FC2ブログ

JGPエーニャ/ノイマルクト2017 1日目 男子SP

JGPエーニャ/ノイマルクト2017 リザルト
イタリアのボルツァーノにて開催。男子SPは、現地時間2017年10月12日(木)に行われた。
動画で気になる選手の演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Egor MURASHOV エゴール?・ムラショフ(ロシア)
■楽曲:Aknaszlatina by Okean Elzi
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権14位。今季、オーストリア杯3位。
3Aはお手つき。3F+3Tはファーストでバランスを崩したのに、よく3Tを付けられたと思う。頑張った。3Lzはまずまず。
スピンのレベルは4、1、3。2番目のCCSp1は軸がぶれ、GOEマイナス。ステップはレベル4。長い手足を大きく使って曲想をよく表現していた。
体の動かし方が個性的で心惹かれるものを感じる。
65.54でPB更新。

2 Matteo RIZZO マッテオ・リッツォ(イタリア)
■楽曲:Torno A Surriento by Il Volo
■プログラム:〇
昨季、世界ジュニア11位、ワールド30位。今季、JGPバルティック杯6位。2週連続お疲れ様です。
3Aはよかった。3F+3Tと3LzもOK。
スピンとステップは全てレベル4。
演技後、ガッツポーズ出たよ☆
安心して見ていられた。朗々と響く男性ボーカルを、伸びやかな滑りで、よく表現していた。
77.24でPB更新。


●第2グループ
7 Tomoki HIWATASHI 樋渡 知樹(アメリカ)
■楽曲:Emerald Tiger by Vanessa Mae
■プログラム:〇
動画
昨季、JGPジェルヴェ3位、全米15位。今季、JGPリガ杯3位。
3Aは着氷がきれいに流れなかった。3Lzと3F+3TはOK。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル4。
バネの効いた動きがかっこいい。3Aを入れてきたってことは、調子が上がってるのかな? だといいな!
キスクラはコリ先生と一緒。相変わらずお美しい☆
73.28でSB更新。

9 Adam SIAO HIM FA アダム・シャオイムファ(フランス)
■楽曲:Way Down We Go by Kaleo
■プログラム:△
動画
昨季、JGPタリン杯12位、国内選手権8位。今季、JGPクロアチア杯9位。
3T+3Tは着氷が乱れた。2AはOK。3Lzはよかった。
スピンとステップは全てレベル3。CCSo3は、回転がゆっくりになってしまい、GOEマイナス。
ちょっと元気がなかったかも。彼特有の、ぎゅんぎゅんぎゅい~んとした、力強い滑りが鳴りを潜めていた。
キスクラはジュベさんと一緒☆
59.96。


●第3グループ
12 Andrew TORGASHEV アンドリュー・トルガシェフ(アメリカ)
■楽曲:Moonlight Sonata
■プログラム:〇
動画
昨季、JGPモルドヴィア杯2位、全米11位、世界ジュニア25位。今季、ミンスク杯2位。
3Lzと2Aはよかった。3F+3Tの予定が、ファーストがオーバーターンし、セカンドがダブルに。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル4。
連続ジャンプにミスが出たが、スケーティングは相変わらず素晴らしい。3Lzと2Aの間の腕と手首の動きがかっこよかった。
69.03。

13 Daniel GRASSL ダニエル・グラッスル(イタリア)
■楽曲:Smile by Nat King Cole
Charlie Chaplin: City Lights (soundtrack)
■プログラム:△
動画
昨季、ジュニアの国内選手権優勝。今季、JGPブリスベン6位。ブノワ・リショー振付。
3A<は転倒。3F+3Tはまずまず。3LzはOK。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
チャップリンのコミカルなプログラムを、愛らしく表情豊かに滑っていた。
キスクラにブノワさんが。いつも黒帽子&黒い服だよね。や、似合ってるけどさ(笑)。
61.92。

14 Ivan PAVLOV イワン・パブロフ(ウクライナ)
■楽曲:Mr. and Mrs. Smith (soundtrack) by John Powell
■プログラム:〇
動画
昨季、国内選手権優勝、ユーロ14位、ワールド25位。今季、JGPリガ杯5位。
多分3Aの予定だったがダブルに。3F+3Tと3LzはOK。
スピンは全てレベル4。CCSp4は軸がぶれ、トラベリングし、GOEマイナス。ステップはレベル3。抑揚をつけた表現ができていて、かっこいい。
ふっと力の抜けた動きが効いていて素敵~☆ そこはかとなく色っぽかった。彼に色気を感じるようになるなんて!!
66.71。

15 Vladimir SAMOILOV ウラジミール・サモイロフ(ロシア)
■楽曲:What a Wonderful World performed by Louis Armstrong
■プログラム:△
動画
昨季、国内選手権17位。コーチがプルさん。
両耳をふさいだポーズからスタート。
3A、3F+3T、3Lzと、全てきれいに着氷。スピードに乗って幅のあるジャンプを跳んでいた。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
よく滑っており、クリアーでクリーンな演技だった。
77.65でPB更新。


●第5グループ
22 Tatsuya TSUBOI 壷井 達也(日本)
■楽曲:Your Song by Elton John
■プログラム:△
動画
昨季、全日本ジュニア5位、全日本10位。今季、JGPミンスク杯5位。
3Lo+3Tと3LzはOK。2Aはよかった。
スピンのレベルは3、4、3。CCSp3は、回転が少しゆっくりだったものの、さほど悪く見えなかったのだが、GOEマイナス。ステップはレベル3。
伸びやかな男性ボーカルをよく表現していた。
65.98。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Vladimir SAMOILOV RUS 77.65
2 Matteo RIZZO ITA 77.24
3 Tomoki HIWATASHI USA 73.28
4 Andrew TORGASHEV USA 69.03
5 Ivan PAVLOV UKR 66.71
6 Tatsuya TSUBOI JPN 65.98
7 Egor MURASHOV RUS 65.54
8 Daniel GRASSL ITA 61.92
9 Adam SIAO HIM FA FRA 59.96
10 Jan KURNIK CZE 56.30
11 Sihyeong LEE KOR 54.17
12 Maxence COLLET FRA 53.87
13 Eric LIU CAN 52.18
14 Gabriel FOLKESSON SWE 50.39
15 Young Hyun CHA KOR 50.35
16 Luc MAIERHOFER AUT 49.80
17 Davide LEWTON BRAIN MON 49.20
18 Aleksandr SELEVKO EST 49.09
19 Marco ZANDRON ITA 44.23
20 Tomas Llorenc GUARINO SABATE SUI 42.87
21 Luke DIGBY GBR 41.84
22 Evan WRENSCH RSA 40.69
23 Kai JAGODA GER 39.88
24 Samuel MCALLISTER IRL 38.60
25 Alexander ZLATKOV BUL 37.58
26 Brian LEE NZL 35.87
27 Mauro CALCAGNO ARG 35.75


◆総評
男子SP全員の動画は、途中から映像と音声がずれてしまったので、個別の動画を見た。今季はこれまでそういう動画がなかったのだが、最後の最後できたか…(泣)。

SP1位はサモイロフ。初めて見る選手だったが、ジャンプの質が高くてビックリ☆ JGPは本大会のみ出場なので、ファイナルは行けないんだよね~。

2位はリッツォ。地元の大会で良い演技ができてよかった。連戦に次ぐ連戦なので、疲労もピークだと思うが、FSの演技をまとめられるだろうか。

3位はトモキくん。プログラムが順調にブラッシュアップされているようで何よりだ。

4位はトルガシェフ。滑りはほんと素敵なんだけどなぁ…(ため息)。3Aが入らないなら、ジャンプは全てクリーンに下りないと、トップ争いは厳しいのよねぇ。

壷井くんは6位。スケーティングがよく伸びて、心地よい演技だった。ジャンプも安定している。FSの演技も楽しみ~☆

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR