FC2ブログ

GP NHK杯2017 2日目 男子FS

GP NHK杯2017 リザルト
日本の大阪にて開催。男子FSは、現地時間2017年11月11日(土)に行われた。
現地に行って、全員の演技を見、後日テレビ放送でも見た。滑走順に感想を書いている。NHKの解説は本田武史さん、実況は鳥海貴樹アナ。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Nam NGUYEN ナム・ニューエン(カナダ)
■SP順位:11,得点:65.82
■楽曲:An American in Paris by George Gershwin
■プログラム:△
昨季から継続のプログラム。
冒頭、4Tと4Sの予定だったが、両方ダブルに。後半の4S+3TはOK。3Lz!+3Tはきれいに下りたように見えたが、GOEマイナス。
スピンのレベルは3、4、3。ステップはレベル2。
曲想の表現は深まってきている。一蹴りの伸びがあればなぁ。
フリー148.69、総合214.51。

2 Hiroaki SATO 佐藤 洸彬(日本)
■SP順位:10,得点:75.95
■楽曲:The Barber of Seville by Gioachino Rossini
■プログラム:△
振付は、佐藤操。
2つ目の4Tは転倒。予定通りクリーンに着氷できたジャンプが1つもなかった。連続ジャンプが1つしか入らず。
スピンのレベルは4、2、4。ステップはレベル2。
滑りは良かったし、体も大きく使えていたのだが、ジャンプががが…(泣)。
フリー123.25、総合199.20で、総合得点はPB更新。

3 Dmitri ALIEV ドミトリー・アリエフ(ロシア)
■SP順位:7,得点:77.51
■楽曲:To Build A Home by Cinematic Orchestra
The Winner Is (from "Little Miss Sunshine" soundtrack) by Mychael Danner & Devotchka
How It Ends (from "Little Miss Sunshine" soundtrack) by Mychael Danner & Devotchka
■プログラム:○
冒頭の4Lzはトリプルに。3Fは転倒。4Tの予定がダブルに。後半の4T+3Tはクリーンに着氷したが、次の4T<は転倒。他のジャンプにも着氷の乱れがいくつかあった。連続ジャンプは2つしか入らず。
スピンのレベルは3、4、3。最後のCSSp3はトラベリングし、GOEマイナス。ステップはレベル3。
相変わらずスケーティングやボディームーブメントは素敵だったが、課題のスタミナが…ねぇ。最後のスピン、ヨレヨレだったもんなぁ。
フリー145.94、総合223.45。

4 Deniss VASILJEVS デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
■SP順位:8,得点:76.51
■楽曲:Put the Blame On Mame by Doctor 3
Anyone to Love by Michael Buble
Sway by Michael Buble
■プログラム:○
3Aと3Fの予定が両方シングルに。3Lz+1Lo+3Sは、ファーストで少しバランスを崩した。
スピンのレベルは2、4、4。ステップはレベル3。
ステップシークエンスとコレオがかっこいい~☆ プログラムの表現がどんどん深まったきた。
フリー158.29はPB、総合234.80はSB更新。

5 Michal BREZINA ミハル・ブレジナ(チェコ)
■SP順位:9,得点:76.24
■楽曲:Human by Jamie Hartman, Rory Graham
Stand by Me by Ben E. King, Jerry Leiber, Mike Stoller
Human (MJ Cole Remix)
■プログラム:○
冒頭、4Sの予定がダブルに。4S<と3Fは転倒。3Lzはこらえた。連続ジャンプが1つしか入らず。
スピンのレベルは4、3V、3。ステップはレベル4。
ステップシークエンスとコレオはすっっばらしかった。中盤、「スタンド・バイ・ミー」に切り替わったところでステップシークエンスが始まるのだが、彼の来し方が走馬灯のように浮かんできて泣ける。
ミハル史上、一二を争うほどかっこいいプログラムだと思うので、クリーンに滑ったところが見たい。はげしく見たい。
フリー144.21、総合220.45。

第1グループが終わった時点で、トップはデニス・ヴァシリエフス(ラトビア)。


●第2グループ
6 Adam RIPPON アダム・リッポン(アメリカ)
■SP順位:4,得点:84.95
■楽曲:Arrival of the Birds ("Crimson Wing" soundtrack) by The Cinematic Orchestra
O by Coldplay
■プログラム:◎
昨季から継続のプログラム。
4Lz<は片足で着氷。
スピンとステップは全てレベル4。
ステップシークエンスとコレオが…素晴らしい…すべての動きとラインとポジションが美しい…(感涙)。
鳥海アナによると、「鳥の群れのリーダーが傷ついてしまうが、そこから立ち直って、高いところに飛び立っていく様子をプログラムにこめている」そうで、アダムは、自分とその鳥を重ねているらしい。…ほんと、そういうふうに見えたよ、アダム。
フリー177.04、総合261.99で、どちらもSB更新。現時点で総合1位。

7 Keegan MESSING キーガン・メッシング(カナダ)
■SP順位:5,得点:80.13
■楽曲:The Sober Dawn (from "City Lights") by Charlie Chaplin
The Real Chaplin: A Symphonic Adventure, Pt. 2 by Charlie Chaplin
■プログラム:○
4Tは着氷が乱れた。後半、4Tの予定がトリプルに。3Fe+2Tはエッジエラーを取られたが、きれいに下りていた。
3Lzと3T、3Aを2つずつ跳んでしまい、2つ目の3Aがノーバリュー。もったいない!!
スピンのレベルは2、4、3。また取りこぼしか~と思ったのだが、彼の場合、レベルよりGOEの加点重視なのかもしれないな~。ステップはレベル2。
スピーディーでエネルギッシュな演技だった。コミカルで楽しいプログラムは、彼にぴったりだと思う。
フリー155.67、総合235.80。現時点で総合2位。

8 Kazuki TOMONO 友野 一希(日本)
■SP順位:6,得点:79.88
■楽曲:Prologue (from "West Side Story") by Leonard Bernstein
Cool (from "West Side Story") by Leonard Bernstein
Maria (from "West Side Story") by Leonard Bernstein
Symphonic Dances IV Mambo (from "West Side Story") by Leonard Bernstein
■プログラム:○
冒頭の4S<は両足着氷。次の4Sは転倒。3A+2T+2Loは着氷がきれいに流れなかった。3Lz!+2Tはセカンドでフリーレッグをつくのが速かった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
体をよく動かして、踊りまくっていたのだが、一蹴りの伸びがほしいなぁと感じるところがあった。
フリー152.05、総合231.93はPB更新。現時点で総合4位。

9 Sergei VORONOV セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
■SP順位:1,得点:90.06
■楽曲:Sarabande Suite
■プログラム:○
4T+3Tは素晴らしかった。2つ目の4Tはフリーレッグがついてしまった。
スピンのレベルは3、4、3。ステップはレベル3。
演技後、「疲れた~」という顔だった(笑)。
全力を出し切った演技だったのではなかろうか。プログラムの流れが滞ることなく、見ていてとても気持ちが良かった。
フリー181.06、総合271.12で、どちらもPB更新。現時点で総合1位。場内大喝采。

10 Alexei BYCHENKO アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
■SP順位:2,得点:85.52
■楽曲:Pagliacci by Ruggero Leoncavallo
■プログラム:△
昨季から継続のプログラム。
3Loの予定がダブルに。3Aは着氷が乱れた。
スピンのレベルは3V、2、3。レベルの取りこぼしがもったいない。ステップはレベル3。
このプログラム、昨季から見続けているのだが、男性ボーカルが朗々とした声の伸びを聴かせる曲なので、キビキビしたスケーティングが持ち味の彼に、合ってないんじゃないかなぁと思う。
フリー166.55、総合252.07で、どちらもSB更新。現時点で総合3位。

11 Jason BROWN ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
■SP順位:3,得点:85.36
■楽曲:Inner Love by Maxime Rodriguez
■プログラム:○
3A2本とも転倒。3Lzはステップアウト。連続ジャンプが2つしか入らず。
スピンのレベルは4、3V、4。ステップはレベル4。
4Tは入れない構成にしてきたのだが、得点源の3Aで2つとも転倒してしまった。本大会ではジャンプが不調だったけど、どこか傷めてるんじゃないよね?
フリー160.59、総合245.95。現時点で総合4位。


◆総合順位
左から総合順位、名前、国名、SP順位、FS順位、得点の順に記されている。
1 Sergei VORONOV RUS 1 1 271.12
2 Adam RIPPON USA 4 2 261.99
3 Alexei BYCHENKO ISR 2 3 252.07
4 Jason BROWN USA 3 4 245.95
5 Keegan MESSING CAN 5 6 235.80
6 Deniss VASILJEVS LAT 8 5 234.80
7 Kazuki TOMONO JPN 6 7 231.93
8 Dmitri ALIEV RUS 7 9 223.45
9 Michal BREZINA CZE 9 10 220.45
10 Nam NGUYEN CAN 11 8 214.51
11 Hiroaki SATO JPN 10 11 199.20


◆総評
アラサー(30歳、28歳、29歳)の表彰台。3人ともめっちゃ幸せそうで、見ているこっちもハッピーな気分になれた。どうもありがとう☆

ヴォロノフは、初優勝おめでとう!! 30歳にして、フリーも総合得点もPB更新! 素晴らしい! しかも、今回は4Tの両足着氷があり、レベルの取りこぼしもあり、まだ伸びしろあるんだよね~。

総合2位のアダムは、フリーが行われた11月11日が28歳の誕生日。最高のバースデーとなったのではなかろうか。スケーティングやジャンプを見る限り、まだ本調子じゃなさそうなので、さらにレベルアップした演技が見られるんじゃないかな~。楽しみ~☆
今回、ジェイソンの結弦くんへのメッセージが話題になったが、アダムも結弦くんの棄権が明らかになってから、演技間近なのに、すぐにツイートしてくれたんだよね。ほんと、いい人だ。

3位はビチェンコ。彼もジャンプのミスがあったし、レベルの取りこぼしもあったので、まだまだ得点を伸ばしていけるんじゃなかろうか。PB更新の可能性も十分あると思うので、頑張ってほしい。

4位のジェイソンは、今回、初優勝できるんじゃないかと思っただけに、残念だった。ジャンプの不調の原因は何なんだろう。昨季は怪我のせいだったんだよね…。

5位のキーガンは、SPもFSも自分にぴったりのプログラムをそろえてきて、平昌オリンピックのカナダ代表になるのも夢じゃないと思うのだが、いかんせん、彼はうっかりさんなようで、もったいない得点の取りこぼしがいろいろと…。今回なんか3Aのノーバリューだよ…クリーンに着氷できたのに…(ため息)。

6位のヴァシくんは、順調にプログラムが仕上がっているようで、何よりである。わたしの席からは、コーチがよく見えたのだが、彼の演技中、ステファンがあちこち大きく移動しながら一緒に踊っているのが視界の端で感じられた(笑)。

7位の友野くんは、急に出場が決まったにも関わらず、素敵な「ウエスト・サイド・ストーリー」を披露してくれた。全日本の演技が待ち遠しいわ~。

11位の洸彬くんは、FSでジャンプ全てにミスが出てしまい、残念だった。彼によく合った、楽しいコミカルなプログラムなので、全日本ではぜひともクリーンな演技が見たい。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR