FC2ブログ

GPスケートカナダ2017 2日目 ペアFS

GPスケートカナダ2017 リザルト
カナダのレジャイナにて開催。ペアFSは、現地時間2017年10月28日(土)に行われた。
動画ですべての組の演技を見た。滑走順に感想を書いている。

プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いにすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Cheng PENG / Yang JIN チェン・ペン / ヤン・ジン(中国)
■SP順位:7,得点:61.58
■楽曲:Butterfly Lovers Violin Concerto
■プログラム:△
動画
振付は、ローリー・ニコル。
3T+1T<<は、セカンドがダブルの予定だったと思うが、女性がファーストでバランスを崩し、セカンドがシングルに。3Sの予定だったと思うが、二人ともダブルに。3Tw3はよかった。スロー3Loとスロー3Sは高い。CCoSp3は、途中までそろっていたのだが、終盤回転がズレた。
一つ一つ確かめながら、慎重に滑っている印象を受けた。スピードもあまり出ていなかったように感じる。
フリー120.92、総合182.50。

2 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS シドニー・コウォジェイ / マキシム・デシャン(カナダ)
■SP順位:8,得点:59.06
■楽曲:Opening (from "Far from the Maddening Crowd") by Craig Armstrong
Love Theme (from "Far from the Maddening Crowd") by Craig Armstrong
End Credits (from "Far from the Maddening Crowd") by Craig Armstrong
■プログラム:△
動画
3Tw2は、空中でキャッチできなかったか、GOEマイナス。3S+2Tは、女性がファーストで着氷が乱れた。スロー3Loは高い。2Aは跳ぶタイミングがずれた。スロー3Sは転倒。FCCoSp4は、回転が少しズレたが、距離は近い。
リフトがまだぎこちない感じ。スロージャンプは高さがある。
フリー104.97、総合164.03。

3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH リュボーフ・イリュシェチキナ / ディラン・モスコビッチ(カナダ)
■SP順位:5,得点:64.06
■楽曲:At This Moment performed by Billie Vera & The Beaters
■プログラム:△
動画
3Tw1はOK。3T+2Tの予定が、ファーストで女性がダブルになり、足をついてしまって、連続ジャンプにカウントされず。3Sの予定が、男性がダブルに。女性はお手つき。スロー4Sは転倒。コレオのダンスリフトは情感たっぷりで素敵だったが、まだちょっとおそるおそるな感じ。スロー3Lzは両足着氷。
男女の愛の物語なプログラム。仕上がったら胸キュン&胸アツなラブストーリーになりそう。楽しみ~☆
フリー112.29、総合176.35。

4 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER ヘイブン・デニー / ブランドン・フレイジャー(アメリカ)
■SP順位:6,得点:63.26
■楽曲:Who Wants to Live Forever by Queen
■プログラム:
動画
振付は、マリナ・ズエワ。
女性もパンツルック。おそろいの黒。
3Tw3はふんわり高い。スロー3Loは着氷がスムーズじゃなかった。3S<+2T<<は、跳ぶタイミングがずれ、二人ともクリーンに着氷できず。3Tの予定が、男性がダブルに、女性はシングルに。スロー3Sは足をついた。BoDs1はGOEマイナス。女性の姿勢が高かったような。回転も少なかった。FCCoSp3は、回転がズレたが、足換え後修正。フィニッシュの直前に女性が転倒。
終盤がっつり盛り上がる編曲なので、クリーンに滑ったら、盛り上がりそう!
フリー109.69、総合172.95でSB更新。

第1グループが終わった時点で、トップはチェン・ペン / ヤン・ジン(中国)。


●第2グループ
5 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES ヴァネッサ・ジェイムズ / モーガン・シプレ(フランス)
■SP順位:3,得点:73.04
■楽曲:Say Something (A Great Big World) performed by Christina Aguilera
Sense of Freedom by Maxime Rodriguez
■プログラム:○
動画
薄いグレーの衣装がシックでとっても素敵~☆
3Tw2はよかった。3T+2T+2Tは、ファーストがずれたがセカンドからはきっちり合わせた。スロー4Sは両足着氷。3Sはバッチリ。スロー3Lzはよかった。コレオのダンスリフトは、美しくかっこいい。FCCoSp4は、出で男性が膝をついたので、転倒かと焦ったけど、ああいう振付なのね。最後の3Li4は、男性がちょいプルプルしたのでヒヤッとしたけど大丈夫。
うわ~、素敵~☆ 高難度プロを情感たっぷりに魅せてくれた。
フリー141.33、総合214.37で、どちらもSB更新。現時点で総合1位。二人とも、めっちゃ喜んでる~☆

6 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT ナタリア・ザビアコ / アレクサンドル・エンベルト(ロシア)
■SP順位:4,得点:69.00
■楽曲:The Sleeping Beauty by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:△
動画
3Tw4は高い。3T<+1T+1Loは、3T+2T+2Loの予定が、女性がセカンドとサードがシングルに。3S<は男性の着氷が乱れ、女性が両足着氷。スロー3Fはよかった。FCCoSp4は、回転がそろっていた。曲想の変化と共に衣装チェンジ。男性の変化が分かりやすくなった。最後のPCoSp2の回転がぐだぐだに。
手をつながないで滑るところ、二人の距離が離れているように感じた。あと前半、やや淡々と滑っている印象なのと、後半音楽が高まるところで、演技の方も、ぐぐ~っと盛り上げてほしい。
フリー123.70、総合192.70。現時点で総合2位。

7 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD メーガン・デュハメル / エリック・ラドフォード(カナダ)
■SP順位:2,得点:73.53
■楽曲:Neutron Star Collision by Muse
Samson and Dalilah performed by Muse
Uprising by Muse
■プログラム:△
動画
3Tw3はGOEプラスだが、大きく評価が分かれていて、+3を出したジャッジもいれば、-2を出したジャッジもいる。3LzはOK。スロー4Sは、構えが長かったが、みごとクリーンに着氷。FCCoSp4は、二人の距離が少し離れていたが、回転はバッチリ。3S+2T+2TはOK。BoDs4は、即座にピボットポジションがとれるんだよね。スロー3LzはOK。
場内大歓喜&二人が超笑顔☆
彼らのクリーンな演技を見るのは、久々な気がする。嬉しい!
フリー148.69、総合222.22で、どちらもSB更新。現時点で総合1位。

8 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT アリョーナ・サフチェンコ / ブルーノ・マッソ(ドイツ)
■SP順位:1,得点:77.34
■楽曲:La Terre vue du ciel by Armand Amar, edited by Maxime Rodriguez
■プログラム:○
動画
∞ポーズからスタート。
3Tw4はたっかい。彼らにしてはキャッチが少しクリーンじゃなかったかも。スロー2Aは飛距離がすごい。3T+SEQは、男性が両足着氷。3Sの予定が、男性がシングルに。スロー3Sも飛距離がすごい。3Li4は、片手で上げてるのに、ものすごくエフォートレス。CCoSp2Vは、回転がめっちゃ速いのに、そろっている。
ソロジャンプ以外のエレメンツはとても美しく、みごとなんだけど、全体の流れがまだ少し弱いかなぁという感じ(あくまで本人比)。
フリー138.32、総合215.66でSB更新。総合2位に決定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 222.22 2 1
2 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 215.66 1 3
3 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 214.37 3 2
4 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 192.70 4 4
5 Cheng PENG / Yang JIN CHN 182.50 7 5
6 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 176.35 5 6
7 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA 172.95 6 7
8 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS CAN 164.03 8 8


◆総評
優勝は、デュハメル&ラドフォード。超高難度プロをほぼクリーンに滑り切った。久しぶりにメーガンの輝くような笑顔が見られて本当に嬉しい。昨季はガッカリ顔が多かったからさ~。細部はもっと詰められるはずなので、まだまだ伸びしろたっぷり。今後の進化が楽しみである。

総合2位は、サフチェンコ&マッソ。FSは3位だが、PCSはトップ。ネーベルホルン杯に比べれば、着実に完成度が高まってきているし、SBも更新できた。芸術性の高い、素晴らしいプログラムなので、こちらも今後の期待が高まるばかりである。

3位はジェイムズ&シプレ。FSは2位! PCSも70点台に。昨季の大躍進を経て、さらにモリモリ成長中である。彼らのプログラムは、これまで「おお~、すごい!!」と感嘆されることはあっても、しみじみ胸打たれるような感動を覚えることはなかったのだが、今回の演技は、心の琴線がぽろん…と鳴らされるところまできた。彼らに泣かされる日も間近か。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR