FC2ブログ

JGPエーニャ/ノイマルクト2017 3日目 女子FS

JGPエーニャ/ノイマルクト2017 リザルト
イタリアのボルツァーノにて開催。女子FSは、現地時間2017年10月14日(土)に行われた。
動画で第5グループ以降の選手中心に演技を見た。特に印象に残った演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第5グループ
21 Anita ÖSTLUND アニータ・オストランド(スウェーデン)
■SP順位11,得点:48.94
■楽曲:Papa Can You Hear Me performed by Barbara Streisand
■プログラム:△
3Lzの予定がダブルに。手をついた。3Fの予定がダブルに。3Loは着氷が乱れた。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル2。
音楽に少し遅れてフィニッシュ。
端正なスケーティングが、抒情的な美しい音楽によく合っていると思う。
フリー94.00はSB更新、総合142.94。

24 Ye Lim KIM イェリム・キム(韓国)
■SP順位:9,得点:52.22
■楽曲:La La Land (soundtrack) by Justin Hurwitz
■プログラム:△
2A+2T+2Loのサードでこらえた。他のジャンプは全てクリーンに着氷。タノりまくっていた。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル2。
後半にすべてのジャンプを跳ぶ構成から、3Lzタノ+3Tと3Loタノは冒頭に跳ぶ構成に変更。このほうがプログラムのバランスがいいと思う。
「ラ・ラ・ランド」のサントラを使っているにもかかわらず、一曲だけのチョイスという珍しい編曲。
よく滑っていたし、情感を込めて曲想を表現していた。昨季まで無表情で淡々と滑っていたのに、まるで別人のようだ。
フリー115.42、総合167.64で、どちらもPB更新。

25 Elisabetta LECCARDI エリザベッタ・レッカルディー(イタリア)
■SP順位:7,得点:53.32
■楽曲:Madame Butterfly by Giacomo Puccini
■プログラム:△
3F<と3T+1Lo<+3S<は転倒。他のジャンプにも回転不足がいくつか見られた。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル2。
ジャンプを跳ぶ前に力みがあるんだよねぇ。無理して跳んでる感じだから着氷後の流れも出ない。それでプログラムの流れが途切れてしまう。ドラマティックでエモーショナルな表現ができる選手なので、「蝶々夫人」は激ハマりなだけに、そこがとてももったくなく感じる。
フリー86.92、総合140.24で、どちらもPB更新。

26 Alison SCHUMACHER アリソン・シューマッハ(カナダ)
■SP順位:8,得点:52.43
■楽曲:Fascination by Fermo Dante Marchetti, performed by Andre Rieu
■プログラム:△
前半のジャンプはクリーンに着氷していたのだが、後半、3F<は着氷が乱れ、3Lo<と3Sは転倒。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
軽やかで優雅な曲なので、軽やかでやわらかな滑りが求められると思うのだが、そういうのが得意そうには見えないので、あえての矯正プロなのかもしれない。
真顔で滑りがちな選手なんだけど、笑顔で滑ろうと心がけているのは感じられた。にこやかな表情で滑るだけでも印象が変わってくると思うので、頑張ってほしい。
フリー96.33、総合148.76で、どちらもPB更新。

第5グループが終わった時点で、トップはイェリム・キム(韓国)。


●第6グループ
27 Hanna HARRELL ハナ・ハレル(アメリカ)
■SP順位:6,得点:55.87
■楽曲:Mambo Mix by Perez Prado
■プログラム:△
蛍光イエローのフサフサ!! アイスダンスのラテン衣装みたい!!
3F+3Tタノ<と2A+1Lo+3Sタノ<、3Fは転倒。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル2。
元気ハツラツなマンボだった。楽しい☆
高いジャンプを跳べるし、あれだけ動いた上に転倒3回もしたのに、バテてる様子もなかったので、体力もありそう。将来が楽しみだ。
フリー96.54、総合152.41。現時点で総合2位。

28 Young YOU ユ・ヨン(韓国)
■SP順位:5,得点:60.42
■楽曲:Pirates Of The Caribbean (soundtrack)
■プログラム:△
シェイリーン・ボーン振付。
3Fに!がつき、GOE 0.00。2A+3T<は転倒。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
音楽に少し遅れてのフィニッシュ。
2A+3T<の転倒以外、全てのジャンプをクリーンに着氷し、スケーティングも音楽表現も良かったと思うのだが、いまいちプログラムのハイライトが伝わってこないんだよな~。
フリー117.28、総合177.70で、どちらもPB更新。現時点で総合1位。

29 Nana ARAKI 荒木 菜那(日本)
■SP順位4,得点:64.57
■楽曲:Come, People Of God by Soo-Jin Kim
■プログラム:○
3Lz+3Tは高い。3Loはステップアウト&お手つき。2Aはこらえた。
スピンは全てレベル4。最後のLSp4は回転が速く軸が微動だにしない。ステップはレベル3。
JGPミンスク杯のときより、表現が深まったように感じる。「善徳女王」を見ていた時のワクワク感を思い出したよ。
フリー116.43、総合181.00。現時点で総合1位。

30 Alena KOSTORNAIA アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
■SP順位1,得点:67.72
■楽曲:Stella's Theme by William Joseph
■プログラム:○
3F+3Tはフリップに!がついたため、加点は控えめ。3Lo<はきれいに下りたように見えたのだが、GOEマイナス。わたしの目には、全てのジャンプをクリーンに着氷しているように見えた。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
「スピン→ステップ→スピン→7連続ジャンプ→スピン」という、一見偏った構成にもかかわらず、「ジャンプばっかり跳んでる~」という印象を全く受けないのはなぜなのか。振付がすばらしいのと、彼女がすばらしいのと、両方なんだろうな~。凄いわ。
じわじわ~と静かに感動が染み出てくるような、素敵な演技だった。
フリー124.43、総合192.15。現時点で総合1位。

31 Rika KIHIRA 紀平 梨花(日本)
■SP順位2,得点:66.72
■楽曲:La Strada (soundtrack) by Nino Rota
■プログラム:△
ジェフリー・バトル振付。
3Aはステップアウト&お手つき。2A+3Tもお手つき。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。まさかの転倒2回でGOEマイナス。ギャー!!(絶叫)
冒頭のジャンプ2つで着氷が乱れたものの、以降のジャンプはきれいに下りていき、いいぞいいぞと見ていたら、このプログラム最大の見どころである、終盤のステップシークエンスで、2回も転倒してしまった…なんてことだ…(唖然茫然)。
フリー119.09、総合185.81。現時点で総合2位。

32 Sofia SAMODUROVA ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
■SP順位:3,得点:66.67
■楽曲:Libertango by Astor Piazzolla
■プログラム:△
3Fに!がつき、GOE 0.00。すべてのジャンプをきれいに下りた上に、ほとんどのジャンプを両手上げ、片手上げで跳んでいた。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
最後のジャンプの3Fを決めた後、片手を突き上げたのってガッツポーズよね? ジャンプ直後のガッツポーズ、久々に見たわ~(笑)。
JGP2大会連続クリーンなFSを披露してくれた。すごい。
フリー125.52、総合192.19で、どちらもPB更新。総合1位に決定。笑顔でガッツポーズした後、ミーシン先生をハグ☆


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Sofia SAMODUROVA RUS 192.19 3 1
2 Alena KOSTORNAIA RUS 192.15 1 2
3 Rika KIHIRA JPN 185.81 2 3
4 Nana ARAKI JPN 181.00 4 5
5 Young YOU KOR 177.70 5 4
6 Ye Lim KIM KOR 167.64 9 6
7 Hanna HARRELL USA 152.41 6 7
8 Alison SCHUMACHER CAN 148.76 8 8
9 Anita ÖSTLUND SWE 142.94 11 9
10 Elisabetta LECCARDI ITA 140.24 7 11
11 Yi Christy LEUNG HKG 138.05 12 10
12 Sofiia NESTEROVA UKR 135.57 10 12
13 Lara Naki GUTMANN ITA 130.61 13 13
14 Kristen SPOURS GBR 124.36 14 15
15 Alexandra FEIGIN BUL 117.28 15 19
16 Sofia SULA FIN 116.08 20 14
17 Annely VAHI EST 115.43 17 17
18 Oceane PIEGAD FRA 115.42 19 16
19 Lucrezia GENNARO ITA 114.87 16 18
20 Amy LIN TPE 109.83 18 20
21 Caya SCHEEPENS NED 104.29 22 21
22 Sophia SCHALLER AUT 102.55 21 22
23 Ana Sofia BESCHEA ROU 95.44 26 23
24 Aneta JANICZKOVA CZE 92.75 28 24
25 Marusa UDRIH SLO 92.49 24 25
26 Katarina KITAROVIC CRO 91.52 23 26
27 Elisa YEDID MEX 81.74 25 27
28 Marion PAPKA RSA 80.88 27 28
29 Nicola KORCK NZL 77.29 29 29
30 Elisavet VOULGARI GRE 64.86 30 30
31 Nicole Victoria MOTTCHOUK ARG 46.35 31 31
32 Daniella Vanessa IPSARIDOU CYP 40.64 32 32


◆総評
優勝はサモさん。JGP連勝でファイナル初進出決定、おめでとう!! JGP2シーズン目で結果を残しているロシア女子は、あまりいないので嬉しい。大抵1シーズン目で活躍→シニアに移行か、2シーズン目で調子を落としちゃう選手が多いのでね…ロシア女子、めっちゃ激戦区だしね…(ため息)。

総合2位はコストルナヤ。1位&2位でファイナル初進出決定☆ エレメンツの質の高さもさることながら、スケーティングと音楽表現の素晴らしさに魅了された。PCSは1位というのも納得。

3位は梨花ちゃん。ステップシークエンスでのまさかの2転倒には、PCの前で思わず絶叫した(泣)。2度目のファイナル進出が決まって、ほんとよかったわ~。昨季は、JGPシリーズより調子を落としてファイナルを迎えてしまったが、今季こそは、万全のコンディションで臨めますように!!

4位は菜那ちゃん。ジャンプにちょいミスはあったものの、プログラムはさらに完成度を高めていたと思う。全日本ジュニアで必ず上位に入り、全日本に派遣されてほしい。

6位はイェリム。上位陣が凄まじすぎて目立ってないが、昨季から今季にかけての彼女の成長は、目を見張るものがある。韓国女子も素敵な選手が目白押しで、抜きん出るのは大変だと思うが、ぜひとも頑張ってもらいたい。

シニアのGPが始まる前に、JGPの感想を何とかアップしたかったのだが、ギリギリ間に合ってよかった…。


◆ファイナル進出者

JGP 2017 / 2018 Junior Ladies FINAL RESULTS

1 Alexandra TRUSOVA アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
2 Sofia SAMODUROVA ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
3 Alena KOSTORNAIA アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
4 Daria PANENKOVA ダリア・パネンコワ(ロシア)
5 Anastasia TARAKANOVA アナスタシア・タラカノワ(ロシア)
6 Rika KIHIRA 紀平 梨花(日本)

ロシア5名&日本1名。別の言い方をすると、エテリの弟子4名&ミーシンの弟子1名&濱田の弟子1名(笑)。まぁどういう言い方をしようと、「ロシア強い!!」の一言に集約されますな。
JGPロシア勢全勝だもんな~。でもま、日本も全大会表彰台を死守したのは偉かった。
それと、ウンス(韓国)とエミー(アメリカ)が表彰台に上がり、ロシアと日本の表彰台独占を防いだ。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR