GPスケートカナダ2017 2日目 アイスダンスFD

GPスケートカナダ2017 リザルト
カナダのレジャイナにて開催。アイスダンスFDは、現地時間2017年10月28日(土)に行われた。
動画ですべての組の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR アリサ・アガフォノワ / アルペル・ウチャル(トルコ)
■SD順位:10,得点:54.74
■楽曲:Marco Polo by Loreena McKennit
Cleopatra by Maxime Rodriguez
Iron by Woodkid
■プログラム:△
動画
ステップのレベルは3と2。STw3はセカンドで男性の回転がよろよろに。
先週のGPロステレよりは、キレがあったと思う。もっさりじゃなくなってきた。でもやっぱりハイライトが分かりにくい。
フリー86.09、総合140.83でSB更新。

2 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV ナタリア・カリシェク / マクシム・スポディレフ(ポーランド)
■SD順位:9,得点:55.92
■楽曲:Young And Beautiful (from "The Great Gatsby" soundtrack)
Swing Break by The McMash Clan feat. Kate Mullins
No Dignity by Minimatic
Maple Leaf Rag by Skeewiff feat. Tommy Dorsey
■プログラム:△
動画
ステップはレベル3と2。StaLi2はちょっとトラベリングしちゃったかな。
4曲をつないだメドレー。今はそれぞれのつながりが希薄な感じ。
フリー88.86、総合144.78で、どちらもSB更新。

3 Alla LOBODA / Pavel DROZD アッラ・ロボダ / パヴェル・ドロースト(ロシア)
■SD順位:6,得点:62.60
■楽曲:Chicago (musical soundtrack)
■プログラム:
動画
ステップはレベル3と2。
スピードびゅんびゅん出しながら、終始大きく、勢いよく滑っていた。あんまり勢いありすぎてところどころヒヤッとしたけど大丈夫。レベルもステップ以外は全てレベル4がとれている。
フリー93.12、総合155.72で、どちらもSB更新。

4 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS キャロラーヌ・スシース / シェーン・フィルス(カナダ)
■SD順位:7,得点:57.77
■楽曲:I Won't Dance performed by Tony Bennett, Lady Gaga
Cheek To Cheek performed by Tony Bennett, Lady Gaga
I Won't Dance performed by Tony Bennett, Lady Gaga
■プログラム:○
動画
ステップは両方レベル2。
おお~、これは素敵なプログラム!! これぞアイスダンスって感じ☆ 昨季、国内選手権で見たときから良いカップルだなぁと思ってたけど、順調に成長していて何よりである。
フリー92.50、総合150.27。

5 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS カヴィタ・ローレンツ / ヨティ・ポリゾアキス(ドイツ)
■SD順位:8,得点:56.41
■楽曲:Pride and Predjudice (soundtrack) by Dario Marianelli, Jean-Yves Thibaudet
■プログラム:○
動画
ステップは両方レベル2。SlLi4は、もっとシームレスに。CuLi4は、女性が男性に足を置くとき、スムーズにいかなかった。
素敵…☆ 誤解や障害を乗り越え、二人の愛が少しずつ育っていき、最後、ラブラブなハッピーエンドを迎えるという物語を、ロマンティックに演じていた。
フリー89.67、総合146.08。

第1グループが終わった時点で、トップはアッラ・ロボダ / パヴェル・ドロースト(ロシア)。


●第2グループ
6 Olivia SMART / Adria DIAZ オリヴィア・スマート / アドリア・ディアス(スペイン)
■SD順位:4,得点:64.34
■楽曲:It's A Man's Man's Man's World performed by Seal
Composition by Karl Hugo
You Make Me Feel Like A Natural Woman performed by Amanda Brown
■プログラム:△
動画
ステップは両方レベル3。STw1は、男性がエッジをつかみ損ね、回転がぐだぐだに。
冒頭のSlLi4でぐっとプログラムに引き込まれるのだが、その後の見どころがないというか。ハイライトがいまいち感じられないんだよね。
フリー90.47、総合154.81。現時点で総合2位。

7 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER ケイトリン・ホワイエク / ジャン=リュック・ベイカー(アメリカ)
■SD順位:5,得点:63.10
■楽曲:Liebestraum arranged by Maxime Rodriguez
■プログラム:◎
動画
昨季から継続のプログラム。
ステップは両方レベル3。
冒頭のCiSt3からあれよあれよという間に、めくるめく二人の「愛の夢」の世界へ。これまでのカップルとは別格の演技だった。エレメンツがプログラムの流れに溶け込んでいる。
ああもう素敵…☆ 素敵としか言いようがない。
フリー102.10、総合165.20でどちらもSB更新。現時点で総合1位。

8 Tessa VIRTUE / Scott MOIR テッサ・ヴァーチュー / スコット・モイヤー(カナダ)
■SD順位:1,得点:82.68
■楽曲:Roxanne (from "Moulin Rouge" soundtrack)
Come What May (from "Moulin Rouge" soundtrack)
■プログラム:○
動画
女性の背中が大きく開いた衣装なので、演技中ついつい彼女の美しい背筋に目がいき、演技全体に意識が向かない瞬間があった(苦笑)。
ステップは両方レベル3。
彼らが「ロクサーヌ」をやると聞いたときは、正直、ありがちな選曲に思い、少しがっかりしたのだが、実際演技を見てみたら…う~ん、確かに素晴らしいし、高得点も出るだろうけど…という感じ。心の琴線をじゃらんじゃらんかき鳴らすまではいかなかった。
前半のCiSt3で、男女がビシバシやり合うところや、最後、女性が息絶えるところの表現は心に残った。
フリー117.18はSB、総合199.86はPB更新。現時点で総合1位。

9 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE ケイトリン・ウィーバー / アンドリュー・ポジェ(カナダ)
■SD順位:2,得点:77.47
■楽曲:Je suis malade performed by Lara Fabian
■プログラム:○
動画
以前のプログラムを再び。
ステップはレベル3と4。RoLi4が時間超過で減点1。
恋の甘さと苦しみを、切々と、ドラマティックに演じていた。
フリー112.54、総合190.01で、どちらもSB更新。現時点で総合2位。

10 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE マディソン・ハベル / ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)
■SD順位:3,得点:76.08
■楽曲:Across the Sky - Instrumental by Rag N'Bone Man
Caught Out in the Rain by Beth Hart
■プログラム:○
動画
ツイズル。ステップツイズルで男性がバランス崩しかけた。コレオ。ステップ。リフト。スピン。素敵つなぎ。リフト。利府t。コレオ。
ステップは両方レベル3。GOEでジャッジが+2と+3しか出していない。
STw4が、シブタニ兄妹顔負けにパーフェクトだったのに、SeSt3のツイズルで男性がつまづきかけてビビった。…このカップル、けっこうやらかすんでね…見るときはいつもドキドキなんだよね…。
Sp4とSlLi4の間の一連の動きが、得も言われぬ素敵さだった。
リズムがメインで、メロディアスじゃないし、特に盛り上がりもないし、表現が難しい音楽だと思うけど、それもこれも、彼らのスケーティング技術の高さと二人の一体感を際立たせるためなのかも。
フリー113.35、総合189.43で、どちらもPB更新。総合3位に決定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SD順位、FD順位の順に記されている。
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN 199.86 1 1
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 190.01 2 3
3 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 189.43 3 2
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 165.20 5 4
5 Alla LOBODA / Pavel DROZD RUS 155.72 6 5
6 Olivia SMART / Adria DIAZ ESP 154.81 4 7
7 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS CAN 150.27 7 6
8 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER 146.08 8 8
9 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 144.78 9 9
10 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 140.83 10 10


◆総評
優勝はヴァーチュー&モイヤー。今季もトップを爆走中。

総合2位はウィーバー&ポジェ。FDは3位だったが、SDのリードを守った。

3位はハベル&ダナヒュー。FDのPCSは、僅差だがウィーバー&ポジェより上。それも納得の研ぎ澄まされたスケーティングと、パートナーとの一体感だった。

4位のホワイエク&ベイカーは、演技を見ている間、心の中で「キャーーー!!!! 素敵ーーー!!!!」と絶叫しまくっていた(笑)。それくらい夢見心地にさせてくれた。

今季、ヴァーチュー&モイヤー、パパダキス&シゼロンに次ぐ、3位争いが本当に熾烈で、先行きがまったく読めない。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR