FC2ブログ

GPフランス国際2017 1日目 女子SP

GPフランス国際2017 リザルト
フランスのグルノーブルにて開催。女子SPは、現地時間2017年11月17日(金)に行われた。
テレビ放送で全員の演技を見た。滑走順に感想を書いている。テレ朝の解説は織田信成さん、実況は森下佳吉アナ。
名前の日本語表記で、自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Polina EDMUNDS ポリーナ・エドマンズ(アメリカ)
■楽曲:Palladio by Karl Jenkins performed by Escala
■プログラム:△
昨季は怪我のため全休。
ポリーナ、久しぶり! おかえりなさい!
3Lo+3T<はセカンドの着氷が乱れた。3Sと2AはOK。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル2。
ジャンプの難度を下げているので、まだ本調子ではなさそうだが、スケーティングは悪くなかったし、曲想をよく表現していたと思う。
56.31でSB更新。

2 Nicole SCHOTT ニコル・ショット(ドイツ)
■楽曲:Nella Fantasia performed by Jackie Evancho
■プログラム:○
昨季、ユーロ10位、ワールド19位。今季、GPロステレ10位。フース先生の振付。
3T+3TはOK。3Lo<は転倒。2AはOK。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル3。
…美しい。清らかな女性ボーカルを、優雅にしっとりと表現していた。
55.54。

3 Mae Berenice MEITE マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
■楽曲:Halo by Beyonce, cover version by Jasmin Thompson
Who Run the World by Beyonce
■プログラム:○
昨季、国内選手権2位、ユーロ16位。今季、GPロステレ11位。
キラッキラなゴージャス衣装☆
3F+3Tはまずまず。3Loはきれいに下りたように見えたが、ステップから直ちに跳んでいないと見なされたのか、GOEマイナス。2Aはよかった。
スピンのレベルは4、4、3。ステップはレベル2。
腕の使い方が特徴的で印象深かった。曲想に合っていたと思う。
58.96でSB更新。

4 Yuna SHIRAIWA 白岩 優奈(日本)
■楽曲:The Girl With Flaxen Hair by Claude Debussy
■プログラム:△
昨季、JGPシュベルター杯2位、全日本ジュニア2位、全日本6位、世界ジュニア5位。今季がシニアデビューで、NHK杯8位。二週連続お疲れ様です。
3Lz+3Tはよかった。2AはちょいひやっとしたけどOK。3Fは、ステップから直ちに跳んでいた。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
実に気持ちよさそうに滑っていた。
66.05でPB更新。

5 Alina ZAGITOVA アリーナ・ザギトワ(ロシア)
■楽曲:Black Swan (soundtrack) by Clint Mansell
The Middle of the World by Nicholas Britell ("Moonlight" soundtrack)
Black Swan (soundtrack) by Clint Mansell
■プログラム:△
昨季、JGPファイナルとジュニアの国内選手権、世界ジュニアで優勝。今季がシニアデビューで、GP中国優勝。
バイオの楽曲名が詳細な記載に変更されている。ありがたい。
3Lz<は転倒。3F+3Lo<は着氷が乱れた。2Aはよかった。
スピンとステップは全てレベル4。
ジャンプのミスが2つあったからか、最後、慌ただしいフィニッシュになったが、ステップにキレがあり、表現が深まったように感じた。
62.46。


●第2グループ
6 Laurine LECAVELIER ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
■楽曲:Summer of 1942 by Michel Legrand
■プログラム:○
昨季、国内選手権優勝、ユーロ5位、ワールド18位。今季、GPカナダ8位。
映画「おもいでの夏」より。
3Lz+3T<はセカンドでお手つき。3Fはステップから直ちに跳んでいた。2Aはよかった。
スピンのレベルは3、4、3。CCoSp4は、トラベリングし、GOEマイナス。ステップはレベル3。音をよくとらえて表現している。
前からスピンが苦手なんだろうな~というのは感じていたのだが、昨季より回転が速くなり、上達しているように思う。…がしかし、それでもまだレベルを取りこぼしているし、GOEマイナスもとられているので、引き続き頑張ってほしい。
よく滑っていた。プログラムの表現もどんどん深まって、素敵なプログラムに仕上がっている。
60.68でSB更新。

7 Elizaveta TUKTAMYSHEVA エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
■楽曲:Pisando Flores by Ara Malikian
■プログラム:△
昨季、GP中国3位、国内選手権8位。今季、GP中国7位。
3Aは転倒。1Lzはノーバリュー。3T+2TはOK。
スピンのレベルは3、4、4。ステップはレベル3。
ジャンプの難度を上げてきたが、残念ながらミス。スピンも、彼女にしてはイマイチだった。ジャンプのミスが影響したのかなぁ。
53.03。

8 Mai MIHARA 三原 舞依(日本)
■楽曲:Libertango by Astor Piazzolla
■プログラム:△
昨季、GPアメリカ3位、全日本3位、四大陸優勝、ワールド5位。今季、GP中国4位。振付は、ブノワ・リショー。
3Lz+3T<<は、着氷後、壁にぶつかる。2Aと3Fはよかった。
スピンのレベルは2、4、4。ステップはレベル4。
織田くん曰く、「連続ジャンプのファーストで、壁に近づきすぎたため、セカンドが2回転半で下りてきてしまった」とのこと。その影響を受けたのか、直後のCCoSp2も、彼女にしてはイマイチな感じに。
滑りは良かったんだけど、表現に関しては、もっとできるんじゃないかなぁという印象を受けた。
64.57。

9 Elizabet TURSYNBAEVA エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
■楽曲:Carmen performed by David Garrett
■プログラム:○
昨季、四大陸8位、ワールド9位。今季、GPロステレ8位。デイヴィッド・ウィルソン振付。
1Lzはノーバリュー。3S+3Tタノと2Aはよかった。
スピンは全てレベル4。ステップはレベル3。
歯切れの良い表現が小気味よい。
GPロステレより、ジャンプの難度を上げてきた。残念ながら3Lzがシングルになってしまったが、クリーンに決まれば、PB更新できそう。
キスクラにオーサーが。試合に帯同できるまで回復したようで、何よりである。
62.29。

10 Maria SOTSKOVA マリア・ソツコワ(ロシア)
■楽曲:Swan Lake by Petr I. Tchaikovski
■プログラム:△
昨季、GPファイナル5位、国内選手権3位、ユーロ4位、ワールド8位。今季、GPカナダ2位。
3Lzタノ+3Tタノは高さがあった。3Fタノは着氷が乱れた。2Aタノはよかった。
スピンのレベルは4、3、4。ステップはレベル3。
織田くん曰く、「片手を上げるとき、もう少しひじを伸ばせば、もっと加点がもらえると思う」とのこと。
スケーティングが上手くなったなぁ。一蹴りがぐいんぐい~んと伸びるのが気持ちいい。
67.79でSB更新。

11 Kaetlyn OSMOND ケイトリン・オズモンド(カナダ)
■楽曲:Sous le ciel de Paris performed by Edith Piaf
Milord performed by Edith Piaf
■プログラム:◎
昨季、GPファイナル4位、国内選手権優勝、四大陸4位、ワールド2位。今季、GPカナダ優勝。
昨季から継続のプログラム。
3F+3Tの予定が、セカンドがダブルに。3Lzはお手つき。2Aは素晴らしい。
スピンとステップは全てレベル4。
ジャンプにミスはあったのだが、彼女の動きだけ、他の選手とは違って見える。もちろん良い意味で。わたしの語彙力が乏しくて、どのように違うかうまく説明できないのがもどかしい。
69.05。


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Kaetlyn OSMOND CAN 69.05
2 Maria SOTSKOVA RUS 67.79
3 Yuna SHIRAIWA JPN 66.05
4 Mai MIHARA JPN 64.57
5 Alina ZAGITOVA RUS 62.46
6 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 62.29
7 Laurine LECAVELIER FRA 60.68
8 Mae Berenice MEITE FRA 58.96
9 Polina EDMUNDS USA 56.31
10 Nicole SCHOTT GER 55.54
11 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 53.03


◆総評
SP1位はオズモンド。ジャンプのミスはあったものの、別格のスケーティングと音楽表現だった。森下アナによると、練習ではジャンプにだいぶ苦戦していたとのこと。

2位はソツコワ。滑りもエレメンツの質もよく、表現も素敵なんだけど…多分わたしが贅沢なだけだと思うんだけど、何かちょっと物足りなく感じる。この何かが備わると、さらに一段階上にいけると思うんだよね。

3位は白岩さん。NHK杯のSPとは、別人のように、のびのび&はつらつとした演技だった。持ち前のバネの強さと愛らしさが存分に発揮されて、何よりである。

4位は三原さん。PCSはオズモンドに次いで2位。僅差だけど、ソツコワより上なんだよね。
勝手な憶測だが、ジャンプはもちろん、表現面でも、練習ではもっといい演技ができてるんじゃないかと思う。あとは本番でそれが出せさえすれば。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR