JGPオーストリア杯 2017 2日目 女子SP

JGPオーストリア杯 リザルト
オーストリアのザルツブルクにて開催。女子SPは、現地時間2017年9月1日(金)に行われた。
ライストで、全員の演技を見た。特に印象に残った選手の演技について、滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Polina USTINKOVA ポリーナ・ウスティンコワ(スイス)
■楽曲:Epilogue (from "La La Land" soundtrack) by Justin Hurwitz
Another Day of Sun (from "La La Land" soundtrack) by Justin Hurwitz
■プログラム:?
昨季、JGPリュブリャナ杯13位。ブノワ・リショー振付。
3Fe+3T<<は、着氷をこらえた。3Lzと2Aはまずまず。
スピンのレベルは3V、4、4。ステップはレベル2。動きが滑らかで、音をよくとらえている。
曲想の変化を演じ分けようと頑張っていた。編曲のつなぎがちょっと乱暴ではなかろうか。
44.51で、7点以上PB更新。

3 Lara ROTH ララ・ロス(オーストリア)
■楽曲:Life by Ludovico Einaudi
■プログラム:〇
昨季、JGPチェコ20位。
長身だけど顔ちっちゃい。九頭身ありそう。
3Lz<は転倒。3T+2TはOK。2Aは高さがあってよかった。終わってすぐステップが入る。
スピンのレベルは2、3、3V。軸がぶれる。苦手なようだ。ステップはレベル3。曲想の表現が素敵。
音楽が終わってからフィニッシュ。動きが優雅で大きくてよかった。
41.48。

4 Lea Johanna DASTICH リア・ヨハンナ・ダスティヒ(ドイツ)
■楽曲:La La Land (soundtrack) by Justin Hurwitz
■プログラム:?
昨季、ジュニアの国内選手権2位、世界ジュニア8位。
「ラ・ラ・ランド」2人目。今季は予想してた通り「ラ・ラ・ランド」のサントラ使う選手多いなぁ。事前に映画見といて正解だったわ~☆
3F+3Tは、ファーストでオーバーターンしたのにセカンドにトリプルつけられるってすごいな。3Lzは!が。ちょっとつまった着氷になった。2AタノはOK。
スピンのレベルは4、4、2。ステップはレベル3。生き生きと動けてはいるのだが、今は限定的な感じ。
スイスのポリーナ同様、編曲のつなぎが不自然に感じられる。原曲がすばらしいだけに、もそっとどうにかならないものか。
背が伸びて、手足もにょきにょき伸びたけど、まだ使いこなせていないように感じる。長い手足は大きな武器なので、ぜひとも使いこなせるようになってほしい
50.16。

5 Guzide Irmak BAYIR グジーディ・イルマーク・バイヤール?(トルコ)
■楽曲:Writing Is On the Wall (cover version)
(information from 2016/17 season)
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権優勝、世界ジュニア22位。今季、JGPブリスベン10位。2週連続、お疲れ様です。
ブノワ・リショー振付とのこと。
3Lz<はGOEマイナス。3Lo<は足を着けてしまったので、その後2Tをつけたが、カウントされず。2Aはまずまず。
スピンのレベルは4、4、3V。ステップはレベル3。印象的な動きが入っている。ステップシークエンスに長い時間が割かれている。
最後のポーズでバランスを崩してしまい、再度ポーズを取り直した。
エキゾチックな振付をよくこなしていた。エレメンツの質はまだまだこれからなんだけど、心惹かれるものを感じる。
38.49。

6 Julie FROETSCHER ジュリ・フルッチャー(フランス)
■楽曲:Ameksa performed by Toalbi Brothers
■プログラム:△
昨季、シニアの国内選手権4位、世界ジュニア35位。
ブノワ・リショー振付。今季はブノワさん振付のプログラム、ほんと多いな~。
長身で手足が長く、スレンダー。
3Lo<+2Tタノは、待ちが少し長かった。3Lz<は転倒。2Aタノはまずまず。
スピンのレベルは4、4、2。ステップはレベル3。音をよくとろうと頑張っていたんだけど、ちょっと遅れがちに感じた。
かっこいい、大人っぽいプログラム。滑りこなせれば、素敵なプログラムになりそう。
42.50。


●第2グループ
7 Maya GORODNITSKY マヤ・ゴロドニツスキー(イスラエル)
■楽曲:Nyah (from "Mission Impossible 2" soundtrack) by Hans Zimmer
■プログラム:△
今季、ジュニアデビュー。バイオによると、本大会に出場しているマーク・ゴロドニツキーの妹。
キリっとした顔つきで、お兄ちゃんにどことなく似ている。
3S+2TはGOEマイナス。3Lzはeが。2Aはまずまず。
スピンのレベルは4、1、4。ステップはレベル2。
動きがまだジュニアっぽいんだけど、基本がしっかりしているように見えるから、これから伸びていきそう。
39.40。

8 Anita ÖSTLUND アニータ・オストルンド(スウェーデン)
■楽曲:Carmen Fantasie by David Garrett
■プログラム:〇
昨季、シニアの国内選手権3位、世界ジュニア13位。
昨季から継続のプログラム。美人さんになって…!!
3Lzはお手つき。3T+3TはOK。2Aもよかった。後半に3+3を決められたのは大きい。
スピンのレベルは4、4、2。最後のLSp2は、音楽がスピードアップするのに回転があっている。スピンが上手なだけに、レベル取りこぼしがもったいなかった。
ステップはレベル3。音をとらえてよく滑っている。
ズンドコビートに拒絶反応を示していたわたしに、ズンドコビートのすべてが悪ではないということを教えてくれたプログラム(笑)。ズンドコまみれだけど、このアレンジは好き☆
継続しているだけあって、滑りこなしてるなぁ。流れが良かった。
54.96でPB更新。

9 Kristen SPOURS クリスティン・スポワーズ(イギリス)
■楽曲:I Put a Spell on You by Jay Hawkins
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権優勝、世界ジュニア15位。
3Lz、3F+2Tタノ、2Aと、ジャンプはOK。
スピンのレベルは3、3、2V。最後のCCoSp2Vは、トラベリングしたけど、回転そのものは速かった。ステップはレベル3。
少し猫背なのかなぁ。姿勢がちょっと美しくないのよね。トリプルのルッツとフリップがエラーなしで跳べるし、パワフルなスケーティングも武器だと思うので、あとは背筋がぴしっと伸びるようになればなぁ。
48.54。

10 Sophia SCHALLER ソフィア・シャラー(オーストリア)
■楽曲:Paint It Black
■プログラム:〇
昨季、JGPモルドヴィア杯10位、ジュニアの国内選手権2位。
地元の選手なので、歓声がすごい。
3T+2TはOK。2Lzタノはまずまず。2Aはよかった。
スピンのレベルは3、4、4。2番目のFSSp4は、回転がゆっくりになり、GOE加点なし。ステップはレベル2。激しい曲想に変化するのだが、ダイナミックに表現できていた。
上半身の使い方が優雅でやわらかい。個性的な動きが入っていて、なかなか素敵なプログラムだった。
スピンはちょっと苦手なのかな~という印象を受けたが、滑りと音楽表現は良かったと思う。
44.61でPB更新。
---------------------------------------------------------------------
●第3グループ
13 Mako YAMASHITA 山下 真瑚(日本)
■楽曲:Bohemian Rhapsody performed by Maksim Mrvica
■プログラム:〇
昨季、JGP横浜およびタリン杯3位、全日本ジュニア16位。
昨季のFS曲をSPに。
あら、真瑚ちゃんの濃いピンクの衣装ステキ。背中の放射線キラキラ~☆は、ヨナちゃんのラプソディーの衣装に似てるんじゃないかな。
笑顔でスタート。3F+3Tは、フリップに!が。でも幅と高さがあったからか、GOEプラス。3Lzはすばらしい。2Aもよかった。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル4。
真瑚ちゃんたらうまくなって…!! 表情豊かに演じていて、とてもよかった。幅のある高いジャンプは相変わらず素晴らしい。スピードに乗って跳べている。
64.49。PBとほぼ同じ得点が出た。

16 Alessia TORNAGHI アレッシア・トルナーギ?(イタリア)
■楽曲:Sultan in Love performed by Princess of Violin
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権2位。今季、JGPデビュー。
アラビア風のふんわり袖がかわいい。
3Lo+2Tはまずまず。3Lzは直前のステップが足りなかったのか、GOEマイナス。2Aはまずまず。
スピンのレベルは3、3、2。回転は速いんだけど、一つのポジションでの回転が足りないせいか、レベルを取りこぼしている。ステップはレベル2。アラビアっぽい振付が組み込まれている。
独創的な曲想をよく演じていたと思う。
45.88。

18 Angelina HUANG アンジェリーナ・フアン?(アメリカ)
■楽曲:Victory by Two Steps from Hell
■プログラム:△
今季、JGPデビュー。
うわ、アジア系美少女!! 気品と目力がある。
3Fは手をつき、連続ジャンプにできなかった。2Aと3Lz<タノは転倒。
スピンのレベルは4、3、4。回転速度がポジションチェンジをしても、速いまま変わらない。ステップはレベル3。腕の使い方がしなやかできれいだが、可動域が少々限定的。
音をよくとらえていた。今回は転倒してしまったけど、3LzタノをSPに組み込んでいるくらいだから、ジャンプ力もあると思うんだよね。ジャンプの前後に難しい動きを入れているし、成功すれば、得点が出そう。
41.68。


●第4グループ
20 Starr ANDREWS スター・アンドリューズ(アメリカ)
■楽曲:Fever performed by Beyonce
■プログラム:△
昨季、全米ジュニア2位、世界ジュニア12位。今季、JGPデビュー。
赤キラキラ~なパンツルック☆ 身長伸びたんじゃない?
3T+3Tは素晴らしい。セカンドの方が高いのではないか。3Lzはeが。2Aはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。スピンの回転がとても速い。体を大きく動かして、曲想を表現していた。
つなぎのスパイラルでバランスを崩したのが残念だった。
独創的な振付が入っていて、なかなかおもろいプログラム。彼女の個性に合っていると思う。
59.93でPB更新。

22 Eunsoo LIM ウンス・イム(韓国)
■楽曲:Rich Man's Frug
■プログラム:△
昨季、JGPシュベルター杯3位、シニアの国内選手権優勝、世界ジュニア4位。ロシアと日本によるJGP表彰台独占を阻止した、唯一の選手。
3F+3T、3Lz、2Aと、ジャンプの幅がすごい。連続ジャンプはセカンドの方が高かった。
スピンのレベルは4、3、3。回転が速く、時に加速しているぐらいなので、レベル取りこぼしがもったいない。ステップはレベル3。なめらかでしなやか。動きが立体的。音をよくとらえている。
クリーンな演技。ガッツポーズ出たよ!
スピードをびゅんびゅん出して跳ぶジャンプは相変わらずで、すごいな~。ダンサブルなナンバーを、全身を使って表現していた。
64.79で、PBをちょこっと更新。


●第5グループ
25 Loena HENDRICKX ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)
■楽曲:Frozen performed by Madonna
■プログラム:△
昨季、シニアの国内選手権優勝、ユーロ7位、ワールド15位。
あらロエナ、JGPに出るんだ? 昨季のワールドでオリンピックの枠とれたし、シニアに完全移行するんだと思ってた。
黒スケのクールなパンツルックにポニテ。あー、マドンナっぽい。
3Fタノはステップアウトし、連続ジャンプにできず。2Aはまずまず。3Lz<タノはGOEマイナス。
スピンとステップは全てレベル4。加速回転のスピンとダイナミックでなめらかなステップシークエンスが見られた。
マドンナの曲にふさわしい、かっこいいプログラム。ジュニアの中で見ると、大人の滑りが際立つわ~☆
51.77。

26 Moa IWANO 岩野 桃亜(日本)
■楽曲:Asturias performed by William Joseph
■プログラム:〇
昨季、全日本ジュニア15位。今季、ジュニアデビュー。振付はアッコさん☆
長光先生、再び。青と紫のグラデーション衣装が素敵☆
3Lzはステップから直ちに跳んでいた。3Fe<<+3T<<は、着氷が乱れた。2Aは着氷してすぐムーブメントが入っている。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。怪しい笑みで踊る踊る。振り付けてるアッコさんが目に見えるようだ。
…ボディームーブメントが、ジュニア1年目のそれじゃないわ。すごいわ。まだ13歳なのに、何でこんなに自由に雄弁に体で語れるんだ。くーっ、かっこいい!!
53.94。

27 Silvia HUGEC シルヴィア・フゲッチ(スロヴァキア)
■楽曲:Scars To Your Beautiful by Alessia Cara
■プログラム:△
昨季、JGPシュベルター杯26位。
華やかな美人さん☆ 白い衣装が似合ってる~。
3Lo+2TタノはOK。2Lzタノはステップアウト。2Aはよかった。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル3。振付は歌詞を表現しているのではないか。苦悩する様子が伝わってくる。
大きく優雅に動けていて、素敵だった。
46.49で、10点以上PB更新!

28 Anastasiia GUBANOVA アナスタシア・グバノワ(ロシア)
■楽曲:Summertime performed by Louis Armstrong, Ella Fitzgerald
Booty Swing by Parov Stelar
■プログラム:〇
昨季、JGPファイナル2位、ジュニアの国内選手権7位。
昨季、わたしをもっとも魅了したおそろしあ。なのに世界ジュニアには派遣されず。ロシア女子の層の分厚さよ…(ため息)。
大人っぽくなったなぁ。紺の衣装が氷上に映えて美しい。
2AはOK。3F+3Tと3Lz<タノは転倒。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル4。加点が1.40というのもうなずける素晴らしさ。音楽にたゆたっているようだ。
足にテーピングか何かしているところを見ると、怪我してるんだなぁ…。滑りと音楽表現は相変わらず素晴らしい。
ジュニアらしからぬ大人の選曲。彼女なら滑りこなせると思うので、頑張ってほしい。
53.99。

29 Anastasia TARAKANOVA アナスタシア・タラカノワ(ロシア)
■楽曲:Fly by Ludovico Einaudi
Experience by Ludovico Einaudi
■プログラム:△
昨季、ジュニアの国内選手権14位。今季、ジュニアデビュー。
3F+3Tはよかった。3Lzタノは素晴らしい。2Aタノもよかった。
スピンとステップは全てレベル4。スピンの回転が加速していく。ステップは、体を大きく、バランスを崩さないギリギリのライン目いっぱいに動かしているように見えた。
スピードを出して、よく滑っていた。
…ロシアらしい、独特の選曲と振付。一体全体どういうストーリーなんだ(汗)。
エレメンツの質の高さと、密度の高いプログラムがエテリ門下生の証。ちょっと忙しない印象を受けるが、JGP初戦でこれだけできれば十分だろう。素晴らしい。
66.68。


◆SP順位
SPが終わって、順位は下記のとおり。左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Anastasia TARAKANOVA RUS 66.68
2 Eunsoo LIM KOR 64.79
3 Mako YAMASHITA JPN 64.49
4 Starr ANDREWS USA 59.93
5 Anita ÖSTLUND SWE 54.96
6 Anastasiia GUBANOVA RUS 53.99
7 Moa IWANO JPN 53.94
8 Loena HENDRICKX BEL 51.77
9 Lea Johanna DASTICH GER 50.16
10 Kristen SPOURS GBR 48.54
11 Silvia HUGEC SVK 46.49
12 Alessia TORNAGHI ITA 45.88
13 Sophia SCHALLER AUT 44.61
14 Polina USTINKOVA SUI 44.51
15 Michaela-Lucie HANZLIKOVA CZE 43.45
16 Stefanie PESENDORFER AUT 42.69
17 Julie FROETSCHER FRA 42.50
18 Angelina HUANG USA 41.68
19 Lara ROTH AUT 41.48
20 Maya GORODNITSKY ISR 39.40
21 Guzide Irmak BAYIR TUR 38.49
22 Caya SCHEEPENS NED 36.91
23 Ji Yun LEE KOR 36.66
24 Julia LANG HUN 36.61
25 Mariami MESHVELIANI GEO 33.88
26 Josephine KAERSGAARD DEN 33.40
27 Hana CVIJANOVIC CRO 28.75
28 Amelia SADLER AUS 27.42
29 Elisavet MULDER-STOUPAKI GRE 21.02


◆総評
SP1位は、ニューおそろしあん、タラカノワ(笑)。またエテリ先生の教え子である。んもー、ほんと、エテリ先生のとこからは、次から次へとすごい選手が出てくるなぁ。見た目はあどけなくて小学生みたいなのに。

2位はウンス。成長期のアレコレは今のところ大丈夫なようで、今季もジャンプは順調そう。ここしばらく、ジュニア女子のトップ争いは、ロシア対日本の独占状態が続いているが、そこに食い込む存在となるか。

3位は真瑚ちゃん。昨季よりさらにレベルアップしていてうれしい限り。2位のウンスとは、TESもPCSもわずかの差なので、FS勝負ですな。頑張って!

6位のグバノワは、成長期のアレコレでジャンプに苦しんでいるもよう。足も傷めてるみたい…。本当にとっっても素敵なスケーターなので、何とか踏ん張ってほしいんだけど、ロシア女子の闘いは、凄まじいハイレベルさなのでねぇ…(ため息)。

7位の桃亜ちゃんは、すごいすごいと聞いていたが、マジすごかった…。この表現力の高さにエレメンツの正確性がついてくれば鬼に金棒なので、焦らずじっくり取り組んでほしい。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR