GPロステレコム杯2017 1日目 女子SP

GPロステレコム杯2017 リザルト
ロシアのモスクワにて開催。女子SPは、現地時間2017年10月20日(金)に行われた。
動画とテレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。テレ朝の解説は織田信成さん、実況は清水俊輔アナ。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Valeriia MIKHAILOVA ヴァレリーア・ミハイロワ?(ロシア)
■楽曲:Run Run Run by Jill Scott
■プログラム:△
昨季、国内選手権11位。本大会GPデビューの15歳。
3Lz+3Tはルッツに!が付き、GOEマイナス。ジャンプ自体はきれいに下りていた。3Loと2AはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
ロシアの若い女子選手は、しっとり系の選曲が多いので、こういうアップテンポの曲を明るく楽しく滑るのを見るのは新鮮だった。
ちょっと猫背かなと気になったが、元気のいい、溌溂とした演技に好印象を受けた。
63.38でPB更新。

2 Anastasia GALUSTYAN アナスタシア・ガルスチャン(アルメニア)
■楽曲:I Dreamed a Dream (from "Les Miserables") performed by Susan Boyle
■プログラム:△
昨季、ユーロ12位、ワールド23位。
昨季から継続のプログラム。
3Lzは転倒。3F+2Tはフリップに!がつき、GOEマイナス。ジャンプ自体はきれいに下りていた。2Aタノはまずまず。
スピンのレベルは4、4、2V。ステップはレベル2。終盤で転倒。
ボディームーブメントは優雅で美しかった。
48.10。

3 Nicole SCHOTT ニコル・ショット(ドイツ)
■楽曲:Nella Fantasia performed by Jackie Evancho
■プログラム:○
昨季、ユーロ10位、ワールド19位。本大会がGPデビュー。フース先生の振付。
3T+3TはOK。3Loの予定がシングルになり、ノーバリュー。2Aはまずまず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
美しい女性ボーカルの曲を、美しく表現していた。
55.55。

4 Mae Berenice MEITE マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
■楽曲:Halo by Beyonce, cover version by Jasmin Thompson
Who Run the World by Beyonce
■プログラム:○
昨季、国内選手権2位、ユーロ16位。
うわ~、めっちゃキラキラ衣装。
3F+3T<は転倒。3Loはこらえ、GOEマイナス。ステップから直ちに跳んでなかったかも。2Aはよかった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。一蹴りがもそっと伸びるといいなぁ。
打楽器を多用していて、彼女の良さを生かせるプログラムだと思う。
54.24はSB更新。

5 Kaori SAKAMOTO 坂本 花織(日本)
■楽曲:Moonlight Sonata by Ludwig van Beethoven
■プログラム:○
昨季、全日本ジュニア優勝、JGPファイナル3位。世界ジュニア3位。今季、シニアデビュー。ブノワ・リショー振付。
背中が開いてる衣装! しかもオシャレ☆ いいよいいよ~。
3F+3T、3Lo、2Aと、ジャンプは全て後半に跳び、クリーンに着氷。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
演技後、大きくガッツポーズ☆
いや~、一気に大人びたなぁ。最初スピンから静かに始まり、どんどん音楽が盛り上がるにつれ、スピードアップしていき、ジャンプをポンポン下りて、最後スピンでクライマックスを迎え、フィニッシュ。彼女の良さを存分に生かしたプログラムだと思う。ブノワさん、グッジョブです☆
68.88でPB更新。

6 Carolina KOSTNER カロリーナ・コストナー(イタリア)
■楽曲:Ne me quitte pas by Jacques Brel, performed by Celine Dion
■プログラム:○
昨季、国内選手権優勝、ユーロ3位、ワールド6位。
楽曲は、セリーヌ・ディオンが歌う「行かないで」。
3T+3T、3Lo、2Aと、ジャンプは全てクリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。最後のCCoSp4のポジションが独創的でとても美しい。
ロンバルディア杯から、めっちゃブラッシュアップされてる!! 素敵!! 素敵!! 素敵!! もう素敵としか言いようがない!!
74.62でSB更新。


●第2グループ
7 Mariah BELL マライア・ベル(アメリカ)
■楽曲:Roxie (Chicago soundtrack) performed by Renee Zellweger
All That Jazz (Chicago soundtrack) by John Kander, Fred Ebb
■プログラム:○
昨季、GPアメリカ2位、全米3位、四大陸6位、ワールド12位。
昨季から継続のプログラム。
3Lz+3T<は着氷がきれいに流れず、GOEマイナス。3Fと2AはOK。
スピンとステップは全てレベル4。
清水アナによると、新しいプログラムを作ったものの、「シカゴ」に戻したらしい。確かに名プロだもんな~。ベルさんを燦然と輝かせている。
63.85でPB更新。

8 Wakaba HIGUCHI 樋口 新葉(日本)
■楽曲:Gypsy Dance by Leon Minkus
■プログラム:○
昨季、GPフランス杯3位、全日本2位、四大陸9位、ワールド11位。
2Aは素晴らしい。3Lz+3T<はきれいに下りたように見えたのだが。3Fは!がつき、GOEマイナス。
スピンとステップは全てレベル4。ステップではエネルギーがほとばしっている。
スピーディーで躍動感あふれる演技だった。
69.60。

9 Elena RADIONOVA エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
■楽曲:Porgy and Bess by George Gershwin
■プログラム:○
昨季、GPファイナル6位、国内選手権5位。
昨季から継続のプログラム。
3Lz+3T<はセカンドで足をついた。3Fは!が付き、GOEマイナス。2AはOK。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル4。小粋でおしゃれな振付を楽し気に行っていた。
好調時と比べると、少し体が重そう。成長期による体の変化に適応するのが大変なんだろうなぁ。かなり身長伸びたもんなぁ。
68.75でSB更新。

10 Elizabet TURSYNBAEVA エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
■楽曲:Carmen performed by David Garrett
■プログラム:○
昨季、四大陸8位、ワールド9位。デイヴィッド・ウィルソン振付。
3S+3Tタノは素晴らしかった。3Lo<はGOEマイナス。ステップから直ちに跳んでなかったかも。2Aはよかった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。どんどんテンポアップしていくのだが、遅れることなく生き生きと演じていた。
1つ目のスピンが終わった後、やっぱり始まるズンチャカビート(笑)。や、でも個人的にはカルメンとズンチャカビートの相性っていいんじゃないかと思う。
63.92でSB更新。

11 Mirai NAGASU 長洲 未来(アメリカ)
■楽曲:Nocturne No. 20 in C Sharp Minor by Frederic Chopin
■プログラム:△
昨季、全米4位、四大陸3位。
昨季から継続のプログラム。ジェフリー・バトル振付。
3A<は片足で着氷できたのだが。3F+3T<と3Lz<は転倒。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
SPから3Aを入れてきたことを考えると、調子は悪くないと思うのだが、ジャンプSPでジャンプ2回転倒は痛い…。
56.15。

12 Evgenia MEDVEDEVA エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)
■楽曲:Nocturne by Frederic Chopin
■プログラム:○
昨季、GPファイナル、国内選手権、ユーロ、ワールド全てで優勝。
3Fタノ+3T、3Lo、2Aタノと、全てのジャンプを後半に跳び、クリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
演技に関しては申し分がない素晴らしさ…なんだけども。冒頭でちょいズンチャカっぽい音が入っていたので、思わず身構えたものの、あとはまっとうなバイオリン編曲で、気持ちよく見ていたところ、ステップシークエンスで唐突に入る女性の声! 思わずビクッとなったよ! 何でここで女性の声が入るの!? で、ここから歌が始まるのかと思ったら、一言何か言っただけで終わるんですよ。…一体全体どういう意味があったんだろう。
80.75でSB更新。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Evgenia MEDVEDEVA RUS 80.75
2 Carolina KOSTNER ITA 74.62
3 Wakaba HIGUCHI JPN 69.60
4 Kaori SAKAMOTO JPN 68.88
5 Elena RADIONOVA RUS 68.75
6 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 63.92
7 Mariah BELL USA 63.85
8 Valeriia MIKHAILOVA RUS 63.38
9 Mirai NAGASU USA 56.15
10 Nicole SCHOTT GER 55.55
11 Mae Berenice MEITE FRA 54.24
12 Anastasia GALUSTYAN ARM 48.10


◆総評
SP1位はメドさん。ジャンプの安定感とエレメンツの質の高さ、音楽表現がすっっばらしかった。そして謎の声(笑)。ロシアの選手のへんてこりんな編曲にはすっかり慣らされているのだが、それにしたってあの一言だけ入る声は、わたしにとってインパクト大であった。

2位はコストナーさん。音のあるところもないところも全て表現しつくしているかのような演技だった。ロンバルディア杯の感想にも書いたけど、あまりの素晴らしさに、「ありがたや~ありがたや~」と手を合わせたくなる。

3位はわかば様。ジャンプのミスで得点は思ったほど伸びなかったけど、それでも70点近いスコアが出ているあたりに地力の高さが表れていると思う。FSのワカバボンドが楽しみだわ~☆☆

4位は花織ちゃん。彼女が「ムーンライト・ソナタ」をやるのか~と意外に思っていたが、実際見たら、とても素敵なプログラムに仕上がっていた。もうすっかり大人のレディスケーターですな。嬉しい☆

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR