JGPバルティック杯2017 2日目 ペアFS

JGPバルティック杯2017 リザルト
ポーランドのグダニスクにて開催。ペアFSは、現地時間2017年10月6日(金)に行われた。
動画で第3グループ以降の演技を見た。特に印象に残った組の演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第3グループ
8 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI 三浦 璃来 / 市橋 翔哉(日本)
■SP順位:12,得点:46.14
■楽曲:Warsaw Concerto by Richard Addinsel
■プログラム:△
2Tw3は着氷がきれいに流れなかった。3T<+2Tはクリーンな着氷に見えたのだが。スロー3Loはお手つき。FCCoSp4は回転がずれ、二人の距離も遠い。2Aは女性の着氷が乱れた。スロー3Sは転倒。
リフトを上げるとき、ドキドキしちゃうんだよね。力みを感じるからかなぁ。エフォートレスにスッと上げられるようになるといいのだが。
フリー81.58、総合127.72でどちらもPB更新。


●第4グループ
13 Yumeng GAO / Zhong XIE ユーメン・ガオ / ジョン・シイエ(中国)
■SP順位:5,得点:53.76
■楽曲:Turning Page (from "The Twilight Saga - Breaking Dawn" soundtrack) by Ryan O'Neal
■プログラム:〇
3Tw2は高い。3S<<は女性が両足着氷。二人の距離が遠い。スロー3Loは高い。2T+2Tはまずまず。FCCoSp3は回転がズレた。スロー3Sは高い。PCoSp3Vの質は悪くなかったが、Vがついてしまった。
プログラムに終始漂うロマンティックムーディー感がたまらない。ぜひともこの路線を突き進んでほしい。
フリー101.35、総合155.11。

14 Audrey LU / Misha MITROFANOV オードリー・ルー / ミーシャ・ミトロファノフ(アメリカ)
■SP順位:6,得点:51.53
■楽曲:Memory (Phantom of the Opera) by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:△
3Tw2はキャッチから着氷までスムーズにいかなかった。スロー3LoはOK。3S+2T+2Tはまずまず。3Tは少しこらえた。スロー3Sはお手つき。FCCoSp4は回転がそろっていた。
キャッツの「メモリー」と「オペラ座の怪人」を一緒にしちゃうというトンデモ編曲なのだが、それぞれの曲想をよく表現していた。
フリー99.12、総合150.65で、どちらもPB更新。

第4グループが終わった時点で、トップはユーメン・ガオ / ズォン・シエ(中国)。


●第5グループ
15 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT アナスタシア・ポルヤノワ / ドミトリー・ソポト(ロシア)
■SP順位:3,得点:56.81
■楽曲:The Unforgiven by Metallica
Nothing Else Matters by Metallica
■プログラム:△
3T+2Tの予定が、男性がファーストでステップアウトし、セカンドをつけられず。3Tw2はよかった。2A<は、クリーンに見えたのだが。スロー3Loは高い。スロー3Sは手をついたか。でも高さと飛距離はすごかった。
音楽が余り気味に終わっているように見えるのだが、もともと振付がこうなっているのだろうか。
フリー102.37、総合159.18。現時点で総合1位。

16 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN ポリーナ・コステュコビッチ / ドミトリー・イアリン(ロシア)
■SP順位:4,得点:54.43
■楽曲:Selection from Cirque du Soleil
■プログラム:〇
3Tw1の助走で男性が転倒。そのため、ツイストの着氷が乱れ、クワドにならず。スロー3Loは高い。必殺の3S+1Lo+3Sは、ファーストで女性がダブルになり、ステップアウトしたため、2S<<+COMBOに。スロー3Sは転倒。3Tは二人ともこらえた。FCCoSp4は、回転がズレた。
演技後、落ち込む男性の肩をぽんぽんと叩いて慰める女性。
得点源のツイストと連続ジャンプでミスが出て、得点が伸びず。超おもろいプログラムなのだが、エレメンツを必死にこなす感じになってしまい、残念だった。
フリー92.02、総合146.45。現時点で総合4位。

17 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN ダリア・パブリュチェンコ / デニス・ホディキン(ロシア)
■SP順位:2,得点:59.99
■楽曲:Chicago (soundtrack)
■プログラム:〇
3T+3T+SEQはクリーンに見えたのだが、セカンドがカウントされず。3Tw3は、少し女性を抱えてしまった。3SはOK。スロー3Fはよかった。スロー3Loは転倒。
コミカルな振付を頑張ってこなしているのだが、端々から必死な感じが伝わってくる。余裕をもって演じられるようになったら、プログラムの印象が変わってきそう。
フリー104.81、総合164.80。現時点で総合1位。

18 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ / ハーリー・ウィンザー(オーストラリア)
■SP順位:1,得点:61.00
■楽曲:Tango in the Park (from "The Mask" soundtrack) by Randy Edelman
The Business of Love (from "The Mask" soundtrack) by Domino
You Would Be My Baby (from "The Mask" soundtrack) by Vanessa Williams
Hey Pachuco (from "The Mask" soundtrack) by Straight Up
■プログラム:〇
3Tw3は余裕がある。3Sはこらえた。3Tは女性がファーストで転倒し、連続ジャンプにならず。スロー3FはOK。FCCoSp4はそろっている。スロー3Sはこらえた。PCoSp3は、回転が速く、安定していた。
演技後、男性がヘロヘロになってない(笑)。やっぱ、30秒短い(リフトが一つ少ない)のって大きいんだなぁ。男性がガス欠にならなかったので、最後までよく滑っていたと思う。
フリー106.26、総合167.26。総合1位に決定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 167.26 1 1
2 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN RUS 164.80 2 2
3 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT RUS 159.18 3 3
4 Yumeng GAO / Zhong XIE CHN 155.11 5 4
5 Audrey LU / Misha MITROFANOV USA 150.65 6 5
6 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN RUS 146.45 4 6
7 Jiaying SUI / Yunzhi GUO CHN 141.11 8 7
8 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL GER 138.64 9 8
9 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA CHN 131.77 7 10
10 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI JPN 127.72 12 9
11 Alexandria YAO / Jacob SIMON USA 126.32 13 11
12 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND CAN 123.88 10 13
13 Isabella GAMEZ / Ton CONSUL ESP 121.54 15 12
14 Chloe PANETTA / Steven LAPOINTE CAN 119.83 14 14
15 Cleo HAMON / Denys STREKALIN FRA 119.21 11 15
16 Greta CRAFOORD / John CRAFOORD SWE 112.83 16 16
17 Gabrielle LEVESQUE / Pier-Alexandre HUDON CAN 110.46 17 17
18 Edita HORNAKOVA / Radek JAKUBKA CZE 99.19 18 18


◆総評
優勝はアレクサンドロフスカヤ&ウィンザー。JGPファイナル進出決定!! 2年連続進出おめでとう!! 昨季は確か補欠から繰り上がって出場が決まり、調整がうまくいかなかったのか、実力を発揮できなかったんだよね。今季は有力な優勝候補として出場することになるので、ぜひとも頑張ってほしい。

総合2位はパブリュチェンコ&ホディキン。初のファイナル進出決定、おめでとう!! SPもFSも完成度の高いプログラムを披露できるペアなので、ファイナルでの演技も楽しみ~☆

3位はポルヤノワ&ソポト。彼らも初のファイナル進出決定、おめでとう!! 今でもすごいけど、ユニゾンが良くなれば、さらに化けそうな気がする。

4位はガオ&シイエ。彼らも初のファイナル進出を決めた。おめでとう☆ 中国ペアがJGPファイナルに出場するのは4年ぶり。

コステュコビッチ&イアリンは6位。初戦で優勝してたから、ファイナル進出のチャンスだったんだけどなぁ…。フリーのプログラム、独創的でおもろいから、ぜひともまた見せてほしい。世界一過酷な国内選手権を勝ち抜くべく頑張って~!!

三浦&市橋は10位。SP同様、一歩一歩着実に成長している姿を見せてくれて、本当に嬉しい。次に演技を見られるのは世界ジュニアかな?


◆ファイナル進出組

JGP 2017 / 2018 Junior Pairs FINAL RESULTS

1 ダリア・パブリュチェンコ / デニス・ホディキン(ロシア)
2 アポリナリーヤ・パンフィロワ / ドミトリー・リオロフ(ロシア)
3 エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ / ハーリー・ウィンザー(オーストラリア)
4 アナスタシア・ポルヤノワ / ドミトリー・ソポト(ロシア)
5 アレクサンドラ・ボイコワ / ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)
6 ユーメン・ガオ / ジョン・シイエ(中国)

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR