GPロステレコム杯2017 1日目 ペアSP

GPロステレコム杯2017 リザルト
ロシアのモスクワにて開催。ペアSPは、現地時間2017年10月20日(金)に行われた。
動画で全組の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET 須藤 澄玲 / フランシス・ブードロー=オデ(日本)
■楽曲:Sakura (Spring Blossom) by Naotaro Moriyama, performed by Andre Rieu
■プログラム:△
動画
2015年に結成。昨季、全日本二連覇、四大陸10位、ワールド17位。
昨季から継続のプログラム。
3Tw1は、抱えてしまったようで、GOEマイナス。3Sの予定が、女性がダブルに。スロー3Sは、高さがなく、軸が曲がり、着氷がきれいに流れなかった。3Li3は特に悪く見えなかったのだが、GOEマイナス。StSq2は、二人の動きがずれていたからか、GOEマイナス。FiDs4は、女性の頭が氷についてしまった。
PCoSp4以外、プラス評価がない。これでは得点が伸びないわ~。ネーベルホルンに引き続き、どこかかみ合わない二人。心配だ!!
48.93。

2 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN マリッサ・キャステリ / マーヴィン・トラン(アメリカ)
■楽曲:Fallin' by Alicia Keys
■プログラム:×
動画
2015年に結成。昨季、GPフランス5位、全米2位。
3Tw3はまずまず。3Sの予定が、女性がダブルに。3Li4は、女性を下ろすとき、男性が踏ん張るような、変な感じに。StSq3は、ズレたところがあったように感じたが、そういう振付なのかも。スロー3Sは転倒。
う~ん、プログラムがイマイチぱっとしない。でもま、これから滑りこんでいけば印象も変わるかもしれないし。
54.37。

3 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER ミリアム・ツィーグラー / セヴェリン・キーファー(オーストリア)
■楽曲:Sunshine on Leith
■プログラム:○
動画
2013年の春に結成。昨季、ユーロ9位、ワールド18位。CSネーベルホルン4位でオリンピック出場枠を獲得。
3TwBは抱えてしまったからか、GOEマイナス。3TはOK。スロー3Fはお手つき。
いつ見てもさわやかな二人。彼らの演技を見ていると、瑞々しい気持ちになるのよね。オリンピックの出場枠が獲得できて、心なしかリラックスして滑れているような気がする。
59.35。

4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV クリスティーナ・アスタホワ / アレクセイ・ロゴノフ(ロシア)
■楽曲:Adagio For Strings by Wolfgang Amadeus Mozart
Requiem in D Minor by Wolfgang Amadeus Mozart
O Fortuna (from "Carmina Burana") by Carl Orff
■プログラム:△
動画
2014年の春に結成。昨季、GPロステレ3位、国内選手権4位。
3Sは、二人が跳ぶタイミングも着氷も合っていた。3Tw3は高い。ダンスリフトすごい。きれい。3Li4は下ろすときもスピードが落ちない。スロー3Fは足をついたが、高さと勢いとキレがあったからか、GOEプラス。FiDs4はよかったが、最後女性の姿勢がつぶれたように見えたのが残念。StSq3の二人の動きがぴたっと合ってないように見えた。
…ステップシークエンスで唐突に始まるズンドコビート。ロシアの選手あるあるアレンジ(笑)。
67.14。PBとほぼ同じ得点が出た。


●第2グループ
5 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ヴァレンティナ・マルケイ / オンドレイ・ホタレク(イタリア)
■楽曲:Seven Nation Army by Jack White, performed by Postmodern Jukebox feat. Haley Reinhart
■プログラム:○
動画
昨季、国内選手権2位、ユーロ6位、ワールド9位。
3Sは跳ぶタイミングも着氷も同時。3Tw2はもたれかかってしまい、GOEマイナス。スロー3Lzは高さと流れがある。FiDs4に入る前のダンスリフトで女性がジャッジにお手振りするのかわゆい☆ StSq3は、コミカルな振付をチャーミングに
ロンバルディア杯からブラッシュアップされて、さらにお気に入りのプログラムに。
68.48でSB更新。

6 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU ジュリアン・セガン / シャルリ・ビロドー(カナダ)
■楽曲:Everybody Wants to Rule the World by Larde
■プログラム:○
動画
昨季、GPファイナル5位、ワールド11位。
おお、男性が髪を伸ばして、大人っぽいイメージに。
3Tw3はOK。3SもOK。スロー3Lzの入りの動きがかっこいい。StSq2は、男性がバランスを崩しかけたが、入り組んだ振付を息ぴったりで行っていた。
ミステリアスな音楽をよく表現していた。特にステップシークエンスは、「そうそう!! こういうのがペアで見たいの!!」というもので魅了された。
67.06でSB更新。

7 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV クセニア・ストルボワ / フェドール・クリモフ(ロシア)
■楽曲:Tango de Besame performed by Benise
■プログラム:△
動画
昨季、国内選手権優勝、ユーロ4位、ワールド5位。
3Tw2は抱えたためか、GOEマイナス。スロー3Fはなめらかな着氷。3Tは女性が転倒。
好調時に比べると、キレとシャープさが足りない感じ。ちょっと元気がない印象を受けた。コンディションがよくないのかなぁ?
71.39でSB更新。

8 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV エフゲーニャ・タラソワ / ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
■楽曲:Piano Concerto No. 2 by Sergei Rachmaninov
■プログラム:△
動画
3Tw4は高く、余裕がある。3Tは、男性がステップアウトで女性がこらえた。スロー3Loは高さと幅がすばらしい。
この編曲、ほんと乗れない。音楽に浸れない。せっかくの名曲なのに。唐突なエンディングが最大の違和感だけど、他にもちょこちょこ「…え?」と気になる箇所があり、プログラムに集中できないんだよね。演技自体はとっても素晴らしいんだけども。
76.88。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 76.88
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 71.39
3 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 68.48
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV RUS 67.14
5 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN 67.06
6 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 59.35
7 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN USA 54.37
8 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 48.93


◆総評
SP1位はタラソワ&モロゾフ。演技はほんと申し分ない出来栄えなんだけど、編曲が…編曲が~~(泣)。ま、わたしの勝手な好みの話なんだけどさ…(ため息)。

2位はストルボワ&クリモフ。高得点は出してるんだけど、いまいち精彩を欠いているというか。ここ数シーズンずっと怪我で苦しんでいるけど、今季もそうなのかなぁ。

3位はマルケイ&ホタレク。自分たちの持ち味を存分に生かしたプログラムで、ピッカピカに輝いている。嬉しい☆

8位の須藤&オデは、二人の息が合ってない様子なのが気になる。昨季までそんな演技を見たことがなかっただけに。コンディションが万全ではないのだろうか。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR