GPフランス国際2017 1日目 ペアSP

GPフランス国際2017 リザルト
フランスのグルノーブルにて開催。ペアSPは、現地時間2017年11月17日(金)に行われた。
動画で全組の演技を見た。滑走順に感想を書いている。
名前の日本語表記で自信がないものには、?を付けている。
プログラムについて、独断と偏見による、◎、○、△、×、?の五段階評価を付けている。つまり、わたしの勝手な好き嫌いの感想にすぎないので、どうぞ悪しからず。五段階評価の内容は下記の通り。

  • ◎:何度でも見たい。

  • ○:よかった。好き。

  • △:悪くない。まずまず。

  • ×:イマイチ。

  • ?:何とも判断が付きかねる。




●第1グループ
1 Zoe JONES / Christopher BOYADJI ゾーイ・ジョーンズ / クリストファー・ボヤジ(イギリス)
■楽曲:It's a Man's Man's Man's World by James Brown, Betty Jean Newsome performed by Seal
■プログラム:△
動画
女性は2001年に引退したが、2014年に復帰。女子シングル出身で、ペアは昨季から始めたとのこと。男性はフランス出身。
昨季、国内選手権優勝、ユーロ14位、ワールド26位。本大会がGPデビュー。
2Tw2はOK。3Tは女性が転倒。スロー3Lzはお手つき。
ジャンプ系にミスが出てしまった。他の組の棄権により急に出場が決まったので、調整が難しかったのかもしれない。でも、体の動きは悪くなかった。
44.59。「減点2って、転倒と何?」と思ったら、タイムバイオレーションだった。もったいない!

2 Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV ローラ・エスブラ / アンドレイ・ノボセロフ(フランス)
■楽曲:Nocturne (from "Lady Caliph") by Ennio Morricone performed by Yo-Yo Ma
■プログラム:△
動画
男性はロシア出身。昨季、国内選手権2位、ユーロ13位、ワールド27位。
たぶん、3Loの予定が、二人ともダブルに。3Tw3はもたれかかってしまった。スロー3Lzは着氷が乱れた。
よく滑っていたと思う。昨季よりユニゾンが高まって、ペアらしくなってきた。
51.90。

3 Cheng PENG / Yang JIN チェン・ペン / ヤン・ジン(中国)
■楽曲:Assassin's Tango (from "Mr. and Mrs. Smith" soundtrack) by John Powell
■プログラム:△
動画
昨季、GPファイナル6位、国内選手権優勝、四大陸5位。今季、GPカナダ5位。
振付は、ローリー・ニコル。
3Tの予定が、女性がダブルに。スロー3Loは高い。3Tw3もよかった。
冒頭の振付は、パキパキと力強くキレよく表現できていたんだけど、エレメンツが始まったらふわっとした感じになってしまった。
62.40。

4 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN マリッサ・キャステリ / マーヴィン・トラン(アメリカ)
■楽曲:Fallin' by Alicia Keys
■プログラム:△
動画
2015年に結成。昨季、GPフランス5位、全米2位。今季、GPロステレ7位。
3Tw2はまずまず。3T<<は女性が両足着氷。スロー3Sは手と足がついてしまった。
スピードは出ていたように思うが、ハイライトがなくて、何となくプログラムが終わってしまう。
58.99でSB更新。


●第2グループ
5 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ニコル・デラ・モニカ / マッテオ・グアリゼ(イタリア)
■楽曲:Magnificat by Marco Frisina performed by Mina
■プログラム:△
動画
昨季、国内選手権二連覇、ユーロ8位、ワールド13位。今季、GP中国4位。
3Sはタイミングばっちり。3Tw3もクリアー。スロー3Loはふんわり。
おお~~!! ノーミス!! 正直、女性ボーカルが少々うるさく感じられるのだが、お気に入りの組なだけに、クリーンな演技を見せられると、「ま、いっか」と丸め込まれてしまう(苦笑)。
70.65でPB更新。

6 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH リュボーフ・イリュシェチキナ / ディラン・モスコビッチ(カナダ)
■楽曲:In The Air Tonight by Phil Collins
■プログラム:△
動画
2014年の春に結成。昨季、GPカナダ及び中国3位、国内選手権2位、四大陸3位、ワールド6位。今季、GPカナダ6位。
ツイスト。3Tみだ。スロー足。スピン。ステップ。リフト。
3Tw3はよかった。3Tは二人とも着氷が乱れた。スロー3Lzは足をついた。
クールな音楽をかっこよく表現してたんだけど、昨季のプログラムが好きすぎたせいか、物足りなく感じてしまう…。
66.36でSB更新。

7 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES ヴァネッサ・ジェイムズ / モーガン・シプレ(フランス)
■楽曲:Make It Rain by Foy Vance performed by Ed Sheeran arranged by Maxime Rodriguez
■プログラム:△
動画
2010年9月に結成。昨季、GPフランス3位、国内選手権五連覇、ユーロ3位、ワールド8位。今季、GPカナダ3位。
3Tw3はよかった。3Sは跳ぶタイミングが合っていた。スロー3Lzは高かったが、フリーレッグをついてしまったか。
エレメンツの入りと出に独創的な動きを入れているのだが、GPカナダのときよりシームレスになってきた。
73.18。

8 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV エフゲーニャ・タラソワ / ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
■楽曲:Piano Concerto No. 2 by Sergei Rachmaninov
■プログラム:△
動画
昨季、GPファイナル優勝、国内選手権2位、ユーロ優勝、ワールド3位。今季、GPロステレ優勝。
3Tw4はGOEでジャッジが一人+2を出した以外は、全員+3。3Tが入りのステップでちょいズレたけど、跳ぶタイミングは合っていた。スロー3Loは着氷後の伸びがすごかったけど、フリーレッグが氷上につくかつかないかギリギリ。PCoSp4の最後のアップライトポジションがいまいち美しくない。他が美しいだけに気になる。StSq4は、序盤で男性が、中盤で女性が少しスタンブル。
めっちゃスピードが出ていて、エレメンツの質も非常に高い。…編曲がわたし好みだったら、◎のプログラムなのにな~…(ため息)
77.84でSB更新。タイムバイオレーションにより、減点1。もったいない!


◆SP順位
左から順位、名前、国名、得点の順に記されている。
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 77.84
2 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 73.18
3 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 70.65
4 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 66.36
5 Cheng PENG / Yang JIN CHN 62.40
6 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN USA 58.99
7 Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV FRA 51.90
8 Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR 44.59


◆総評
SP1位はタラソワ&モロゾフ。クリーンに滑れば80点はいくであろうプログラム。…なのに何であんなに乗れない編曲なんだ…。振付と演技はとっても素晴らしいのに、編曲のせいで浸れない…嗚呼(泣)。

2位はジェイムズ&シプレ。つなぎの動きがプログラムの流れにカチッとハマったら、ものすごいプログラムになるのではないかと期待している。

3位はデラ・モニカ&グアリゼ。ジャンプ系にミスが出ることが多いので、クリーンな演技が見られて、とても嬉しい。調子が良さそうなので、FSの演技も楽しみだ。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR