GP中国杯2017 2日目 女子FS

GP中国杯2017 リザルト
中国の北京にて開催。女子FSは、現地時間2017年11月4日(土)に行われた。
ライストとテレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。テレ朝の解説は織田信成さん、実況は三上大樹アナ。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Amber GLENN アンバー・グレン(アメリカ)
■SP順位:10,得点:52.61
■楽曲:The Red Violin by John Corigliano
■プログラム:△
3Lzタノは転倒。3Loはお手つき。2つ目の2Aはステップアウト。3Fの予定がシングルになり、着氷が乱れた。連続ジャンプが1つしか入らず。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
表現が難しい曲だが、コレオの表現はなかなか素敵だった。
フリー98.53、総合151.14は、どちらもSB更新。

2 Ziquan ZHAO ジークワン・ジャオ(中国)
■SP順位:11,得点:50.39
■楽曲:Tarquito Militar
Oblivion by Astor Piazzolla
■プログラム:△
3Lzは転倒。3Loは着氷が乱れた。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
体が重そうで、動きにキレがなかった。
フリー94.32、総合144.71で、どちらもSB更新。

3 Mai MIHARA 三原 舞依(日本)
■SP順位:7,得点:66.90
■楽曲:Gabriel's Oboe (from "The Mission" soundtrack) by Ennio Morricone
■プログラム:○
振付は、デイヴィッド・ウィルソン。
ブルー系の衣装が清楚で素敵☆
2Aの着氷がきれいに流れず、ちょいGOEマイナスされた他は、全ての要素がプラス。
スピンとステップは全てレベル4。
最後のジャンプ、3Sタノ後の控えめガッツポーズにも、演技のガッツポーズにも胸ときめいた。かわゆ~い☆(///)
心が浄化されていくような演技だった。彼女の伸びやかなスケーティングが存分に生かされたプログラム。
フリー139.17、総合206.07で、どちらもSB更新。

4 Xiangning LI シャンニン・リー(中国)
■SP順位:8,得点:59.20
■楽曲:Raymonda by Reinold Gliere
■プログラム:△
振付は、デイヴィッド・ウィルソン。三上アナによると、「レイモンダ」は、ロシアのバレエ音楽とのこと。
すべてのジャンプをクリーンに着氷。3+3はないけど、ジャンプに高さがあり、スピードに乗って跳べているし、エッジエラーもとられていない。ただし、織田くんによると、ルッツは、100%アウトエッジで跳べているわけではないとのこと。
スピンのレベルは3、3、4。スピンが得意な選手だけに、ぜんぶレベル4をとっておきたかった。ステップはレベル3。
うまくなったなぁ。彼女の可憐で端正な滑りを堪能した。
フリー115.62、総合174.82。

5 Dabin CHOI ダビン・チェ(韓国)
■SP順位:9,得点:53.90
■楽曲:Seven Gypsy Melodies by Antonin Dvorak
Songs My Mother Taught Me by Antonin Dvorak
■プログラム:△
3Lz+3Tの予定だったと思うが、セカンドがダブルに。2A+3T<はきれいに下りているように見えたのだが。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル2。
クリーンな演技だったが、ちょっと元気がなかったような。淡々と滑っているような印象を受けた。
フリー112.09、総合165.99。

第1グループが終わった時点で、トップは三原 舞依(日本)。


●第2グループ
6 Marin HONDA 本田 真凜(日本)
■SP順位:6,得点:66.90
■楽曲:Turandot by Giacomo Puccini
■プログラム:△
3F+3Tの予定が、ファーストがダブルに。3F<はきれいに下りているように見えたのだが。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル4。
シームレスでエフォートレスな演技が気持ちよかった。
フリー131.42、総合198.32。現時点で総合2位。

7 Elizaveta TUKTAMYSHEVA エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
■SP順位:5,得点:67.10
■楽曲:Erinnerung performed by Efim Jourist Quartett
■プログラム:△
3Aはステップアウト。3Lz+2T+2Lo<はきれいに下りているように見えたのだが。後半のジャンプは高さとキレがあった。
スピンのレベルは4、2、4。ステップはレベル3。
3Aに挑んできた!! 好調時のジャンプに戻りつつある。
フリー129.58SB、総合196.68SB。現時点で総合3位。

8 Alina ZAGITOVA アリーナ・ザギトワ(ロシア)
■SP順位:4,得点:69.44
■楽曲:Don Quixote by Leon Minkus
■プログラム:○
昨季から継続のプログラム。
3Lz<はきれいに下りているように見えたのだが。
スピンとステップは全てレベル4。
見た目クリーンな演技だった。ジャンプを含め、全てのエレメンツが完璧に見えた。
昨季から滑りこんでいるだけあって、音楽表現も深まってるな~。終盤の盛り上がりは、見てるこっちも気分が高揚して、ワクワクしてくる。
フリー144.44、総合213.88。現時点で総合1位。

9 Wakaba HIGUCHI 樋口 新葉(日本)
■SP順位:2,得点:70.53
■楽曲:Skyfall (James Bond soundtrack) performed by Adele
■プログラム:◎
すべてのジャンプをクリーンに着氷。<も!もeもなし。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
演技後、力強くガッツポーズ☆
このプログラム大好きだー!! わかばボンド最高だー!!
リンクを出ようとしてたわかば様に、岡島先生が「やると思ったんだ」と言ってたんだけど、何をやると思ってたんだろう。ノーミスの演技? それとも会心の演技?
フリー141.99、総合212.52。現時点で総合2位。

10 Gabrielle DALEMAN ガブリエル・デールマン(カナダ)
■SP順位:1,得点:70.65
■楽曲:Gladiator Rhapsody by Hans Zimmer
Now We Are Free (from "Gladiator" soundtrack) by Hans Zimmer
■プログラム:△
振付は、ローリー・ニコル。
戦士風の衣装。ワンダーウーマンみたい☆
3T+3Tは相変わらず素晴らしい。3Fはオーバーターン。eがついた。3Lz+2T+2Tタノは着氷の流れがなかったからか、GOEマイナス。3Sはお手つき。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンのレベルは4V、4、4。ステップはレベル3。
…うっわ~、こりゃ難しいプログラム。哀愁を帯びた編曲で、ハイライトが分かりづらいし、彼女の強みであるスピードや力強さを前面に押し出してもいない。オリンピックシーズンにこのチャレンジングなプログラムを振り付けたローリーは鬼ですな(苦笑)。でも、このプログラムで魅了する演技ができたなら、彼女がスケーターとしてさらにワンランクアップした証になると思うので、ぜひとも滑りこなしてほしい。
フリー126.18、総合196.83で、どちらもSB更新。現時点で総合5位。

11 Elena RADIONOVA エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
■SP順位:3,得点:70.48
■楽曲:Historia de un amor 2
■プログラム:△
3Fに!が。3Lo+2Tタノはこらえた。冒頭の3Lz+3T以外は加点が付きにくいジャンプが多かったが、3Lo+2Tタノ以外は全てGOEプラス。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
演技後、万感の想いを込めてガッツポーズ。
強いな~。ここでほぼノーミスの演技ができるんだもんな~。
フリー136.34、総合206.82で、どちらもSB更新。総合3位に決定。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、得点、SP順位、FS順位の順に記されている。
1 Alina ZAGITOVA RUS 213.88 4 1
2 Wakaba HIGUCHI JPN 212.52 2 2
3 Elena RADIONOVA RUS 206.82 3 4
4 Mai MIHARA JPN 206.07 7 3
5 Marin HONDA JPN 198.32 6 5
6 Gabrielle DALEMAN CAN 196.83 1 7
7 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 196.68 5 6
8 Xiangning LI CHN 174.82 8 8
9 Dabin CHOI KOR 165.99 9 9
10 Amber GLENN USA 151.14 10 10
11 Ziquan ZHAO CHN 144.71 11 11


◆総評
ザギトワが、GP初出場の大会でみごと初優勝。ジャンプを含め、エレメンツの質の高さが本当に素晴らしい。TESはもちろんPCSもトップ!

総合2位はわかば様。PCSはザギトワに次いで2位。わたしはもう、わかばボンドにメロメロである。3位&2位で、ファイナル進出はどうなるか分からないけど、このプログラムが大大大好きなので、行けるといいな~。

3位はラジオノワ。ここでGP表彰台に上がれたのは、大きな意味を持つんじゃなかろうか。背が伸びてジャンプに苦労してるけど、卓越した表現力を持つ選手なので、早くジャンプが安定してほしい。

4位は三原さん。FSは3位。TESはザギトワに次いで2位。彼女が「ミッション」を滑ると聞いて、「きっとお似合いだろうな~」と確信したとおり、ばっちりハマりプロだった。彼女の代表作になるのではなかろうか。
…にしても、206点出して、表彰台に乗れないって(汗)。ワールドじゃないのよ? GPシリーズなのよ?

5位は真凜ちゃん。試合を経るごとにプログラムが洗練されているので、全日本でどんな演技を見せてくれるのか、楽しみでならない。

6位のギャビーは、SP1位から順位を落としてしまい、残念だったが、手術明けだし、まだ本調子じゃないのは仕方ない。国内選手権に照準を合わせて、焦らずじっくりとブラッシュアップしていってほしい。
ところで、FSの戦士風の衣装が激ハマりだったので、いつか「ワンダーウーマン」をやってほしい。美しくて強くて賢くて正義感強くて純粋でチャーミングなダイアナは、ギャビーにぴったりだと思う☆ EXでいいからさ~。ぜったい似合うし、場内大盛り上がり間違いなしだけど、北米の女子選手はあんまり冒険しないからな~。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR