GPロステレコム杯2017 2日目 ペアFS

GPロステレコム杯2017 リザルト
ロシアのモスクワにて開催。ペアFSは、現地時間2017年10月21日(土)に行われた。
動画ですべての組の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET 須藤 澄玲 / フランシス・ブードロー=オデ(日本)
■SP順位:8,得点:48.93
■楽曲:Girl by The Beatles
Let It Be by The Beatles
All My Loving by The Beatles
I Want to Hold Your Hand by The Beatles
■プログラム:△
動画
3Tw1は、女性を抱えてしまった。3Sの予定が、女性がダブルに。スロー3Loはまずまず。5RLi3は、女性を正しい位置に置けなかった。3T+2Tの予定が、女性が3T<<の後、足をついてしまい、連続ジャンプにカウントされず。スロー3Sはお手つき。きちんと投げられなかった。BoDsはなぜかノーバリュー。5ALi2はスムーズに上がらなかったからかGOEマイナス。3Li3は下ろし方がよくなくて、女性がバランスを崩した。
…う~ん、ジャンプ系ならともかく、リフトでこんなにミスが出るなんて。どうしちゃったんだろう。
フリー87.87、総合136.80。

2 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN マリッサ・キャステリ / マーヴィン・トラン(アメリカ)
■SP順位:7,得点:54.37
■楽曲:Women by Shawn Phillips
■プログラム:△
動画
3Tw3はOK。3Tの予定が、女性がダブルに。スロー3Fはまずまず。3S<<は二人とも着氷が乱れ、連続ジャンプにできず。スロー3Sはまずまず。コレオはスピードがアップし、見ごたえがあった。
しっとり大人のプログラムであった。リフトは相変わらず素晴らしい。このペアの課題はジャンプ系なんだよなぁ。ユニゾンとスケーティングは年々向上しているので、あとはジャンプさえクリーンに下りられれば。
フリー116.16、総合170.53。

3 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER ミリアム・ツィーグラー / セヴェリン・キーファー(オーストリア)
■SP順位:6,得点:59.35
■楽曲:Coldplay Medley
■プログラム:○
動画
3Sはよかった。3Tw1は女性がもたれかかった。3T+2T+1T<<はサードがダブルの予定だったが、男性がシングルに。距離も離れた。5RLi3は、移動もポジションチェンジもゆっくりに。スロー3Fはふわっと高い。BiDs1は、入りが少しぎこちなかった。スロー3Sもふわっと高い。
今季、このペアはジャンプ系が安定してるなぁ。今回はリフトやデススパイラル、ペアスピンでレベルを取りこぼしたり、加点を取り損なったりしていてもったいなかったので、細部をさらにつめていってほしい。
フリー115.71PB、総合175.06。

4 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU ジュリアン・セガン / シャルリ・ビロドー(カナダ)
■SP順位:5,得点:67.06
■楽曲:Where's My Love by Syml
■プログラム:△
動画
3Tw3はOK。3T+1Tは、ファーストは二人とも着氷が乱れ、セカンドはダブルの予定だったが、男性がシングルに。3Sは男性がステップアウト。スロー3Lzはよかった。5ALi3は、女性が下りるとき、手をついた。スロー3Loはよかった。
しっとりした音楽なので、滑りとユニゾンで魅せる必要がある、難しい選曲だと思う。でもすでに素敵な雰囲気は醸し出せているので、あとはエレメンツ完成度を上げていきたい。
フリー119.10、総合186.16。

第1グループが終わった時点で、トップはジュリアン・セガン / シャルリ・ビロドー(カナダ)。


●第2グループ
5 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ヴァレンティナ・マルケイ / オンドレイ・ホタレク(イタリア)
■SP順位:3,得点:68.48
■楽曲:Amarcord by Nino Rota
■プログラム:○
動画
3Tw3はうまくキャッチできず。3T<は女性が転倒。3S+2T+2Tはまずまず。スロー3Loはよかった。FCCoSp4は、最後まで回転がズレていた。スロー3Lzはよかった。PCoSp3は、回転がどんどん加速。
コミカルで楽しいプログラム。小芝居&顔芸最高☆(笑)特に女性の表情がめっちゃ豊かで光り輝いている。
フリー125.15、総合。現時点で総合。

6 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV クリスティーナ・アスタホワ / アレクセイ・ロゴノフ(ロシア)
■SP順位:4,得点:67.14
■楽曲:Another Day Of Sun from "La La Land" (soundtrack) by Justin Hurwitz
CIty Of Stars from "La La Land" (soundtrack) by Justin Hurwitz
Epilogue from "La La Land" (soundtrack) by Justin Hurwitz
■プログラム:△
動画
3T+2T+2Tはよかった。3Tw2はOK。3Sもよかった。スロー3Fはまずまず。スロー3Loは両足着氷。終盤の5RLi4と3Li4は、男性が疲れたのか、下ろし方が雑に。でもGOEで減点されるほどではなかった。
ソロジャンプは2つとも、跳ぶタイミングがピタッと合っていて、すばらしかった。
「ラ・ラ・ランド」のカップル二人の出会いから別れまでを描いているプログラムで、振り付けも凝っていて素敵なんだけど、音楽がなぁ…ちょっと欲張りに詰め込みすぎじゃないかしら。曲が目まぐるしく変わっていくので、演技に集中しきれなかった。
フリー131.97、総合199.11で、どちらもPB更新。現時点で総合1位。

7 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV クセニア・ストルボワ / フェドール・クリモフ(ロシア)
■SP順位:2,得点:71.39
■楽曲:Carmen Suite
■プログラム:?
動画
3Tw2はキャッチがうまくいかなかった。スロー3Fはステップアウト。3Tは女性が転倒し、連続ジャンプにできず。3Sはよかった。スロー3Sは転倒。
ストルボワがカルメンか~。めっちゃ女王様なカルメンだな(笑)。プログラムは今のところまだまだ発展途上な感じ。滑りこんでいけば、シャープでキレッキレのプログラムになるんじゃないかと思う。
フリー133.04、総合204.43で、どちらもSB更新。現時点で総合1位。

8 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV エフゲーニャ・タラソワ / ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
■SP順位:1,得点:76.88
■楽曲:Candyman by Christina Aguilera
■プログラム:△
動画
4Tw3はもたれたが、GOEプラス。3Sは男性がこらえたが、GOEプラス。スロー3Sは高さと幅がすごい。3T+2T+2Tはよかった。スロー3Loは両足着氷。
演技後、疲労困憊の男性を、女性が労っていた。
スピードビュンビュンの中、明るく楽しく事もなげにやっているように見えたが、滑り切るの、大変なプログラムなんだろうなぁ。
フリー147.37でPB、総合224.25でSB更新。総合1位に決定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 224.25 1 1
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS 204.43 2 2
3 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV RUS 199.11 4 3
4 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 193.63 3 4
5 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN 186.16 5 5
6 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 175.06 6 7
7 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN USA 170.53 7 6
8 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN 136.80 8 8


◆総評
ロシアの表彰台独占。地元のお客さんも大喜びであろう。

優勝はタラソワ&モロゾフ。平昌オリンピックの金メダル有力候補ですな。大変すばらしい演技なのだが、非常に残念ながら、SPもFSもわたし好みのプログラムじゃないんだよなぁ(ため息)。

総合2位はストルボワ&クリモフ。FSはまだ滑り込みが足りてないのかなぁという印象を受けた。ここ数シーズン、怪我に悩んでいるペアなので、今季こそは健やかにシーズンを過ごしてほしい。

3位のアスタホワ&ロゴノフは、成長著しい。ロシア3番手の争いが、ほんと分からなくなってきたわ~。

8位の須藤&オデは、不調が深刻そうで心配だ。怪我でもしてるんだろうか。それとも精神的なものが原因なのか…。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR