FC2ブログ

GPスケートカナダ2017 2日目 男子FS

GPスケートカナダ2017 リザルト
カナダのレジャイナにて開催。男子FSは、現地時間2017年10月28日(土)に行われた。
動画とテレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。テレ朝の解説は織田信成さん、実況は角澤照治アナ。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Brendan KERRY ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
■SP順位12,得点:63.19
■楽曲:Shine On You Crazy Diamond by Pink Floyd
Money by Pink Floyd
■プログラム:△
ロンバルディア杯からプログラムを変更。
4T+3Tはよかった。4Sはまずまず。2Fは!が。後半の4Tと3AはOK。他に回転の抜けや着氷の乱れがいくつかあった。連続ジャンプは2つまでしか入らず。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル2。
新しいプログラムにして、まだ滑り込みが足りてないのかなぁという印象を受けた。
フリー138.37、総合201.56。

2 Paul FENTZ パウル・フェンツ(ドイツ)
■SP順位:10,得点:68.48
■楽曲:Game of Thrones (soundtrack)
■プログラム:△
お~、鎧衣装だ。
3Aはよかった。4T<はGOEマイナス。3A+2Tはファーストがオーバーターン。2回目の3Lzは転倒。2Aは着氷が乱れた。連続ジャンプは2つしか入らず。
スピンのレベルは3、3、4。ステップはレベル3。
後半ジャンプのミスが続いてしまった。
すごく誠実で、頼りがいのありそうな戦士だった。「ゲーム・オブ・スローンズ」でそんな人、めっちゃ貴重だわ~(笑)。
フリー133.12、総合201.60。

3 Jun Hwan CHA ジュンファン・チャ(韓国)
■SP順位:11,得点:68.46
■楽曲:The Planets by Gustav Holst
■プログラム:△
振付は、デイヴィッド・ウィルソン。
4S<は転倒。他にも回転不足や着氷の乱れがいくつか見られた。連続ジャンプは2つしか入らず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
終わった後、疲労困憊に見えた。
「惑星」の編曲が、めっちゃ好み~☆ ありがとう、ウィルソン☆
終盤のステップシークエンスで疲れが見えたが、ここから最後のCSSp4にかけて、一番の盛り上がりなので、エネルギーがほとばしるような演技が見たい。はげしく見たい。
フリー141.86、総合210.32。

4 Nicolas NADEAU ニコラ・ナドゥー(カナダ)
■SP順位:9,得点:74.23
■楽曲:Elvis Presley Medley
■プログラム:△
昨季から継続のプログラム。
4T+3Tはよかった。4Tは両足着氷。3Aはよかった。3A+2Tの予定がファーストがシングルに。
スピンのレベルは3、4、3。ステップはレベル3。
ロックンロールに弾けていた。場内のお客さんも大喜び☆
フリー155.20、総合229.43で、どちらもPB更新。

5 Michal BREZINA ミハル・ブレジナ(チェコ)
■SP順位:7,得点:80.34
■楽曲:Human by Jamie Hartman, Rory Graham
Stand by Me by Ben E. King, Jerry Leiber, Mike Stoller
Human (MJ Cole Remix)
■プログラム:○
振付は、ブノワ・リショー。
おお、いまだかつてないほど、衣装がクールでかっこいい(笑)。
4Sはまずまず。3F+3Tの予定がセカンドがダブルに。3Loはお手つき。2Tを3回跳んでしまったので、最後の2Tがノーバリューに。
スピンのレベルは4、3、2。レベルの取りこぼしがもったいない。回転がゆるい感じなのよね。ステップはレベル3。「Stand by Me」のアレンジが超クール☆
ジャンプの跳び方が安定してきた印象を受ける。力んで跳んでいるときは、やはりミスが出るので、力まず跳べるようにしたい。
衣装だけでなく、プログラムもクールでかっこよかった。クリーンな演技がぜひとも見たい。
フリー156.70、総合237.04で、どちらもSB更新。

6 Takahito MURA 無良 崇人(日本)
■SP順位:8,得点:74.82
■楽曲:The Phantom of the Opera by Andrew Lloyd Webber
■プログラム:?
予定通りクリーンに跳べたジャンプは、冒頭の3Aだけ。他は回転の抜けや回転不足、着氷の乱れが続出。2Fにはeが。3Lzを3回跳んでしまい、最後の3Lzがノーバリュー。連続ジャンプが1つも跳べなかった。
スピンのレベルは3、3、4。ステップはレベル3。
…こんなにジャンプをミスする彼の演技は初めて見た。
フリー111.84、総合186.66。

第1グループが終わった時点で、トップはミハル・ブレジナ(チェコ)。


●第2グループ
7 Jorik HENDRICKX ヨリク・ヘンドリックス(ベルギー)
■SP順位:6,得点:82.08
■楽曲:Concerto de Aranjuez by Joaquin Rodrigo, performed by Il Divo
■プログラム:○
3Aは着氷が乱れた。3Lz+3Tの予定がファーストがダブルに。他のジャンプは全てきれいに下りた。
スピンとステップは全てレベル4。
ステップシークエンスで、少しずつタンバリンの音が加わっていき、最後それだけになるアレンジがかっこいい。よく音をとらえて表現できていた。
「アランフェス」は人気の定番曲だけど、彼のプログラムは編曲がなかなか個性的。彼の良さを引き立てる選曲だと思う。
フリー155.23、総合237.31。現時点で総合1位。

8 Alexander SAMARIN アレクサンドル・サマリン(ロシア)
■SP順位:4,得点:84.02
■楽曲:La Naissance de Yaha by Saint-Preux
The Unforgiven III by Metallica
House of the Rising Sun performed by Dave Evans
■プログラム:△
…う~ん、またまた謎衣装。あの、左腹部と左腕付近についている、赤い羽根みたいなのは、いったい何なんだ。何を意味しているのだ~~??
前半の4Lzと4T、3Aはクリーンに着氷。後半は3A<+2Tと2Aの着氷の乱れで、GOEマイナス。
スピンのレベルは3、3V、3。ステップはレベル3。
前半はスピードがよく出ていて、体も大きく動かせていたのだが、後半は疲れたようで、崩れないよう何とか耐えきったという演技だった。
終盤、男性ボーカルがガンガン歌いまくるところを、キレッキレに滑ってほしい。
フリー166.04、総合250.06で、どちらもPB更新。現時点で総合1位。

9 Keegan MESSING キーガン・メッシング(カナダ)
■SP順位:5,得点:82.17
■楽曲:The Sober Dawn (from "City Lights") by Charlie Chaplin
The Real Chaplin: A Symphonic Adventure, Pt. 2 by Charlie Chaplin
■プログラム:△
冒頭の4Lz<<と4Tは転倒。後半の4T<<は着氷が乱れた。3Aはシングルに。3Loはオーバーターン。3Fにeが。連続ジャンプは2つしか入らず。
スピンのレベルは3、2、2。どのスピンも加点はがっつり稼げているだけに、レベルの取りこぼしが非常にもったいない。ステップはレベル3。
キーガンが「チャップリン メドレー」だなんて、激ハマりに決まってる!! と思った通り、彼にぴったりのプログラムだった。終盤のコレオで疲れが見えたので、ここが最後まで軽快にキレよく演じられると、さらに素敵なプログラムになりそう。
フリー135.58、総合217.75。現時点で総合5位。

10 Shoma UNO 宇野 昌磨(日本)
■SP順位:1,得点:103.62
■楽曲:Turandot by Giacomo Puccini
Nessun Dorma (from "Turandot") by Giacomo Puccini, performed by Jose Carreras
■プログラム:○
2シーズン前のプログラムを再び。
4Loは素晴らしい。3Loはバランスを崩した。4Fは足をついた。4T<はお手つき。
スピンのレベルは4、3V、4。ステップはレベル3。
後半のクワドにミスが出たので、連続ジャンプが3つ入るのかドキドキしたが、きっちり入れてきた。昨季、なかなか連続ジャンプがフルに入らなくてヤキモキしたのが嘘みたい。すっごい成長速度!
終盤のコレオは、彼にしてはスケートが伸びなかったな~という印象を受けた。
フリー197.48、総合301.10。現時点で総合1位。

11 Patrick CHAN パトリック・チャン(カナダ)
■SP順位:2,得点:94.43
■楽曲:Hallelujah by Leonard Cohen, performed by Jeff Buckley
■プログラム:?
4Tは転倒。3Aの予定が2本ともダブルに。他にも回転の抜けや着氷が乱れたジャンプがいくつかあった。連続ジャンプが1つしか入らず。
スピンのレベルは3、3、4。ステップはレベル4。
ジャンプが…ジャンプが…嗚呼(泣)。
フリー151.27、総合245.70。現時点で総合3位。

12 Jason BROWN ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
■SP順位:3,得点:90.71
■楽曲:Inner Love by Maxime Rodriguez
■プログラム:○
4T<は転倒。3A<はシェイキーな着氷。3Lz+1Lo+3Sは!が。3Loの予定がシングルに。
スピンとステップは全てレベル4。
音楽との調和が本当に素晴らしい。全身を自由自在に動かして、曲想をみごとに表現していた。
フリー170.43、総合261.14で、総合得点はSB更新。総合2位に決定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Shoma UNO JPN 301.10 1 1
2 Jason BROWN USA 261.14 3 2
3 Alexander SAMARIN RUS 250.06 4 3
4 Patrick CHAN CAN 245.70 2 7
5 Jorik HENDRICKX BEL 237.31 6 5
6 Michal BREZINA CZE 237.04 7 4
7 Nicolas NADEAU CAN 229.43 9 6
8 Keegan MESSING CAN 217.75 5 10
9 Jun Hwan CHA KOR 210.32 11 8
10 Paul FENTZ GER 201.60 10 11
11 Brendan KERRY AUS 201.56 12 9
12 Takahito MURA JPN 186.66 8 12


◆総評
優勝は昌磨くん。GP初戦からしっかり300点超え。おみごとです。

総合2位はジェイソン。4Tはもうちょっとで跳べそうなんだけどなぁ! PCSは、トップの昌磨くんに僅差で迫っており、TRとINでは昌磨くんより上。

3位はサマリン。GP初出場にして初表彰台、おめでとう☆ 4LzをFSでも決め、2種のクワドを手に入れたもよう。ロシア男子も熾烈な競争が繰り広げられているなぁ。オリンピックの出場枠は2枠。その座を獲得できるか。

4位はパトちゃん…。うん…このアップダウンの激しさが、パトちゃんであることの証(泣)。まぁこれが国内選手権やオリンピックでなくてよかったと思おう。インタビューを読むと、この高難度ジャンプ化の中、どう戦うかで悩んでいるようだが、ファンとしては、彼の演技を見られるだけで幸せなので、彼の望む通りの道を歩んでいってもらえればと思う。

無良くんは12位…。この不調の原因は何なんだろう。本人は怪我じゃないと話しているようだけど…心配だ…。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR