FC2ブログ

GP NHK杯2017 1日目 女子SP

GP NHK杯2017 リザルト
日本の大阪にて開催。女子SPは、現地時間2017年11月10日(金)に行われた。
現地に行って、全組の演技を見、後日テレビ放送でも見た。滑走順に感想を書いている。NHKの解説は荒川静香さん、実況は船岡久嗣アナ。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Alena LEONOVA アリョーナ・レオノワ(ロシア)
■楽曲:Bla Bla Bla Cha Cha Cha by Petty Booka
■プログラム:△
昨季、GPフランス12位、国内選手権13位。
顔の丸みが消え、すっかり大人の女性に。美しい~☆
3T+3TはOK。3Fはクリーンに着氷したが、ジャッジの評価が-2から+1まで分かれている。ステップから直ちに跳んでいたかどうかが微妙ということだろうか。2AはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
昨季はジャンプに苦しんでいるようだったが、今季は調子いいのかな? だったらいいな。
63.61でSB更新。

2 Polina TSURSKAYA ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
■楽曲:Light of the Seven (Games of Thrones soundtrack) by Ramin Djawadi
■プログラム:○
昨季、JGPモルドヴィア杯及びタリン杯優勝、ジュニアの国内選手権3位、世界ジュニア10位。
昨季から継続のプログラム。
3Lz+3T、3Lo、2Aとクリーンに着氷。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
演技が終わった後、ガッツポーズ☆
怪我はもうすっかり良くなったみたい。長身からくり出される、でっかいジャンプに魅了される。スケーティングやボディームーブメントも素敵だった。
70.04でPB更新。

3 Alaine CHARTRAND アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
■楽曲:Libertango by Astor Piazzolla
■プログラム:△
昨季、カナダの国内選手権3位、四大陸11位。今季、GPカナダ11位。
3Lzは転倒。3Lo<+2Tは片足で立ってはいた。2A<は明らかに回転が足りていなかった。
スピンのレベルは4、4、2。ステップはレベル3。
調子が悪そう。ジャンプが不調と言うだけでなく、スケートが滑ってなかった。
荒川さんの解説を聞いていると、ジャンプの不調がめっちゃ深刻そうで心配になる。一からジャンプを作り直さないといけないのではなかろうか。よりによって五輪シーズンなのに!!(泣)
49.60。

4 Soyoun PARK ソヨン・パク(韓国)
■楽曲:Black Swan by Petr I. Tchaikovski, arranged by Clint Mansell
■プログラム:△
昨季、GPフランス5位。
3S+3Tの予定が、ファーストもセカンドもダブルに。3Loは直前のステップがなかった。2AはOK。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル4。
女性らしい優雅でしなやかな動きは素敵なんだけど、「黒鳥」だから、力強さや禍々しさがほしい。
昨季、左足を骨折して、シーズン後半お休みになっちゃったんだよね。まだコンディションが万全じゃないのかもしれないなぁ。
51.54。

5 Yuna SHIRAIWA 白岩 優奈(日本)
■楽曲:The Girl With Flaxen Hair by Claude Debussy
■プログラム:△
昨季、JGPシュベルター杯2位、全日本ジュニア2位、全日本6位、世界ジュニア5位。本大会がGPデビュー。
3Lz!+3T<<は着氷が乱れた。2Aはオーバーターン。3FはOK。
スピンのレベルは4、3、3。ステップはレベル3。
いつもよりジャンプに高さがなかったような。荒川さん曰く、「跳び急いでいた」とのこと。
ゆったりとした美しい音楽をよく表現していた。
57.34でSB更新。

6 Nicole RAJICOVA ニコル・ライチョヴァー(スロバキア)
■楽曲:Une page d'amour by Nathalia Mansner
■プログラム:○
昨季、国内選手権三連覇、ユーロ6位、ワールド17位。
振付は、ニコライ・モロゾフ。
3T+3T<は、きれいに下りているように見えたのだが。3Lz<は転倒。2AはOK。
スピンのレベルは3、4、4。CCoSp4は、最後のポジションでフリーレッグじゃない方の膝が曲がっているのが気になる。ステップはレベル3。
あ~、やっぱ彼女のスケーティング好きだわ~。ステップシークエンスとか、たまんないわ~。
53.36でSB更新。


●第2グループ
7 Mariah BELL マライア・ベル(アメリカ)
■楽曲:Roxie (Chicago soundtrack) performed by Renee Zellweger
All That Jazz (Chicago soundtrack) by John Kander, Fred Ebb
■プログラム:△
昨季、GPアメリカ2位、全米3位、四大陸6位、ワールド12位。今季、GPロステレ6位。
昨季から継続のプログラム。
3Lz!+3T<はきれいに下りているように見えたのだが。3Fの予定がダブルになり、ノーバリュー。2AはOK。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
体はとってもよく動いており、踊りまくっていた。
57.25。

8 Carolina KOSTNER カロリーナ・コストナー(イタリア)
■楽曲:Ne me quitte pas by Jacques Brel, performed by Celine Dion
■プログラム:○
昨季、国内選手権優勝、ユーロ3位、ワールド6位。今季、GPロステレ2位。
楽曲は、セリーヌ・ディオンが歌う「行かないで」。
3T+3Tはこらえた。3Loと2Aはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。
会場で見ていても、ぐいんぐいんと伸びるスケーティングが別格だった。
74.57。

9 Mirai NAGASU 長洲 未来(アメリカ)
■楽曲:Nocturne No. 20 in C Sharp Minor by Frederic Chopin
■プログラム:○
昨季、全米4位、四大陸3位。今季、GPロステレ9位。
昨季から継続のプログラム。ジェフリー・バトル振付。
3Aは両足着氷。3F+3T<はセカンドの着氷で足首がぐりんと回った。3Lzスピンは全てレベル4。スピンは前から得意な選手だけど、この3つは本当に素晴らしかった。ステップはレベル3。
キレとスピードがあり、力と気迫がみなぎっていた。GPロステレとは見違えた。
65.17でSB更新。

10 Rika HONGO 本郷 理華(日本)
■楽曲:O Fortuna (from "Carmina Burana") by Carl Orff
■プログラム:◎
昨季、全日本5位、四大陸10位、ワールド16位。今季、GPカナダ6位。
昨季から継続のプログラム。
3F+3TはOK。3Lzスピンのレベルは443。ステップはレベル4。
大好きなプログラムを生で見られて本当に幸せ…☆ 本当に嬉しい…☆ ステップシークエンス最高!!
65.83。

11 Satoko MIYAHARA 宮原 知子(日本)
■楽曲:Memoirs of a Geisha (soundtrack) by John Williams
■プログラム:△
昨季、GPファイナル2位、全日本三連覇。
3Lz<+2Tはセカンドがトリプルの予定が、抜けてしまった。3Loはステップから直ちに跳んでいなかったような。2Aはよかった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
好調時と比べると、ジャンプが低いが、「細部に美が宿る」滑りは健在。可憐かつ繊細でありながら、力強い演技だった。
65.05。

12 Evgenia MEDVEDEVA エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)
■楽曲:Nocturne by Frederic Chopin
■プログラム:△
昨季、GPファイナル、国内選手権、ユーロ、ワールド全てで優勝。今季、GPロステレ優勝。
3Fタノ+3Tタノ、3Lo、2Aタノと、クリーンに着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
すべての動きが滑らかだった。
GPロステレで初めて見たとき、心臓の鼓動に始まり、心臓の鼓動に終わったり、いきなり一声だけ入ったりして、わたしの度肝を抜いたアレンジだったが、2回目ともなれば、慣れてきた(笑)。…にしても、その効果音がなければフツーに素敵なオケ編曲なのだが、それじゃダメなのか。
79.99。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Evgenia MEDVEDEVA RUS 79.99
2 Carolina KOSTNER ITA 74.57
3 Polina TSURSKAYA RUS 70.04
4 Rika HONGO JPN 65.83
5 Mirai NAGASU USA 65.17
6 Satoko MIYAHARA JPN 65.05
7 Alena LEONOVA RUS 63.61
8 Yuna SHIRAIWA JPN 57.34
9 Mariah BELL USA 57.25
10 Nicole RAJICOVA SVK 53.36
11 Soyoun PARK KOR 51.54
12 Alaine CHARTRAND CAN 49.60


◆総評
SP1位はメドさん。6分間練習中も、わたしが見ている限り、ジャンプを全くミスしなかった。着氷の乱れが一切ない。すごい。

2位はコストナーさん。彼女の競技プロを生で見られてめっちゃ幸せ~☆ じかに見ると彼女のスケーティングの素晴らしさがよく分かる。

3位はツルさん。昨季の世界ジュニアは、怪我の影響でこわごわ滑っているように見えたから、本大会で元気な姿が見られて嬉しかった。穴のない選手だが、やはり際立つのはそのジャンプ。男子のように飛距離と高さ、スピードがある。

4位の理華ちゃんは、「Her body can talk」っぷりがみごとだった。あの独特のぐねっとした動きがほんとかっこいい。

5位のミライちゃんは、すごかった。家に帰ってきてからテレビで見たけど、あのすごさはテレビじゃ伝わりづらいんだな~。わたしの語彙力が乏しいせいで「すごい」としか表現できないのがもどかしい。

6位は宮原さん。11か月ぶりの公式戦、おかえりなさい!! ジャンプはまだ本調子じゃなさそうだけど、動きはキレてたし、スピンもステップも質が高く、美しかった。

8位の白岩さんは、ちょっと緊張してたかな~。彼女のゴムまりのようなバネのあるジャンプが見られず、残念だった。でも、スケーティングや音楽表現は素敵だったし、順調にシニアのスケーターにステップアップ中だと思う。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR