GPスケートカナダ2017 1日目 女子SP

GPスケートカナダ2017 リザルト
カナダのレジャイナにて開催。女子SPは、現地時間2017年10月27日(金)に行われた。
テレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。テレ朝の解説は織田信成さん、実況は三上大樹アナ。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Larkyn AUSTMAN ラーキン・オーストマン(カナダ)
■楽曲:Mein Herr (from Cabaret)
■プログラム:△
昨季、国内選手権4位。本大会がGPデビュー。
お、髪がショートに。ま、美女はどんなヘアスタイルでも美女である。
3S+3Tの予定が、セカンドがシングルに。3F<<は転倒。2Aはまずまず。
スピンのレベルは2、4、4。FSSp2は、足換え後、回転がゆっくりになり、GOEマイナス。ステップはレベル2。一蹴りの伸びがほしい。
「キャバレー」の音楽は、彼女に合っていると思うのだが、緊張していたのか、動きが硬かったように感じた。
41.79。

2 Kailani CRAINE ケイラニ・クレイン(オーストラリア)
■楽曲:Dream a Little Dream of Me performed by Ella Fitzgerald
One Day (Swingrowers Remix) performed by Caro Emerald
■プログラム:△
昨季、国内選手権優勝、四大陸16位、ワールド24位。今季、CSネーベルホルン杯で優勝し、平昌オリンピックの出場枠を獲得。
昨季から継続のプログラム…だと思うのだが、昨季のバイオの楽曲に「One Day」はなかった。
3F<と3Lo+3Lo<<は片足で着氷していた。2Aはよかった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。一蹴りの伸びがほしい。
表情豊かに生き生きと滑っていた。
54.96。

3 Courtney HICKS コートニー・ヒックス(アメリカ)
■楽曲:Nocturne (from "La Califfa" soundtrack) by Ennio Morricone, performed by Yo Yo Ma
■プログラム:△
昨季、GPロステレ3位、全米12位。
昨季、わかば様がSPで使ってた曲だ。
3F+3Loは、ファーストがオーバーターン。なのにセカンドで3Loを回転不足なしでつけられるってすごい。3Lzは、ステップから直ちに跳んでいないように見えたが、ジャッジの評価も分かれている。GOEはプラス。2AはOK。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル3。終盤の超高速ツイズルが曲想にマッチしていて素敵だった。
悲愴で切ない曲想をよく表現していた。
64.06でSB更新。

4 Alaine CHARTRAND アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
■楽曲:Libertango by Astor Piazzolla
■プログラム:△
昨季、カナダの国内選手権3位、四大陸11位。
3Lzは転倒。3Lo+3T<<はGOEマイナス。1Aはノーバリュー。
スピンのレベルは4、4、2V。CCoSp2Vは、回転の足りないポジションがあったように見えた。
今季もまた、ジャンプの不調が続いているのか…。
オーソドックスな編曲とは少し異なるアレンジの「リベルタンゴ」だった。彼女の良さを生かしたプログラムだと思うので、クリーンな演技がぜひとも見たい。
46.51。

5 Laurine LECAVELIER ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
■楽曲:Summer of 1942 by Michel Legrand
■プログラム:○
昨季、国内選手権優勝、ユーロ5位、ワールド18位。
ロンバルディア杯で見たはずだけど、見た覚えがないと思い、動画を見返してみたら、曲も衣装も変わっていた。道理で記憶にないわけだ(苦笑)。
3Lz+3T<はセカンドでちょいバランスを崩した。3Loはきれいに下りているように見えたが、ステップから直ちに跳んでいなかったからか、GOEマイナス。2Aはよかった。
スピンのレベルは4、4、3。CCoSp4は、回転も速く、ポジションも美しく見えたのだが、GOEマイナス。う~ん、何がいけなかったんだろう。
ステップはレベル2。ボディームーブメントがとっても素敵で、曲想をよく表現していた。
59.08はSB更新。

6 Marin HONDA 本田 真凜(日本)
■楽曲:The Giving by Michael W. Smith
■プログラム:△
昨季、全日本ジュニア3位、全日本4位、世界ジュニア2位。
3Lz+3T<は転倒。3Loはよかった。1Aはノーバリュー。
スピンのレベルは2V、1、4。CCoSp2VとFCSp1は、さほど悪く見えなかったが、GOEマイナス。ステップはレベル3。
ジャンプのミスは仕方ないにせよ、スピンのレベル取りこぼし&減点が痛い。急遽新しいプログラムに変更したばかりなので、滑りこみが足りなかったか。でも、音楽は彼女にとても合っていると思う。
52.60。


●第2グループ
7 Rika HONGO 本郷 理華(日本)
■楽曲:O Fortuna (from "Carmina Burana") by Carl Orff
■プログラム:○
昨季から継続のプログラム。昨季、全日本5位、四大陸10位、ワールド16位。
3F+3T<はGOEマイナス。3Lzタノはまずまず。eも!もなし。2AタノはOK。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。得も言われぬ素晴らしさ☆
彼女ならではの、彼女にしかできない表現を見せてくれている。素敵!!
61.60。

8 Karen CHEN カレン・チェン(アメリカ)
■楽曲:Tango de Roxanne (from "Moulin Rouge" soundtrack)
■プログラム:△
全米優勝、四大陸12位、ワールド4位。
3Lzはステップアウトし、連続ジャンプにできず。3Lo+2Tと2Aはよかった。
スピンのレベルは3、4、4。後ろ2つのスピンは、回転がめっちゃ速い。ステップはレベル3。
ドラマティックな音楽、終盤のスパイラル&スピン2連続でフィニッシュと、彼女の良さを生かしまくった構成のプログラム。
61.77。

9 Ashley WAGNER アシュリー・ワグナー(アメリカ)
■楽曲:Hip Hip Chin Chin performed by Club des Belugas
■プログラム:△
昨季、GPアメリカ優勝、全米2位、ワールド7位。2シーズン前のプログラムを再び。
3F+3T<はセカンドでちょいこらえた。2Aはよかった。3Lo<はオーバーターン。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル3。キレッキレに踊りまくっていた。
彼女にぴったりのプログラムなのはよ~く分かっているのだが、以前すっばらしい演技を見ているだけに、どうしても欲張りになってしまうのよね。
61.57。

10 Maria SOTSKOVA マリア・ソツコワ(ロシア)
■楽曲:Swan Lake by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:△
昨季、GPファイナル5位、国内選手権3位、ユーロ4位、ワールド8位。
3Lzタノ+3Tタノと3Fタノはよかった。2Aタノ<は高さが足りず。すべてのジャンプで片手を上げていたが、個人的にあまり美しくは見えなかった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
「白鳥の湖」をSPで使うなら、こんな編曲で滑ってほしいと願うままの、まっとうな編曲であった(笑)。
優雅で美しい上に、力強さが増したように思う。
66.10。

11 Anna POGORILAYA アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
■楽曲:Esperanza by Maxime Rodriguez
■プログラム:○
昨季、GPファイナル3位、国内選手権4位、ユーロ2位、ワールド13位。
3Lz+3Tは、壁に接近しすぎてひやっとしたが、大丈夫。3Loはきれいに下りたが、ステップから直ちに跳んでいないように感じた。GOEはプラス。2Aはよかった。
スピンのレベルは4、3、3。最初のCCoSp4が、タップ音と共にバシッと終わるのかっこいい。2つ目のFCSp3は、入りで少しバランスを崩し、GOEマイナス。ステップはレベル3。
昨季のSPのトラウマ(苦笑)で、ズンチャカが始まるんじゃないか始まるんじゃないかと恐れながら見ていたが、最初から最後までまっとうな編曲でひと安心である(笑)。
腰か背中を怪我しているらしく、本調子ではないようだが、とっても素敵な演技だった。
69.05。

12 Kaetlyn OSMOND ケイトリン・オズモンド(カナダ)
■楽曲:Sous le ciel de Paris performed by Edith Piaf
Milord performed by Edith Piaf
■プログラム:◎
昨季から継続のプログラム。
3F+3T、3Lz、2Aと、全てクリーンに着氷。素晴らしい出来栄え。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
パーフェクト!! 他に何も言うことはない。
76.06でPB更新。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Kaetlyn OSMOND CAN 76.06
2 Anna POGORILAYA RUS 69.05
3 Maria SOTSKOVA RUS 66.10
4 Courtney HICKS USA 64.06
5 Karen CHEN USA 61.77
6 Rika HONGO JPN 61.60
7 Ashley WAGNER USA 61.57
8 Laurine LECAVELIER FRA 59.08
9 Kailani CRAINE AUS 54.96
10 Marin HONDA JPN 52.60
11 Alaine CHARTRAND CAN 46.51
12 Larkyn AUSTMAN CAN 41.79


◆総評
SP1位はオズモンド。凄まじいスピードから繰り出されるでっかいジャンプと卓越した音楽表現は、本当に素晴らしい。メドさんに勝てるとしたら、今のところ彼女しかいないんじゃなかろうか。

2位はポゴさん。怪我をしたと聞いていたので心配していたが、SPは美しく力強くかっこよかった。

3位はソツコワ。彼女はロシア選手にしては珍しくまっとうな編曲で滑るよね(笑)。さらに素敵なスケーターに成長中で何よりである。

6位の理華ちゃんは、SPにフリップとルッツを入れて、タノもやって、少しでも得点を挙げようと頑張ってはいるんだけど、今のところ成功しているとは言い切れず。GOEの加点もPCSもイマイチなんだよなぁ。わたしの目には、とっても素敵な演技に見えるんだけど。

10位の真凜ちゃんは、マスコミの注目度が高くていろいろ大変だろうけど、自分のペースで頑張ってほしい。新しいSPは、滑りこんでいけば、きっと素敵なプログラムになると思う。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR