3位はポルヤノワ&ソポトは、男性のかっこよさ、頼もしさが目立っている。個人的には、プログラムの難度を少し落として完成度を高めた方が、彼らの良さが生きるように思う。プログラムがいささか難しすぎるんじゃなかろうか。

三浦&市橋は12位。前回より着実に前進しているのが伝わってくる演技だった。エレメンツのミスはあれど、プログラムをきちんと演じられていて素敵だなぁと思う。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR